サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ

ロードバイクとミニベロ、小径車について、徹底的にユーザー視点で初心者向けに解説するブログ。パーツのインプレッションや輪行のコツも取り上げます。

カテゴリ: EEZZ

ダホンの16インチミニベロ、「EEZZ D3」を3台目の自転車として購入して1ヶ月とちょっと過ぎた。すでに350キロほど走っただろうか。 ※サイコンはつけてないので感覚値 購入前はギアが3段しかないのがちょっと不安だったけど、なんのなんの。都内を50~70キロポタリングす ...
ダホンの16インチミニベロ、「EEZZ D3」を3台目の自転車として購入して1ヶ月とちょっと過ぎた。すでに350キロほど走っただろうか。
※サイコンはつけてないので感覚値

2018-04-29 10.35.22

購入前はギアが3段しかないのがちょっと不安だったけど、なんのなんの。都内を50~70キロポタリングする程度なら、お茶の子さいさいだとわかった。

ロードバイクやタイレル(CSI)だと「速く走らなくちゃ」、「回さなくては」と無意識に考えてしまったり、サイクリングウェアを着ないとしっくりこない気がするのだが、EEZZ D3は何も気負う必要がない。テキトーな服装で、頭を空っぽにして気楽に乗ることができる。

都内を300キロ、房総半島(館山市周辺)を50キロ走ってみた経験から、「EEZZ D3は街中の移動手段として最高ではないか」と考えるに至ったので、その理由をインプレッションを交えつつお伝えしたい。

目次

駐輪がバツグンにしやすい

ロードバイクだとでかいホイールが威圧感を醸し出すので駐輪場所を選ぶのに対し、ミニベロは「なんか可愛い」&「押し出し感が希薄」なせいで許せる雰囲気がある。そのまま駐輪してもいいし、折りたたんでしまえばカフェのテラス席の足元に置いても問題なし。他のお客さんの邪魔にもならない。

「ロードバイクの性能に疑いの余地はないけど、駐輪場所に困るんだよね…」

そうなのだ。ロードは機動力はピカイチなのだが、好き勝手に停められないデメリットがある。

2018-05-02 11.12.04

(まだ試したことはないが)駅のロッカー(大)には確実に収納できる確信がある。大きな駅前にバイクで乗り付け、街を散策したり買い物をする…というロードバイクではなかなか難しい使い方が可能になる。

駐輪場所を気にしなくてかまわない(いざとなればコインロッカー)って思えるだけで、心理的ハードルが下がるわけ。

スピードは必要にして充分

サイクルコンピューターをつけていないので正確なスピードはともかく、体感でだいたい正確にわかる。おおよそ平地巡航中は時速20キロは軽く出る。

ママチャリより余裕で速いといえばイメージしやすいだろうか。速く見えないせいルックスのせいで抜く瞬間に二度見されることも(´∀`)

遅すぎてイライラすることはなく、むしろ街中を散歩するのにちょうどよい絶妙なスピード感だと思う。

2018-04-28 09.02.58
※406の20インチと比較しても、ホイールの小ささが際立つ

ただ、オクサマのボードウォークとお台場までツーリング(70キロ)したときは、「しゃかりきにペダリングしているとこ申し訳ないんだけど、もうちょっとスピード出せないん?(´・_・`)」と何度か急かされた。20インチのミニベロについていけないことはないが、ちょっとペースは緩めてもらう必要があった。

1日70キロまでなら快適

購入前は「16インチで3段ギア…。快適に走れるのはせいぜい20キロくらいかな」と想像していたのだが、あっさり50キロ走れてしまった。しかもぜんぜん疲れることなく。

調子こいて館山まで電車輪行し、70キロほど走ってみたが快適そのもの。平地メインだったせいもあって、心地よい疲れだった。。ただ、100キロをEEZZ D3 で走るのはややしんどいかな…。できなくはないが、かなり疲れるか、あるいはお尻が先に悲鳴をあげるような気がする(アップライトなポジションなので)。

R0030900

激坂に挑戦したことはまだないが、陸橋ていどの坂を越えるときは低いギアにすれば大丈夫。ダンシングする必要もない。(というか、ホイールベースが超短いEEZZ D3でのダンシングはむちゃくちゃしづらいのでオススメしない)

EEZZ D3 で余裕で走れるのが50キロ、ちょっとがんばって70キロ…と考えれば、街中専用ポタリングマシンとしては充分合格点である。

呆れるほどの輪行のしやすさ

圧倒的なアドバンテージがこれ。ハンドルとサドルを両手でエイっとやればカチャンと小さくなって完了。あまりにも楽すぎて拍子抜けするレベル。



GIZA Productsの輪行バッグを使っているのだが、この構造がいたってシンプルでして、ただのでかい袋に取っ手がついたようなモノでしかない。アマゾンで1500円だった。輪行バッグにしては飛び抜けて安い。

これで本当に大丈夫か?底が重みで抜けるんじゃないか」と不安になったのも杞憂でして、ぜんぜん問題なし。畳んだEEZZ D3をホイッと放り込み、チャックを閉じてあらよっと持ち上げるだけ。ベルトをフレームに通してバックルで固定して…みたいな作業がゼロなので誇張ではなく2分で輪行準備が整ってしまう。

2018-04-29 08.08.48

輪行のしやすさは街中専用ポタリングマシンにとってすごく重要。気負いなく&ダイヤを気にすることなく気の向くまま輪行できるので、「ま、いざとなったら最寄りの駅に駆け込めばいいし」となれる。

さらにフラットペダルというのも地味に輪行にプラスに働いてまして、もう6年ほどビンディングペダルで乗り続けている身からすると「衝撃で足がペダルから外れてしまうんじゃ」という軽い恐怖はあるものの、どうせそんなスピードで走らないので問題なし。

スニーカーで走れるお陰で、駅構内の移動やお店の中、商店街を歩き回るときも楽チン。SPDが歩きやすいといっても、しょせん他のペダルと比べて…なので、スニーカーには敵わない。

2018-04-29 12.09.29

館山に行ったときも、砂利道や海岸の岩肌に登って写真撮影ができた。SPDだったら「滑ってこけたら大変だからやめとこう…」と諦めていたはずで、フラットペダルも悪くないなと思った次第。

こんなかんじで都心等の市街地を移動するのにEEZZ D3 ほど適したバイクはないのではなかろうかーと思っている。極小サイズに折りたためて、輪行もカンタンで小回りが利き、侮れない機動力を持つ。

  • 都内(などの街なか)在住
  • 車は所有せず
  • メインの移動手段は公共交通機関
  • 自転車が欲しいが、ママチャリでは不満
  • 電動ママチャリが気になるがコストがハードル
  • ロードバイクを買うまでの気持ちではない
  • そもそも家の中にロードを保管するのは場所をとるのでイヤ

という人にEEZZ D3はベストフィットだと思う。


まあ、EEZZ D3以上に小さく折りたためるミニベロもあるにはあるが、EEZZ D3でも十分すぎるほど。走行性能とフォールディングサイズのバランスがジャスト!だと自信を持って言える。

ちなみに、数年前の初代EEZZ(シングルギア)デビュー直後に都内を50キロ走ってみたことがあるが、このときは「正直かなり疲れた」し、「固定ギアで快適に走れるのは15キロ前後だ…50キロ走るのは御免こうむりたい」と感じたことを書き添えておく。やはり、3段ギアの恩恵はでかい。

2018-04-29 15.46.07

ということで、消耗部品を最小限に抑えたいなら初代のシングルギアモデルでもいいが、街中ツーリング、郊外ポタリング、輪行を併用した遠征…等に幅広く使いたいなら、3段ギアの現行モデルを強く推したい。


◇ ダホンの16インチミニベロ 『 EEZZ D3 』のインプレッション ~納車したので50キロほど都内を走り回ってみた結果~

◇ Jリーグ観戦の移動に使える! 機動力そこそこでコンパクトに折りたためるダホンのEEZZ D3を予約しました



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

Jリーグ観戦のときに移動用に使えるミニベロとして、ダホンのEEZZ D3を購入した。まだ一度も観戦には使っていなくって、純粋なポタリングが楽しすぎてすでに200キロほど走ってしまった。 >> Jリーグ観戦の移動に使える! 機動力そこそこでコンパクトに折りたためるダホン ...
Jリーグ観戦のときに移動用に使えるミニベロとして、ダホンのEEZZ D3を購入した。まだ一度も観戦には使っていなくって、純粋なポタリングが楽しすぎてすでに200キロほど走ってしまった。

>> Jリーグ観戦の移動に使える! 機動力そこそこでコンパクトに折りたためるダホンのEEZZ D3を予約しました

>> 下駄用の折りたたみミニベロをダホンで検討して、候補を絞り込みました

ということで、ダホンEEZZ D3のインプレッションをお届けする。あんまり使っている人はいないかと思うので、購入検討中の方々のお役に立てばうれしい。

2018-04-22 13.13.07

とにかく可愛いEEZZ D3 のルックス

16インチタイヤの小ささ、ボディの小柄さ、ホイールベースの短さが相まって、かなりキュートなルックスである。男性が乗った姿は「サーカスのクマさんが自転車に乗ったシルエット」っぽくなってしまうが、可愛らしくて許せる(と思う)。


オクサマは

(´・ω・`) 「じゃっかん間抜けさがあるけどね…。後ろから見ると、シャカリキに回しているわりには進んでいないし(笑)


とか言っているが、16インチでギア3段なのだから仕方ない。

2018-03-21 16.15.12

ルックスについてとても気に入っている点は、「フレームにヒンジが露出しておらず、一見では折りたたみに見えない」とこ。縦折り式の折りたたみ構造なので、通常のダホンやTernのようにフレームの真横にヒンジがない。それによってスッキリした見栄えになっている。

三段ギアとシングルギアは機動力と疲れが違う

チェーンリングは39Tでカセットスプロケットは9 / 11 / 13T。軽いギアが2枚用意されたことで坂道発進もラクラク。(初期のEEZZは9Tのみのシングルギアだった)

2018-02-18 10.04.11

シングルギア時代のEEZZにも乗ったことはあって、埼玉県の川口市から都内の赤坂まで往復50キロ走ったときは、むちゃくちゃ疲れた。そのときは、シングルギアで楽しいのはフラットな15キロまでで、二度と20キロ以上のポタリングには行くまいと誓った。

ギアが1枚しかないので、ちょっとした坂や発進のたびに足を使わされ、脚の筋肉に来た(心肺は問題なし)のだが、2枚の軽いギアが追加されたことで一気に快適に。
 
漕ぎ出しの軽さの特筆モノで、20インチ(406)のボードウォークより明らかに軽い。スッと漕ぎ出せてすぐにケイデンスを高く持っていける。(その代わり巡航速度はすぐピークを迎えてしまうが…)

EEZZ D3 のブレーキ性能はそれなり

前後のキャリパーブレーキはシマノではなくダホンの純正。どこ製かはわからないが、まあノンブランドにロゴを印字しただけだろう。

フレームとタイヤの位置関係の都合で、シマノは取り付けられない。よって、ここのカスタマイズは不可。

2018-04-22 14.59.29

で、このキャリパーブレーキ、ややロングアーチなこともあって剛性は低いと感じた。そして効きはイマイチ。Vブレーキのようにガツンと効くのではなく、あたかもスピードコントロールするかのように減速する。

最初はちょっぴりびびったが、とはいえ、もともとスピードはさほどでないし、このブレーキの効き具合で何の問題もないとすぐに悟った。逆に効きの良すぎるVブレーキだと、前につんのめってしまいかねないわけだし。

EEZZ D3 のホイールベースは短いので直進安定性はイマイチ

ホイールベースはわずか850ミリ。ボードウォークが1,020ミリでタイレルのCSIが1,060ミリなので短さが際だつ。

2018-04-22 14.58.46

よって直進安定性はよくない。手放し運転などもってのほかだ。ただ、ハンドルはクイックで楽しく、小回りがむちゃくちゃしやすいので街乗りではすっごく快適。純粋に操って楽しいバイクだ。

(富士山五合目からふもとまでの)ロングダウンヒルをEEZZ D3では積極的にやりたくはないが、街中の細い路地をスイスイ搔き分けるように走るのはしやすい。

>> ミニベロで富士山に登るときのコツまとめ(登り方&下り方編)

1.35インチ幅のプリモのコメットが太さ的にちょうどいい タイヤはプリモのコメットで太さは1.35インチ。太さ的にはこシュワルベのKOJAKと同じ。乗る前は「やや太いかな?もうちょい細くてもいいかな?」と思ったのだが、走ってみたらジャストサイズ。グリップも乗り心地も悪くない。

2018-04-22 15.51.53

規定空気圧は「6BAR弱(84PSI)」なのも乗り心地の良さの理由かも。タイレルのCSIのMinits Lite (パナレーサー)はMAX9.0BAR※だし、オクサマのデュラノ(シュワルベ)も8.0BARなので、その2台と比べるとお尻に受けるショックが一段マイルドなかんじ。
※ Minits Lite (パナレーサー)の既定最大値は9.0BARだが、履かせているバトンホイール側の指定が8.0BARまでなので、実際は8.0BAR以下で乗っている

ちなみに、EEZZ D3のホイールには(リム幅の関係で)1.35インチ以下の細いタイヤは装着できないそうで、コメットを使い続けるしかない。まあ、べつに何の問題もない。
※同じ1.35インチ幅でケンダの「KSMART」というモノもあるそうな。

スラム風のシフターはしっかりしたクリック感があって良い

3段ギアを変速するシフターは当然ながらシマノ製ではなく、ダホンの専用。シフトダウンもシフトアップも親指で前に向かって押し込むタイプで、「スラム風」だといえば伝わるだろうか?
※シマノのラピッドファイアー式はシフトダウンは親指で押し込み、シフトアップは人差し指で(銃の引き金のように)引いて操作する。

2018-04-22 15.52.40 HDR
※シフトダウンは手前の大きなレバーを押す

2018-04-22 15.52.42 HDR
※シフトアップは奥の小さいレバーを押す

2018-04-22 15.52.58 HDR
※下から見るとこんなかんじ

指先にクリック感があって、なかなか気持ちいい。個人的にヌルヌルしたシフターは苦手なのでよかった。シフトダウンは「カシャコ」、シフトアップは「パキャッ」と音がする。

シフトダウンレバーを長押しすると、2段一気にシフトダウンできるのも何気に便利。

EEZZ D3 のリアディレイラー形状にエモーショナル感は無いのが残念

リアディレイラー愛好家としては、メカの形状にはワクワクしない。もっとスラムちっくなエモいメカメカしさを期待していたが、それは叶わなかった。まあ、機能としては十分なので不満はない。単に見た目の問題だ。

2018-02-18 10.03.57 HDR

なお、リアディレイラーのカスタマイズ、変更はもちろん不可である。

EEZZ D3 にボトルケージは付けられない構造なのでカバンに持つしかない

EEZZ D3 の最大の欠点は「ボトルケージを装着できない」こと。縦折りゆえフレームど真ん中がバキッと折れ曲がり、本来ケージのある場所に何もとりつけられない。

2018-04-22 11.10.42

シートポストになんとかならんか?とも考えたのだが、サドルバッグがすでにあるのでこれも不可。

ポタリングマシンとはいえ、水分なしで走るのは厳しい。よって、ボトルもしくはペットボトルをジャージのバックポケットに入れるしかない。やや荷物になるのが少し困る。

まあ、EEZZ D3 で走るときはバックパックか小型メッセンジャーバッグを使うと決めておけば大丈夫。

変則的な技として、トライアスロンの2本のケージが刺さるタイプを導入すれば、ボトルとツール缶を同時収納可能にはなる。ゆくゆくは検討してみようかしら。

スポーク本数が多く、ワイヤーロックがやや通しづらい

OTTOLOCKのカギを愛用しているのだが、平べったい形状のせいで16インチホイールのスポークの間を通しにくい。まあ、大したことない話なのだが。

2018-04-22 12.08.28

あと、これも細かいことなのだが、タイヤが小さくてフレーム位置も低いため、ロックを通すときにしゃがみ込まなくてはならない。これもどーでもいいような話なのだが、よっこいせ…って感じでやる。

>> 全サイクリストへ朗報 軽量性・コンパクトさ・丈夫さ(堅牢性)の三拍子そろった「OTTOLOCK(オットーロック)」を使ってみた(インプレッション)

EEZZ D3 は重心が低く、駐輪時は安定している

フレーム位置が低いってことは、低重心なわけで、いったんスピードに乗るとわりと安定するのはグッド。

左のペダルを路肩に引っ掛けて自立させても、サドルで壁に立てかけてもバランスが崩れないのも地味に助かる。スタンドは付属されないので、このようにサクッとどこでも自立できるのは良い。

あと、これもどうでもいいことだが、チェーンリングの位置とカセットスプロケットの位置の高低差が激しく、チェーンラインの角度がものすごいことになってて面白い。

EEZZ D3 にはカジュアルウェアが似合う

ビブショーツで乗るキャラのバイクではないこで、サイクル短パンを使うことにした。レーシーではないミニベロにはカジュアルサイクルウェアが似合うと思う。もしくは、フツーの私服でもEEZZ D3のような16インチミニベロならマッチする。

今後のEEZZ D3のカスタマイズ予定

下駄的に使うバイクなので、なるべくカスタマイズはせず、素の状態で乗ると決めている。手をかけすぎると、愛着が湧きまくって気軽に駐輪できなくなるので。(すでに愛着がむちゃくちゃありますが…)

サドルやペダル、ハンドルもそのまま。まあ、独特なフォールディング機構ゆえ、カスタマイズの余地はもともと少ないミニベロでもあるしね。 サイクルコンピューターも当面は導入しないつもり。

2018-04-22 14.59.19

とはいえパンク修理キットとマルチツール用にトピークのマイクロウェッジサドルバッグは買っておいた。あとはライトの台座。これ以上はいじるつもりなし。

EEZZ D3用にGIZA Products (ギザプロダクツ)の輪行バッグ買いました

Amazon で1,500円だった16インチ用の GIZA Products (ギザプロダクツ)の輪行バッグを購入した。一回試してみたが、なんの問題なく使えたどころか、ただ広げてEEZZ D3を入れてチャックを締めるだけなので1分で完了しちゃう。「なんじゃこの楽チンさは…」と呆気にとられるほど輪行がカンタン。

たたむとiPad miniくらいのコンパクトさになるので、持ち運びもラク。 これは良い買い物をした。

ということで、ダホンのEEZZ D3のインプレッションをお届けしました。使い込んでいくウチにいろんな発見があると思うので、引き続きレポートする予定です。(`・ω・´)ゞ


折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2018




★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

Jリーグ観戦に使いやすいミニベロを探していたのだが、わりとあっさり見つかってしまい、ダホンの「EEZZ D3」を購入することになった。 選んだのは、型落ちの2017年モデル。色はイエローサンライズです。 サッカー観戦に適したミニベロの条件は以下のとおり。 ↓ 折 ...
Jリーグ観戦に使いやすいミニベロを探していたのだが、わりとあっさり見つかってしまい、ダホンの「EEZZ D3」を購入することになった。

選んだのは、型落ちの2017年モデル。色はイエローサンライズです。

25

サッカー観戦に適したミニベロの条件は以下のとおり。

  • 折りたたみできること(輪行するので)
  • なるべく小さくて軽いこと(輪行するので)
  • 20インチよりは16インチ(コンパクトさ重視)
  • シングルギアはNG(登坂で辛いのはイヤ)


重視しなかった条件はこちら

  • スピード&走行性能
  • 乗車ポジション(長距離走行はしないので、アップライトでもOK)


なるべく安くという条件もあげていたのだが、いつのまにかなし崩し的に「ほしいもの」にすり替わってしまっていた…恐ろしい(まさにサイクリストあるある)。 完成車価格が130,000円(税別)のところを「105,300円(税込み)」だったので、気づいたら「買う」と口走っていた(笑)。


EEZZ D3 公式サイトの情報をまとめると詳細はこんなかんじ。

  • 重量:9.8kg
  • ホイールサイズ:16インチ
  • トランスミッション:3 スピード
  • 折りたたんだサイズ (cm):W62 × H64 × D27
  • フレーム:Dalloy Sonus Aluminum, Vertical Hinge technology
  • フォーク:Dahon Slip Stream aluminum fork
  • シートポスト:Aluminum seatpost, 30.0 × 350mm
  • ブレーキ:Dual pivot caliper
  • リム:Light weight aluminum(ダブルウォール)
  • タイヤ:Primo Comet, 16 × 1.35
  • クランク:Forged alloy, 39T w / single chainguard
  • リアディレイラー:Dahon custom derailleur for 3 speed
  • シフター:Dahon custom shifter for 3 speed
  • スプロケット:Dahon custom, 9 / 11 / 13T
  • ペダル:Quick draw pedal(脱着可能)
  • Kickstand:なし
  • その他:マッドガード ※不要なので取り外すつもり

46

EEZZ D3のギア比構成は?

フロントは当然シングルで、39Tというこぶりのモノ。リアのスプロケットは3枚で9-11-13Tという組み合わせとなる。

シングルギアだった初代のギアは現行のトップギアである9Tなので、2017年モデルが3段あるからといってべつに速く走れるわけではない。登坂時に楽に走れる軽いギアが2枚ついたと考えるのが正しい。やるかどうかはともかく、ヒルクライムもできそうだ。

EEZZ D3のコンポーネント構成は?

ハンドルはフラットバーで3段のサムシフター。ブレーキは前後共にダホン製のキャリパーブレーキが付く。ただし、ロングアーチなので効きはイマイチなのは受け入れるしかない。なお、シマノ(もしくはサードパーティ)のキャリパーブレーキは取り付けられず、デフォルトのままいくしかない。

25-1

カセットスプロケット、チェーン、リアディレイラー、クランク等のドライブトレイン系もぜーんぶ専用パーツなので、カスタマイズ性は低い。いじって楽しむミニベロではなく、素を愉しむミニベロである。
※以前はリアディレイラーにシマノのティアグラが採用されていたが、現在は廃止されている

EEZZ D3のタイヤの種類とかサイズ

採用されているタイヤは Primo Comet の16インチ。太さは1.35インチ(3.42 センチ)となり、ミニベロ的には太くも細くもない標準的なモノ。耐久性がどこまであるかはわからないが、少なくともロードバイクの23cのような繊細さはないだろう。

19-1

ただ、それなりに遠出をすると考えると、予備チューブ1本とタイヤレバーは持っておくのがいいかなと。となると、サドルバッグを取り付けたくなるところだ。

EEZZ D3の折りたたみ方

慣れるのにちょいと練習が必要だが3回も繰り返せばすぐつかめる。 シートポスト、フレーム、ハンドルポストの3箇所をリリースし、ハンドルとサドルを両手で持って、持ち上げてから両輪を近づけるように折りたたむ。

文字にするとややこしいが、下記動画を見ればカンタンさがわかると思う。こういうのは力ではなく、タイミングとリズムで筋力ではない。



何度か折りたたみを試してみて、「いいな」と思ったのが、(通常の)横方向にフレームを折るタイプよりも。縦方向式のEEZZ D3のほうが力を使わない(持ち上げる時のどっこいしょ感が少ない)。

腰にかかる負担が少ないのが好ましい。

EEZZ D3を折りたたんだときのサイズは?

幅62cm × 奥行27cm × 高さ64cm とダホンの中で最小サイズ。ミニベロ界にはもっと小さくできるものもあるとは思うが、それはさておきかなり優秀で、これなら電車輪行もラクラクである。

折りたたんだときの美しさに定評のあるブロンプトン…たとえば同じ16インチで3速(※内装)のBROMPTON M3Lを例に取ると、幅58.5cm × 奥行27cm × 高さ58cm なので、奥行以外はどちらもブロンプトンの勝ち。

00

更に余談だが、飛行機の機内持ち込みサイズには適合するのだろうか?結論から言うと、JALの規定を例に挙げるとEEZZ D3 も ブロンプトン M3L もどっちもNG。

JALの場合、100席以上の JAL・JTA路線で「55cm × 40cm × 25cm以内」の「合計115cm 以内」でなければならない。

100席未満のJAL・JAC・RAC路線だとさらに要件は厳しくなり、「45cm × 35cm × 20cm以内かつ合計100cm 以内」となる。

しかも、両方共に「10キロ以内」という制約付き。11.4キロの BROMPTON M3Lはここでも引っかかる。EEZZ D3 はかろうじて重量だけクリアするが、サイズ的にはまったくダメ。

ということで、 BROMPTON M3LやEEZZ D3 で飛行機輪行するときは、通常の手荷物として預けなければいけないっぽい。

EEZZ D3の走行性能は?

まあ、推して知るべしで、大したことはない。縦方向に折りたたむが故、ホイールベースは短くならざるをえず、直進安定性はイマイチ。が、こいつはポタリングマシンなので問題なし。

サイクルコンピュータを付けようかどうか迷っているが、のんびり走りたいのでたぶん付けない。

あと、ブレーキ性能もあまり期待できないので、高速ダウンヒルとかはやめておこう(命取りになる)。

タイレル(Tyrell)のCSI を買ったときは、「折りたたみ機能は自分には不要。もうフォールディングバイクに乗ることはない」なんて考えていたのだが、じつはEEZZ D3の納車が楽しみでたまらない…。Jリーグ観戦はもちろん、いろんなお出かけに連れて出かけようと思う。

09


もちろん、インプレッションも徐々に書いていきますね。


折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2018


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア