先日、Dahon(ダホン) Mu P8で初の100キロライドに行ってきた。そのことを書こうと思ってたんだが、その前に、100キロライドの途中でふらっと立ち寄ったロードバイクショップのことを書く。



(埼玉県の)比企郡川島町を走ってたとき、たまたまGALENGEというお店を見つけた。ちょうどコンビニくらいの大きさで、目に入ったときは、「見慣れないロゴのコンビニだなあ?」と思ったくらい。そしたら、ロードバイクショップだった。しかも、本格的っぽい。店先にはバイクスタンドも用意されているし。


b0fd5f0c.png


※画像は店舗のウェブサイトのスクリーンショット
お店のウェブサイトはこちら




「どんなお店なんだろう?一見さんお断りだったらやだなあ」と恐る恐る入ってみた。開店直後のようで、お客さんはオレ以外に2名ほど。お店の店主とおぼしき男性(40代後半?)が気さくに声をかけてくれた。ロードバイクにかなり詳しい方のようで、いろいろと説明してくれた。


で、知らないことをたくさん学べたのだ。




■シクロクロスは侮れない

(MTBほどではないが)多少の悪路ならガンガンいけるし、スピードも遜色ない。むしろ平坦路では慣性が働くし、ホイールベースが長いから直進安定性が高くてけっこう速い。実はオールラウンダーなバイクらしい。そうなんだー。


それまでは、「シクロって、アレでしょ?ロードで泥道とかあぜ道をわざわざ走る、体力が有り余った人達がやる奇特なスポーツ専用の乗り物でしょ?」って一歩引いて見てたんだが、シクロへの偏見が解けた。いま買おうとは思わないけど、乗ってみたいって思ったよ。




■LAPIERRE(ラピエール)はオサレなブランドである

ラピエールとは、フランスのメーカー。ツール・ド・フランスのエフデジというチームに供給しているとのこと。そういえば、こんなバイクあったな。街中や荒サイではあまり見かけないので、マイナーな存在かと思ってた。デュラエースで組まれたエフデジモデルの実車があったんだが、トリコロールカラーの配色が素晴らしいのと、独特なフレーム形状がかっこよかった。


Photo

※画像はこちらから拝借した



ラピエール以外には、チネリ、カレラ、オルベア、アルゴン18、コガ、クオータあたりが展示されていたよ。(他にもあったかもしれない)






■新型アルテグラはブレーキがむっさ進化してる


うまく文字で説明できないのだが、ブレーキ台座の形状が大きく変わり、すごく良くなったそうだ。使っていないオレサマにはその差がわからないのが残念だ。リニアでダイレクトな感じらしい。とにかく、大幅に進化しているとのこと。あと、ブラケットが小ぶりになってて、たいへん持ちやすかった。手のひらが小さめのオレサマでも、気持ちよく握れたよ。前のモデルは外人サイズだったみたいだけど、新型なら問題なさそうだ。


カンパにしようか迷ってたけど、新型アルテでいく決心がついた。あと、電動使ってしまうと、もう戻れないらしいw。なにも考えなくて、好きなタイミングで変速できるのは、レースのような状況では助かるようだ。とくに、フロントディレイラーの変速がやりやすいみたいよ。






■アルゴン18というカナダブランドのロードはシンプルながらかっこいい


まったく聞いたことも見たこともないブランド。なんでも、カナダのチャンピオンレーサーが立ち上げたブランドとのことで、ロードとタイムトライアルバイクをメインに作ってる。カラーが真っ黒か真っ白のラインアップしかなく、どえらいシンプルなデザインだが、くせがなくて、個人的に好きなルックスだったよ。

>>argon18代理店のウェブサイト


あと、サイズ展開が小刻みなので、体型や身長にあわせやすいメリットがあるそうな。手元のカタログを見ているのだが、xxs, xs, s, m, l, xl, ってサイズがある。






■店員さんらは、通勤で毎日90km近く走ってるらしい


オレサマも通勤でミニベロを走らせてはいるが、せいぜい50キロですわ。なんなんすか、毎日往復90キロって。。。バケモンすか。この日は、オレサマにとって初めての100キロライドだったのだが、とてもじゃないがそんなこと言えなかったよw。レベルがちがいすぎる。






■アイスとジュース売ってたのはポイント高い


アイスとかジュースが売ってた。何気にこういう心遣いはうれしい。と、気づいたら、一時間半くらい話し込んでしまってた。。。長時間にわたって、いろいろ専門的な解説をしていただいてありがとうございました。勉強になったです。いやー、アルゴン18のクリプトン、けっこう好きになっちゃったな~って満足して外に出て気づいた。何も買わずに出てきてしまったやんけ。アイスかジュースくらい、せめて礼儀として買うべきやったやろ、オレ。なんか、スンマセン。。。





帰宅後、お店のウェブサイトを見たら、接客してくれた方、VAX RACING っていうプロチームの監督さんだった・・・。どうりで詳しいわけだわ。オレのようなロードバイク素人にも、わかりやすく解説してくれたよ。




それにしても、ふらっと入ったロードバイクショップで1時間半も過ごすということは、かなり居心地が良いお店であったという証拠だろう。だって、普通はそんなに長く居られないもんね。お店によっては、5分滞在するのもはばかられるとこもあるし、いつまでも話に花が咲くお店もある。お店の雰囲気って重要だよね。



というわけで、ステキな時間が過ごせたのでした。(なんも買わなかったけど・・・ほんと、すんません)