サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ

ロードバイクとミニベロを徹底的にユーザー目線で解説するブログ &YouTubeチャンネル。面白さ国内No1を目指します。大学生の娘と運営。インプレ、イベントレポ、安全で楽しいサイクリングのコツ、メンテのノウハウ、海外記事&動画の翻訳も。ねとらぼ、産経サイクリスト、MarkeZine等で連載も。

カテゴリ: キャンプ

人生初のソロキャンプに行ってきました。 キャンプはこれまで数回やりましたが、すべて経験者といっしょだったので、完全なボッチは初めてです。 キャンプするだけだとなんなので、いちおうミニベロのEEZZ D3も持参しました。 目次 行ったのは茅ヶ崎市にある柳島キ ...
人生初のソロキャンプに行ってきました。

キャンプはこれまで数回やりましたが、すべて経験者といっしょだったので、完全なボッチは初めてです。

キャンプするだけだとなんなので、いちおうミニベロのEEZZ D3も持参しました。

2021-04-09 12.12.08

目次


行ったのは茅ヶ崎市にある柳島キャンプ場

湘南地域唯一の海辺のキャンプ場の「柳島キャンプ場」です。
鎌倉から車で30分とすごく近い。これは便利です。



人気のキャンプ場らしく、週末はずっと先まで予約が埋まっています。なので平日に来ました。平日ならガラガラかな?と思ったら、10組以上ファミリーが来てて、けっこう賑わってました。さすがのキャンプブームです。

2021-05-28 13.14.23

2021-05-28 13.14.30


売店やトイレ、炊事場、自販機もあって、充実しているキャンプ場です(^o^)

2021-05-28 13.26.05
※受付棟

2021-05-28 13.25.58
※炊事場

2021-05-28 13.22.26
※受付には売店コーナーも


防風林のせいでキャンプ場からは海は見えませんが、30秒も歩くと広い海岸が広がってます。

2021-05-28 15.31.35

ただし、海水浴場ではないので、水には入れません。(岩や堤防がある)

自転車を持っていったけど乗らずじまい

結論から言いますと、EEZZ D3にはまったく乗りませんでした…。というか、車から降ろすことさえしなかったという…(苦笑)。

2021-05-28 12.30.28

キャンプ場って心のスイッチが切れて、完全にリラックスモードになるので、さあ走るか!って気持ちになれないんですよね。

2021-05-28 15.00.11

なんとなく予想してはいましたが、テントを張って椅子に座ると「なんもしたくねぇ…っていうか、何もしないためにここに来たわけで、これでいいのだ…」ってなってしまいます。

キャンプ前にサイクリングしたのは正解だった

こうなるのは想像ついてたので、じつは早起きしてキャンプに出かける前に早朝サイクリングしておきました。数時間で50kmほど走って、かるく腹ごなしした状態でキャンプに行くという作戦。

2021-05-28 07.56.21
※逗子海岸(奥には富士山が見えます)

帰宅後にシャワーを浴び、身支度を整えて出発です。

家から遠いと移動時間を充てることになるのが、近いので午前を有効活用できたわけです。 柳島キャンプ場は12時オープンなので、ちょうどよかったです。

750kcal ほど消費できたっぽいので、大手を振ってスーパーで買い出しをしました。カロリーをすでに消費できているので、罪悪感がありません。

2021-05-28 12.20.08

サイコンを距離ではなく、カロリー表示にしておくと、「あとでたらふく食べるために、頑張って距離を稼ごう」って気持ちになれますね。我ながら良いハックだと思いました。

食後、スーパー銭湯まで車で行く

暗くなるちょっと前…18時くらいに夕飯を終え、車で5分の距離にある「湘南RESORT SPA 竜泉寺の湯」に行ってきました。

本格キャンパーからしたら「キャンプに来てるのに風呂行くの?」って首をかしげるかもですが、自分はキャンプの途中に風呂を入れるのが好きでして…。街なかにあるキャンプ場はこれができるのがいいですね。

2021-05-28 19.26.48

サウナも内湯も露天エリアも広くて、過ごしやすい。
柳島キャンプ場、かなり気に入りました。

初のソロキャンプで学んだこと

ソロだと食事を手抜きしまくる

荷物の積み下ろし、テント設営など、…何もかも一人でしないといけないので、シンプルに疲れます。よって、なるべく動きたくなくなります。

2021-05-28 15.23.02

食事くらい楽したい…ってことで、一人暮らし男性にありがちな雑な食事スタイルになりますね。昼飯はUFOだし、夜は肉と舞茸をただ焼いて食うだけでした。雑すぎる。

2021-05-28 16.45.51

朝飯はマフィンに目玉焼きとチーズを挟むのみ。
それにインスタントスープとヨーグルト、です。

2021-05-29 07.30.52

楽でいいわ~~~。

Kindle Paperwhiteがやはり便利

話し相手がいないので、やることがまったくないです。まあ、一人になるために来ているのでそれはいいんですが、時間を持て余します。油断すると仕事のslack を確認しそうになるので、ぐっとこらえる始末(笑)。

そんなとき捗るのが読書。Kindle Paperwhiteは最強です。

2021-05-28 14.34.22

難しい内容はキャンプ場だと頭に入ってこないので、ライトなモノがいいです。
マンガ版の織田信長が面白かった。

ディスプレイは明るいので、暗闇でも読めるのがGOOD。

虫が多い

アリが多かった気がしました。あとはダンゴムシ。冬キャンプを好む人が「冬は虫がいないのが良い」と言ってた理由がわかりました。

べつに害はないからいいか~って思ってたんですが、翌日腕を刺されていたようで、10箇所近く赤くなってました…。

それと、荷物にくっついてきたであろうアリを車内で数匹発見…。(捕獲しまくりましたが、まだ潜伏してるかも)

歯磨きを忘れ、コンタクトをつけっぱなしで寝落ちしがち

テントの中で寝っ転がってスマホとKindle Paperwhiteがダラダラ読んでいると、いつのまにか寝落ちしてて、ハッと気づいたら夜の1時…ってのがいつもの自分のパターン。100%これをやらかします。

2021-05-28 21.26.06
※電気つけっぱなしで寝落ち

これが気持ちいいのでOKなんですが、口が気持ち悪いので真っ暗闇の中で歯磨きをするハメになります。

ペグとハンマーは投資する価値あり

モンベルのテント(クロノスキャビン2)を使っているんですが、付属してきたアルミのペグが軟弱で、すぐ曲がりました。

2021-05-28 14.22.29

そこで、コールマンのスチールの頑丈なペグに買い替え、ハンマーもちゃんとしたやつ(5千円もした)を揃えたら、めちゃくちゃ使いやすい!抜き差しが楽で固定力もバッチリ。投資した甲斐がありました。

テントは2人用がちょうどいい

経験者からは散々「快適にソロキャンするなら2人用を買え!実際の人数のプラス1人分のテントにしておけ!」と言われたので、従ったら確かに正解。

2021-05-28 14.22.48

コットを置いてまだ3分の1スペースが余るくらいがGOODですね。靴や荷物を置くスペースになります。しかも、クロノスキャビン2は前室があるタイプでして、クーラーボックスとか食料を夜露から守ることができます。

以前、テントの外に食料を置いたまま寝たら、猫に荒らされたことがあったので、そういう効果もあります。

紙コップは使いづらい

ふにふにしてて掴みづらいし、コーヒーは熱いし、風で飛びます。アルミかプラスチック製の専用品が必要だと思いました。暖かさが持続するサーモスもいいかもしれません。

防寒具はちょっと多めにあって正解

5月末は日中は暖かいけど、日が落ちると肌寒さがありますね。寒暖差がわりと大きい季節かなと。

よって、上下のスウェットを持ってきて正解でした。念の為、ウインドブレーカーも持参したんですが、それは使わなくて済みました。多めにあると安心できるので、迷ったら持参!がいいと思います。

家から近いキャンプ場は便利

県をまたぐと非日常感を味わえるのが良いんですが、移動に時間がかかるのがデメリット。 しかし、家から車で30分の距離にキャンプ場があるのもいいですね。日常の延長線上でリラックス感がいまいちかも?って危惧してたのは杞憂でした。

2021-05-29 10.19.28
※ちょっと走ればすぐ江ノ島


こんなかんじで、時間を有効活用できるのもナイス。
それぞれの半日を他のことに使えます。

■1日め
・午前:サイクリング
・午後:キャンプ満喫

■2日め
・午前:キャンプ場から撤収
・午後:別の用事にあてる

癒やし効果が予想以上!

人と話さない、PCも開けない、slackも(なるべく)見ない…これだけなのに、めっちゃ見も心もリセットされます。なんだか一皮むけたかんじ。

何かを得たってわけじゃなく、何かが排除されたとでもいいますか…。これがデジタルデトックスの効果なのかもしれません。これは病みつきになりそう。仕事で脳みそが疲れたら、サイクリング→ソロキャン!という新たなルーティンが生まれました。

2021-05-28 20.10.08

というかんじで、今後はサイクリングとキャンプをうまく融合させて両立していこうと思います。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

You Tubeチャンネルもやってます

新たな趣味として、キャンプを始めました。 これまではレンタルするか、同僚らに誘われて機材を全部借りる「おまかせ式」だったんですが、ついにWILD-1で一式買いました。なんだかんだで10万円ほどかかったものの、新規の趣味なので初期投資はそれくらいかかるのは当然か ...
新たな趣味として、キャンプを始めました。

これまではレンタルするか、同僚らに誘われて機材を全部借りる「おまかせ式」だったんですが、ついにWILD-1で一式買いました。なんだかんだで10万円ほどかかったものの、新規の趣味なので初期投資はそれくらいかかるのは当然かな~と思ってます。

2021-03-24 11.59.33

自転車同様、キャンプも「生涯続けられる」趣味です。

キャンプ雑誌にシクロクロスやMTBが紹介されたり、ロードが徐々にアウトドア系に近づいてたりして、親和性も高いんじゃないでしょうか。

うまく組み合わせることで、「趣味が増えても、それぞれに費やす時間が分散しない」状態を作れる…のではないかと思い、先日行ってきたキャンプにロードバイクを持参してみました。

現地で走れれば、摂取カロリーも消費できて一石二鳥ですしね。

問題は「キャンプ道具とロードがパンダに積めるか?」です。

コンパクトカーなので、ちょっと厳しいかも…と心配でしたが、やってみたらアッサリできてしまったので、その方法をお伝えします。
※べつにすごい技を使ったわけでもないんですが(汗)

目次


パンダに詰め込んだ荷物はこちら

積んだ道具はソロ用のキャンプ道具と自転車道具とパナモリ。

以下、内訳です。

キャンプ道具

  • 無印良品の頑丈ボックス2個(幅60.5×奥行39×高さ37cm)※50L
  • クーラーボックス1個(幅48×奥行30×高さ32cm)※22L
  • コット
  • テント
  • キャンプチェア
  • テーブル
  • カセットコンロ
  • 寝袋

自転車道具

  • メルメット
  • シューズ
  • サイクルウェア
  • 小物(グローブ、アイウェア、ウォーマー、カギ)

ロードバイク

パナモリ

ソロキャンプ道具だけであれば、後席を倒してしまえば余裕なんですが、ロードバイクを載せるとガッツリとスペースを食ってしまう。

ルーフキャリアがあれば屋根に逃がせられるのだすが、それもなく、この時点では半信半疑です。

助手席も使えば、キャンプ道具もロードバイクも積める

では、積んでいきます。

2021-03-27 07.38.30
※パンダのトランクは狭い


まず、かさばる頑丈ボックスとクーラーボックスはトランクへ。
その上に「テント、コット、キャンプチェア、テーブル、寝袋」を乗せます。

2021-03-27 09.08.06

後方視界も確保されていて、いい感じ。
スクエア形状でほぼ垂直なので、意外に押し込めます。


もう1つの頑丈ボックスは助手席でシートベルトで固定します。
足元スペースにシューズやサンダル、ウェア一式を置けばよし。

2021-03-27 09.07.06
※中の荷物が盛大に散らかりますが…


後席にロードバイクを積みます。
ホイールは足元スペースへ。

2021-03-27 09.07.21

あまったスペースにカセットコンロ、ヘルメットや小物を。

運転席から振り返るとこんなかんじ。
うん、まだ余裕ありますね。

2021-03-27 09.07.02
※チェーンリングを覆っているのはダイソーで買った「便座シート」です


ということで、苦もなく詰めてしまいました。
やりもせずイメージで「できないだろう…」って決めつけてはダメですね。

とはいえ、助手席は埋まるのでソロキャンプ限定ですし、オクサマも同行したり、道具が増えたら破綻します。

それにしても、助手席の頑丈ボックスの圧がまあまあでかいです(笑)。

買い出しのことを考えていなかった…

途中、スーパーに寄って食材を買ったとき、「食材を積むスペースをまったく考えてなかった…」ことに気づきました。遅い。

もう2人の仲間とは現地合流の予定で、私が全員分の買い物をまとめてしたので、まあまあの量です。

2021-03-27 11.22.32

どうする…積めるのか…。

というか、積むしかない。

後部座席の余ったスペースになんとか押し込み、助手席の隙間も活用してパンパンに。

2021-03-27 13.28.12

これでほぼMAXに近いです。
薪があったら破綻してました。(キャンプ場で買えた)

無印の頑丈ボックスが2個トランクに入るかテストしてみる

「頑丈ボックスが2個ともトランクに入ったらいいのにな~、でもさすがにムリっしょ」と恐る恐るやってみたら、なんとこれもOKでした。

2021-03-28 10.38.48

ボックスの角がちょっと突き出してますが、えいってドアを閉めれば大丈夫。

パンダが箱型ボディでよかった~。

しかし!2日目は雨で自転車には乗れず

初日は晴れでしたが、翌日は雨がパラつく微妙な天気となり、走らない判断を下しました。

天気予報では晴れだったのに…。
山の天気は変わりやすいんですね。

2021-03-28 10.34.18

こういうこともあるので、車の屋根にロードを置きたくないんですよねー。

今後は「キャンプ×ロードバイク」で趣味の掛け算を楽しむ

ということで、パンダのようなコンパクトカーでも、ソロキャンプにロードバイクを持っていくのは可能!です。

キャンプは基本、動かないわりに飯を大量に食うアクティビティなので、カロリー量が気になってました。

2021-03-27 13.25.46

ロードを持っていけるなら、その心配も無用。翌日にキャンプ場を撤収してから、走れば良いのです。朝起きたらすでに現地なわけで、移動がないのも良いですね。

今後は掛け算で趣味を拡張させていこうと思います。

ルーフラックを検討中

今後は夫婦でキャンプにも行くことになるので、ルーフラックを導入予定ではあります。

カゴみたいなやつです。ボックス類を屋根に移動できれば、後席にミニベロ2台分のスペースは確保できるでしょう。

2021-03-27 21.41.13


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

You Tubeチャンネルもやってます

「ロードで100km → からの1泊キャンプ」って楽しそうじゃないですか? 好きなものを合体させれば楽しさも2倍になる…!っていう単純な考えです。いままでやったことがなかったので、トライしてみようと思い立ちました。 が、さすがにテントや寝袋や椅子&テーブル、調 ...
「ロードで100km → からの1泊キャンプ」って楽しそうじゃないですか?

好きなものを合体させれば楽しさも2倍になる…!っていう単純な考えです。いままでやったことがなかったので、トライしてみようと思い立ちました。

が、さすがにテントや寝袋や椅子&テーブル、調理器具等をロードに積むわけにもいかず、「手ぶらキャンプ」ができるロハスガルテンキャンプ場(埼玉県児玉郡神川町小浜 1341)を利用しました。(※キャンプしたのは昨年の11月です)

IMG_4995

目次


手ぶらキャンプって初心者には最高にありがたい

埼玉県児玉郡神川にあるロハスガルテンキャンプ場は、都内から100kmのとこにあります。すぐそばを流れる神流川を越えると藤岡市なので、群馬との県境です。



完全に手ぶらでOKというのが売りで、テント、寝袋、椅子、テーブルはもちろん、薪、炭、食材(朝晩の2食)、ランプ、食器、ダッチオーブンや飯盒等の調理器具、バーナー&ガスボン…等がぜんぶ込み。

しかも、すぐ真横にスーパー銭湯「かんなの湯」があって、当日と翌日は入り放題。これで1人7,500円なので、かなりリーズナブルかなと。

ロードバイクで100km走り、昼に着いてテント設営→焚き火・調理開始…という流れで計画を組みました。

…のはずが指のケガで急遽クルマで行くことに

ところが、娘が前日に指をケガしてしまい、STIの長時間の操作が厳しくなったので、急遽クルマに変更しました。

キャンプだけだと当初の目的がナシになってしまうので、翌日に周辺をポタリングしてみようということで、ミニベロを2台積んでいきました。結果、これが大正解。(理由は後述)

キャンプ道具がないので、リアシートに2台ミニベロを積みました。手ぶらなのでトランクは着替えやヘルメット類、サイクルウェアを入れられました。が、キャンプ道具を持参するとしたら、パンダに両方積むのはちと厳しいかもしれません。ソロキャンプなら問題ないでしょうが。

キャンプの設営ってけっこう時間とエネルギーを使う

受付で機材を受け取ったら、あとはすべてセルフサービス。

IMG_5022
※リアカーで運びます


テントはワンポール式で立てやすかったです。
説明書を読んでやれば、初めてでも30分かかりません。

IMG_5021


が、火をおこし、食材の用意、テーブルや椅子を倉庫から運んで並べてたりしていると、2時間はあっという間にすぎます。

IMG_5018


13時に開始したのに、あれ?もう15時?ってかんじで、時間の経過が早い。

この日は11月中旬でして、17時前が日没時間です。15時から食事の準備を始め、ダラダラ食べていると16時になり、飯も終盤になると夕焼けが見えてきます。日没の関係でえらく早い夕飯になりました。

そう考えると、ロードバイクで100km走って疲れた状態でキャンプの用意してたら、まあまあ慌ただしいでしょう。ロードバイクとキャンプを同時にやるのはくたびれるので、のんびりする…というキャンプ本来の目的からはちょっとずれてしまうかもです。

IMG_5013
※ダッチオーブンで鳥の丸焼き

IMG_5006
※食い散らかした後でスミマセン…(めちゃ美味しかった)

11月に手ぶらキャンプをして学んだこと

夜の気温をナメてた

11月の寒暖差は激しいです。昼間は13度くらいと過ごしやすくても、日が暮れると6~8度、夜は4度まで落ちます。ちょっとした冬で寒いです。

にもかかわらず、スウェット上下しか着てなくて、寝るときツラかった…。 「冬用の寝袋がある→中は薄着でもホカホカに暖かい→防寒性はバッチリ→よってスウェットでOK」というのは完全にアホな考えで、服を二重にしたり、ダウンを着こむくらいすべきだったと反省しました。

あまりの寒さに2時間しか眠れず、親子でガクガク震えてました。
凍えるとはこういうことなのか…と身を持って学びました。

夜が明けて日光が出て、ようやくテント内が暖められましたが時すでに遅し。
日光って素晴らしい…と太陽に感謝。

後日、キャンプに詳しい人に「冬用テントだから温かいというわけではなく、冷気が入れば寒いのは夏用と同じ。生地が頑丈なだけ」と教わり、あ~~そうなのか…と学びました。

椅子は自前であったほうがいい

レンタルの椅子は背もたれがないただのベンチなので、食事中、焚き火中にくつろげなかったです。椅子は自前でちゃんとしたのを持つべきだと実感しました。

IMG_4996

これもキャンパーさんに聞いた話ですが、「キャンプでは椅子で過ごす時間が大半なので、背もたれのあるしっかりした椅子があるといい。予算かけるならまずは椅子」らしいです。

そのせいで食後はずっと隣接の温泉で過ごしてました。温泉がなかったらけっこうしんどかったはず。

翌日はミニベロで50キロサイクリング

朝、余った薪で火をおこして暖を取りつつ、すばやく朝食をとって後片付けをしてサイクリングへ。

神流川を越えて群馬県に入り、世界遺産の富岡製糸場までを往復しました。50kmだったのでミニベロでちょうどよい距離です。

2021-01-08_09h00_06

ESRさんからパーサーというディスクミニベロを借りて乗ったんですが、ホイールベースが長め&フォークが寝てたおかげで直進安定性が良いです。かっ飛ばす!よりも落ち着いて走るのに適してました。

2020-09-20 12.04.48

フロントシングル(53T)でリアディレイラーはALTUSの8速。少々のアップダウンはありましたが、ワイドレシオ(12-32Tあって)なのでギア比は十分。問題なく走れました。

ラピッドファイヤーの操作もカチカチと気持ちよく決まります。

KENDAのタイヤ(20x1.5)がやや硬い印象があって、いじるならタイヤから始めたいとは思いました。太さは1.5でキャラ的にもマッチしていると思います。

サイクリング後はロハスガルテンキャンプ場に戻り、温泉に入ってさっぱりしてから帰りました。キャンプ場に温泉があるって最高ですね…。

キャンプ+サイクリング=カロリーバランスが良い

キャンプってひたすら食べ続けるアクティビティなので楽しいんですが、終わったあとにプチ罪悪感があります(笑)。ほぼ動かないので、カロリーを消費しないのが理由。

最高に楽しい代わりに体重は増えやすい…ので、翌日のサイクリングでカロリー消費するのは良いアイデアなんじゃないかと思います。まあ、ミニベロで50kmポタリングするくらいではプラマイでまだプラスなんですが、気持ちの問題ということで。

IMG_5001

それと、キャンプ翌日って「朝飯食べて、後片付けたらやることない→帰るか…」ってなるところが、自転車があると「レジャーが追加」されるので、楽しみがアドオンされたみたいでお得感がでかいです。

ただ、パンダの積載量は悩みのタネ

キャンプが楽しいのは間違いないし、一人で過ごすのが好きって性にもあっているので、徐々に道具を揃えていこうと計画中。

が、パンダのトランクの狭さが悩みのタネ。キャンプ道具を今後揃えたとして、後席を倒さないと積むのは無理。家族やロードバイクも乗せるので積みっぱなしにはできません。

でっかいステーションワゴンか、ルノーのカングーでもあればな~。でも買い替え予定はまだないし。

キャンプ好きな人達は「道具は車に積みっぱなし」にしている方も多いそうですが、パンダだと厳しい。仮にできたとしても燃費が悪くなるし。

2015-04-05 12.15.55 HDR
※トランクの狭さはこんなかんじ

となると、いちいち下ろして家に持って帰らねばならぬ…。屋内に持ち込むのは「すでに自転車が5台もあるのに、さらにキャンプ道具だと!?」とオクサマが了承してくれるとは思えず、地下の物置スペースがあるからそこに…でもそこを何度も往復するのか…とモヤモヤしています。

以前検討したYAKIMAのルーフテントは、レールの耐荷重問題でメーカーからNGを食らって諦めたので、屋根にルーフボックスを置き、そこにキャンプ道具をある程度逃がす…というのも考えています。

【車の屋根に置くテント】YAKIMAのスカイライズ ルーフトップテント購入に向けて鋭意調査中 



ということで、アウトドア用品店のWILD-1でリサーチ&物色を続けております(^_^;) 


そうそう。「キャンプは興味あるけど、本格的に始めるかどうかはわからない」くらいのテンションの方には、手ぶらキャンプはオススメです。

ちなみに、ロハスガルテンキャンプ場には「ウィンターキャンプパック」というのもあります。
ミニベロを持っていかなくても十分に楽しいのでぜひ。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

You Tubeチャンネルもやってます