やらかしてしまった。買ったばかりのサイクルパンツを、チェーンリングに当てて汚してしまった(涙)。チェーンオイルの汚れって、いっくら洗濯しても落ちんのだわ。



ふつうに自転車に乗る分には、ふとももを汚すことは、位置的にまずあり得ない。
では、チェーンリングがどうして太ももに当たってしまったかというと・・・。



リビングから外に家を持ち出すとき、このように持って運んでしまったのだ。

これでは、チェーンリングが太ももに触れてしまうのは当然。



20140629_085656



なぜこんな初歩的なミスを犯してしまったのか?理由は簡単で、ふつう自転車というものは、チェーンリングが見えるように置くものだ。(だって、そのほうが美しいから)




20140502_002244



だから、持ち上げるときも、チェーンリング側からアプローチしてしまいがちになる。みなさんはこんなアホなミスはやらかさないとは思うが、急いでいるときとか、やっちまわないとも限らない。




くれぐれもお気をつけくだされ。





チェーンオイルの落とし方がないか検索して調べたところ、こんな方法があるらしい。効果があるかどうかはわからんが、自分で試してみようと思う。だって、サイクリング用のウェアって高いじゃないすか。ただ汚れたってだけで、そうそう買い換えられないもんね。




■作業着用の洗剤

ホームセンターに売ってるらしい。たぶん、洗浄力が強力なんだろう。




■せっけんで洗う法

1.服やズボンを水かぬるま湯に浸す

2.汚れた部分にフツーの「固形石鹸」をピンポイントで擦り付ける
3.人差し指と親指で汚れ部分に爪を立てながら繊維をつまむように揉みしごく
4.その後、水ですすぐ




■ワコーズのフィルタークリーナー

こんなものがあるんだ~。専用品なので、効果はありそう。





■台所用中性洗剤

チェーンオイルを落とすには、界面活性剤でチェーンオイルを乳化させて落とす必要があるそうな。意味はわからんが、家にあるんだし、ダメ元でやってみる価値はありそうだ。





試してみて効果があったら、記事にしてみまーす。