HDDの整理をしていたら、古いDahon(ダホン) Mu P8の写真がたくさん見つかった。ちょうどよい機会なので、カスタマイズの歴史を写真とともに振り返ってみることにしよう。



「ほほぅ、こうやってカスタマイズしてきたんだ」と、なにかの参考になればうれしい。




■2010年10月


92155cf2.jpg


約3年前に購入した、オレサマのDahon(ダホン) Mu P8と、オクサマのボードウォークである。どっちも次年度モデルではない現行版だったので、年式は2010年だ。もちろん、どちらも「どノーマル」。モビルスーツでいえば、さしづめ「量産型ジム」。

カスタマイズという行為の存在すら知らず、「ヒャッハー、小さいタイヤなのにけっこう走るぜー」、「今日は15㎞も走ってやったぜー(ドヤ顔)」って荒川沿いや芝川沿いを走りまくってたのはいい思い出。




■2011年3月


8965a652.jpg


【交換パーツ】
* バーエンド

* ボトルケージ

距離が伸びるに連れ、バーハンドルのワン・ポジションではつらくなってきたので、バーエンドをつけた。あと、自転車に長時間乗ると喉が渇くということを知り、ボトルケージもつけた。カスタマイズしたと呼ぶには、まだほど遠い状態。モビルスーツでいえば、さしづめ「量産型ジム(改)」。タイヤもまだ太いし、垢抜けないかんじ。



■2011年6~9月

6b764638.jpg

【交換パーツ】
* シートポスト
* サムシフター
* 105ディレーラー(10速化)
* スプロケット(105)
* タイヤ(Panaracerミニッツタフ)

初めての大掛かりなカスタマイズ。まずはシートポストで軽量化を図った。慣れてくるとノーマルのグリップシフトがかったるく感じられてきたので、シマノのラピッドファイアを導入。と同時に、105にしてスプロケも替えた。さらにさらに、タイヤを1.35と細くした。効果はてきめんで、それまでの「のんびりポタ仕様」から、「スポーツバイク」に生まれ変わった気がした。モビルスーツでいえば、さしづめ「量産型ガンキャノン」。

まだ自転車用ボトルというものを知らず、ペットボトルを使っていた。夏は冷たい飲み物がほしいと思い、愚かにもTHERMOSをボトルケージに突っ込んでみたりした。当然、すっ飛んでいって傷だらけにさせてしまった。




■2011年10月

4d8de2a9.jpg

【交換パーツ】

* サドル
* ペダル

スポーツ仕様になると、おのずとスピードを出したくなる。すると、今度はサドルが柔らかすぎてパワーが逃げると感じるようになった。ロードのと同じ薄いのを導入し、フラペも軽量アルミのに交換した。ホイールとチェーンリングはまだノーマル状態だが、サドルを替えたとたん、カッコよくなった気がした。モビルスーツでいえば、さしづめ「カイ専用ガンキャノン(ビームライフル付き)」。

あと、専用ボトルも使い始めた。




■2011年11~12月

d8ca324a.jpg

【交換パーツ】

* ホイール

ついに、禁断のホイールの世界に足を踏み入れてしまった。

それまでは、

「ホイールごときでなんで4,5万円もするんじゃ!ホイールだけでママチャリが数台買えるだろうが!ボッタクリもたいがいにせいっちゅうんじゃ!なになに、カーボンホイールだと18万くらいする?しかも前輪だけで?ありえない!マジでなんなの、馬鹿なの?」

って思ってた。でも、軽量化の誘惑と、ショップの大将の「走りはホイールとタイヤで変わる」という言葉を信じて買った。清水の舞台から飛び降りるくらいの勇気が必要だった。当然、オクサマにはナイショで、だ。そしたら・・・・


「なんじゃこりゃあぁぁぁぁ!!!」


ってなったワ、いやもうマジで。(さんざん文句言ってスミマセンってかんじ)

なにこの軽量ホイールの威力・・・。もうダメだ、一度コレを味わってしまったら、もうノーマルの世界には戻れない。モビルスーツでいえば、さしづめ「グフ(ランバ・ラル仕様)」もしくは「黒い三連星のドム」。




■2012年2~7月

fdb55b3e.jpg


【交換パーツ】

* チェーンリング
* クランク
* ブルホーン
* ダイナパック
* SPDペダル
* タイヤ(デュラーノ)
* スタンド撤去

第二次メジャーカスタマイズである。この半年で、ほぼカスタマイズは最終形に入った。「軽量化のためなら死ねる」って精神状態だったのがこのころ。このころは、「どこか・・・どこか交換できる部品はねえか・・・」ってなってたw。軽さのためにスタンドも撤去したw。

んで、ついにチェーンリングとクランクを交換した。ホイールとクランク&チェーンリング交換でイッキに軽量化が進んだ。やっぱ、いいBBはよく回る。そして、軽快に回すことができる。前傾姿勢をとるために、ブルホーンも装着。さらに、ビンディングペダルのデビューも果たしたのである。
モビルスーツでいえば、さしづめ「シェア専用ゲルググ」。

この段階で、オレサマのDahon(ダホン) Mu P8はもはやポタリングバイクではなく、ピュア・ミニベロ・ロードバイクへと進化した。




■2013年5~8月<<イマココ

5021f256.jpg

【交換パーツ】

* ディレーラー(アルテグラ)
* トライアスロン用ボトルケージ
* ホイール新調
* バーテープ(二重巻き)

さすがにもういじる場所がない・・・と思っていたが、コンポのアップグレードがあった。憧れだったアルテグラをリアディレーラーに装着し、バーテープを二重に巻くなど、快適性を向上させた。真夏仕様として、トライアスロン用ボトルケージを使うという変化球的なカスタマイズに傾倒した。モビルスーツでいえば、さしづめ「ジオング」。オールレンジ攻撃も可能である。

もはや、(フレーム以外の)ノーマルのパーツで残っているのは、ハンドルポストとVブレーキだけ。いつか、アルミのショートVにするつもり。





ざっと3年間を振り返ってみた。ああでもないこうでもないと試行錯誤したり、ときには失敗したりして、理想の一台に仕上げていくプロセス・・・それが、カスタマイズである。まさに、カスタマイズは一日して成らず。みなさんも、それぞれのカスタマイズ道を極めていただきたい。(なんのこっちゃ)




さて、そんなオレサマは・・・モビルアーマー(別名フルカーボン・ロードバイク)が欲しくて仕方ないw