サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ

ロードバイクとミニベロ、小径車について、徹底的にユーザー視点で初心者向けに解説するブログ。パーツのインプレッションや輪行のコツも取り上げます。

カテゴリ: 取材&インタビュー

2018年に登場した新型ジムニー(&ジムニーシエラ)が気になっている。 一度は真剣に検討しかけたものの、「まだパンダは4年半しか乗ってないし、買い換えるのはもったいない」となった。2年後くらいに再検討すればいいよね、と夫婦間で合意し、ジムニーのことはいったん ...
2018年に登場した新型ジムニー(&ジムニーシエラ)が気になっている。

一度は真剣に検討しかけたものの、「まだパンダは4年半しか乗ってないし、買い換えるのはもったいない」となった。2年後くらいに再検討すればいいよね、と夫婦間で合意し、ジムニーのことはいったん頭から切り離した。

ところが、11月中旬にパンダのミッション系統にそこそこ重篤な故障が発覚した。路上で突然ニュートラルになったり(うんともすんとも動かずに超焦った)、信号待ちでエンストしたり…が頻発し、ついに家から動かせなくなった。レッカー移動でディーラーに持ち込み、診断の結果「クラッチ破損とミッションにかなりレアな症状が出て、本国から部品を取り寄せないと修理できないかも」と回答があったところ。←イマココ。しかも12月中旬まで入院予定で1ヶ月使えない。

2018-11-15 06.54.53
※さようなら、愛車よ…(まったく動かなくなったので、レッカーでディーラーへ)

うーん、やはりイタ車クオリティなのか…メーカーの3年保証期限はとうに過ぎており、実費修理となる。修理代が怖い。今後もいろんな箇所が壊れたら……と考えてしまう。

で、次回車検を通さず、ジムニーに乗り換えるほうがいいのではないかと考えたワケ。だが、人気車ゆえ納車待ち状態と聞くし、風の噂では一年半待ちとも。判断を下すならグズグズはしておられないし、最新状況も知っておきたい。

ということで、スズキのディーラーさんでジムニーを試乗してきました。以下、感想でございます。

目次


ご用意いただいたのはジムニーXC。

2018-11-18 10.23.58

軽バージョンの中で最上グレード。ボディはキネティックイエロー、ルーフはブラックのツートンカラー。小さい車なのに、遠目からもすごく目立つ。うーむ、カッコいい。 というか、可愛い。

ジムニーはめちゃくちゃアイポイントが高い

乗った瞬間にびっくりしたのがコレ。外から想像するよりずっと着座位置が高い。パンダなんて比較にならないほど高い場所から見下ろすかんじ。視点は完全にクロスカントリー車だった。なるほど、これは運転しやすそう。

クラムシェルのボンネットフードが良く見えるので、車体感覚が異常に掴みやすい。後ろを振り返っても同じで、「真四角の箱の中にいるな~」ってのがわかる。こんなに車とドライバーが一体感を味わえる車、初めてだ。

この時点ですでにワクワクしてくる。 

2018-11-18 10.47.10
※オクサマ的にも着座位置に問題はない

ジムニーは室内空間が意外に広く、圧迫感がない

車内のスペースは、数字上ではけっして広くはない。いや、むしろ狭い。しかし、垂直に切り立った両サイドパネルのせいでまったくそう感じさせない。なるほど、前後スペースは絶対的に狭くって(というか短い)、振り返るとすぐ近くにトランクのドアがある印象。しかし、横方向は余裕がある。「パンダと変わらないね」とオクサマもコメントしていた。

まあ、パンダがそもそも広い車ではなく、それに慣れた我々の印象なので、一般的乗用車と比べたら「肩が近い」とは感じるかも、だが。

2018-11-19 16.15.47

大人4人が乗るとさすがに窮屈だろうが、3人(我々と営業さん)で走る分にはまったく問題なかった。

ジムニーのエンジンはややもっさりで、出足がゆっくり

鍵を挿して回すのではなく、スイッチでエンジンがかかる方式。今風でかっこいい~。もっとボコボコボコボコ音がするのかとか、ギシギシ揺れるのかしらと悪い方向に想像していたのが拍子抜けするほど静か。そして揺れもない。

水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボのエンジンをかけて、走り出す。ボディがよっこらせ・・・って感じで動く。初速がややもっさりしているかな…。1速から2速の間が少々遅い感じで、車体の重さを感じた。

いったんスピードに乗れば普通に走るのだが、やはり軽エンジン(最高出力:64PS/6,000 rpm、最大トルク9.8kgm/3,500 rpm)であるのと、そもそもジムニーはほかの軽自動車よりやや重め。その辺も影響しているかなと。

<参考>
  • ジムニーXC:1,040 kg(MTは1,030 kg)
  • ハスラー(Jターボ&2WD):820 kg
  • ワゴンR(2WD):790 kg(フルタイム4WD でも840 kg)

軽ではない乗用車のイグニス(HYBRID MZ)出も880 kg。スイフトRS(2WD)でも900 kg。クロスビーのHYBRID MZのフルタイム4WD でようやくジャスト1,000 kg。パンダが1,070 kg。

そう考えると、いかにジムニーが重いかが分かる。ほかの軽のラインナップより250 kg 前後も重くなれば、そりゃあ燃費があまりよろしくないのもナットクだ。

2018-11-18 10.40.03-1

ちなみにジムニーシエラのATが1,090 kg で、MTが1,070 kg である。シエラはもっと重いのかなと思ったら、意外にそうでもなく、40~50 kg のプラスだけである。

街乗りする分には不満はない。エンジン音は独特だが、イヤではない。ただ、このパワーで高速道路を長時間走るとなると……かなりアクセルを蒸さなければならないのと、エンジン音もそれなりにうるさくはなりそう。この点は営業さんも指摘されていて、「高速道路を良く利用するなら、ジムニーシエラのほうがいいでしょう」とのこと。自分も同感。

ただ、売れ行きからいうと、営業さんの肌感によれば「7:3でジムニーのほうが売れている」とのことである。 (そうなんだ)

ジムニーは見切りが抜群に良く、初運転でもすぐ慣れる

エンジンの非力さは気になるものの、運転のしやすさには舌を巻いた。見晴らしがいいわ、車体感覚が掴みやすいわ、ジムニーなら都内の狭い道だろうが、細い山道だろうが、どこでも走れちゃうんだろうなあって思った。

ちなみにジムニーの最小回転半径は4.8メートルと、すごく小回りが利く。(ジムニーシエラは4.9メートル)

2018-11-18 10.23.32 HDR

ほんの10分かそこらの試乗だったし、細かく見ればそれなりにアラもあるのだが、それを差し引いて余りある「運転が楽しい」感は十分に感じ取れた。

ジムニーの乗り心地はいたって快適

これもプラスポイントなのだが、オンロードでの乗り心地がかなり良かった。へんなゴツゴツ感なんて皆無。むしろ、快適だなー気持ちいいなーって感心したほど。

ただ、高速域でこの快適さがどう出るかはわからない。カーブではそれなりにロールしそうだし、横風を受けたらハンドルは若干取られやすいのは間違いないかなと。

ジムニーの後席はさほど窮屈ではなく、足元のスペースも期待以上

3ドアだし、ホイールベースは2,250 mm なのでぜんぜん期待していなかった。ジムニーは2人乗り+荷物という使い方に割り切るしかない…くらいの覚悟で乗り込んでみたら、あれ?何気に大丈夫だ。
※ちなみにパンダのホイールベースは2,300 mm なので、パンダより5センチ短い。

自分の身長は173センチで、助手席を自分に合わせても同じ身長の大人がまあ座れるスペースは確保できる。ゆったり伸び伸び〜とはもちろんいかないけど、膝がシートバックに当たることはない。あと、スクエアなボディ形状のお陰で窮屈感はなかった。

2018-11-25 13.16.46
※これはシエラですが、中はジムニーとまったく同じ

後席の窓はハメ殺しで開かない代わりに、窓自体が大きいので日差しは良く入るし、見晴らしもナイスなので、そのへんも不快感がない要素なのだと思う。

リアシートのシートバックの高さがやや不足しているのがマイナスだが、ヘッドレストを伸ばせば成人男性の後頭部までちゃんと来てくれるのはOK。できれば、あと5センチ弱シートバックがあって、肩まで来てくれると嬉しいのだが、フルフラットにするためとか、いろんな事情のせいでこの高さになったと思われる。

ジムニーのナビの位置はかなり高くて見やすい

インパネに目を移すと、黒一色なのがやや寂しい気はする…。もうちょっと遊びとか演出があっても良かった気はしないでもない。ただし、スイッチ類はどれもスーパー操作しやすい。さすが質実剛健な四駆ならでは。グローブをつけたままでも操作できるのだから、素手なら余裕のよっちゃんだ。

カラーリングはやや退屈だが、外装パネルの色が車内にもあって、それがいい感じに「アウトドア感&タフネスさ」の演出に一役買っている気はして、なんか良い。高級車に慣れた人にはチープに見えてしまうかもだが、パンダで慣れている自分はむしろ好印象である。

あと、ナビの位置がむちゃくちゃ高い場所にあって、これもGOOD

2018-07-14 17.13.10-1
※試乗車ゆえ、ナビは装着されてませんでしたが

視線をほぼ移動させずに運転できるのも、さすが実用車と言えるだろう。ちょっと上を向くように角度がついており、それもナイスな点である。

ジムニーにロードバイクが積めるのは確認済み

これは問題ナシ。両輪は外さねばならないのは当然。今のパンダでもそうなので負担ではない。

縦方向だと外に飛び出してしまうので、横積み必須となる。後席を倒せば完全なフルフラットになるのもマル。荷物の出し入れのやりやすさはさすがジムニーといったとかろ。

2018-07-14 17.14.27-1

逆さまにして積んだバイクをどう固定させるか考えねばならないが、まあなんとでもなるだろう。

新型ジムニーにロードバイクは載るのか?【ディーラーで検証してきた】

と、かなり好印象だったジムニーだが、気になった箇所もありまして…。

ジムニーに試乗して、気になったところ

1 テレスコピックがない

これがないのは痛い…。最適なポジションに合わせられないのは悲しい…。まあ、テレスコ付けると一気にコストアップになるからね…ジムニーの価格を考えれば、ぜんぜん文句言えないよね…とは思う。

ただ、ジムニーはもともと日本人の体格に合わせられて設計されているせいもあり、平均的日本人骨格を持つ自分(身長173センチ)はテレスコがなくても全然問題ないわってなった。

2018-07-14 17.19.19

超小柄なオクサマ(身長146センチ)はどうかが気になったが、幸いにして彼女も問題なし。身長180センチを超えてくると、ちょっと合わせずらいかもしれない。その点はご注意を。

2 座面の上げ下げができない

なんと、シート座面を上下に微調整できない。調節できるのは前後のスライドのみ。「そっかー、前後しか動かせないのかー」って思って乗り込んだら、自分の体格だとまったく問題なかった。うん、自分は座面の上下は不要だわ。

しかし、オクサマは必須なのではないか…上げられないせいで運転に支障が出るのでは…だとしたら購入対象リストから外れてしまう…と恐る恐る調整させてみたら、あらびっくり。彼女も問題なかった。

2018-11-18 10.39.35 HDR

むしろ、上げてしまうと足がブレーキとアクセルに届かなくなるので、「いまの座面位置でちょうどいい」とのこと。さすがスズキは日本人の体格を熟知しておられる…。

ということで、我が家は問題なかったが、体格によってはシートの上下調整ができないことがネックになるかもしれない。

3 軽エンジンの非力さ

けっして悪くはないし、必要にして十分なのだが、やはり信号からの発信時にモッサリ…ってなるのは少々気になった。

パンダとジムニーがほぼ同じ車両重量で、

◇ パンダ
  • 最高出力:85 ps / 5,500 rpm
  • 最大トルクが14.8 kgm / 1,900 rpm

なのに対し、

◇ ジムニー
  • 最高出力:64 ps / 6,000 rpm
  • 最大トルク:9.8kgm / 3,500 rpm

なのはやはり見劣りがする…というのが正直な印象。パンダもけっして出足の良い車ではないけど、そのパンダに比べても「やや劣るかしら」とは感じた。シエラと乗り比べて検証したい。

日本で大絶賛のスズキのジムニー(&ジムニーシエラ)は、海外ではやや辛口なレビューをされていた(動画を翻訳してみました)

ジムニーに試乗しての結論

なんだかんだ書いたが、かなりよい。ハッキリ言って、好きになった。オクサマも「思ってたよりずっといい!」とコメント。が、シエラも試乗しないと判断できないので、さっそく予約した(その日はディーラーさんに置いてなかったので)。

2018-11-19 16.15.16

気になる納車待ちの状態だが、「(軽もシエラも)半年から一年」とのこと。
※2018年11月末時点

半年と一年ではかなり開きがあるが、ディーラーさんではコントロールできない要素もあるので広めの回答しかできないのだそうな。2019年に入ると増産体制に入るそうで、うまくいけば半年で納車可能らしい。(まあ、ジムニーとジムニーシエラでも時期は変わるらしいが)。

まだ購入が決定したわけではないが、もしかすると、もしかするとかもしれない…。シエラに試乗したら、自分はどうなってしまうのだろうか…。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

狂おしいほど自転車を愛する人々のバイクをじっくりと拝見させていただき、根掘り葉掘り質問しまくらせてもらう企画、『あなたのロードバイク(ミニベロ)を見せてください!』の4回目。今回お届けするのはフェルト(FELT)のロードバイクです。 <オーナーさん> Iさん ...
狂おしいほど自転車を愛する人々のバイクをじっくりと拝見させていただき、根掘り葉掘り質問しまくらせてもらう企画、『あなたのロードバイク(ミニベロ)を見せてください!』の4回目。今回お届けするのはフェルト(FELT)のロードバイクです。

IMAG1544

<オーナーさん>
  • Iさん(22歳 男性)
  • 元実業団選手(今は引退して会社員)

乗っているフレームはFelt のF1

  • FeltのF1(2016モデル)、Frame Kit F1
  • 定価: 268,000円(税抜)
  • カラー: マットカーボン
  • 1というネーミングだが、最上位モデルではない(F FRDという428,000円のがある)

奇をてらっていない、スタンダードな形状が気に入っているそうな。「エアロフレームはあまり好みではない」とのこと。

フレームの材質はUHC Advanced + TeXtreme カーボン、カーボン BB30、internal cable routing (機械式 電動式 互換)。フォークはUHC Ultimate + TeXtreme カーボンモノコック、カーボンコラム。

コンポーネントは7800系デュラエース(10速)でブレーキは105。

  • フロントギア比:52-39T※(ジュニア時代に組んだ52Tのまま、今に至る)
  • リアギア比:12-25Tカセット(10速)

いまだに10速コンポを使っている理由ですか?まあ、11速あるに越したことはないんですが、それで早く走れるわけでもないので……。これで十分だったりします。とくにアップデートは予定してないです。

ホイール

  • RS81(シマノ)アルミのクリンチャー
  • カーボンラミネートされている
  • 1,500〜1,600グラムの間(の記憶)

IMAG1549

タイヤはバナレーサー(Race A クリンチャー)。グリップが良く、コーナーでもしっかり効くのでお気に入りなんですって。

実業団で走っていたということですが、自分なりのレースでの走り方ってありましたか?

ほぼどのシチュエーションでも、フロントブレーキしか使わない派です。誰に教わったわけでもなく、自分の感覚で編み出した方法で、バイクコントロールしやすいですね。が、セオリーには反しているので万人に勧められる乗り方ではありません。というか、真似しないほうがいいでしょう。

IMAG1548

今後やりたいカスタマイズとかほしいパーツは?

ホイールをカンパニョーロのBORA ONEにしたいです。リムハイトは50ミリのやつ。なんか、いかつくてハッタリかませそうじゃないですか(笑)。で、クリンチャーを選ぶと思います。

チューブラーは乗り心地、快適性、軽さでクリンチャーより優れていますし、選手時代は断然チューブラー派だったんですが、いかんせん交換に手間取るのと単価が高いのがネック。ロードの選手がチューブラーメインで走るのは、やはり快適性のせいかと。長距離をハードに走るからこそ、快適性にはこだわるものです。選手ではない今は、実用性重視なんです。

ちなみに僕は25Cではなく23Cを好んで履きます。業界的には25Cへの流れがあったり、ホイールのワイドリム化も進んでいますが、23Cのほうが走りやすいと感じる派です。23Cのほうがタイヤ単体も軽いですしね。ただ、最近は23C用のホイール、タイヤの選択肢が少なくなっていて、ちょっと困っています。

選手時代はどんなトレーニングをしていました?

筋トレとか走りこみはほぼしていません。トレーニングはすべて自転車に乗りながらです。ただひたすらバイクで追い込みましたね。

時間の制約がある中で自分がよくやっていたのは、「500メートルの登り坂を、乳酸が出きって脚がちぎれて死ぬ!」ってくらい全力でもがくやつ。それを3往復繰り返します。短時間で効率を重視しているうちにそんな練習法になっていきました。

IMAG1547

ディスクブレーキ式のロードバイクが盛り上がっていますが、次のフレームに選びますか?

僕は選びません。個人的にロードにディスクブレーキは不要という意見です。キャリパーブレーキで十分な制動力を確保できているし、そっちのほうが扱いやすいです。

コンポーネントメーカーの好みは?機械式と電動式、好きなのはどっち?

メーカーは断然シマノ。カンパニョーロとスラムは興味ないですね。で、機械式が好みです。電動の変速タッチがどうもしっくりこなくって…。僕はスイッチをクリックするよりも、機械式の物理的な引きとか感触が好きなんでしょうね。よって、今コンポーネントを交換するなら、R9100デュラエース一択です。

IMAG1558

ただ、デュラエースってじつに素晴らしくって、とくに耐久年数の長さは群を抜いててアルテグラより長い。いま愛用している7800系デュラエースは快調そのもので、交換する必要性を感じないんです。なので、交換タイミングがなかなか訪れません(笑)。

デュラエース(R9100)でも、一番ほしいのはBORA ONE (クリンチャー:リムハイト50ミリ)ですね。あ、BORA ULTRAでもいいんですが、高くて手が出ないので…。
※(注)ネット上の価格でいうと、BORA ULTRAは23~25万円、BORA ONEは16~18万円くらい

毎月、どれくらい走ってますか(&ました)?

選手時代は年間20,000キロは走っていました。最近は仕事と自転車以外のプライベートが忙しくてぜんぜん乗れてないです…。

欲しいフレームはありますか?

今の FeltのF1 で十分に満足しているんで交換予定はないんですが、強いて挙げるなら…あと金額を無視してよいのなら、LOOKの785 HUEZ です。理由は単純にかっこいいから。

2018-10-26_05h46_07
※たしかに死ぬほどカッコいい…(画像引用元はこちら

あと、デローザのキングとか、コルナゴのC60 もいいですねー。前述したようにキャリパーブレーキ式を選びます。

これからロードバイクを買おうと思っている人にひとこと!

気に入ったデザインと色のフレームを選びましょう。惚れたフレームは大事にするし、長く乗るものです。妥協してしまうとだんだん乗らなくなってしまうものです。カーボンの質とか性能ももちろん大事ですが、初心者の方であれば”見た目重視”で買うのをオススメしますね。

あと、コンポーネントはシマノで言えば105かそれ以上を選びたいところ。百歩譲ってティアグラまで。それ以下には行かないほうがいいかと思います。

ありがとうございましたっ!


あなたのロードバイクを見せてください!(第一弾:Giant Advanced TCR)

あなたのロードバイクを見せてください!(第2弾:Hongfu のSERAPH)

あなたのミニベロを見せてください!第3弾 クロモリの折りたたみ小径車「タイレルのIVE」


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

自転車を愛する人々のバイクをねっとりと拝見させていただき、根掘り葉掘り質問しまくらせてもらう企画、『あなたのロードバイク(ミニベロ)を見せてください!』の3回目。今回はミニベロをお届けする。 ◇ あなたのロードバイクを見せてください!(第一弾:Giant Advanc ...
自転車を愛する人々のバイクをねっとりと拝見させていただき、根掘り葉掘り質問しまくらせてもらう企画、『あなたのロードバイク(ミニベロ)を見せてください!』の3回目。今回はミニベロをお届けする。

◇ あなたのロードバイクを見せてください!(第一弾:Giant Advanced TCR)

◇ あなたのロードバイクを見せてください!(第2弾:Hongfu のSERAPH)

ミニベロという乗り物はじつに不思議で、ロードバイクよりも圧倒的に「カスタマイズ欲」を刺激されてしまう。軽量化をがんばったところでロードには敵わないし、パーツに大枚を叩いたから速く走れるわけでもない。にもかかわらず、せっせとカスタマイズに精を出してしまうミニベロ乗りのなんと多いことか…。(自分もそう)

なんというか、ミニベロって可愛いんですよね。ペットを飼っている感覚に近い。ロードはピュアなマシンだけど、ミニベロはちょっと生きている(サイボーグ)ような…?

何を言っているか分からなくなってきたので、さっそく今回のミニベロを紹介しよう。


世界にひとつだけのミニベロ」管理人、津田圭さんのタイレルの「IVE(イブ)」です!

2018-08-30 13.26.02 HDR

  • 津田圭さん(男性 40代)
  • 「世界にひとつだけのミニベロ」 の管理人
  • 所有バイク:IVE、FX(タイレル)、Curve D7(ダホン)
  • 購入時期:2016年秋
  • カラー:シルバー&ブラック
  • フレーム素材:クロモリ

コンポーネントなどは…
  • リアメカ R8000※元は SORA(9速)
  • スプロケット R7000(11速:11-28T)
  • チェーン:105
  • シフター11速シマノ
  • フロントチェーンリング:53T
  • ホイール:18インチ

目次


折り畳み手順



2018-08-30 13.28.36


IVEにどんなカスタマイズを施してますか?

リアディレイラーをシマノのR8000にしているところですかね。ただ、チェーンとスプロケットは105です。それ以外ではGrungeのステム(35mm)をつけて、やや前傾姿勢をとれるようにしたこと。ハンドルもアルミからカーボンに替えてあります。

2018-08-30 13.25.21

2018-08-30 13.47.19

タイヤは純正のマクシスから、シュワルベのKOJAKに交換しました。ホイールの交換はいまは考えていません。けっこうな値段がするわりに、変えたところでさほど劇的な変化はないような気がするので。あと、ハブが特注サイズで選択肢がないってのもあります。

Vブレーキは元のママのテクトロです。効きは十分ですね。が、ブレーキシューはミニベロ用の物に変更しています。

2018-08-30 13.06.49 HDR

走行性能の差としてもっともわかりやすいのは「タイヤの変更」と「前傾姿勢」の2点で、意外にも9速を11速にしたメリットはさほど実感がないですね。クロスレシオになっているはずなんですけどね…。でも、自己満足度ではリアメカの交換が一番です(笑)。

カスタマイズに費やした金額は…たぶん5万円くらいになるかなと。

IVEに不満はありますか?

総じて満足しているんですが、強いていうと3つあります。

  • 純正のキックスタンドがない
  • 折りたたんだサイズがやや大きい
  • 重い(11.5キロ)

タイヤをマキシスからシュワルベのkojakにした&泥除けを外したことで若干の軽量化はできましたが、クロモリフレームなので限界がありますね。

あ、もうひとつ不満がありまして、「ボトルをつける場所がトップチューブにない」ことも。ボトルはいつもバックポケットに突っ込んでいます。まあ、仮にトップチューブに取り付け穴があっても使いませんけどね。というのは、地面に平行なケージだと走行中や急ブレーキですっ飛んでしまうから。一度、タイレルのFXでボトルを走行中に落とし、それを踏んで落車したことがあります。

2018-08-30 13.24.52-1

総合点でいうと、100点満点中82点かな。十分に満足はしていますよ。

IVEは気に入っているけど、もうちょっとスポーティに走りたいって人はどうすれば?

タイレルIVEスポーツコンプリート(IVE sports complete)があります。

シートポストが軽量化

標準シートポストより120gの軽量化

前傾になったオフセットハンドルポスト

40mm前方にオフセット&90gの軽量化

軽量ホイールを履いている

※タイヤをIVE標準の1.5インチ幅から1.25インチ幅に変更
※標準ホイールから約350gもの軽量化を実現

リアウェイブショックを装備

※松村鋼機製スクロウェイブスプリングによるスペシャルショックを装備
※エラストマー (elastomer) から機械バネに変更することで自然なストローク感となる

車両重量で10.7キロなので標準IVEよりちょっと軽い。3万円くらいアップするけど、お得な組み合わせです。ただ、現在は受注生産なので、納車にはちょっと時間はかかるかもしれません。

IVE sports complete

IVE以外にCurve(ダホン)とFX(タイレル)を持っていますが、1台残すとしたらどれ?

間違いなくIVEです。一番気に入っているし、実際に乗る時間もIVEが長い。IVE80%、FX15%、Curve5%って割合です。

R0030929
/ダホンのCurve です\

他に欲しいロードバイクやミニベロはありますか?

金額を抜きにすると、電動アシストのブロンプトン(BROMPTON)が欲しいです。Brompton Electric Reservationっていうモデルなんですけど、£2,595 〜 £2,755なので日本円換算で37~39万円もします。ちょっと現実的ではないですね。

タイレルのFCXもいいですね。サイクルモード2017に発表されたコンセプトモデルでまだ生産すらされていないんですが、451のクロモリで折り畳みが可能なミニベロってグッときませんか?きますよね??

讃岐の自社工場でハンドメイド生産で、フレームはクロモリでフォークはカーボン。KADOWAKIコーティング様のパウダーコーティングでのカラーオーダー、しかもドロップハンドル仕様。これは萌えますよ…。

え?ミニベロをすでに3台持っているのにさらにミニベロが欲しいんですか、ですって?なんででしょうね、ミニベロが心底好きなんでしょうね。ロードバイクはまったく欲しいと思わないんです。

IVEに施してるその他の装備

  • バイクパッキング用の大容量サドルバッグ
  • フロントライトはハンドルとクイックリリースの位置の2個
  • リアライトは1個
  • トップチューブの下に三角形のフレームバッグ
  • ペダル(チタン軸のモノ)
  • グリップ(ERGON)
  • サイコンは使わない派(アプリで距離やルートを測るので)


津田圭さん、ありがとうございました!

2018-08-30 13.26.35-1

IVEでの1回あたりの走行距離は70〜80キロが多いそうだが、その気になれば100キロも可能。可愛いルックスながら、乗り心地も走行性もなかなか高い。速さを競う乗り方よりは、マイペースで終日サイクリングし、輪行で戻ってくる…という使い方にはベストなミニベロではないかと思う。自分も試乗させてもらったが、直進安定性と乗り心地の良さは乗り出してすぐにわかった。


津田圭さん御本人のレビュー記事もあるので合わせてどうぞ。

DAHONとは違うのだよ!DAHONとは!というわけでTyrell IVEで50kmくらい走ったからレビュー


タイレルのラインナップの中では比較的安価な車種なので、タイレル好きな方はチェックしてみてはいかがだろうか。

◇ あなたのロードバイクを見せてください!(第一弾:Giant Advanced TCR)

◇ あなたのロードバイクを見せてください!(第2弾:Hongfu のSERAPH)


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

ロードバイクにハマっていらっしゃる、全国津々浦々のサイクリストの愛車をじっくりと拝見させていただく企画、『あなたのロードバイクを見せてください!』を始めてみたところかなり好評で、「もっとやれ~」という声が多数集まった。 ◇ あなたのロードバイクを見せてく ...
ロードバイクにハマっていらっしゃる、全国津々浦々のサイクリストの愛車をじっくりと拝見させていただく企画、『あなたのロードバイクを見せてください!』を始めてみたところかなり好評で、「もっとやれ~」という声が多数集まった。

あなたのロードバイクを見せてください!(第一弾:Giant Advanced TCR)

なぜそのフレームを選んだのか、そのホイールに巡り合うまでにどんな紆余曲折があったのか、現状のパーツの組み合わせにたどり着くまでに舐めた辛酸はどんな味がしたのか、今後どんな物語(カスタマイズ)をその愛車と紡ぐつもりなのか…。

オーナーのロードバイク人生を拝聴し、一人ひとりの背景にある物語を伺って紹介してく試み。第2回は、仕事を通じて出会ったロードバイク先輩であるSさんの新車、「 Hongfu の SERAPH」である。

2018-08-25 11.55.29

  • Sさん(男性、61歳)
  • 自転車歴40年以上
  • 既婚
  • IT業界&都内勤務

フレーム: Hongfu の SERAPH ※フルカーボン

コンポーネント:シマノ製アルテグラ(R8000)

ホイール:ICAN(アイキャン)※リムハイト38ミリ

ギア比
・フロント:50ー32T(コンパクトクランク)
・リア:11-28T(ショートケージ)

目次


なぜHongfuというメーカーのフレームを選んだのか?

Hongfu という中華ブランドなんですが、安かったというのが大きいです。フレーム単体で7万円でした。塗装の仕上がりで価格は多少上下しますが、6万~10万円くらいに収まります。フレームの特徴としては、衝撃を縦方向に吸収して、横剛性を高めています。

私のフレーム(SERAPH)はFM008という型番でして、タンタンサイクリングという会社が塗装を施しています。色は他のにしたかったんですが、悩んだ結果これに。狙ったわけではないんですが、ビアンキっぽいチェレステカラーになってしまいました(笑)。

これまで乗ってたロードバイクは「CR1 SL」(スコット)。2006年モデルを型落ちで2007年に購入したので11年乗ったことになります。

2017-08-06 06.14.09
/CR1 SL(スコット)\

ツール選手が実際に乗ってたのと同じフレームなので超硬い。ダウンチューブが…例えるなら”硬質な卵の殻”のように薄くてパリッとしていて、 どんなに踏んでもフレームが応えてくれます。加速がすごくて、あっという間に40キロに持っていけますよ。11年乗りましたが、劣化は感じませんね。なので今も自宅で保管しています。

Hongfuのフレームの印象は?

まだ2週間しか経ってないので、正直よくわからない。ファーストインプレッションとしては悪くないですが、加速はCR1 SLに劣りますね。まあ、CR1 SLが良すぎるというのもありますが。

2018-08-25 11.56.04

2018-08-25 11.55.51

SERAPHのFM008にそこまでの際立ったなキャラはないような気はしつつも、乗りやすいいいフレームだと思いますよ。7万円なので、万が一気に入らなかったとしても、ギリギリ勉強代として納得できるかな…と思います(笑)。

じつはまだしっかりとポジションを出せていなくって、微調整してテストしているところ。なのでロングライドではお尻が痛くなりますね。

新型アルテグラ(R8000)の使い心地は?

2世代前のアルテグラ(10速)を使っていたので、一気にアップデートしました。R8000のフロントはコンパクトクランク(50-34T)でスプロケットは11-28Tです。峠が好きなので28Tは必須。

2018-08-25 13.59.33

2018-08-26 06.21.12-1

リアディレイラーの操作感に劇的な変化は感じませんが、フロントは段違いに軽くなってますね。これは素晴らしい。アップダウンの多い地形だとしょっちゅうフロント変速を使いますが、指の負担が軽くていいです。

ブレーキは相変わらずしっかりと効いて良いです。とくに評価したいのが開放レバーの開きの大きさ。28cも干渉することなく履かせられるので、タイヤの選択肢が増えますね。

2018-08-25 13.23.21

電動コンポーネント(Di2)も検討はしたんですよ。ただ、ワイヤーの配線が複雑でハンドル周りがごちゃごちゃするのと、扱いが面倒かな…って感じて機械式を選びました。スラムのE-tapのようにワイヤレスになっていれば、買っていたかもしれません。

履いているホイール&タイヤは?

ICAN(アイキャン)のカーボンチューブラーを1年以上使ってます。リムは中華製でスポークはサピム、ハブはノバテック。重量は1,200グラムを切っているくらいですね。

2018-08-25 13.59.49

CR1 SL (スコット)のころはリムハイト50ミリのディープを履かせていましたが、今のリムハイトは38ミリです。横風は気にならないレベルですね。まあ、50ミリのころからあまり感じたことはありませんでしたが。

タイヤはビットリア ルビノプロ グラフェン(23c)。※チューブラータイヤ

2018-08-25 13.22.38

フロントがこないだパンクしたので、フロントは違うものを履かせています(笑)。以前使っていたコルサは乗り心地が素晴らしかったんですが、空気が抜けやすいのが玉に瑕でした。

こだわりポイントは?

フレームを傷から守るため、透明のシートをシートポストの裏に貼っています。輪行するとき、スプロケットの向きによってはここに当たって傷がついてしまうんですよ。それの防止です。やや厚手なので指で触れるとムチムチしますが、透明なのでぜんぜん目立たないでしょう?

2018-08-25 13.28.50

あと、同じシートを右側のチェーンステーにも被せています。こうしておけばチェーン落ちしても安心です。

2018-08-25 13.29.01

どんな備品を使っている?

ヘッドにスマートフォンホルダー(TOPEAKのRIDECASE) 
※アイフォンの固定力は抜群

2018-08-25 13.58.52


バックミラー
※下ハンドルの内側に装着

2018-08-25 14.00.06


トップチューブバッグ
※補給食やスマホ用のバッテリー入れとして

2018-08-25 13.58.38


フロントバッグ
※工具や各種小物入れとして


ビンディングペダル:SPD
※一度SPDの歩きやすさを体験すると、SPD-SLにはなかなか戻れない

2018-08-25 13.29.25


CO2ボンベ
※ミニポンプではなくこれが好き

オマケ

Sさんに自分の愛車(BOMA の Refale )を試乗してもらったので、以下インプレッション。

  • やや硬めのフレームで反応はいい
  • 同時に乗り心地もNICE
  • バランスの取れたフレームだと思う
  • 一番の好印象ポイントは「フォークの良さ
  • 狙ったラインをビシッと走ってくれる
  • コーナーが攻めれるので楽しい
  • どんなにいいフレームでも、フォークがダメだとせっかくの性能を発揮できない


BOMA の Refale のフォークはピカイチで素晴らしい


と評価されて、なんだか嬉しい気持ちになった(^^)



Sさん、ありがとうございましたっ!

Sさんは海外通販にも慣れており、なにより自転車歴が段違いに長い(40年以上)のでいろいろと経験も知識も豊富。Hongfu のフレームはかなりの安さなので興味を持つ人も多いかもしれないが、「自己責任になる部分もあるので、初心者とかこれからロードバイクを始める方には積極的にはオススメしない」とのこと。

2018-08-26 06.13.53


それにしても、人様のバイクをねっとりと拝見させてもらい、オーナーさんの話を聞くのがこんなに楽しいとは…。今後も続けてまいりますね。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア


人様が乗っているロードバイクって、ついつい目が行ってしまうのは自分だけではないはず。珍しいフレームだったり、高嶺の花のホイールを見かけると「おおおおっ」ってなる。これはきっとサイクリストあるある。 サイクリストが多く集めるスポットとか、イベント会場では ...
人様が乗っているロードバイクって、ついつい目が行ってしまうのは自分だけではないはず。珍しいフレームだったり、高嶺の花のホイールを見かけると「おおおおっ」ってなる。これはきっとサイクリストあるある。

サイクリストが多く集めるスポットとか、イベント会場ではいろんなメーカーのロードバイクが一気に集まるので、自分はこういうシチュエーションではここぞとばかり拝ませてもらっている。

2017-03-11 08.23.20
/舐めるように見る…\

なぜサイクリストは他人のバイクが気になってしまうかというと、単純に「自分も使いたい」「いつか買いたい」ってのもあると思うけど、それ以上にオーナーさんの背景にあるストーリーが気になるからだと思う。

なぜそのフレームを選んだのか、そのホイールに巡り合うまでにどんな紆余曲折があったのか、現状のパーツの組み合わせにたどり着くまでに舐めた辛酸はどんな味がしたのか。今後どんな物語(カスタマイズ)をその愛車と紡ぐつもりなのか。

サイクリスト一人一人の人生がすべて異なるように、その人の愛車にもロードバイク人生が反映されているはずなのだ。他人の生き様、人生観に触れたとき人は心を揺さぶられる……そういうものだと勝手に思っている。

ということで、「あなたのロードバイクを見せてください!」という新企画をスタートしてみる。いろんなサイクリスト…老若男女にそれぞれの愛車を見せていただき、一人一人のストーリーを伺って紹介してみる試み。


第1回は、仕事を通じて出会った友人Iさんの GIANT TCR Advanced 1 を紹介させていただこう。

2018-08-05 13.04.14-1

Iさん男性(37歳)
既婚(子供1人)
IT業界&都内勤務

フレーム:Giant TCR Advanced 1(2016年モデル)※フルカーボン、XSサイズ

コンポーネント:シマノ製アルテグラ(6800)

ホイール:Prime(リムハイト38ミリ)

ギア比
  • フロント:50ー32T(コンパクト)
  • リア:11ー32T(ロングケージ)
※今はリアが11ー28T(ショートケージ)

目次


なぜそのフレームとメーカーを選んだのか?

ジャイアントに思い入れがあったわけじゃないのですが、走りたいと思ったタイミングで在庫があって、コスパの良かった完成車がこれだったんです。他のメーカーでは同じ価格帯でもコンポーネントがワンランク落ちますから、フルアルテというのは魅力的でした。カラーリングも気に入りました。

元々ロードバイクは乗っていて、ショップチームにも入っていました。が、転職と引越しを機に持っていたバイクを売ってしまいました。

で、転職して仕事も落ち着いてきたタイミングで「再開しよう」という気持ちになり、新車 を買うことにしたんです。ジャイアントに思い入れはないって言いましたけど、バイクの性能には信頼のおけるメーカーです。ただ、ヨーロッパブランドなどと比べて趣味性はあまり高くないというか、新車を買ってもメーカー名で周囲から騒がれるところではないですね(笑)。

2018-08-05 13.06.23

履いているホイールを選んだ基準

最近、WiggleのプライベートブランドのPrime RP-38に履き替えました。チューブレスにも対応している2Wayカーボンホイールです。一度は使ってみたかったカーボンホイールを比較的安く導入できました。

2018-08-05 13.04.40

リムハイトは38ミリで高すぎず、低すぎず、普段遣いにはちょうどいいバランスだと思います。空力効果は、時速30キロくらいだととくになにも感じませんが、35キロ以上になると巡航スピードを維持しやすいです。下りや追い風ではますます楽できます(笑)。

50ミリという選択肢もあったんですが、都内はストップ&ゴーも多いので、50ミリハイトのホイールだとやや重さが気になるかなと判断して避けておきました。

カーボン製なのでブレーキの効きはアルミほどではなく、やや滑る印象はあります。ただ、シュルシュル…という独特の擦り音が「あぁ、カーボンホイールだなぁ…」と気分を上げてくれます。あと、速度が上がってくるとシュンシュンシュン…という風切り音が聞こえてきて、これも快感です。こういうの、趣味の世界ではとても大事です。

買い替え予定はあるのか?

TCR Advanced 1に乗り始めて2年になります。で、来年の3年たったくらいで買い換えようかなーとは妄想しています。フレームもメーカーも決めていないんですが、つぎのフレームは「エアロ」にしたいです。理由は…あまりヒルクライムはしなくて、もっぱら平地メインなので。見た目もインパクトありますし。

ただ、問題がひとつあって、2019年モデルのエアロフレームを見ていると、メーカー問わずかなりの比率で「ディスクブレーキ仕様」が多くなっています。自分はホイールの移し替えやメンテナンス性とかを考えてキャリパーブレーキを選ぶつもりです。

コンポーネントはどうする?シマノから乗り換える?

シマノのままでいきます。カンパニョーロだとパーツが高くなるのと、入手が面倒&時間がかかる…とかあるでしょうから。やはり広く普及していて汎用性の高いメーカーのモノが自分のスタイルには合っています。

2018-08-05 13.04.22 HDR

今のは、一世代前のアルテグラ(6800系)なので、105にすることはないかなと。新型105の性能は気になるところですが、ダウングレードはなんとなく気分的にしたくはないです。

となると、たぶんワイヤーの現行アルテグラ(R8000)を選ぶような気がします。デュラエースは予算的にちょっと厳しい。電動コンポーネントも予算さえあれば検討に入れたいです。というか、予算が許せばむしろ積極的に電動コンポに切り替えたいかな。人が使っているのをみると、「お、いいな」って思いますし。

ギア比は11-28Tのままで行くかな…。完成車で付いていたスプロケットはなぜか32Tで確かに激坂では有効でしたが、ロングケージだとシフティングがややダルかったです。ショートケージに替えて快適になりました。

それ以外にやってみたいカスタマイズは

ハンドルとステムがアルミなんですけど、ハンドルをエアロ形状のカーボンのに替えたいですね。空力効果もありますが、どちらかと言うと見た目の問題です。見た目大事。

2018-08-05 13.05.55
/アルミのハンドル\


ただ、乗り換えを検討中ゆえ、今のバイクにこれ以上大きな予算をかけるのは思い留まっています。まあ、パーツを引っ越し(載せ替え)させればいいんですけどね。

2018-08-05 13.04.47 HDR
/タイヤはシュワルベワン(25c)\

◇ シュワルベワン(SCHWALBE One)のインプレ ~アスピーテプロ(Aspite Pro)のインプレを添えて~
※23cのインプレッションです

買い替え時期は具体的に決めている?

いえ、まだメーカーもモデルも絞り込んでいないので、ふわっと検討中です。今のバイクは実用性重視で、その時すぐに乗れるものを選びました。焦って買い換える必要はないので、次はもう少し趣味性のある、より所有欲も満たされる一台を選びたいと思っています。

2018-08-05 13.05.40


ありがとうございましたっ!!


根掘り葉掘り質問すると、その人の哲学やポリシーが垣間見えてくる。人がどういう思考プロセスを経て何かを選んだり、選ばなかったりするのかを知れるのは非常に興味深い。


やっててめちゃんこ楽しいし(笑)、今後も続けていく予定である。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

自転車フリークスの皆様におかれましては、車選びにおいて「ロードバイクが積めるか否か?」は最重要要素のひとつではないでしょうか? 車で輪行するのも自転車の楽しみのひとつなので、どんなに素敵な車でも、愛機が積めないとなると一気に熱が冷める。 ※1年くらいまで ...
自転車フリークスの皆様におかれましては、車選びにおいて「ロードバイクが積めるか否か?」は最重要要素のひとつではないでしょうか?

車で輪行するのも自転車の楽しみのひとつなので、どんなに素敵な車でも、愛機が積めないとなると一気に熱が冷める。
※1年くらいまでは「アバルトがいいなぁ」と妄想していたが、自転車運搬がどうにも難しいので諦めた。

2014-11-16 11.05.41

アバルト(Abarth)500のレビュー動画を見まくって、ベストだと思った動画がコレだ

アバルト500シリーズの売れ筋をディーラーで教えてもらった。一番売れているのは意外にも…


屋根にサイクルキャリアを取り付けれるって手段もあるっちゃあるが、積み下ろしはそこそこしんどい。それと、愛機をむき出し状態(雨なら雨ざらし)で走るのは少々心苦しいものだ。盗難対策もしなくちゃいけない。あと万が一、バイクの存在を忘れて高架下を通過しようものなら大悲劇…。

人様がやってるのを見ると「あらステキ」って思うのだが、そんな理由もあって自分は導入予定なし。やはり、車内で保管したいのである。


そこで気になっているのが新型ジムニーシエラ。

先日、スズキの新型ジムニーとジムニーシエラを見たとき、ロードバイクも持参して積載可能かどうかをディーラーでチェックさせていただいた。
スズキアリーナ川口さん、ご協力ありがとうございます!

先に結論を書いておくと・・・ジムニーにロードバイクはばっちり載ります!なんの問題もなく余裕で積めます!(よって、ますます欲しくなってしまった)

2018-07-14 17.11.52-1

ということで、その様子を写真多めでレポートしよう。

目次


まずはジムニーの外観チェック

全長は3,550mm、全幅は1,645mm とかなりコンパクト。パンダと比べても全長はやや短いくらいで、全幅はまったく同じ。にもかかわらず、実車が放つ存在感はサイズ以上のものがある。きっと、スクエアで垂直に立ったボディ(全高1,730mm)のせいだと思う。

まるでチョロQのような愛らしいルックス…たまらんではないか。

※チョロQとは タカラトミー(旧・タカラ)製のミニカーの一種。3 - 4cm四方程度の大きさで、主にぜんまいばねで駆動する。名前の由来は「チョロチョロ走るキュートな車」から来ている ※ウィキペディアより

2018-07-14 17.20.21-1

ただ、外から見た限りでは、「リアシートを倒しても縦方向にバイクを積むのは厳しそう…」と感じた。ボディサイズは真四角で、スペースにはかなり余裕があるのはいいのだが、絶対的な長さが不足している気がする。

ジムニーの後部ドアを開ける

後部ドアは横方向に開けるタイプ。腕で引くと「おっ」と感じるほど重い。これはスペアタイヤのせいだ。ちなみにスペアタイヤのホイールはアルミホイール仕様車でも「スチール製」である。(残念)

2018-07-14 17.07.44 HDR

もうひとつ残念だったのが、後部ドアは段階的なノッチがないので一気にばいーんと90度近くまで全開してしまう。ちょっと荷物を取りたいときとか、ドアを手で押さえながらでないと、生垣とか柱にヒットしてしまうので注意が必要。ロードバイクの積み下ろし時は、後方にそこそこ広めのスペースを確保する必要はある。

が、トランク開口部は見事なまでの真四角!コンビネーションランプをバンパーのほうに埋め込んであるおかげで、ギリギリまでドアの開口部に使えている。うーむ、見るからに荷物の出し入れがしやすそうで興奮する。素晴らしいじゃないですか。

まずは(シートを起こした状態で)トランクスペースをチェック。あっけにとられるほど狭い。というか、ないに等しいのでは。4人家族のファーストカーとしての利用は現実的ではなさそう。人は乗れても荷物を置く場所がない。家族旅行や帰省するにはルーフキャリアの併用が必須のような気がする。

ただ、ジムニーはきっと「1~2人+多めの荷物」で利用することを想定している車だと思うので、そう割り切ってしまえばミニマムなトランクで問題ない。自分がもし買うとしたら、「夫婦+自転車2台」をメインとし、ごくまれに後部座席を使う…かんじになる気がする。よって、リアシートは常時フォールディングし、でかいトランクスペースとしておくつもり。

ジムニーのリアシートを倒す

リアシートの小ぶりさにもびっくりした。なんと左右の両端がスパッと切り取られており、大人2人が座ると肩が触れ合ってしまいそう。あと、シートバックもけっこう薄い。なんとなく…観光バスの補助シート感がある。スペース確保のために致し方なかったのだと想像。

2018-07-14 17.08.12
※隙間がすごい

当然ながらアームレストといった快適装備はない。が、ジムニーにそれを求める人もいないだろうから問題無いでしょう。

リアシートはトランク側から倒せる。ストラップを引いて前に押すだけで、ヘッドレストを抜く必要はない。実に簡単。しかもきれいなツライチの面ができるので、荷物も積みやすそうだ。

2018-07-14 17.12.29

さらに、トランクとシートの裏部分は汚れが付きにくい素材でできており、汚れた&濡れた荷物を入れるのにも躊躇しなくて済む。さっとひと拭きで掃除もできて、使い勝手はバツグン。さすがアウトドアに強いジムニーだけある。

縦方向にフレームを積んでみる→ダメ

両ホイールを外した状態でフレームを積んでみよう。ちなみにフレームはBOMA社の「Refale」のMサイズ。当方、身長は173センチなのでごく一般的な成人男性のバイクフレームと思ってもらってOK。

ではまず縦方向に…ハンドルとフォークから入れていくが、予想通りとランクスペースの室内長が足りない。リアシートを倒してもぜんぜん不足。

2018-07-14 17.16.22 HDR

ハンドルを曲げてもリアディレイラーが外に飛び出してしまう。うーむ、ダメか…。縦方向に入ったら固定させやすいので助かるのだが、無理なものは仕方ない。

2018-07-14 17.16.11 HDR
※あとちょっとなのだが…

あ、ちなみにジムニーの助手席シートはフルフラットにできるので、助手席を倒してしまえば余裕で縦方向に積める。ただ、自分は2名乗車を前提に検証しているので、助手席はいじらない。

横方向に積んでみる→いけた!

縦がダメなら横方向で試すと、余裕でスッと入った。しかも左右と上下スペースもまったく問題ない。

2018-07-14 17.14.27-1

フォークとリアディレイラーはそれぞれ窓からかなり離れており、接触の心配は無用。天地方向にも余裕はありまくりなので、チェーンリングが天井に触れて汚してしまうこともない。これも、両サイドがほぼ90度に切り立っている&高めの全高のおかげだ。

2018-07-14 17.14.41
※リアディレイラーが窓に当たる心配なし

2018-07-14 17.14.32
※天地方向も余裕

ちなみにパンダでは、ひっくり返したフレームをリアシートの上に直に載せているんだけど、横方向はギリギリ。フォークを毛布で養生して窓ガラスを守っているし、リアディレイラーも壁に当たらないようヒヤヒヤしながらゴムバンドでキツめに固定している。

ジムニーにロードバイクを積むなら「横方向で!」という結論が出た。フレーム2本とホイール4本、そしてヘルメットやらシューズやらバッグやらを積んだらまあまあパンパンになりそうな気はするが、充分合格!である。

で、バイクが車内に収まったのはよいのだが、実際問題フレームをどう固定するか?きっと何かしらのオプションキットはあるだろうからそれを利用するのもいいかも。自分だったら「後部座席にある左右のグリップに廃チューブをくくりつけ、それをフレームに引っ掛けて“軽い宙吊り”っぽくするかなと。固定するよりも、ぶら下げるイメージに近い。

2台のフレームを積むときは、間に緩衝材用のダンボールを挟むと傷がつかずに良い塩梅になるかなと。

運転しやすそうなジムニーのコクピットとボディ形状

残念ながら展示車しかなかったので試乗はできなかった。まあ、納期が遅れている(1年以上待ち!)ので試乗車を手配するどころではないのだろう。

2018-07-14 17.12.43

見るからに運転はしやすそうで、まず高めのアイポイント&ドラポジ。そして見切りの良いスクエア極まるボディ。切り立ったAピラーで視界も抜群。ワイドなサイドミラー(補助ミラー付き)。

ナビの位置も高めでグッド。(寒冷地など)グローブを付けたままでも操作しやすい大振りな各種ボタン類。ひたすらにシンプルで無骨なインパネとレバー類。官能さ、セクシーさ、高級感は微塵もないが、むしろそれがいい。

2018-07-14 17.25.15

エクステリアもインテリアもナイス。ユーティリティも合格。これだけでもすでに良いのに、試乗して気に入ってしまったらどうしよう。衝動契約してしまうかもしれない…。

2018-07-14 17.22.04


とまあ、こんな感じでジムニーに惚れました。久々に本気で欲しいと思える車である。しかも車両本体価格が150~180万円とかなり現実味がある。(パンダより安いし)

営業さんの「納期が1年以上かかる」って言葉でハッと我に返ることができたが、即納可能だったら危なかった(笑)。

ジムニーシエラをオクサマに提案してみた

ジムニーを見てきた日の夜


(´・ω・`) 「ちょっと見てほしい動画があるんだけど」

( ´ー`) 「なに?」

(´・ω・`) 「ジムニーって車がいいなって思ってる今日この頃でして」

( ´ー`) 「なんだと?クルマだと?」(表情が険しくなる)

(´・ω・`) 「う、うん…」

( ´ー`) 「パンダがあるじゃん。何か問題なわけ?」

(´・ω・`) 「問題はないです。あくまで、数年先を見据えたプランのご提案レベルでして」

( ´ー`) 「ふーん…まずは見せてみ」



( ´ー`) 「ジープっぽいね。スタイルは可愛い」

(´・ω・`) 「チョロQっぽいでしょ?見た目の可愛さとは裏腹に、コンパクトオフローダーなんだ。四駆だから荒れた道でも走れるんだよ」

( ´ー`) 「泥だらけの山道をモリモリ登ってるね、すごいじゃん」

(´・ω・`) 「でしょでしょ!」

( ´ー`) 「アンタ、未舗装の山を登る予定あんの?」

(´・ω・`) 「ないです」

( ´ー`) 「岩だらけの河原を走ったり、急な坂道を上り下りする計画は?」

(´・ω・`) 「ありません…」

( ´ー`) 「仮にジムニーがあったとして、どう使うのさ?」

(´・ω・`) 「基本はきれいなアスファルト道路メインです」

( ´ー`) 「だったら、ジムニーの性能必要なくない?豚に真珠でしょ」

(´・ω・`) 「そうなんだけど、今後はあるかもしれないし…可能性の一つとして…」

( ´ー`) 「ふーん…」

(´・ω・`) 「いまはパンダもあることですし、すぐにどうこうしようってつもりはないです」

( ´ー`) 「あっそ…」

(´・ω・`) 「し、しかもどのみち納車まで1年以上かかるそうだから、しばらくは様子を見ながら妄想していたいなーなんて」

( ´ー`) 「わかった。とりあえず妄想するのは許したるわ」


2018-07-14 17.24.29 HDR

ということで、妄想は許可が下りたので、1〜2年の長期でジムニー導入計画を練ろうと思う。

いつか試乗してこよう~っと。


◇ 日本で大絶賛のスズキのジムニー(&ジムニーシエラ)は、海外ではやや辛口なレビューをされていた(動画を翻訳してみました)



新型 ジムニー / ジムニーシエラ のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

中年……具体的には40歳を越えると、オッサンはとたんに守りの姿勢に入る。 現状維持をよしとし、変化を恐れて行動を控えてしまう。積極的にならねばとか、新しいことにトライしていかねばとは頭では考えるが、中途半端に成功体験を持っていて人の目が気になるのか、失敗 ...
中年……具体的には40歳を越えると、オッサンはとたんに守りの姿勢に入る。

現状維持をよしとし、変化を恐れて行動を控えてしまう。積極的にならねばとか、新しいことにトライしていかねばとは頭では考えるが、中途半端に成功体験を持っていて人の目が気になるのか、失敗を恐れて腰が重くなる。

しかし、なにか変化を起こしたかったら、強引にでも行動するしかない。決心が固まるのを待っていてはダメだ。No Pain, No Gain.

この現象は仕事だけではなくサイクリングでも同じで、つい「いつもと同じコースを走ってしまう」がそれ。新しいコースを探索する、はじめての駅に降り立つ、知らないお店に入ってみる……そんな刺激を求めてはいるが、なんとなく億劫さが勝ってしまうことはないだろうか?結果、走り慣れた道ばかりを走ってマンネリ化してしまう。

「弱い自分を変えたい…サイクリストとして一皮むけたい…」そんなことをウジウジ考えていたとき、とあるイベントにお招きいただいた。

2018-06-11 15.55.44

お招きいただいたのは、株式会社シマノが運営する南青山のカフェレストランでお馴染み、「OVE(オーブ)」さんで実施しているイベント。イベントの名は、「私の散走、実現します...東京・江戸、武家屋敷巡り」である。


武家屋敷巡り……?


日本史はからっきしな自分にはややハードルが高い気もするので、一瞬ひるんだ。なにしろ日本史が大の苦手。中高はずっと「中間&期末テストをクリアし、単位を取得するためだけ」にしぶしぶ勉強していたダメ学生だったので、歴史的教養が壊滅的に乏しい。大河ドラマを見ても意味が分からないし、登場人物も謎でしかない。

墾田永年私財法とか、大塩平八郎の乱とか、寛政の改革とか、フレーズとして認識はしているが、いつ、誰が、なぜ、なんのためにおこなって、結果どうなったのか……とかチンプンカンプン。

そんな歴史オンチの自分が格式高げなイベントに参加して大丈夫なのか、甚だ心もとないのだが、自分を変えるまたとない好機。参加しない手はない。

案内文には、

明治維新から150年の今年、そのさらに先の時代に思いをはせる散走を行います。維新前、東京の街には参勤交代のために「人質」として江戸に滞在していた日本全国の大名の屋敷がありました。その遺構がすべての場所に存在しているわけではありませんが、古地図を見ると、現存する道路の多くは当時から残っていた道であることがわかります。

今回はそういった武家屋敷を想像しながら、街を巡り、今の東京と過去の江戸との間を行き来します。

とある。

いったいどんなライドイベントなのだろう…。意を決して参加させていただいた。 今回はそのレポートであるっ…!

目次


シマノの運営するOVE(オーブ)はこんな場所

集合場所は南青山にあるシマノが運営するカフェレストランOVE。2006年から営業している場所だ。外苑駅からすぐ近く。青山一丁目駅からでも徒歩圏内だ。 南青山三丁目交差点(フランフランのあるとこ)からも近い。

2018-06-16_06h57_14

数年前にランチで利用させてもらったことがあって、 そのときは「近くまで来たはずなんだけどどこだろう…」ってちょっと迷ったのを記憶している。というのも、外からはカフェレストラン感がなく(美容室かオフィスっぽい)、気づかずに通り過ぎてしまったから。

目印は青山迎賓館だ。OVEはその目の前にある。

2018-06-09 09.21.56

ちなみに「OVE」とは、
・Opportunity(機会)
・Value(価値)
・Ease(気軽さ)

を表していて、「自転車のある暮らし」を提案する場所。

店中は奥行きがあって、ゆったりした居心地の良いスペース。カフェレストランだけではなく、コンサートや茶会等、様々なイベントも行われている。ギャラリーの役割も果たしており、まるで雑貨屋さんにいる気分。

2018-06-09 08.55.37

肝心の散走(さんそう)とはなんなのか

OVEが提唱するのは「散走(さんそう)」という、ポタリングとはちょっと違った自転車の愉しみ方。

「散走って、ようするにポタリングのことじゃないの?」

似ているようでちょっと違う。ポタリングは自転車でのんびりと走ることがメインだが、「散走」は道中をゆっくり走り、新たな出会いや発見を自転車を通じて愉しむ。このコンセプトは地方や地域の自治体でも取り入れられ、街づくり、観光促進、住民の健康促進にも一役買っているそうだ。

style_mainImage
※画像引用元:OVEオフィシャルサイト

散走に正装はなく、動きやすさえすればどんな格好でも大丈夫。堅苦しいルールはないし、その気楽さが散走の魅力。

OVE主催の散走で使われているバイクには、ラクに走れ、快適な乗り心地をサポートしてくれるさまざまな機能が搭載されている。あと、交通ルールを守って安全に走ることが基本。参加者はヘルメットとグローブ、ズボンの裾バンドがレンタルできる。

つまり、完全に手ぶらで参加できてしまうのだ。これは気楽だし、散走後にそのまま表参道や渋谷に立ち寄ることもできてしまう。

2018-06-09 08.54.56
※ぜんぶレンタルできる(お水もついてきます)

走った距離はたったの25キロ。しかし、恐るべき満足度

借りたのはTernのEclipse S11iというミニベロ(24インチだけど)。アルフィーネ内装11速、油圧のディスクブレーキ搭載。かなり太めのタイヤを履いていたが、街乗りだとちょうどいい感じに段差の衝撃を吸収してくれそうだ。

2018-06-09 08.50.20

コース全長は25キロ。これを長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれで、初心者には「十分でしょ」だし、経験者には「物足りない」だろう。自分は「たった25キロでよいのだろうか…。短すぎはしないだろうか」と思っていたが、終了後に自分の間違っていたことに気付く。

なぜか?

それは、”散走の満足度は走行距離とは無関係だから”である(後述する)。

2018-06-09 09.02.46
※出発前に飲んだOVE自家製梅ジュースが美味すぎて、思わずお代わりしてしまった。

2018-06-09 09.06.23-1
※出発前に軽くオリエンテーション

東京の歴史に俄然興味が湧きまくる

南青山のOVEを出発し、いきなり細い路地を複雑に蛇行しつつ、青山墓地を通過していく。てっきり大通りを走ると思い込んでいたので、たった5分で脳内の磁石が狂い始め、自分の位置がわからなくなってくる。知っている土地なのに、自分がどこにいるかわからないって不思議な感覚。太陽の位置でかろうじて東西南北はわかるが、曇りだったら軽く迷子になったかもしれない(笑)。

山脇学園が見えてきて、「あ、赤坂見附駅の近くだな」と分かる。赤坂〜赤坂見附エリアは2000年から仕事で関わってて、2006年から10年間働いた場所なので、よーく知ってる場所。

…のはずが、いきなり度肝を抜かれる。現れたのは、重要文化財武家屋敷門。

2018-06-09 09.38.56

それなりに赤坂界隈は知り尽くしたと思ってたけどなんだこれ……見たことも聞いたこともないぞ。

東京都文化財情報データベースによると、

江戸時代末期に、現在の千代田区丸の内(東京中央郵便局付近)に建てられたものです。当時この辺りは大名小路(こうじ)と呼ばれ、老中職の役屋敷がありました。文久2年(1862)年の大火で類焼した後、老中本多美濃守忠民(三河国岡崎藩5万石の藩主)によって、直ちに再建された屋敷門であると伝わります。

のち実業家・政治家である藤山愛一郎邸の表門として港区白金台に移築後、重要文化財に指定されます。山脇学園所有後は、昭和49年に千葉県九十九里町の臨海学校松籟荘(しょうらいそう)構内に移され、平成28年に再び港区赤坂の本校舎内へ移築されました。

ですって…。


2018-06-09 09.41.17-1
※ほとばしる武家感

太い木材を用いた建物は切妻造本瓦葺きで、簡素な中に豪壮さがあります。かつては左右に長屋(家臣の住居や厩舎)が続き、総延長は120mもあったといいます。現在でも桁行21.8m、梁間4.7mの規模を誇り、中央に両開き戸と潜戸、両側に出番所を備えます。出番所は片流れ屋根とし、やや装飾的で、建物に威厳と格式を与えています。

開始10分で衝撃の大発見。しかも元職場から歩いてほんの数分の距離にというオマケつき。そして衝撃はその後も続く。

2018-06-09 09.50.05

江戸城(皇居)って中に入れるんだ!しかも無料で!?

今回の散走での最大の発見かつ衝撃だったのが、江戸城ってふつーに誰でも入れるってこと。しかも無料。てっきり有料で、かつ期間限定でしか入城を許されないと思ってた…。これ、都内勤務してても知らない人多いんじゃないかしら。

2018-06-09 10.21.11

OVE散走スタッフさんが「では江戸城を見学しましょう。所要時間は1時間くらいかな」って言ったのを聞いて、「いやいやいや、江戸城ってお堀の外から見ておしまいなのでは?中にも入らずにどうやって1時間も過ごすのかしら」って訝しがりながらついて行ったら、てくてくと橋を渡っていったのでびっくりした。

2018-06-09 10.31.53
※平川橋(なお、入り口で荷物確認はあります)

平川門から入城

一行が入場したのは平川門からで、毎日新聞社が向かいにあるところ。参加者の中に歴史にむちゃくちゃ詳しい方がいらっしゃって、散策している間ずっと江戸城を解説してくれたのだが、その逸話やこぼれ話、蘊蓄が面白すぎた。

2018-06-09 10.37.51

そのいくつかを(完全に受け売りで)紹介すると、平川門は一般的には使われず、城内で罪を犯した罪人とか死人が通過するときに使われていたそうな。その理由は平川門が北東に位置する「鬼門」だから。別名を「不浄門」といい、 身分の高い人が平川門を使うことはなかった。あと、大奥に一番近い門でもあって、「御局(おつぼね)御門」とも呼ばれ、大奥女中の通用門としても使われたそうな。

2018-06-16_07h16_15
※たしかに艮(うしとら)=北東の方角だ…

平川門だけではなく、親柱には 擬宝珠(ぎぼし)という伝統的な建築物の装飾で橋や神社、寺院の階段、廻縁の高欄(手すり、欄干)の柱の上に設けられている飾りが付けられている。

2018-06-09 10.36.34

これは幕府管轄を証明しており、正式な橋にしか使われない。驚いたことに、 擬宝珠には寛永や慶長などの銘が彫られてあって、つまり当時のモノがいまもそのまま(!)使われているのだ。そんな何百年も前からの歴史的なものがふつーに手で触れるってのも面白い話である。
※柱の木材は当然現在のものに変わっている

まだまだある江戸城にまつわる豆知識

敵からの攻撃に対する江戸城の防御力は世界的に見ても屈指のレベルらしく、いたるところに敵の攻撃から城を守るだけでなく、攻め入った敵を殲滅させる工夫が施さている。ただボケっと見物しているだけではわからないが、そうやって歴史的背景を教えてもらうと、俄然興味がわいてくるものだ。

たとえば江戸城の門は、なぜか門をくぐったらいきなり九十度曲がらされることが多い。下のように、入ったら直進はできず、すぐ右にまた門が現れる。

2018-06-13 07.21.56
※江戸城のパンフレットより

なんで門のすぐ後にまた門なの?しかもわざわざ右に曲がる理由はなんなの?通過しにくくない?

それがミソでして、敵からの攻撃から城を守るアイデアとしてあえてやっている。

歩兵がわーっと攻め入ってきても、右に強制的に曲がらされることで軍勢がスピードダウンさせられ、渋滞でオタオタしているうちに上からかっこうの標的になるわけ。

2018-06-09 10.38.48

なお、左ではなく右に曲がらされる理由は、日本人の利き腕に関係する。アーチェリーやライフルなどの武器は左手で照準を定め、右手で引き金を引くのを前提に作られているのをイメージするとわかりやすいが、左に壁があると身を守りつつ反撃しやすいのが、右側だと半身をさらさないと弓を弾けない。よって、死ぬリスクが高くなる。

映画、『プライベート・ライアン』のオマハビーチ上陸シーンのワンシーンで説明すると、兵士たちは壁で身を守りつつ、身体を左方向にひねって銃撃しているのがわかる。江戸城はこれの逆を侵入者に強いてくるわけだ。



このような「侵攻しにくさ」がいたるとこにあって、清水門から入ると、一段一段の距離が間延びした、やたら登りにくい階段が待ち構えている。

2018-06-09 11.57.14

なんじゃこれ…登りにくいなあ……なんでこんな構造にしたんだろうって思ってたら、「敵を歩きにくくするためにこうしていた」んだとか。とにかく敵の嫌がることを徹底的にやってくるのが江戸城なのだ。

2018-06-09 10.53.54

このような歴史的背景を知れば知るほど、知識欲が湧いてくるから不思議。学生時代は「日本史?侍とかちょんまげ時代のこと知ってなんの得になるんじゃ、あほくさ」ってまったく勉強に熱が入らなかった自分が恥ずかしい(そして、歴史ってたいてい中年になってから興味が湧くものでもある)。

坂を登り切ったところには広々した芝生になってて、江戸の当時は大奥や本丸のあった場所。いまは自由に入ることができ、寝っ転がったり、お弁当を食べてもよし(片付けはちゃんとしましょう。見回したところ、ゴミ箱はなかったので持ち帰ること)。

2018-06-09 11.25.22
※めちゃんこ開放的!

ちなみに、芝生内は歩くのは構わないが走ると係員さんに注意される(過去にOVE散走スタッフさんが経験済み)。きっと芝生を守るためだと思われる。

2018-06-09 11.28.46
※天守台

江戸城は素晴らしすぎる観光名所だと改めて気づかされた。まだ城内に行ったことのない人はピクニックがてら出かけてみよう!

ランチは神楽坂で蕎麦を

江戸城の次は武道館へ。そして靖国神社を縫うように通過して飯田橋方面へ走る。

2018-06-09 12.01.32 HDR

この間も大通りではなく細い路地を走るので、見たことのない風景ばかり。あえて最短距離ではなく、道草を食うように走るのも散走の魅力のひとつのような気がしてきた。


神楽坂を登りかけたとこで、趣きのある細い路地(神楽小路:かぐらこうじ)へと入る。

2018-06-09 12.22.14

ランチはお蕎麦やさんの「志な乃」で。


2018-06-09 12.26.22

2018-06-09 12.56.27
※天ざる蕎麦がとてもおいしかった。

箱根山にも登頂する

食後の腹ごなしに向かったのは、 牛込柳町駅ちかくの「正定山 幸國寺」という日蓮宗の寺院。幸せの国と書いて「こうこくじ」と読む。正式名称は幸國寺だが、幸国寺と書いてもよい。(検索ではそのほうがHITしやすいとのこと)

2018-06-09 13.51.13-1

  • 樹齢500年を超える大銀杏とともに安らかに眠る「幸国寺墓地」
  • 江戸十祖師布引のお祖師様の永代供養「布引永代供養塔」
  • 古代ガラスのお釈迦様のご尊像と光の納骨堂「琉璃殿」
がある場所だ。

幸國寺は山門が武家屋敷の門を移築したもので、”門の脇に番屋がある”ことからそれなりの位の武家屋敷から移築したものと想像できるそうな。(ただ、書物によっては田安家の門という記述も見られるが)

2018-06-09 13.55.11-1


その後、戸山公園内にある「箱根山(はこねやま)」へ向かう。駅でいうと早稲田駅と西早稲田駅の間にあって、ここも知る人ぞ知る存在なのではなかろうか。

2018-06-16_07h51_53

山手線内にて一番標高が高い人造の山(築山)で、山頂にある水準点の標高はたったの44.6m。これでも立派な山。

ウィキペディアによると、

江戸時代の尾張藩徳川家の下屋敷時代に回遊式庭園「戸山荘」として整備された際に、池を掘った残土を積み上げ固めて造成された築山「玉円峰(ぎょくえんぽう)」と伝えられている。この地が陸軍戸山学校用地となった頃から「箱根山」と俗称されるようになった。

2018-06-09 14.11.44

あっという間に登頂できて、希望すれば 大久保地区にある戸山公園サービスセンターで「登頂証明書」を発行してもらえる。

2018-06-09 14.13.10
※山頂はこんなかんじです(笑)

2018-06-09 14.17.37


その後は新宿二丁目のややディープな雰囲気を感じつつ、御苑、神宮を抜けて青山に帰還。

OVEでブルーベリーシロップ入りのお茶でひと休み。「えっ、お茶にブルーベリー?組み合わせとしてありえなくない!?」と思ったが、飲んだらむっちゃ美味しいの……(なんで)。なんなのだこの爽やかな味は…(お代わりした)。

2018-06-09 15.38.00

散走を体験してみて感じたこと

今回の散走に参加して痛感させられたのは、「自分はあまりにも東京を知らなさすぎた…」という事実。赤坂~赤坂見附エリアでは2006年から2016年までの10年間働き、その界隈はかなり知ってた気分になってたけど、とんでもない誤解だった。

出発前は、「東京?もう15年も働いているんだぜ?しかも自転車でさんざん走り尽くしているから、最短ルートを脳内で描いてナビなしでどこでも行けるぜ」というおごりがあった。

2018-06-09 09.51.22

自分が長けているのは、A地点からB地点に移動するための最短距離ルートを脳内に描き、それに則って効率重視で移動すること。たしかに移動スキルは磨かれたが、街の裏側とか細い路地はからきしだった。

そのいい例が紀尾井町(きおいちょう)の由来について。江戸時代の初期に大名屋敷が置かれていて、紀伊(きい)和歌山藩徳川家上屋敷、尾張(おわり)名古屋藩徳川家中屋敷、近江彦根藩井伊(いい)家中屋敷があった。 紀伊徳川・尾張徳川、彦根井伊の三家から一文字づつとって「紀尾井町(きおいちょう)」と名付けられたわけ。そんなことも知らずに47年も生きてしまっていた…。
※千代田区公式サイト「町名由来板:紀尾井町(きおいちょう)

2018-06-09 09.57.58
※紀尾井町周辺

「走行距離たったの25キロで、都内に新たな発見なんてあるのだろうか?」という自分の考えはとんでもない思い上がりであり、猛省したのであった。

冒頭で「散走の満足度は走行距離に比例しない」と述べたが、ではなにが満足度に直結するかというと、「過ごした時間の濃密度」なのだと思う。見たことのない風景に出会い、初めての道を通り、知らなかった知識を得る。土地の歴史やその生い立ち、そこで暮らす人々の生活…そういったものに触れることが満足度にリンクする。

ぴゅーーーっと走って通過するだけでは、距離は稼げてもそれ以外の要素は入ってこない。ロードバイクだとつい「何キロ走った(ドヤァ)」ってなりがちだけど、距離の長さでもない、巡航スピードでもない、まったく違った自転車の楽しみ方がある。

2018-06-09 10.32.25-1

ただ、大通りを走っているだけでは気づけなかった。そのあたりの妙味は、OVEスタッフさんたちの手腕と入念なコース設定&準備の賜物だろう。あと、他の参加者の圧倒的な歴史の知識のおかげでもあった。(ソロだったら絶対無理なルートだった)

見知った街を散走することから始めてみよう

OVEが提唱する散走。認知度のある「ポタリング」ではなく、あえて「散走」と呼ぶ理由は、ポタリングだと「自転車に乗ること=目的」となってしまうが、「散走」は自転車走行が主目的ではなく、街中にあるさまざまな楽しみ(食・観光・撮影・散歩)を満喫するためのツールとして自転車を有効活用するって発想になる。主は「休日を有意義に満喫する」という体験・経験であって、サイクリング行為そのものはあくまで「副」ってわけ。

OVEマネージャーの室谷さんの言葉を借りると、「散走するためにわざわざ新しい街や観光地に繰り出す必要はなくて、地元や隣町くらいの身近な場所で気軽に行うのでも十分に楽しめますよ」とのこと。

散走を楽しむコツは、

どこかへ行く、という目的だけではなく ちょっと目線を変えて、その道のりを愉しむ

  • 何キロ走ったかなんて、いったん忘れる
  • 狭い面を塗りつぶすように蛇行しまくる
  • 気になるモノがあれば躊躇なく停止して見物
  • 楽しむのは結果(目的地)ではなく、プロセス(行程)

だと思う。

ノープランで出かけるもよし、事前になにがしかの歴史を仕入れておくもよし。あるいは「今日はノスタルジーを味わおう」とか「なんとなくアートの気分だな」ってテーマを決めてもいい。

2018-06-09 09.42.39

ちなみに、上のクロモリロードはOVE散走スタッフのお一人のバイク。こんなかんじでロードでの散走だってアリ。”クロモリ × ディスクブレーキ × ブルホーン”の組み合わせって、街乗りに最高に似合う気がする。

もうひとつ、個人的なオススメは現在(&かつての)の職場周辺に行ってみること。休日の職場って、平日とは違った顔が見えて面白い。仕事じゃないモードで最寄り駅とか隣駅、徒歩では行かない(行けない)エリアを探検すると、「えー!仕事場のこんな近くにこんな場所があったの!」ってきっとなるから。

自分にとってのそれは、学校法人山脇学園が所有する「重要文化財武家屋敷門」だった。山脇学園敷地内にこんな立派な重要文化財があったなんて、1ミリも知らなかったもんね…。赤坂で10年働いてこの有様。東京での仕事歴は15年になるけど、自分はあまりにも東京という街を知らなさすぎた。

余談だが、「歴史に興味が湧く」という予想外の副産物もあって、学生時代は日本史&世界史を毛嫌いしていたくせに、猛烈に勉強したい欲がむくむくと湧いてきた。さっそく「まんがでわかる日本の歴史」を手あたり次第にKindleに突っ込んで、読みまくっているところ。
※「いい歳こいたオッサンがそこから?」と笑わないでください…。


まんがでわかる日本の歴史 江戸幕府の栄枯盛衰編

※参照元:アマゾン

己の無知を知ったことは戒めになったと同時に喜びでもあって、「まだまだ探検できるとこ山ほどあるじゃん!知的好奇心を刺激しまくれるじゃん!」という発見でもあった。もっとあちこち散走して、新しい発見で既知の地図情報を上書きしていこうと思う。

OVE店舗情報

  • 東京都港区南青山3-4-8
  • KDXレジデンス南青山1F
  • 電話:03-5785-0403
  • 営業時間:10時~19時
  • 定休日:月曜(祝日の場合は火曜日振休)
  • 散走公式サイト

2018-06-09 08.55.08


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


ついこないだの5月20日にオープンした、「CYCLE:HOLIC(サイクルホリック)」をご存知だろうか。そう、巷というか…男性サイクリスト諸氏の間で話題激アツの”日本初のロードバイク専用トレーニングジム併設コンセプトバー”である。 産経サイクリストさんも記事にしてお ...
ついこないだの5月20日にオープンした、「CYCLE:HOLIC(サイクルホリック)」をご存知だろうか。そう、巷というか…男性サイクリスト諸氏の間で話題激アツの”日本初のロードバイク専用トレーニングジム併設コンセプトバー”である。

産経サイクリストさんも記事にしており、「あそこね〜」とピンときた人も多いはず。コスプレイヤーさんがウインクして微笑む看板アイコンが強烈に印象に残る。

2018-06-15_05h57_17

乗って、飲んで、話せるサイクルフィットネスバー「サイクルホリック」 東京・神田に5月20日オープン
※いいね!数も1,800を超えている(6月6日時点)

トレーニングもできる自転車コンセプトバー「CYCLE:HOLIC(サイクルホリック)」が神田・秋葉原エリアにオープン

自転車ジム&バー「CYCLE:HOLIC」5月20日グランドオープン!オープン前夜には有名コスプレイヤー来店のパーティーを開催

若くて綺麗な女性が接客してくれるバーであり、同時にロードバイク専門トレーニング施設でもある。健全でしかない場所だとはわかっているのだが色々考えてしまい、「取材したいけど、どうしようかなー」と二の足を踏んでいたところ、ひょんなご縁でオーナーさんとつながることができ、取材をさせていただけることに。

というわけで、写真多めでレポートをお届けするっ。
※いつもより、ややテンション高めなのはご容赦ください…

目次


CYCLE:HOLIC(サイクルホリック)ってどこにあるの

駅でいうと神田駅とか小川町駅が近い。どっちからでも駅から徒歩数分なので、会社の帰りにサクッと立ち寄れる。ビルの6階にあるのだが、ビル前に例のコスプレイヤーさんの看板があるので「ここだ」とすぐわかる。

2018-06-02 13.50.59

今回は自走で来たので、バイクをエレベーターに乗せて上に。ちなみにエレベーターにはバイク1台しか入らないので、大人数だとピストン移動をすることになる。

2018-06-02 13.42.18
※高まる期待

6階でエレベーターのドアが開くと、すぐ目の前にバーのドアが。ガラス張りなので中の様子が見える。「おお…バースペースだ…。女性の声も聞こえてくる…」。いやが上にも高まる期待…。

6階は広々したバースペース

6階はドアを開けたら、いきなりバースペース。想像以上に広い。バイクラックもいくつかあり、BOMAの愛車を立て掛けさせてもらう。

2018-06-02 14.21.08
※座っているのは同僚


「ウェブサイトの画像よりぜんぜん広々してて開放感あるじゃないですか~」


「ウェブサイトのはオープン前のイメージでして、実際はこんななんですよ(^^)」

と、オーナーさん。


L字型の真っ白なカウンターが眩しい。13席あるのでそこそこの人数でもわいわい飲めるだろう。

2018-06-02 14.37.05

事前にウェブサイトでメニューを見ていたが、アルコール飲み放題、ソフトドリンク飲み放題、そしてプロテイン飲み放題がある。(プロテインってそんなに何倍も飲めるのか…というツッコミはさておき)

2018-06-02 14.09.35

2018-06-02 14.08.01

トレーニングする人とか、自走で来る人には当然アルコールは提供されないが、備え付けのバイクを借りれば徒歩帰宅できるわけで、トレーニングを終えてからアルコールで乾杯…はOK。あるいは、トレーニングせずに単純にバーとしての利用のみももちろん大丈夫。バイクメーカーにちなんだカクテルも面白い。

ピザやパスタ、カレー、バーニャカウダ的なおつまみも用意されている。

2018-06-02 14.17.44

ピザカッターが面白い…。これ、そのまま部屋のインテリアに欲しいくらいだ。

ただのガールズバーじゃないの?って思うかもだが、そうではない。その理由は…

ちょっとうがった見方をすると、「ガールズバーとオンラインシミュレーター(ZWIFT)をガッチャンコしただけじゃないの?」って思うかもしれないが(自分もそう思ってた)、そうではない。

何が違うかというと、働いている女の子たちは「サイクリスト」なのだ(※)。もちろん、レベル感とかサイクリスト歴はさまざまだが、ロードバイクを愛するという点ではお客さんとひとつ大きな共通点がある。で、接客してくれる女性陣がサイクリストだと何がいいって、自転車の話題で盛り上がれるのだ。
(※完全に全員ではないそうですが)

2018-06-02 14.11.30

ほら、大抵のロード沼住人は経験済みだろうけど、日常生活で自転車ネタを振っても付いて来てくれる人ってレアじゃないですか…。男性でも怪訝な目で見て来るのに、それが女性だとなおさら。

「どこそこ峠の坂がー」
「どれそれのコンポーネントに変えようか迷っているんだけどー」
「●●に行くならオススメのランチの場所があるんだよー」 

って話で女性と盛り上がれる場所、ありそうでなかなかないと思いません?サイクルホリックだとそれができるわけ。これはオーナーさんのこだわった部分でもあるそうな。(ご自身もサイクリストなので、その辺の心理はわかるとのこと。なるほど)

今回、職場の同僚が「行きたい、行きたい、取材に同行したい~~!」としつこくせがむので一緒に連れてきたのだが、ちょっと目を離した隙にこれである…。

2018-06-02 14.24.34
※楽しそうだなヲイ

7階のトレーニングルームへGO

トレーニングルームは上の7階にある。6~7階の間にエレベーターはないので、愛車で漕ぐなら持って上がる必要がある。

6階ほど広くはないが、3台のバイクがTacxトレーナーに装着されていて、3名まで同時にZWIFTトレーニングが可能だ。なぜかバイクはすべてリドレー。理由を聞いたら、「僕の趣味です。リドレーが好きなんで(笑)」ですって。

2018-06-02 14.01.19


シャワーと更衣室もあり、シューズ、ウェアのレンタルもできるので、手ぶらでの来店でもOK。

2018-06-02 14.00.20-1

2018-06-02 14.00.34


「自分のバイクを持って来るお客さんと、備え付けのリドレーでトレーニングする人、どっちが多いです?」

「圧倒的に備え付けバイク派が多いですね」 (オーナーさん)


考えてみればまあ当然で、平日の仕事帰りに愛車で来れる人はそうそういない。お酒も飲みたいだろうし……となると、結果的にリドレーとなるわけだ。

ちなみにバイクは体格に合わせて複数台数用意されており、体のサイズにあったバイクを選べるのでご安心を。

2018-06-02 14.01.31


で、同僚と自分とで軽くZWIFTを体験する。大画面&扇風機付き&エアコンがんがん状態なので思う存分にぶんまわせるのだが、まあこれがキツイ。斜度3パーセントでも、実際の3パーセントよりぜんぜん重いんですけど…。

2018-06-02 14.53.07

しかも、ただ苦しいだけでなく、途中でタイムトライアルが始まって強制的に巻き込まれたり、同時にプレーしている各国のサイクリストを抜いたり抜かれたりしていると、ぜんぜん休めない!

頑張り続けないといけない仕組みはトレーニング効果大でけっこうなことだが、やってる側は「力の抜きどころがねぇ…」となる。まあ、これをまじめに取り組めば相当強くなれるでしょう。

ちなみに、自分が昨年にCITTEC カフェガリビエさんで体験した様子はこちら

◇ ロードバイク専門トレーニングジム&カフェ、「CITTECGALIBIER」に突撃してきた(ジムスペース編)

◇  ロードバイク専門トレーニングジム&カフェ、「CITTECGALIBIER」に突撃してきた(カフェスペース編)

「FTP計測テスト」にチャレンジするも撃沈

バースペースでひと休みした後、同僚がFTP計測テストをさせてもらうことに。45分と75分の2コースあって、正確な数値を出すには75分が理想なのだが、「この時間を本気で回しきれる人が(一般サイクリストだと)なかなかいない」そうな。

テスト終了前にバテては意味がないので、ショート版の45分コースが生まれたとのこと。ということで、人並の体力の方は「45分コース」を選んだほうがいいです。

2018-06-02 15.59.29 HDR


で、その45分コースが始まる。

序盤は指定のワット数に従って回すだけで、かなりラク。同僚も「こんな(低くて)でいいの?ぜんぜん負荷かかってないけど…」と余裕の表情で回していたが、時間が進むごとに笑顔が消えていく。

2018-06-02 16.03.33-1

徐々にワット数が上がり、ラスト20分は指定が解除されて、力の限り本気でぶん回さねばならない。”終わった瞬間にオールアウトする”のがFTPテストのミソで、20分の鬼漕ぎがどれくらいキツイか、サイクリストならすぐわかるだろう…。永遠にも感じられる長さである。

横で見ているのが気の毒になるほど苦悶の表情でゼーハーを繰り返し、ついに灰になった同僚…。なお、結果を弾き出す計算式は下をご覧ください。

2018-06-02 13.57.53

2018-06-02 16.23.32-1

これ、単純にパワーがあればいいってわけでもないし、体が軽ければ有利なわけでもない。パワーとフィジカルをバランスよく備えていないと高い数値を出すのは厳しい。


自己診断ではもっと高い数値を出せると思っていたのに…。こ、この結果が今の自分の実力なのかっ…


と同僚は落ち込んでいた。

本人の希望により、FTP数値の公開はやめてほしいそうで、武士の情けで伏せておいてあげることにしよう(笑)。

それにしても、このトライアングルチャートはレベルが高すぎやしないだろうか。

オーナーさんも、

たいていのホビーサイクリストは貧脚です。ちょっと乗ってる人でもせいぜい低脚。「並」って書いてありますが、この並ですら出すにはかなりの脚が必要です。

と話していた。


同僚には、それがせめてもの救いだったかもしれない。「再びテストを受けて、今度こそレベルアップを図る…!」とリベンジを誓っていた。自分も45分コースでFTPテストをしてみようと思う。

CYCLE:HOLIC(サイクルホリック)取材まとめ

思ってたより、ぜんぜん明るくて楽しい空気

誤解を招かないように言っておくと、もともといかがわしい場所ではない。なんせ、ロードバイク専用トレーニングジム併設コンセプトバーなのだから。にもかかわらずいろいろ妄想を膨らませてしまったのは、完全にこっちの勝手である(笑)。

2018-06-02 17.04.41

あくまでトレーニング施設なので、いくら汗をかいても(汗臭さを)気にする必要がないし、終わったあとに「先輩お疲れ様ですっ」(※)ってタオルを渡してもらえるのは……純粋に楽しいです、はい。「こういう青春を送りたい人生だった…」と学生時代を思い出してしまった。
※女子は「後輩(マネージャー?)」でお客は「先輩」という部活設定なのです。

来る前と来た後とではガラッと印象が変わった(いい意味で)。その辺が気になってまだ足を踏み入れていないのなら、心配は無用である。

とりあえず競合不在

ZWIFTトレーニングとカフェレストランという組み合わせは、2017年秋にオープンしたCITTEC カフェガリビエがあるが、コンセプトはまったく違う。つまり実質的に競合不在。CITTEC カフェガリビエは大人数でのトレーニングライド、ヨーロピアンテイストのカフェでの食事やお酒なのに対し、サイクルホリックはガールズバーっぽいお色気の味付けがあり、店内の雰囲気もぜんぜん異なる。

サイクリング仲間や女子と自転車について気兼ねなく語り尽くせる夜の場所ってなかなかないものなので、そういう意味でも貴重だ。

今後はイベント、講習会、貸切パーティなども企画していくそうな

10名前後で貸しきればちょうどいいパーティスペースになりそうな気がした。「そういったリクエストにも対応できますよ」とのこと。フードがややパーティ感不足だが、その辺はケータリングを使うなどして柔軟に対応可とのこと。勤務先のfreee自転車部で、打ち上げとかに利用させてもらおうかと考えちゅうである。


お店情報はこちらですっ!

店舗情報

  • サイクルフィットネスバー CYCLE:HOLIC
  • 所在地:東京都千代田区神田司町2-17 あけぼのビル6F
  • 営業時間:平日 17:00~22:30(LO.22:00) 土日祝 13:00~22:30(LO.22:00)
  • 定休日:年中無休
  • 公式サイト
  • Twitter


というわけで、すっかり満喫させていただいた同僚と自分は、満面の笑みで帰路に着いたのであった。


【関連記事】
LOVE CYCLISTさんとイマオさんもサイクルホリックに取材してきたようなので、合わせてリンク載せておきますね。

LOVE CYCLISTさん:Zwiftの新境地、CYCLE:HOLICへ遊びに行こう。

イマオさん:東京でロードバイク女子が待っている!?自転車バーでドキドキ、ワクワク体験


2018-06-02 14.37.09-1


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

自転車レースはワンデーという1日で終わるモノ以外に、ステージレースってのもあり、こちらは2日以上かけておこなう。世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは3週間をかけて戦うレース。 ツアー・オブ・ジャパンも8日間かけておこなわれるので立派なステージ ...
自転車レースはワンデーという1日で終わるモノ以外に、ステージレースってのもあり、こちらは2日以上かけておこなう。世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは3週間をかけて戦うレース。 ツアー・オブ・ジャパンも8日間かけておこなわれるので立派なステージレース。

で、長丁場のステージレースともなればレースの間には休憩するし、移動日や休息日のような試合のない日もある。そんなとき、選手らはどーやって時間を過ごしているのか。

Global Cycling Network で選手に「 How To Relax Between Stages(ステージの間ってどうやってリラックスしているの?)」という直撃インタビューをしている動画があったので、翻訳してお届けしよう。11人の選手の答えがそれぞれビミョーに違ってて興味深い。



アンドレ・グライペル(Andre Greipel)

Lotto Soudal 所属(ドイツ出身・35歳)
チームメイトのおしゃべりに付き合うのではなく、音楽を聴くようにしているよ。ランダムでプレーさせるね。新しい曲を発見したいから、色んな曲を積極的に愉しむよ。
2018-05-18_06h18_37

ロハン・デニス(Rohan Dennis)

BMC Racing 所属(オーストラリア出身・27歳)
映画がTVを観るね。昨年はこの方法でけっこうリラックスできてよかった。2週間で48時間分視聴したよ。7分の1も消費したことになるね(笑)。
2018-05-18_06h18_52

マルセル・キッテル(Marcel Kittel)

カチューシャアルペシン所属 (ドイツ出身・30歳)
音楽と雑誌だね。2時間とかまとまった時間によくそうするよ。ムカムカしているときはロックを、落ち着いているときはムードに合わせて選曲するかな。
2018-05-18_06h19_19

サイモン・イェーツ(Simon Yates)

ミッチェルトン・スコット所属(イングランド出身・25歳)
TVゲームだ。ゲーム大好き人間だからね。ただ、最近は70年代の古いTVショー、とくにお笑い系を好んで観ているよ。
2018-05-18_06h19_39

アダム・ハンセン(Adam Hansen)

Lotto Soudal 所属 (オーストラリア出身・37歳)
僕は80年代が大好きで…ゲームも持ってる。ニンテンドースイッチだ。当時のクラシックなゲームを楽しんでいる。学生の頃はラップトップで友達同士で先生の目を盗んで遊んだものだったよ(笑)。
2018-05-18_06h19_53

2018-05-18_06h20_19
※うれしそうにニンテンドースイッチを見せてくれる

ローソン・クラドック(Lawson Craddock)

EFエデュケーションファースト所属(アメリカ出身・26歳)
ホテルでブラブラするのがメインかな。季節によってやることは変わるんだけど、今はもっぱら読書。で、レースがハードになって集中力が維持できなくなるとTVをオン…だね。いま読んでる本は何かって?えっと…ミステリー系なんだけど、読んでるタイトル名忘れた…(笑)。作家はジェームズ・パタースン(James Patterson)…ダン・ブラウン(Dan Brown)とかだよ。
2018-05-18_06h20_39

※Dan Brownの代表作は『天使と悪魔』『ダ・ヴィンチ・コード』

スヴェイン・タフト(Svein Tuft)

ミッチェルトン・スコット所属所属(カナダ出身・41歳)
読書が好きだ。とくに移動日なんて読書にもってこいだね。いまはエコノミストを読んで世界情勢を追いかけているところさ(笑)。けっしてエンターテイニングとは言えないけど、世界で何が起きているのは知っておかないとね。
2018-05-18_06h20_56
※大人の落ち着きを感じさせる

ホナタン・カストロビエホ(Jonathan Castroviejo)

チーム・スカイ所属(スペイン出身・31歳)
まだ小さい子どもたちと話すことかな。Skypeとかいろんなアプリでね。妻とも話すし、ニュース見たり、そのあたりかな。
2018-05-18_06h21_28

アレクサンダー・クリストフ(Alexander Kristoff)

UAE チームエミレーツ所属(ノルウェー出身・30歳)
最近の選手たちはデジタル化してるね。アイパッドとかのデバイスを利用することが多いかな。家にいるときはいろいろやることがあるけど、レースだと暇を持てあますから、そういうときに頼ってしまうね。
2018-05-18_06h21_43

マイケル・ウッズ(Mike woods)

EFエデュケーションファースト 所属(カナダ出身・31歳)
音楽系のビデオばっかり観てる。カナダにいた頃は、VimeoとかYoutuberをよく再生して観ていたよ。ヒップホップとかダフト・パンクとかが好き。
2018-05-18_06h21_59

ブレント・ブックウォルター(Brent Bookwalter)

BMC Racing 所属(アメリカ出身・34歳)
夜に寝る前に読書するね。音楽も聞くし、電話もよく掛ける。妻に勧められて読んでいるのはジョン・グリシャムの『ペリカン文書』。映画は若い頃に観たけど原作は読んだことがなくて。
2018-05-18_06h22_15

ジョン・グリシャムはアメリカでトップクラスの人気作家。 『ペリカン文書』は彼の代表作のひとつ。


各選手も我々一般人とさほど差のない方法でリラックスしているようだ。かなーりデジタル化、ネット化しているので、荷物の持ち運びはラクになったことだろう。

ちなみにEFエデュケーションファーストに関しては、こないだこんな記事をスポンサードくださってじつに感慨深い。「EFエデュケーションファースト・ドラパック」をスポンサードする企業で、1965年、スウェーデンで『Education First (教育を第一に)』 をモットーに創業され、世界117か国で、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流、教育旅行事業などを展開する、世界最大規模の私立教育機関である。 

海外留学で英語力が身につくのは当然なのでメリットではない。真に大事なことは別にある


自分の場合はYouTubeで「80~90年代の洋楽」を聴き、 逆立ちしても買えない高級車のレビューを観るのがのがリラックス法。あと、キンドルアンリミテッドで懐かし系マンガ(80年代ジャンプ)を読むのもすごくリフレッシュできて良い。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

シマノのロードバイクコンポーネントのデュラエースとアルテグラがアップデートされてしばらく経ち、「そろそろ新しいデザインも見慣れてきたな…」、「ていうか、シャドータイプのリアディレイラーのデザインって、従来よりスリムで硬質なイメージでそれはそれで悪くないな ...
シマノのロードバイクコンポーネントのデュラエースとアルテグラがアップデートされてしばらく経ち、「そろそろ新しいデザインも見慣れてきたな…」、「ていうか、シャドータイプのリアディレイラーのデザインって、従来よりスリムで硬質なイメージでそれはそれで悪くないな…」と思い始めている今日このごろ。

しかも、ミドルゾーンで普及タイプの105(R7000)が6月にアップデートをするそうで、これが出揃ったらどのコンポーネントも選り取り見取り・・・状態になる。

>> フルモデルチェンジしたシマノの105(R7000)情報まとめ

2018-01-20 17.50.54

選択肢が増えることはマニア(=自分を含む、一部の頭がいかれちゃっている方々)にはウレシイことなのだが、ロードバイク初心者の方からすると違和感があるそうで、

「見た目はほぼ同じのコンポーネントなのに、なんでデュラエースはアルテグラの2倍もするの?デュラエースってボッタクリなの?」

という質問をときどき受ける。

イヤイヤイヤイヤ!そうじゃないんですよ!材質とか製造工程等もいろいろアルテとは違ってですね…細部を観察するとフィニッシュも違うし、操作性能とか精度の目に見えない差が歴然とあって、デュラはシマノの技術をかき集めて造ったピュアレーシングマシンなんですよぉ… 

とかなんとか説得を試みるのだが、ぶっちゃけ自分も具体的に何がどう異なるのか、デュラエースとアルテグラの価格差の根拠はなんなのか…ふんわりとしかわかっていない。

アルテとデュラの価格差はどこにあるん? という疑問は海外にもあるようで、Global Cycling Network がPR動画としてこんなのを公開していた。

Shimano Dura-Ace Vs Shimano Ultegra | What's The Difference?



スポンサードコンテンツなので、「デュラがアルテの2倍も高い理由」という切り口ではなく、「なぜアルテはデュラの半分の価格で提供できるのか」ってトーンでの紹介だったが、それはそれとして有益な動画だったので翻訳してご紹介しよう。

デュラエースとアルテグラの機能面の差は(ほぼ)ない

性能面において、両者間にはぶっちゃけほとんど差がない。動画に登場するダンさんは元プロサイクリストだが、彼でさえ「もし目隠し状態で乗り比べたとしたら、デュラエースとアルテグラを言い当てる自信がない(笑)」って告白していたほど。現行のR8000とR9100はそんなに差が縮まっているというのか…。

じゃあ、「なんで価格差が2倍もあるの?性能差がないなら、デュラエースじゃなくてアルテグラを買えばいいんじゃない?」という気がするかと思う。で、その考え方はまあそのとおりでして、ほとんどのホビーサイクリストはアルテグラで十分すぎるほど事足りる。デュラエースはあくまで趣味のセカイのモノとして自己満半分で買うもの…なのかなと。

2018-04-24_06h52_33

2018-04-24_06h52_18

デュラエースにしたから速く走れる(登れる)といったものではまったくない。余った予算を他のアイテムに振り分けるのが合理的な考え方だと思う。
※理性だけで済まないのが趣味の世界ですが(笑)

シマノのエンジニアは何と言ってる?

なんと、シマノの中の人(Tim Gerrits さん:シマノヨーロッパ製品マネジャー)さんも性能差がないことはアッサリ認めていた。アルテグラとデュラエースはひとつのパッケージとして製造されており、「性能&機能に関しては同じ」と断言している。「これはシマノの伝統でもある」とのこと。

2018-04-24_06h54_11

ただ、 性能は同じでも、向いているベクトルが違う。アルテグラはホビーライダー用であり、幅広い用途に向いたように作られている。それに対し、デュラエースは完全にレース向けとして作られている。

具体的な両コンポーネントの差は、製造プロセスと原材料。それによってアルテグラは半額の価格設定を実現できている(代わりにやや重い)。

ちなみにデュラエースを開発する(もしくはモデルチェンジ)ときは、エンジニアらは「コストの障壁はいったん忘れて、プロレーサーが要求する製品を作れ。妥協せずにカンペキなマシンを目指せ」というスタンスでおこなうとのことだ。

「デュラエースはコンポーネントのフォーミュラ1なのです」(Tim Gerrits さん)

アルテグラとデュラエースの差

ご存知のとおり、両者間の価格差は約2倍。つまり、アルテグラ × 2セット = デュラエース1セットである。

フルセットの重量差はどうか?

たとえば、デュラエース9170(Di2 ディスクブレーキ仕様)とアルテグラR8050(Di2 ディスクブレーキ仕様)だと

・デュラエース:3,566グラム
・アルテグラ:4071グラム
差:505グラム
※「え!500グラムも違うの?」と驚いたかも知れないが、これは「ホイールを含んだ差」であり、純粋なコンポーネントだけの差ではない。

デュラエースにもアルテグラにも機械式と電動式(Di2)があり、さらにキャリパーブレーキモデルとディスクブレーキモデルがあって、それらを全部比較するのはちょいと難しいので、「Di2のディスクブレーキ」で比較している。

2018-04-24_06h56_53

まずはSTIレバーだが、見た目は「どこが違うの?」ってくらいそっくり。どちらもレバーはカーボン製。だが、ここにも重量差はあって、どこで差がつくかというと内側のパーツの原材料の違い。たとえばデュラエースはブラケットがカーボンレジンでアルテグラはグラスファイバーレジン・・・なのだそうな。(見た目ではわかんない)

なお、ブレーキレバーの調整幅はアルテグラのほうがワイドに設計されており、手の小さな人であれば、むしろアルテグラを積極的に選んだほうが良いだろう。

次にカセットスプロケット

デュラエースは6枚が鉄で5枚がチタン。アルテグラはすべて鉄。

デュラエース:175グラム
アルテグラ:232グラム
57グラムの差

2018-04-24_06h58_00

アルテグラは幅広いユーザーに使えるよう、スプロケットの種類も多い。11-34T までのワイドな組み合わせも選べるのに対し、デュラエースではそこまでの幅は用意されていない。(マックスで32Tまで)

そしてリアとフロントのディレイラー

ここでも原材料は少しづつ違ってて、リアディレイラーだとデュラエースのケージはカーボンだがアルテグラはアルミニウム。フロントディレイラーのケージはデュラエースはアルミニウムでアルテグラは鉄・・・と小刻みに異なる。

2018-04-24_06h58_59

※リアディレイラー
デュラエース:204グラム
アルテグラ:242グラム 38グラムの差


2018-04-24_06h59_07

※フロントディレイラー
デュラエース:104グラム
アルテグラ:132グラム
28グラムの差

前後のディレイラーを足した重量差は「66グラム」となる。

さらにチェーン

ぱっと見ただけでは違いがわからないが、重量差はもちろんあって(チェーンリングの大きさに寄ってチェーンの長さも変わるので一概に言えないが)、こんなかんじ。

2018-04-24_06h59_25

※50-34Tのチェーンリング
デュラエース:609グラム
アルテグラ:690グラム
81グラムの差・・・意外にデカい。前後のディレイラーの差よりよほど大きい。アルテグラを使いつつ、チェーンだけデュラエースってサイクリストは多いが、重量差が大きいことを知ってのことだろう。

んでもって、ディスクローター

デュラエースには熱放出用のコーティングが施されているが、アルテグラにはない。ただ、構造は同じだし、ブレーキング性能も同じ。なお、重量差はわずが10グラムである。

2018-04-24_07h00_33

さらにDi2

ここも基本的には両者で同じ。どっちもシンクロシフトだし、シフティングの細かなカスタマイズセッティングも可能。

最後にホイールの比較

デュラエースとアルテグラの差は300グラムほどあるのだが、直接対決させるのはちょっとフェアではない。というのも、デュラエースにはチューブラーモデルがあって、アルテグラにはクリンチャータイプしかないから。

2018-04-24_07h01_06
※デュラエース(右)とアルテグラ(左)

まあ、一般的に「コンポーネント」を語るときはホイールはセットになってないことが多いし、そもそもホイールは各サイクリストがお気に入りのを使っていると思うので、ホイール同士の差を語るのはあまり意味がない気はする。


ということで、Global Cycling Network は「どっちを買いましょう」とは言っていない。事実を並べただけなので、あとは消費者がお好きなのを選べばいいですよ…ということか。

自分も、初めてロードバイクを買うって人から「どっちを選べばいい?」と尋ねられたら返答に困る(笑)。


自分なりの意見をまとめておくと、

  • 合理的に予算配分したいならアルテグラ
  • お金に余裕があるならデュラエース
  • ワイドなスプロケット構成を選びたいならアルテグラ
  • とにかく軽量化を求めるならデュラエース
  • コンポーネントとか機材の良し悪しにこだわりがなければアルテグラ(もしくは105)
  • 自己満に浸り、バイクを愛でながら晩酌するならデュラエース(笑)

だろうか。

事情と好みはひとそれぞれなので「このコンポーネントを買いましょう!」と結論は出せない。ただ、個人的には40歳以上のサイクリストにはデュラエース推しでいきたい。


>> アルテグラR8000(新)と6800(旧)の各パーツごとの価格と重量を中心に比較してみた

>> ロードバイクをカスタムするとき、お金をかけるべき場所、節約すべき場所はどこ?

>> アルテグラR8000のインプレ動画翻訳紹介

>> デュラエースR9100はどんなコンポーネントなのか?9000系よりどう優れているのか

>> 「買いか!?待ちか!?」 デュラエース(Dura-Ace)9100のインプレッション動画

>> デュラエースを買って思う、人はどのコンポーネントを買うべきなのか?



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

3RUN さんの主催する「オフシーズンも充実-全8回集中セミナー」にお招きいただきまして、2018年1月6日(土)開催の『非力でも勝てる!効率的なペダリングでライバルに差をつける&女性でもスピードは出せる!』に参加してきました。 ちなみに、これまで3RUN さん主催のセ ...
3RUN さんの主催する「オフシーズンも充実-全8回集中セミナー」にお招きいただきまして、2018年1月6日(土)開催の『非力でも勝てる!効率的なペダリングでライバルに差をつける&女性でもスピードは出せる!』に参加してきました。

19-1

ちなみに、これまで3RUN さん主催のセミナーには座学、実地系には何度もお招きいただいています(圧倒的感謝…)。ということで、講習で学んだことをレポートしますね。

>> 正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングとポジションの基本をロードバイクセミナはでみっちり学んできた(前編)

>> 正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングとポジションの基本をロードバイクセミナはでみっちり学んできた(後編)

>> MAXのパフォーマンスを引き出すには、どの機材でカスタマイズすべき? ヒルクライム、エンデューロ、ロングライド別に解説いただいた

>> ロードバイクのセミナー(機材編)に行ってきましたYO(番外編)


今回の開催場所はこちら

つくば Devotion Bikes & Cafe
茨城県 つくば市西沢3-17
電話 029-828-8670
Facebookページ

22


講師は、広島県広島市出身の自転車プロロードレース選手である唐見実世子(からみ みよこ)さん。2016年、弱虫ペダルサイクリングチームのプレイングコーチとして現役復帰されたそうで、その時の心境は下記記事に詳しく書かれている。
ウィキペディア

>> 唐見実世子「欧州チームで走った思い出と、時を経ての復帰」(シクロワイアード)

27-1

高校時代は陸上部に所属しながら、クラブチームでサッカーをプレーし、大学時代にトライアスロンを始め、ロードバイクの世界へ。ロード競技に転向後は、ワールドカップ、アジア選手権、アテネオリンピック等に出場し、イタリアへ移籍。競技から退いたものの、2016年から弱虫ペダルサイクリングチームのプレイングコーチとして現役復帰された。ちなみに、愛称は「からみっち」。

主な戦績はこんなかんじ(すごい)

  • 1999年 アジア選手権(3位)
  • 2001〜2002 全日本シクロクロス優勝
  • 2004〜2005 全日本個人タイムトライアル優勝
  • 2004 アテネオリンピック個人ロードレース完走
  • 2005 世界選手権個人ロードレース完走
  • 2006 アジア大会に出場(4位入賞)
  • 2007 ジロローザ完走
  • 2016 現役復帰〜Jフェミニンツアー選手ランキング1位(10/10時点)

こんな経歴の方にペダリングを教えてもらえるなんて、とても光栄である。

以下、箇条書きで学んだことを書いていきます。


冬のトレーニングのやり方と目的

  • オフはタンク(肉体を体力の貯蔵庫に見たてて)を大きくする作業
  • 強度は低めで、長く走る(LSD:Long Slow Distance)とよい
  • 冬場低負荷から開始し、徐々に高回転へ
  • 体力アップに合わせて歯数を増やす

51-1
/ふつうの靴を履いてますが、これはウォーミングアップの段階です(^_^;)\

ロードバイクのペダリングのイメージとコツ

  • 脚で(下に)踏み込むのではなく、股関節で回すイメージ
  • テコの原理で、上半身の背中(背筋)と腹筋も使う
  • あたかも、「脚がお尻で終わってるのではなく、背中までつながって伸びている」かのようなイメージで背筋を使う(斬新な発想だ…こんなふうに考えたことなかった)
  • ケイデンス90を回せればまずは十分だけど、冬の間にもっと上げられるように練習しよう
  • 14~16時だけ力を発揮し、16時で力を抜く
  • 11時の時点で踏み脚(14時)の踏み込み開始の準備をしておく
  • 15時で止めるイメージ(でも実際は16時まで踏んでしまうけど)
  • 16時以降は踏み込まず、力を抜いて回すだけ
  • 引き脚はほぼ考えなくてよい(意識して持ち上げようとしなくてOK)
  • カカトはあげない(アンクリングしない)ように注意

女性は男性よりペダリングが上手い説

  • 男性にくらべ、女性の方が筋力ないぶん、ペダリングうまくなる傾向がある(ペダリングでカバーしようという意識が働くので)
  • 昔の選手は、今の人よりもっとペダリングがうまかった
  • どれくらいうまかったかというと、ケイデンス120(←かなり速い)でずっとまわし続けられるくらい
  • なぜならバイク性能が低かった(&重かった)から
  • いまはバイクが進化しすぎて、ペダリングが下手でもそこそこ走らせてしまえる(ある意味弊害だ)から

50 HDR

ロードバイクが進化しているのであれば、ペダリングがヘタでもかまわない?

  • 断固、NOである(上手いに越したことはない)
  • 試合で勝つには、ペダリング効率は上手くないといけない
  • 勝つことを目的にしていなくても、ロングライドを楽しむには効率よく回すことができないとまずい(効率的なペダリング=遠くまで疲れずに走れて、結果楽しい)

三本ローラーはペダリングトレーニングに使えるのか?

  • バランス、ペダリングスキルアップのためにオススメのマシン
  • インターバルトレーニングが効果的(20秒、鬼のように高速回転でもがき、30秒休む…を5セットとか)

58

ペダリングの練習環境

  • 実際の道路で練習する際は、「やや下り坂」がやりやすい(クルクル回しやすいので)
  • 「ギアが軽すぎてチェーン(とお尻)が跳ねてしまう…」くらいのケイデンスで練習しよう
  • わざと走りにくいブロックパターンタイヤで舗装路を走るトレーニングをすることもある(唐見さんのトレーニング法)
  • 摩擦抵抗のせいで、しっかり踏まないと進まないため、踏み方のポイントの確認ができるそうな
  • 弱虫ペダルサイクリングチームでは、最低でも週1回は選手にはもがかせる(冬はもっぱらシクロクロスで)
  • ちなみに、普通のプロよりもずば抜けてバランス、テクニックが優れているのはサガン(変態レベルでうまい)


/良い子は絶対にマネしてはダメ…\


鬼フィジカル、バツグンのテクニック、そして天性のスピード……サガンをサッカー選手にたとえるなら、元ブラジル代表の”怪童ロナウド”だろうか。 


/ボールを持ってないディフェンダーが走って追いつけないってなんなの…\

シクロクロスでもペダリング技術は上がる

  • 不安定な場所を走ることで、バイクの重心をつかめる
  • オフロードは脚を止めるとバイクも止まるため、どのポイントで踏むか、力を抜くか、重心移動するか…などの身体の使い方を把握しやすい(舗装路を走るだけだと、おざなりになりやすい部分)
  • 高い強度で短時間という効率的なトレーニングができる
  • シクロクロスとロードバイクはジオメトリーは似て非なる
  • シクロクロスの方が(不安定でバランス失いやすい環境なので)安定志向で設計されている
  • 唐見さんのシクロクロスのポジションは、ロードのセッティングよりもハンドルは高めにし、サドルは1センチほど下げている(つまり、ややアップライトなポジション)

05-1

実走でのトレーニング

  • めっちゃケイデンスを上げた状態(100〜120rpm)でトレインを組んで走ってみた(なかなかムズイ…)
  • 意識すると、けっこう回せるものだと実感した(が、長時間続けると心拍に来てシンドイ)
  • コーナーに侵入するときのコツとして、突っ込む前にシフトダウンしておき、コーナー抜けたあとケイデンスを上げて、スピードの戻りに合わせてシフトアップしていくとよい
  • 重いギアのままコーナーに入ってしまうと、コーナー抜けの立ち上がり時にペダルが重いままで、加速しにくい
  • 無理して集団についていこうとすると、ダンシングを強いれられ、体力を浪費することに
  • 自分は、なんとなく「重いギアのままコーナーに侵入する」ほうが重いギアをすぐに回せる=千切れにくい……と考えていたのだが、そうではない
  • 教わった通りにやってみたら、ぜんぜん違った!(スムーズに加速できるし、体力を使わずに済む)
  • いままでケイデンスを意識して走ることはあまりなかったが、今は公道でも三本ローラー上でも気にするようになった

54

03


ということで、非常に学びの多いセミナーであった。

これまで何人もの専門家から実地で学んできた経験から断言できるのは、「DVDや雑誌で学ぶのもいいけど、プロに直に質問したり、自分の走り方にフィードバックいただけること以上の学びはない」ということ。(「学習の最短距離」を圧倒的スピードで走れる) 

カベにぶつかっている人、このままでいいのかなあ?と自問自答しつつも答えが見つからない人、我流でやってきて、自分の走りに自身が持てない人…は、体験型セミナーに出かけてみてはいかがでしょうか? (*^^*)

29


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


サイクルガジェットストアでTシャツとパーカー扱ってます(^^)


こないだ、「サイクリングのモチベーションを上げてくれる10個の名言」にも書いたが、ロビン・ウィリアムズの「サイクリングとは動的瞑想(mobile meditation)である」という言葉にいたく感心した。 My favorite thing to do is ride a bicycle. I ride road bikes. And ...
こないだ、「サイクリングのモチベーションを上げてくれる10個の名言」にも書いたが、ロビン・ウィリアムズの「サイクリングとは動的瞑想(mobile meditation)である」という言葉にいたく感心した。

My favorite thing to do is ride a bicycle. I ride road bikes. And for me, it's mobile meditation. 『僕の趣味は自転車に乗ることだ。ロードバイクに乗ることは、”動的な瞑想”なのさ』

サイクリストの心情を的確に表しまくった最高にイケてるフレーズだと思う。

タイトルなし8

ご存知ない方のために補足しておくと、ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams, 1951年7月21日 - 2014年8月11日 63歳没)は世界的に有名なアメリカ人俳優&コメディアンだ。

アカデミー賞に4回ノミネートされ、「グッドモーニング、ベトナム」(87年)、「フィッシャー・キング」(91年)、「ミセス・ダウト」(93年)で3度のゴールデングローブ賞主演男優賞に輝き、1998年にはマット・デイモンも出演していた『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー助演男優賞を授与されている。(Wikipediaはこちら

で、ですね。そんな名言を残した彼のインタビューがきっとあるのではと探したら、いくつか見つかり、bicycling.comの記事がとくにすばらしかった。記事を書いたのはDAN KOEPPELさんというライターさん。

Robin Williams, Cyclist: "I'm Lucky to Have Bikes in My Life"(サイクリストのロビン・ウィリアムズ “自転車のおかげで僕の人生は本当に幸せだ”)」 (英語です)

かなりの長文なので、かいつまんでポイントを翻訳しますね。


サンフランシスコのサイクリストはゴールデンゲートブリッジを自転車で走るそうな。そこには、USポスタルのチームジャージを身にまとった、やや太めのおじさんを毎週日曜に見かけることができる。その姿は、お世辞にもスリムとは言えず、サイクリストよりは「レスリング選手」と呼ぶほうがふさわしい。

そのバイクは相当に高価。あしらっているパーツもかなりの上物。「こんな豪華なバイクに乗っているなんて、すごいな」と他のサイクリストは近づいて、もっと近くで見ようとするのだが、そのレスラー風の男はかなりパワーがあり、坂をグイグイと登る。

「え?(デブなのに速い!)なにくそっ」と食らいつくと、「あれ?この人、どこかで見たことがある人だ」と気づく。

「やあ、こんにちは」と、そのレスラー風の男が声をかけてくる。そしてはっきりとわかる。「あのロビン・ウィリアムズだ!」と。

かのセレブは、一般人といっしょに混じってサイクリングを楽しんでいるようだ。

プロ選手らは走りながらおしっこをできるんだってね。そのスキルに最大の敬意を表したい。ただ、近づきたくはないけどね。

"They can pee while riding. I take my hat off to them—to them, but not near them."

「セレブが自転車かよ。ケッ」って思うかもしれない。たとえばマドンナはキャノンデールを持っているし、シルベスタースタローンはデローザのオーナーだ。金に糸目をつけずに高級パーツを寄せ集めて組まれたバイクはもちろんすごいが、彼らは…ぶっちゃけ、正真正銘のサイクリストではない。しかし、ロビン・ウィリアムズは本物のサイクリストだ。

地球上に、彼ほど自転車を楽しんでいる人間はいないのではないかと思わされる。

ウィリアムズは自転車を愛している。一般人は手が届かない最高級のバイクを多数所有し、巨大なガレージに保管している。欲しいものはなんでも手に入るだけでなく、プライベートジェットを飛ばして行きたい場所にひとっ飛びできる。有名なプロ選手とも交流できる(ランス・アームストロングと仲が良いとのこと)し、共にツーリングも楽しめる身分だ。ツールドフランスなどのレースに訪れれば、VIP級のもてなしを受ける。

アームストロングと知り合う前は、グレッグ・レモンとも親交があったそうで、ハリウッドのセレブとは、こうも格が違うのかと驚かされる。

1999年にランス・アームストロングが始めてツールドフランスで優勝(のちにドーピング発覚にて剥奪)したときから、ロビン・ウィリアムズは現地で観戦をし、主だったステージを生で観ることにしているそうで、彼はこう言った。

テレビで観ているだけだと、いったい選手らがどれくらいのスピードで走っているのか、どんな急坂を駆け上がっているのかがわからない。生で観戦するのは本当にすばらしい。

2002年のツールドフランスで、第14ステージ終了後の休息日にウィリアムズはアームストロングと一緒に走ったそうな。

ウィリアムズのスタンドアップコメディ(観客の前に立って喋るアメリカではポピュラーなスタイル)は約2時間ぶっ通しで続く。「自転車に乗ることでその持久力が養われている」とコメントもしているが、実は彼には暗い過去がある。1980年代、自転車に夢中になる前にドラッグの常習をしていたのだ。

これはよく知られた事実だが、70年代~80年代初頭にかけて、コカイン中毒やアルコール依存症に苦しんだ時期がある。(親友の俳優ジョン・ベルーシが薬物中毒で他界したり、長男が誕生したことをキッカケに克服)


さて、ゲスい話だが、そんな大成功者である彼の収入を試算してみよう。フォーブスマガジンによると、この10年間、平均して55ミリオンドル(約55億円)の年収があった。
※年収である。10年のトータル収入ではない! 

仮にウィリアムズが1年で10台のバイクを買ったとしよう。1台が50万円だったとして、パーツもムッチャクチャ高価なものをあしらったとして、年間1,000万円を投じたとする。「自転車に1千万円だと?セレブとはいえ、無駄遣いにも程がある!」と思うだろうか。

では、この事実と照らし合わせてほしい。とある調査によれば、自転車愛好家の平均年収は62,000ドル(692万円)だ。ウィリアムズの収入に対するバイクへの投資額は、……一般サイクリストが年間にタイヤを2本買うに過ぎない額でしかない。タイヤ2本!1,000万円が一般人のタイヤ2本相当!!!いかに我々一般サイクリストが自転車にお金をかけているかがわかるのではなかろうか。

42


さて、サンフランシスコの海に面した、ゴールデンゲートブリッジにほど近い崖の縁に建つ彼の自宅には、巨大なガレージがあり、中には50台以上のバイクが保管されている。

自転車屋のオーナーでさえ、「聞いたことはあったけど、現物を見たことはなかった…」と語るような珍しいパーツも所有しており、もはやわけがわからない。

チタンとカーボンでできたSerotta Ottrottは、フレーム単体で5千ドル(約60万円)。

美しいバイクを見たとき、これを作った人は多大なる努力をしたに違いないって思うんだ。機能的であるだけでなく、美しさを両立するクラフトマンシップのすごさ。これは演技にも通じるものがある。

ロビン・ウィリアムズが熱狂的なコレクターであることは間違いないが、彼は同時に献身的なユーザーでもある。

また、彼はその知名度ゆえさまざまな企業からギフトと称して無料で高価な品々が送られてくるそうだが、ウィリアムズはそれを好ましく思っていない(立場を利用したくない)そうで、たいていはチャリティに出してしまうそうな。

こんな(太い)足があるなら、やることは2つしかない。サイクリングか、ゴーゴーダンサーだ。

"With thighs like these, you've got two choices- cycling, or go-go dancer."

彼くらいの有名人ともなると殺人的なスケジュールをこなさねばならず、サイクリングの時間を確保するだけでもひと苦労。移動場所にサイクルマシンを持って行ったり、自宅には専属のパーソナルトレーナーもいるそうで、指示に従ってトレーニングしているそうな。

ちなみにロビン・ウィリアムズはスプリンタータイプで、登りは苦手。体格はレスラーのような骨太&筋肉質なのでさもありなん。ちなみに、かなり毛深いほうだが、「足の毛は剃らない」と決めているとのこと。


彼がサンフランシスコの自宅にいるとき、家の前に旗が掲げられていると「ゴールデンゲートブリッジに、朝に走りに行く」というサインだそうな(噂レベルだが)。

また、大集団で走るよりは景色を愛でながら走るのが好み。「ソノマカウンティの山々、葡萄畑を見ながら走るのが好きなんだ」と話している。


彼は総額で1億円以上を自転車につぎ込んでおり、そのことを「贅沢が過ぎる」とちょっぴり恥じてもいるそうな。ただ、彼は他のサイクリストと道で出会ったとき、その会話はサイクリスト同士の楽しいおしゃべりとなる。「スター VS 観客」のような壁はない。


記事はこの言葉で締めくくられている。

こんなふうに好きな自転車に関われて、自分は本当に幸運だよ。

ロビン・ウィリアムズの豪遊っぷりを、「あまりに節操がない」と思うだろうか?そう感じてもおかしくない。しかし、我々がもし彼ほどの富を得たとして…同じように行動しないと言い切れるだろうか?

自分は確実に理性のタガが外れ、欲望に溺れ、自堕落な生活をしてしまう自信があります(笑)。


オマケ

以下、ロビン・ウィリアムズのバイクコレクションの一例

Seven Alta

Araya Steel Road Bike
スギノとサンツアーで組んでいるとのこと。日本のバイクを所有しているなんて、ちょっと嬉しい

Custon Oversized BMX Bike
映画「ジャック」で使用された26インチのスチール製BMX。

Santana Noventa Tandem

Serotta Legend TI

Kestrel Talon SL
デュラエースで組んである

Kestrel 500 SCI
モノコックのカーボン製フレーム。Mavic のZap 電動シフター(どういうものなんだろう?わからない…)で組まれてある。かなり珍しい一品。

Soma Rush Singlespeed
タイムトライアルバイク。

Merlin Newsboy

Casati Sphera

Ibis Bowti

Serotta Ottrott
チタンとカーボンのカスタムフレーム。


そんな雲の上の世界に住むセレブだが、ロビン・ウィリアムズはうつ、不安症、そして初期段階のパーキンソン病で闘病生活を送っており、2014年8月に自殺してしまう…。 大好きな俳優だっただけに、とても残念だった。 

>> ロビン・ウィリアムズさん、死因が自殺であると正式に発表される



以上、Bicycling.comの「サイクリストのロビン・ウィリアムズ “自転車のおかげで僕の人生は本当に幸せだ”」 を翻訳してお届けしました。



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


サイクルガジェットストア


ロードバイク専門トレーニングジムとオシャレなカフェレストランが融合したCITTECGALIBIERをご紹介する第2弾。 前回は1Fのジムスペースとズイフトのインプレをお届けしたが、今回は2Fのレストラン『Cafe Galibier』と3Fのシャワー&ロッカールームである。 レストラン ...
ロードバイク専門トレーニングジムとオシャレなカフェレストランが融合したCITTECGALIBIERをご紹介する第2弾。

前回は1Fのジムスペースとズイフトのインプレをお届けしたが、今回は2Fのレストラン『Cafe Galibier』と3Fのシャワー&ロッカールームである。

59

レストランは広く、完全にヨーロッパの雰囲気

まず巨大なカウンターが。映画のワンシーンに出てきそうな、ウッドカウンターなのだが、グラスを置く位置が高いような気がする…。

パークさん
あ、そこはヨーロッパ規格です。背の高い男性は立ち飲みするにはちょうどいいです。でも、女性だと高すぎなのは自覚してます(笑)。


後日、ストール(座面位置の高い椅子)が搬入されるとのことなので、女性でも安心である。

45

カウンターだけでなく、家具やステンドグラス、壁の素材なども全部ヨーロッパから持ち込まれたもの。なぜなら、組み立ても設置もパークさんが自前でやってしまったから。パークさんの好みで内装材料を買い付けしていたら、自然とヨーロッパ製のものばかりが集まってしまったそうな。

なので、Cafe Galibierは欧州""のレストランではなく、正真正銘の欧州仕様。ヨーロッパのレストランが、「どこでもドア」で南千住に瞬間移動したようなものである。

カウンター以外のスペースも広々してて、複数台のテレビスクリーンが置かれている。どの席からでもレース観戦を楽しむことが可能。

気になって仕方ないのが2つのソファ。遠近法的におかしいというか、遠いのにでかく見えるのは気のせいなのだろうか。

27
/ 日本人女性が座ると、足が浮くことが判明(笑) \


パークさん
それも海外製ですので、外人仕様(キングサイズ)です。むちゃくちゃ座り心地が良くって、一度座ったら立てなくなりますよ。

座ってみたが、マジだった。包み込まれ感がハンパない。頭から脚までぜんぶ体重を預けることができちゃう。もはやこのソファの上で1日中ノマドしたい。大は小を兼ねるとはまさにこのことである。

健康を意識し、材料にこだわったメニュー

シェフのブラッドリーさんがバナナケーキとキッシュを振舞ってくださった。これ、美味い!とくにバナナケーキは甘さが控えめで、バナナ特有のネットリ感は控えめな感じ。コーヒーによくマッチする。

51


そうそう、肝心のメニューはこんなかんじ。

49
 

コンセプトはアスリートでも安心して食べられるように配慮された、健康を意識した内容。たとえばバーガーのバンズやパンは全粒粉(北海道江別産)を使っている。バンズはお店の自家製というこだわり。

19

カレーはいわゆる小麦粉を使った日本人馴染みのものではなく、スパイスと肉&野菜のみのインドカレー。バターもグルテンも入ってない。南インドのカレーを再現しているそうな。感触はサラサラ系。

「スパイス中心なのはいいけど、さすがにバターを入れないと物足りないんじゃあ…」と思いつつチキンカレーも試食させてもらったが、これがめちゃ美味。

17

そういえば、自分がアメリカに留学時してたときはインド人のルームメイトの作ったスパイスのみのカレーをよくご馳走になったものだった。その記憶が蘇ってきた。自分の作ったハウスバーモントカレーを「カレーっぽくないけど、たしかにカレーっぽいし美味しい」と食べてくれた。(マックス、元気かな…)

で、健康を意識したメニューばかりかと思いきや、ふつうにお酒はあるし、ケーキやブラウニー入りのスムージーもある。ブラウニーをトッピングするって、アリなのか?日本以外では一般的なのか?


(シェフの)ブラッドリーさん
まあ……美味しいから、いいんじゃない(笑)。

23

このいい感じに肩の力が抜けた感、嫌いではない。もちろん、材料にはこだわっているものの、健康一本槍のレストランではないし、ロードバイクに乗らない人でも自由に利用できる。ジム会員である必要もなく、地元の方々向けレストランでもあるそうな。

ちなみにブラッドリーさんはオーストラリア出身で、日本在住歴23年(そのうち21年は札幌)で、淡路島に住んでいたこともある。かなりの日本通とみた。

アワイチはむっちゃオススメ!でも、個人的に関東エリアも気に入ってて、東京の交通網とインフラが素晴らしい。狭くて走りにくいって声もあるけど、僕はそうは思わない。ちょっと足を延ばすだけで隣接県に行ける。

いろんな観光地、地形、風景を楽しめるのは東京の良さだね。しかも土地ごとに文化の多様性もあるから、行った先々で土地の名産も味わえる。東京、マジでサイクリングに適した場所だよ。

とのこと。完全に同意である。

更衣室とシャワースペースが規格外のサイズ

次は3F。更衣室とシャワースペースが異様にでかい気がするのだが、案の定外人さんでも余裕で使える広さを確保している。

32

外人さんの利用を想定しているからそうなったのではなく、あくまで日本人向け。作っているうちに外人仕様になってしまったのはご愛嬌か。トレーニング後にシャワー更衣室を使わせてもらったが、軽いダンスならできそうなくらい広い。とても快適だ。

男性用、女性用で分けられたパウダールームもあり、鏡やドライヤーも準備される。

47

ひとつ気になったのは、「男女が同じスペースでシャワーを浴び、同じ廊下を歩く…」という点。男性の自分はぜんぜん構わないが、女性はちょっと落ち着かないかも?化粧が落ち、髪が濡れた姿を見られたくない人もいるかも…。

そのことを伝えたら、「うん、それは考えたんだけど、どのみちトレーニングで汗だくになってお化粧も取れちゃうから、男性女性どっちもすぐ慣れると思いますよ」ですって。なるほど(笑)。

男女共同のシャワー&ロッカーにしたことで、壁や敷居が減り、広々としたスペースの確保ができているわけなので、そのへんはトレードオフということだろう。

24

ジムの利用についてはこのページが詳しい。毎日ヘビーに使いたい人向け、通勤前にちょっとだけ回したい人向け、週に2、3回鍛えたい人向け…などフレキシブルな体系となっている。

しかも!驚いたのは「ご自分の愛車をジムに置いてもらってもいいですよ」ってこと。これ、地味にステキ。

都内のワンルームに一人暮らしのサイクリストは激しく同意してくれると思うんだけど、「愛車が居住スペースを食ってしまい、部屋が狭くなってしまう現象」から解放されるワケ。

月曜から金曜はジムに預けておき、週末だけ家に持ち帰って、またジムに預けておく…といった利用ができちゃう。


51
/ 施錠も可能 \


パークさん
お客さんに気軽に使ってもらえるよう、なるべく細かいルールは設けないようにしています。サイクリストの方々にいかに“自宅のように”気持ちよく利用してもらえるか、が大事ですから。

このあたりの「いい意味でのルーズさ」は海外ならでは。日本のジムだとそこまで柔軟に対応してくれないと思う。

しかも、ジャージやビブショーツを洗濯までしてくれるサービスもあるので、ストレスフリー。

もちろん、シューズやグローブ類の保管もできる。つまり、手ぶらでジムに行き、愛車とき慣れたウェアを着てトレーニングし、汗で濡れたウェアはそのままランドリーサービスに預けてしまえる。便利さを徹底的に追求している。


以上、至れり尽くせりなCITTECGALIBIERを2回に分けてご紹介しました。

>> ジムと月額料金情報はこちら

>> カフェレストラン情報はこちら


荒川からは約3キロ離れているが、ロードバイクなら10分程度で着く距離だ。ズイフトは面白いし、ご飯は美味い。今度はオクサマを連れてご飯に食べに来ようと思う。

36


>> ロードバイク専門トレーニングジム&カフェ、「CITTECGALIBIER」に突撃してきた(ジムスペース編)


店舗情報

公式サイト
〒116-0003 東京都荒川区南千住1-15-16
電話:03-6806-6860
ジム 6:00-22:00 (不定休)
カフェ 11:30-22:00 (不定休)



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


ここ数年、議論が収まっていないのが「ディスクブレーキはプロロードレースで使われるべきか否か」問題。 「むき出しのローター=鋭利な回転ナイフだろ、危なすぎる」と主張する反対派と、「必ずしもローターが原因じゃない。それを言ったらスポークだって同様に危険だ」 ...
ここ数年、議論が収まっていないのが「ディスクブレーキはプロロードレースで使われるべきか否か」問題。

むき出しのローター=鋭利な回転ナイフだろ、危なすぎる」と主張する反対派と、「必ずしもローターが原因じゃない。それを言ったらスポークだって同様に危険だ」という擁護派がそれぞれ一定数いるような気がする。

43

メディアやファンはあーだこーだと騒がしいが、肝心の選手たちはどう考えているのだろう?

ということで、GCNの「Should Disc Brakes Be Allowed?(ディスクブレーキはプロレースで使われるべきかどうか?)」という動画を視聴した。スポンサーや所属チームの事情もあるだろうから、選手らがどこまで本音を語ってくれたかは疑問だが、興味深い内容だったので翻訳してご紹介する。



案の定、各種メーカー、サプライヤーから機材供給を受けている立場の選手が、パブリックに意見を表明するのはなかなか難しいようで、マイクを向けられた選手らは、ちょっと言葉を濁してはいる。

具体的な解答は以下の通り。

Jasper Stuyven (ジャスパー・スティユベン)

所属:トレック・セガフレード

将来的にはまあアリだとは思うんだけど、、、性能面では問題ないし。キャリパーブレーキよりはいいのは間違いないから。ルールがクリアーになって、全部のチームがそっちの方向に向いているのが条件かな。

UCIがルールをまた元に戻すかもしれないし、そういう意味でもきっちり決まってくれればいい。あとは、安全性が確保されていることも条件になるだろうね。
disc02
※歯切れが悪い

Steven Kruijswijk

所属:Lotto NL - Jumbo

僕はとくに意見はなくって…まあそのようにルール化されたら従うだけだし、選手である僕の考えはあまり重要ではなないっていうか。ディスクブレーキのロードには乗ったことはないし、乗るつもりもいまのところないよ。
disc03
※ものすごくやる気なさそうな受け答え

Laurens Ten Dam

所属: Team Sunweb

僕はディスクブレーキはいいと思うね。ストッピングパワーはいいし、これから普及していくと思う。グラベルのレースではディスクブレーキを使っていたしね。

ただ、安全面には配慮してほしいのと、6.8キロのディスクロードを作ってくれたら嬉しいね。僕は体重が重めだからさ。まあ、それはフレームメーカーの努力にかかっているんだけど。
disc04
※比較的ハキハキと答えている



ディスクローターによる(と思われる)裂傷事故は過去にも起きていて、それに似た事故がアブダビツアーで起きた


アブダビツアーの第1ステージでOwain Doull選手がマルセルキッテル選手のクラッシュに巻き込まれた。

レースに復帰する時、シューズが切れているのを発見。チームカーに戻ると、今度は出血していたことがわかる。

ステージ終了後、Doull選手はジャーナリストに対して、「シューズの裂傷はマルセル・キッテルのディスクブレーキのせいで間違いない」と話した。

で、彼がツイッターに投稿した写真がこちら。

他の選手らやファンも、それに対して次々に反応を起こした。



これでまた、ディスクブレーキの本格的な導入が遅れるかもしれない。反対派からすれば、「それみたことか!」って都合の良い材料になるだろうから。


選手へのインタビューは続く。

Manuel Quinziato

所属:BMC レーシング

現場はとても混乱している。シューズを切った原因がディスクブレーキなのかどうかも含めてだ。もっと長期間のテストが必要だと思う。もちろん、テスト中はレースでは使えなくなるようにすべきだ。

僕は集団の中にディスクに乗っている選手がいるとナーバスになってしまう。ディスクブレーキがレースに使われるのであれば、もっと安全性が確保&証明されてからにしてほしい。
disc05



クイック・ステップ・フロアーズの選手だけ、2017年のジロ・デ・イタリアではディスクブレーキ仕様のロードバイクに乗っている。その二人の声がこちら。

disc06
※ディスク使いますけど何か?な表情の二人

Bob Jungels
「フレームの硬さ(stiffness)とブレーキの効きが良いのがディスクロードを使う理由だ。様々な事故の原因がディスクブレーキのせいだと指摘されているけど、証明はされていないしね。まあ、将来的には導入が進むだろう。興味深いテクノロジーであるのは間違いない。新しいテクノロジーを導入するとき、常に混乱や議論はつきものだ。別にどうってことはないよ。」


Iljo Keisse
「雨天コンディションでのブレーキングパワーがとにかく良いんだ。それが使っている理由だね。過去数年のジロ・デ・イタリアでは雨れのレースに見舞われたしね。ウェットなステージではパフォーマンスにも影響すると思う」

Philip Deignan

所属:チーム・スカイ

大多数の他の選手と同じ意見で、僕は(ディスクブレーキは)必要なものだとは思わない。今の(キャリパーブレーキ)で充分だと感じている。

それに、ディスクロードのほうが700グラム位重くなってしまう。まあ、産業として進歩していかなくてはいけないし、メーカーはもっとバイクを売りたい事情もあるだろうしね…。
disc07
※後ろを振り返ったり、誰に見られているのか気にしているナーバスな様子がうかがえる

Alex Howes

所属:キャノンデール・ドラパック

すでにトレーニングでは使っているんだけど、性能がすごいからディスクブレーキを使ってしまうと元に戻れない感じはするかな。まあ、保護ガードを付けてもいいんじゃないかとは思う。下りでの走り方やテクニックは少々変わるけど、俺達はプロだ。プロはすぐに適応できるものなんだよ。
disc08


多少、意見は分かれているが、ディスクブレーキに対する選手等の声を総合すると。。。

  • 性能は間違いなく良い
  • 安全性を確保してほしい
  • いずれ普及していくのだろう

の三点だろうか。

動画のホスト(インタビュアー)、トムさんが驚いていたのが、「誰もホイール交換に時間がかかりすぎる点について触れなかった」こと。ディスクホイールは脱着がやや面倒で、どーしても時間がかかる。ほんの数秒の差で勝敗が決するロードレースにおいて、これは完全なデメリット。

選手らはこの点はさほど心配していないか、「それより大事なことがある」と考えているのかもしれない。

以上、GCNの「Should Disc Brakes Be Allowed?(ディスクブレーキはプロレースで使われるべきかどうか?)」という動画の翻訳紹介でした。

disc01


関連記事もどうぞ…(^^)

>> カデル・エヴァンスのディスクブレーキに対するスタンスが意外に寛容で驚いた 

>> ディスクブレーキは不当な締め出しを食らっているのか?何者かの陰謀なのか? 

>> ロードバイクにディスクブレーキは必要か不要か? 海外ユーザーの反応は?

>> ディスクブレーキで大怪我をしたベントソの言葉をまとめた

ヤマハの電動アシストロードバイク、YPJ-R のインプレッションをクリーンウォーターファクトリーさんのご協力のもとにお届けする企画。 「電動ロードバイクが数年前にヤマハからリリースされたのは知っているけど、実際どうよ?」 「買うかどうかはともかく、機会があ ...
ヤマハの電動アシストロードバイク、YPJ-R のインプレッションをクリーンウォーターファクトリーさんのご協力のもとにお届けする企画。

41

電動ロードバイクが数年前にヤマハからリリースされたのは知っているけど、実際どうよ?

買うかどうかはともかく、機会があったら試乗してみたいなあ

と考えているローディは少なくないかなと。

前回はYPJ-R という機材&マシンを紹介した。今回は実走編だ。

01
※武蔵五日市駅です

ボトルがフレームに取り付けられない

サドルの高さを調整し、SPDペダルを装着して、準備は整ったのだが、なんとボトルを挿す場所がない。ボトルケージが存在しないというか、取り付けられない構造になっている(バッテリーが鎮座しているのでw)。シートチューブにも台座は付かない。よって、(トライアスロンでお馴染みの)サドル用のケージしか選択肢はない。

17

>> タイレルの美しすぎるスラントデザインには、ひとつだけ弱点があった

>> タイレル(Tyrell)のCSI 用に、ミノウラの『SBH-300 ボトルケージホルダ』を買ってみたらいいかんじ


装着されていたのは1本挿しのシングルタイプだったが、ボトル以外にツール缶も必須なので、2本挿しタイプをオススメする。今回は、ツール缶をメッセンジャーバッグに詰めることにした。

電源をオフにし、アシストされない状態で駐車場内をクルッと一周してみた。うむ、さすが車体重量15.4キロだけあって重い。15.4キロといえば、ロードバイクの約2倍。重いはずだ。

電源をオンにしたらどう変わるのであろうか?

あくまで「アシスト」してくれるロードバイク

武蔵五日市駅を出発し、神戸岩を目指す。ルートはこんな感じ。檜原村役場の交差点を(武蔵五日市駅から見て)左折すると都民の森だが、今回は右折して神戸岩を目指す。途中で、激坂にも挑戦する予定。

kanbeiwa

武蔵五日市駅から檜原村役場のT字交差点までは、比較的なだらかな斜面がつづくので、アシスト力を確認するにはもってこいのコンディション。

ぜんぜん力を使わずとも、モーターがグイグイと推進させてくれるのだろう」と期待している人には申し訳ないが、それはない。

「電動アシストって、ものすごいパワーでペダルが勝手に回ってしまうんだろうか」と想像したんだけど、あくまでアシストなのでそんなに激しいパワーは出さない(出たらむしろ危険)。自分の筋力を補助してくれるだけで、あくまで主は自分の脚。

まずは標準出力の「スタンダード」に設定してみる。出力のイメージとしては、人に背中をしっかり押してもらっている…くらいの感じ。ハッキリと、「あ、電力に助けてもらっているな」と感じることができる。時速でいうと、通常であれば時速15キロでしか登れない斜度を、時速20キロで淡々と登れる。登坂においての5キロアップはでかい。

03

「エコ」でも試してみたが、あまり変化は感じられず、実用性は薄いと思った。基本はスタンダードに入れっぱなしで良いと思う。

アウターのまま登れちゃう

斜度はほとんどが5~6%。比較的緩やかな坂がメインで、ときどき8%くらいにキツくなる感じ。斜度が8%になると、個人的にはフロントをインナーに落とすのだが、電動アシストのおかげでその必要がなく、アウターのまま登れてしまえる。

和田峠まで距離にして15キロ。ほぼ息が上がらずに到着できた。しかもアウターのままで、ダンシングを一度もする必要がなく、だ。しかも疲労がない。これには驚いた。

50-1
※ぜんぜん疲れない

ちなみに、スタンダードの設定のままだと、出力するパワーが一定なのかというとそうではない。乗り手の出力(踏む力)に呼応して、強く踏まれれば強くアシストし、弱く踏めば控えめにアシストしてくれる。よって、強く漕げば早く走れて、そのかわり電池消耗も早く進む。

そのおかげで、走っていて一度も違和感(うわ!パワー出過ぎだよ、怖い!)みたいなことがなく、自然に自分の脚で登っている感があったのが良かった。

ただ、けっこう電力に助けてもらったようで、15キロの行程でバッテリーを8割ほど消費してしまった。

47


バッテリーの持ちはどうなの?

15キロのヒルクライムで8割の電力を消費…これを長いと見るか、短いと見るか。延々と登りで電力を消費していたということを差し引いても、「ちょっと短いか」とは感じた。バッテリーの大きさ(小学生男子の筆箱くらい)からして、「上り下りを繰り返すルートで50キロくらい走るかな」って勝手に期待していたというのもある。

02

登坂を含むツーリングに出かけたとして、1本のバッテリーではとうてい足りない。よって、予備バッテリーは持っておくべき。「えー、バッテリーの予備を持つのか…重そう…」と思うかもだが、じつはバッテリーは見た目からは想像できない軽さ。500グラムを切るくらいなので、まあペットボトル1本と思えばよい。今回はメッセンジャーバッグ(Timbuk2 のカタパルト)に入れて運んだ。

>> 試行錯誤の末、「ロードバイクのツーリングには小型メッセンジャーバッグが適しているのではないか」という結論に至りました

>> 【メッセンジャーバッグ・インプレッション】 Timbuk2 のカタパルト


バッテリーが2本あって、平坦路では電池消費も少ないことから考えると、まあ100キロ未満のツーリングならいけそうかなと。

ちなみに、バッテリーを外すとこんな感じに端子がむき出しになる。水は侵入して来ないのか?雨天時にバッテリー交換したら漏電してしまわないか?と不安になるだろうが、まったく問題ない。ちゃんと防水加工は施されている。

50


仮に電池が切れても、当然ながらふつうに自走で帰ってこれる。Di2とかEPSのような電動変速のロードバイクだと、電池切れとともに変速ができなくなってしまうけど、変速はふつうの105だし、そこに電力は関与していないので。(その代わり、16キロの車体を自力だけで走らせねばならないが…)

平坦路でスピードに乗ると、重さを感じる

YPJ-Rのアシストは時速24キロで切れる仕様。よって、スピードに乗った平坦路とか下りでは電池を使わない。

重量16キロのロードバイクを平坦路で気持ちよく巡行させられるのは(脚力にもよるが)時速30キロまでかな…と感じた。30キロを越えると、途端に重量を意識させられてしまう。YPJ-Rがもっとも楽しめるスピード域は「時速20〜30キロ」だとわかった。

18
※下りはすごく安定

つまり、爆速でかっ飛ばす乗り方ではなく、ほどほどのスピードを体力を消耗させずに楽しむ乗り方がふさわしい。レース志向、自力で登りたいサイクリストにはピンと来ないロードバイクかもしれないが、こういうバイクを必要とする人には大いに助けになるだろう。

さて、重量のデメリットばかりを書いてしまったが、重さは悪いことばかりではない。ボトムブラケットにモーターが内蔵されているせいで重心が低めで、下りがすごく安定している。カーブもオンザレール感覚で狙ったラインをビシッとトレースでき、ぜんぜん怖くなかった。(履いている太めのタイヤのおかげもあると思うが)

途中で豆腐屋さんに立ち寄る

豆腐ドーナツと豆乳ソフトを食べた。おいしかった。手作りで水増しもしていない、純度100%の豆腐。豆腐も試食させていただいたが、これも美味。買って帰れないのが残念…。

54

52-1


激坂にチャレンジ

このまま武蔵五日市駅に戻るのももったいない気がした。「予備バッテリーをまだ使っていないし、せっかくだから激坂に挑戦しておきますか!」という清水さんの案内で連れてきてもらった激坂。斜度はゆうに15%はあるだろうか。

ふつうであれば、インナーローでシッティングとダンシングを織り交ぜてノロノロとしか登れない斜度である。ここで「ハイ」設定にして一気に出力を上げて、本気のYPJ-Rの力を爆発させてみたら…。

22
※激坂を楽々とクリア!

とんでもないパワーが出て、平地のごとく加速した。アウターギアのまま、えいえいと漕いだだけで、時速20キロ出てしまいビックリ。15%かそれ以上の坂道で風圧を感じることができるなんて、自力ではありえない。

清水さんによれば、「ハイモードでもがけば、一般サイクリストが実業団選手並のスピードで激坂を駆け上がることができる」のだそうな。ざっくりな印象だが、プロレベルの選手は激坂を時速20キロくらいで登れるものなので、この説明はしっくりきた。

ただし、「ハイ」モードは出力がハンパないぶん、電池消費もハンパない。たった10分かそこらで50%になってしまった。ハイモードはあくまで瞬間的にお世話になるもので、入れっぱなしにして使うものではない。

18


YPJ-Rを買うか?

以上、ヤマハの電動ロードバイク、「YPJ-R」のインプレッションでした。とてもユニークなロードバイクで、貴重な経験になった。自分は「自力で走ることに達成感を感じるタイプ」なので、YPJ-Rのターゲットではない。レース志向の人にも刺さらないであろう。

そもそもヤマハも(大半の既存の)サイクリストに購入されることを想定はしておらず、もっとシニアな層とか、体力に不安がある女性をユーザーとして見ているらしい。

18119471_1275703962528233_8093730651434649856_n

たとえば、すでにサイクリストである旦那さん(&彼氏)にロードバイクを勧められたけど、体力差があっていっしょについて走ることさえ躊躇してしまう…という女性には良い選択肢になりえるのではないか。あるいは、若い頃のような脚力はなくなってしまったけど、ロードバイクで遠出してみたい&起伏があるコースでもガス欠の心配をせずに走りきりたい中高年層にもマッチした機材になると思う。

クリーンウォーターファクトリーさんは電動ロードバイクを実際に見たり、乗ったりできる珍しいお店。「気になるかも?」という方は、一度お店に遊びに行ってはどうだろうか。

33

ヤマハの電動ロードバイク、「YPJ-R」に試乗させていただく機会があった。 「電動ロードバイクって、シマノのDi2 とかカンパニョーロのEPSが搭載された電動シフトのロードバイクと一緒なの?」と混乱する方がいるかもしれないが、変速機ではなくて、電力で『ペダリングを ...
ヤマハの電動ロードバイク、「YPJ-R」に試乗させていただく機会があった。

電動ロードバイクって、シマノのDi2 とかカンパニョーロのEPSが搭載された電動シフトのロードバイクと一緒なの?」と混乱する方がいるかもしれないが、変速機ではなくて、電力で『ペダリングをアシスト』してくれるほうのロードバイクである。

IMGP2200
※2015年のサイクルモードで撮った写真

たしか、2014年秋に開催されたサイクルモードで大々的に登場した記憶があって、自分も現地で見た。「あのヤマハが?」という驚きと、「電動アシストするロードバイクなんてモノが、ついに登場したのか」という衝撃を同時に味わった。

あれから2年半、周囲に買った人はおらず、サイクルモード後にショップなどの店頭で見かけたこともない。どんなバイクなのか気にはなっていたが、実車をじっくり観察する機会はこれまでなかった。

そんなあるとき、イベントで知り合った、横浜にあるクリーンウォーターファクトリーさんという電動アシスト自転車YAMAHA PASの専門店の店長さんに「YPJ-R、乗ってみます?」とオファーをいただいたので、「ぜひ!」とお願いした。

IMGP2204

ただ、「平地をちょい乗りしただけではYPJ-R の実力はわからない。山で試してみてほしい」とのこと。なるほど、たしかに電動アシストなんだから、その本領が最も発揮されるのはヒルクライムのはず。ということで、武蔵五日市駅から檜原村の坂を1時間ほど登るという特別な試乗会を行っていただいた。

そもそも、YPJ-R ってどんなバイク?

ポジション的には、ヤマハの電動アシスト自転車、PASブランドの下に位置する。クロスバイクタイプの YPJ-C、ロードバイクタイプの YPJ-Rのラインナップがある。

公式ウェブサイトを元に特徴をまとめると、こんな感じ。

  • アルミフレーム(フォーク含む)
  • コンポーネントは105(5800系)
  • 発進、加速、登坂シーンで電動アシストしてくれる
  • 大型液晶ディスプレイ搭載
  • ダウンチューブにバッテリーを搭載
  • サイズはMとXSの2サイズ展開
  • 価格は248,400円(税込み)


この動画を見れば、おおよそ伝わるかと思う。(YPJ-Rは2分2秒から登場)



YPJ-Rのこんなイメージ動画もある。




動画やウェブサイトを見る限りでは、ダウンチューブに乗っかった電池とモーターでやや膨らんだBB回りが「ふつうのロードバイクと違うな」といった印象。

ではそろそろ実車を見てみよう。

YPJ-R の実車はこんなかんじ

集合場所は武蔵五日市駅。ショップオーナーの清水さんにお会いし、さっそくYPJ-R を見せてもらう。

58

パット見はふつうの700cのロードバイク。カラーはブラック/グレー。ダウンチューブにある筆箱サイズのバッテリーがやや目立つものの、クランク側から見る限りはBBにあるモーターはほぼ見えない。

サドルにまたがると、すごく大きな液晶ディスプレイ式のサイコンが目に飛び込んでくる。速度、時計、バッテリー残量メーター、消費カロリー等が表示される。

12
※ヘッドの左にあるスイッチで電源オンオフ、モード切り替えを行う

搭載されたコンポーネントはシマノの105(5800系)の11段変速。フロントは2枚(50T/34T)でコンパクトなクランク。リアは12~25Tと一般的な仕様。

YPJ-R の重量は15.4キログラム

見た目にはさほど違和感のないYPJ-R だが、持ち上げてみるとズッシリ重い。重量は15.4キロ(Mサイズ)ある。ふつうのロードバイクの約2倍。どこに重さがあるかというと、まずはモーターが占める割合が大きい。バッテリーも重そうに見えるが、取り外して持ってみると「アレ?」って驚くほど軽いのだ。バッテリーはたいして重さにはつながっていない。

13-1

あとは、フレームそのものが重いそうな。モーターを積み、高負荷を出力するバイクなので、ふつうのアルミロードフレームよりは厚めで頑丈な構造になっている。なるほど、シートステーやチェーンステーをまじまじ見つめると、ゴツい仕上がりになっているのが分かる。とくにBB回りは剛性確保のために重くなっている。

完全フルアルミのバイクだが、じつはシートポストだけはカーボンである。乗り心地はここで調整しているようだ。

11

電動シフターのDi2 とかEPSは電池が切れたら変速できなくなってしまうが、YPJ-R のディレイラーはワイヤー引きなので問題なく変速可能。ただし、バッテリーが切れてしまったら、かなり重いロードバイクになってしまうが…。

なお、輪行は物理的には可能。輪行袋にもふつうに収納できる。ただし、本体だけで15.4キロあるので、付属品やボトルを入れると16~17キロになり、あまり現実的ではない気がする。YPJ-R の想定ユーザーは体力にやや不安のある女性や中年層。なおさら輪行は厳しいであろう。自分も、輪行したいとは思えなかった。

27


電動アシストは三段階

出力は「エコ、スタンダード、ハイ」の三段階にわけることができる。清水さんによれば、通常はスタンダード設定のままでOKとのこと。エコだと「さほどアシストの恩恵を感じられない」らしい。「ハイ」はよほどの激坂でない限り、使わなくて大丈夫。

当前ながら、出力を高めるほど電池消耗は激しくなる。

駐車場内でちょい乗りしてみたところ、たしかにエコではたいしたアシストは感じない。15.4キロある重さが相殺されてふつうのロードバイクになった…くらいの印象。スタンダードで漕いでみると、とたんにペダルが軽くなる。

12


ホイールはYPJ-R 専用がオススメ

リアホイールはスポーク数が多く、いかにも頑丈そうなルックス。実際、強度はかなり高めにしてあるそうな。というのも、ふつうの人では出力できないほどのパワーを発揮できてしまうので、ホイールにかかる負荷もハンパない。

「ハイ設定」では、なんとエリートクラスである実業団選手同等のスピードで激坂を駆け上がることができてしまう。つまり、豪脚でぶん回しているのとおなじこと。よって、ちょっとやそっとのホイールではわりと早めに寿命を迎えてしまうわけ。

700cホイールの一般的な規格のロードバイクなので、通常のホイールを使うことはできるが、上記理由で「デフォルト装着されたYPJ-R 専用ホイールを使うことをオススメします」とのことだ。

06
※スポーク数は多め

ひとつうれしいニュースとして、ヤマハの品質管理は他の自転車メーカーと比較にならないレベルで高い。自動車メーカーに匹敵する管理体制を持つ。パーツの供給も安定しており、かつ長期間にわたって生産される。数年でコロコロ仕様が変更されてはたまったものではないが、ヤマハにおいては心配ない。

細かな仕様はこちらを御覧ください。

YPJ-R の想定ユーザーはだれ?

レース志向ではないエンジョイ系サイクリストだということはカンタンに想像できる。

「体力にやや不安があるから本格的なサイクリングは厳しいけど、色んな場所にサイクリングしてみたい人」を想定しているようだ。具体的には初心者女性、中高年の男女といったかんじ。

逆に、体力が有り余る若い男性や、いわゆる一般的なローディは対象外。「電力に助けてもらって走るなんて邪道。自分の脚で登ることに意味がある」って考えるサイクリストには響かないであろう。 だが、こういうロードバイクがあってもいいとは思う。より多くの人々に選択肢が増えるという意味で、ヤマハのチャレンジングな姿勢は好ましい。

27

さて、そろそろYPJ-R を走らせてみよう。ヤマハの電動アシストロードバイクの実力やいかに!?

つづく


3RUNさん主催のロードバイク・セミナー、『目指せ自己記録更新!座学&実走トレーニング(全8回セミナー)』に参加したときに、書ききれなかった話を番外編としてまとめました。 >> MAXのパフォーマンスを引き出すには、どの機材でカスタマイズすべき? ヒルクライム、エ ...
3RUNさん主催のロードバイク・セミナー、『目指せ自己記録更新!座学&実走トレーニング(全8回セミナー)』に参加したときに、書ききれなかった話を番外編としてまとめました。

>> MAXのパフォーマンスを引き出すには、どの機材でカスタマイズすべき? ヒルクライム、エンデューロ、ロングライド別に解説いただいた

45

講師の橋本さん機材について2時間ガッツリ語っていただいたのだが、なにしろ機材は奥が深く、そして質問がたくん飛ぶ。濃密な2時間を過ごしたのだ。機材の話って……たぶん何時間でも、寝食を忘れて語り合うことができる……そんな気がする。

セミナーではヒルクライム、エンデューロ、ロングライドの3つのシチュエーションでどんな機材をチョイスすべきか、それはなぜかというお話しを伺った。メインはフレーム、ホイール、コンポーネント、サドル、ハンドル、タイヤあたりのロードバイクのメインとなる機材。

今回取り上げるのは、ペダル、チューブ、空気圧といった「あまり目が向かない、目立たない、でも地味に大事」なエリアについてである。


過去のセミナーの様子はこちら
>> 実走セミナーでプロに指導を受けたら、ダンシングと体重移動が劇的に変化した

>> 正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングとポジションの基本をロードバイクセミナはでみっちり学んできた(前編)

>> 正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングとポジションの基本をロードバイクセミナはでみっちり学んできた(後編)


ラテックスとブチル、それぞれのチューブのメリットとデメリット

ロードバイクのチューブは大きく2種類。ラテックスとブチルである。

33

ラテックス

  • 天然
  • しなやか(タイヤ内で密着する)
  • 軽い
  • 乗り心地よい
  • しかし、空気抜けやすい
  • 価格が高め

ブチル

  • 人工
  • 硬い
  • やや重い
  • 乗り心地はそこそこ
  • 空気は抜けにくい
  • 安い

  • 乗り心地を重視するならラテックスに一日の長がある。その代わり、1日中乗っていると、0.5(ヘタすると1気圧も)抜けてしまう性質なので、ロングライドにはあまりオススメできない。

    使用者の知人らには、「一度試すと、ブチルには戻れなくなるよ~」と言われることはあるのだが、空気が抜けやすい特性がどうしても好きになれず、自分はブチルしか使わないと決めている。(安いしね)

    とくにこだわりが無いのなら、ブチルを選んでおきましょう。

    空気圧ってどれくらい入れればいいの?最適解はどう見つけるの?

    面白いもので、空気圧はかなり個人差がある。サイクリスト同士であれば、たぶん空気圧だけで30分は会話できる。なぜかというと、各自バラツキがけっこうあって、それぞれが「フィーリングでこの圧だけど、これでええんかのう…」というほんの僅かな不安を抱えているものだから。

    44

    よほど体重がある人とかでないかぎり、一般論として、9~10bar (~~~~PSI)は高すぎ。では、いくつの圧が適正値なのか?どう突き詰めればいいのか?「体重 × タイヤ種類 × 道路コンディションをかけ合わせてこう決める」的なセオリーはあるのか?

    以下、橋本さんのアドバイス。

    まずはタイヤに従う。タイヤには空気圧の許容範囲が必ず記載されていて、その値が「6~9bar (~~~PSI)」だとしたら、まずはもっとも高い値まで入れて試走する。

    で、0.5bar づつ下げて、また試走する。小刻みに空気圧を替えて、実際に乗りくらべてみること。直線だけ走っても比較にはならないので、それなりの時間タイレルと距離を走って、コーナーリングでも試そう。 そうやって、自分のもっとも快適なスイートスポットを見つけること。
    とのことだった。

    ただ、ヒルクライムでは、やや高めに入れるのはアリ。でも、気圧の関係で山の頂上で破裂パンクさせてしまう人も少なくないので、入れすぎは禁物。ヒルクライムレース後、山を下るときは少し空気を抜いてグリップ力を高めるのは正しい選択だ。

    圧は高めのほうがパンクリスクを下げられる?

    これは自分の悪い癖なのだが、「空気圧は高めのほうが、なんとなくパンクリスクを下げられるのでは…」と考えてしまい、つい盛り気味に入れようとしてしまう。橋本さんにその是非を確認したら、「タイヤに書かれた適正値範囲内であれば、低めでも心配は無用」らしい。

    28

    ちなみに自分はフロントが 7.0 bar で、リアを 7.5 bar にしている。トラクションが直にかかるリアを少し高めにしてあるのだ。前後を同じ圧にしている人も少なくないので、どちらが正解かは断言できないが…。

    少なくとも、フロントの方が高い圧にしている人にお目にかかったことはない。たぶん、そんな人はいないはずだ。(もしやっている方がいたら、見直しましょう)

    マニアックなカスタマイズ

    サイクリストにとって軽量化は、ヨダレが出るほど楽しいテーマ。その究極とも言えるのが、ヒルクライムにおける軽量化である。(なんで軽量化の話題だけで盛り上がれるんだろう…?)

    23

    ヒルクライムレース限定のかなりマニアックな技として、アウターのクランクを取り外す…がある。(ひたすら登り…のようなインナーしか使わないシチュエーションであれば)

    本気で勝ちに行く選手はフロントディレイラーを外すこともする。機材を丸ごと無くせるので、かなりの軽量化にはなるのだ。取り外しは比較的楽だが、戻すのはややシンドい。シフティングの調整もあるし、お店でメカニックさんに頼んだほうが確実で安全である。

    アウタークランクを取り外すのであれば、チェーンテンションもいじることになる。クランク経が小さくなることで、チェーンゆるくなるので、そのままでは走行中にチェーンが暴れて外れてしまう。二~三個コマを詰めておくとよい。

    58

    チェーンがもったいないが、決戦用と割り切ればアリだろう。あとは、脱落予防としてチェーンウォッチャーつけるのも手だが、まずはテンションをしっかり張ることをお忘れなく。

    ペダルの選択

    自分のようなマイペース・ヒルクライマーはペダルの重さなど考えたこともないけど、頭のネジを数個失った、軽量化を突き詰めるクレージーサイクリスト(←褒め言葉です)はそこまでやるものなのだ。

    シマノはやや重い。軽さを取るならLOOKのほうがいい。TIMEはフローティング構造が好き嫌いが分かれるそうな。自分は一度試乗して、「お、たしかに遊びがあって膝に優しいな」とは感じた。スピードプレイはトライしたことがない。

    38
    ※LOOKです

    軽さだけを求めるなら、エッグビーターという手もあるが、踏み込み面積が小さいので、パワーのかかるヒルクライムには不向き。泥が詰まりにくいので、シクロクロスではお馴染みではあるね。あと、ミニベロにつけると可愛らしくてよく似合う。

    30
    ※クランクブラザーズ社のエッグビーター

    カスタマイズの注意点

    橋本さんはセミナー後に、「イベント直前のカスタマイズはご法度」と力説していらっしゃった。なぜなら、そのせいでほんのすこしポジション変わってしまったり、機材に乗り慣れていないせいでライド中に違和感で苦しむことがあるから。

    あと、自分でいじると締めのトルクが不足してて、走行中に緩んでくる可能性もある。これはマジで危険。命に関わる。

    十分に時間を開け、何度か走って機材やポジション変化に慣れて、バイクがきちんと組まれているのが確認できたうえで出場するのが大原則。ランニングでも、まっさらのおニューなシューズでマラソン大会には出場しないものですよね。

    56
    ※サドル毎に厚さは違うので、ポジションにも影响する

    余談だが、自分はBOMA の Refale のサドルをタイオガのスパイダーからプロロゴに交換した。スパイダーは薄い一枚ペラのプラスチックだが、プロロゴにはパッドがあるため。走ってすぐに「なんだ、どうした?」ってビックリした。

    厚みのせいで、座る高さが1センチほども変わってしまったようだ。三本ローラーがあると、走っては調整、、、を繰り返せるのでフィッティングがラク。このように、サドルひとつ取っても、劇的な変化は起きてしまうもの。

    カスタマイズは楽しいですが、ちょっとでも自信がなかったりしたら、安心できるメカニックさんに基本はおまかせして、いじったあとはしっかり乗り込むようにしてくださいませ。



    FRAMEさんの主催するイベント、『三浦半島パン屋ライド』にご招待いただいたので、レポートします。 三浦半島の観光活性化を目的として、三浦半島観光連絡協議会(逗子市、鎌倉市、葉山町、三浦市、横須賀市)、メリダさん、FRAMEとの三者合同で行われたモノ。 カンタ ...
    FRAMEさんの主催するイベント、『三浦半島パン屋ライド』にご招待いただいたので、レポートします。

    三浦半島の観光活性化を目的として、三浦半島観光連絡協議会(逗子市、鎌倉市、葉山町、三浦市、横須賀市)、メリダさん、FRAMEとの三者合同で行われたモノ。

    DSC_2279


    カンタンに言うと、「三浦半島はサイクリングに適していますよ!カモン、三浦半島」ってことをサイクリストに広く認知いただくのが目的のイベントです。

    すでに5~6回三浦半島を走っている自分は、ほぼ地図なしで走れるくらいに土地勘を掴んでいるし、三浦半島が素晴らしい場所だということは重々承知しているが、まだご存知でないサイクリストさんもいらっしゃるはず。 すでに三浦半島サイクリングレポートは数回書いているので、こちらもどうぞ。

    >> オクサマの三浦半島の評価が激熱!&三浦半島にはなぜかミニストップがやたら目立つので調べた結果

    >> 夫が下見を兼ねてツーリングし、翌週に妻を連れて行くという2週連続ツーリングの勧め

    >> 三浦半島でツーリング&くろば亭の地魚タワー天丼に舌鼓を打つ

    >> 【三浦半島ツーリング】 横須賀経由で葉山、逗子、鎌倉を走り、大船駅の利便性に驚愕する

    DSC_2262

    電車とバスでアクセス

    集合場所(出発地点)は三浦半島のほぼ先っちょにある「うらりマルシェ」。三浦野菜と三浦鮪の産直センターである。うらりマルシェに行くには、まずは電車で三浦口駅(終点)まで行き、そこからバスで15分ほど走る。バスはたくさんの本数がバンバン出ているので大丈夫。駅前にはセブン-イレブンもあるので、飲み物や朝食はゲットできる。

    DSC_2220

    朝早かったので、空いてるかな~と思ったら、電車もバスも観光客でいっぱいだった。

    三浦港で下車すると、完全に気分は観光地。東京から1時間ちょいで手っ取り早く観光気分を味わえる。

    メリダのバイクが勢揃い!

    まずはうらりマルシェで受け付け。30人近くの参加者が続々と到着。メリダさんが用意するレンタルのロードバイクをお借りする。自分が受け取ったのは「スクルトゥーラ5000」。フルカーボンである。  

    DSC_2241


    以下、引用。

    新開発されたCF2フレームとShimano Ultegraを組み合わせたコストパフォーマンスに優れたカーボンレーサー。新開発されたセミエアロ形状のScultura CF2 フレームを採用したフルカーボンミドルグレードモデル。リヤ11 速のShimano Ultegra を採用し、オールラウンダーらしい幅広い用途に使える性能を実現。マットカラーとチームレプリカカラーの2種類を用意。

    完成車でアルテグラが採用されているのはけっこうすごい。ただ、シフター、リアディレイラーだけで、ブレーキとクランクはアルテグラではない。

    DSC_2247
    ※こちらはスクルトゥーラ4000のディスクブレーキ仕様(これにも乗ったが、むっちゃ良かった…)

    他の参加者のバイクが気になる

    あたりを見回すと、色も種類も様々のバイクが用意されていた。気になったのがディスクロード。しかもスラムのコンポーネントが採用されているではないか…。こっちにも乗ってみたいな…。あとで、他の参加者とバイクを交換させてもらおう。

    メリダのロードバイクは乗ったことがないので、どんな操作感&乗り心地なのかが気になる。

    27
    ※スラムのRival。スラムのリアディレイラー形状って萌えませんか…シマノよりカッコよくないですか…


    伴走者や関係者の方も含むと40名弱でのライドになるので、3チームにわかれて、時間をずらせて出発。自分のチームにはなんと、『南鎌倉高校女子自転車部』作者の松本規之さん、『亀が無理してロードバイク乗ってみた』作者のきっかさん、そして自転車ユーチューバーのけんたさんが!著名人だらけではないか…。

    漫画家2名、ユーチューバー1名の著名人と一緒に走れると知り、感激もひとしお。

    DSC_2867
    ※けんたさん、カッコイイ体つき

    ルートはポタリングに適した30キロ

    ルートはうらりマルシェから鎌倉海浜公園までの30キロ。サイクリングとしては短めだが、理由は道中でいくつかのパン屋さんに立ち寄るためである。三浦半島って、何気にパン屋さんが充実しているのだ。そう、今回はただのライドではなく、食べ歩きライドなのである。

    訪れたパン屋さんは、以下の4ヵ所。

    充麦(みつむぎ)

    こじんまりした店内に入ると、麦のよい香りが充満している。それもそのはず、お店で麦を栽培し、それを使って焼いているパンだとのこと。

    DSC_2805

    種まき、収穫、脱穀、製粉という一連の流れを自分たちでやってる。ラーメン屋やうどん屋が同じことをすると想像してみたら…その大変さに気が遠くなった。麦ってこんな色と形だったんだ…。精製されていない状態の麦って、初めて見たかも。

    DSC_2807

    35

    公式サイトはこちら

    イートインはないので、パンだけ受け取って次の目的地へ。

    DSC_2854

    店舗情報

  • 神奈川県三浦市初声町入江54-2
  • 電話:046-854-5532
  • 営業時間:木~月 7:00~17:00 (※小麦種まき、収穫時は不定休)


  • ソレイユの丘

    ソレイユの丘は知っていたけど、来るのは初めて。入場無料で開放されている広々とした公園だ。駐車料金はかかるけど、自転車なら当然無料。中はキレイな公園で、天気が良ければ富士山が拝めるらしい(この日はちょっと無理だった)。

    DSC_2997

    あと、メリダの自転車をレンタルもできる。ロードバイク、クロスバイク、Jrマウンテンバイクをレンタルできるので、手ぶらで来て乗ることもできる。詳細はこちら

    ここで頂戴したのは揚げたての横須賀海軍カリーパン。アツアツでうまし。天気も暖かかったので、屋外のベンチで景色を愛でながら気持ちよく食べることができた。

    52

    ただ、注意として野生の鳶(トンビ)がたくさん飛んでおり、ちょっと目を離すと食べ物をかっさらわれるとのこと。マジすか。無防備に食べ物を持ち歩いていると、狙われるかも。小さいお子さんと来るときは、親御さんは注意しておくとよい。

    DSC_3194

    鳶って、よく見ると音もなくゆっくりと低空飛行してくるんすね…。鳶にカレーパンを奪われないよう、大事に手に持って完食した。

    DSC_2937

    DSC_3072
    ※眩しすぎる笑顔

    トマトの収穫体験、ニジマス釣り体験、動物とのふれあいコーナー、ナドナドできることがいっぱい。菜の花畑がとても色鮮やか。たくさんの人が記念撮影していた。

    三角屋根パンとコーヒー

    このパン屋さん、外観が真っ白でキレイ。中に入るとそこは超おしゃれなカフェ。すでに他のお客さんですでにいっぱいだったので、店内の写真は撮れなかったんだけど、ロッキングチェアーでのんびりくつろぐお客さんもいて、ものすごく居心地が良さそう。

    ONO_0166

    ONO_0159

    公式サイトはこちら

    ここではクロワッサンとコーヒーをいただいて退店。いただいたパンはクルージングの(後述する)船の上で食すのである。

    ONO_0162

    DSC_3423

    店舗情報

  • 営業時間:12時から17時
  • 定休日:毎週木曜日・金曜日
  • 〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1047-3
  • Tel & Fax:046-884-9113


  • リュミエール・ドゥ・ベー

    最後に訪問したのがココ。青山ファーマーズマーケットに出店もされている、七里ガ浜の住宅街にあるパン屋さん。住宅街にあるので、ちょっと見つけにくいかも。

    DSC_3461

    毎日お店で、原麦から自家製粉して、レーズンやハーブ、ライ麦や季節のフルーツなどから作った自家製の天然酵母を使用しているそうな。すごい。

    公式Facebookはこちら

    24

    店内にイートインコーナーはないので、パンをいただいて退店。地元の野菜も売られていたのだ。帰りの電車の中で食べさせていただいた。

    店舗情報

  • 神奈川県鎌倉市七里ガ浜東3-1-30
  • 電話番号:0467-81-3672
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:日・月曜日


  • 葉山マリーナから、逗子マリーナまでクルージング

    三角屋根パンとコーヒーさんから葉山マリーナを目指し、クルーザーに乗る。もちろんバイクを積み込むことができ、ラックにしっかりとロープで固定。

    DSC_3400

    43

    逗子マリーナに向かうまでの間、ここで三角屋根パンとコーヒーさんのクロワッサンとコーヒーをいただく。海を眺めながらの美味しいパンとコーヒー…。これこそ至福。(ただ、当前ながら風は強いのでちょっと寒かったが)

    ONO_0175

    ってな感じで、走っては食べ、走っては食べの連続だったので、たぶん消費カロリー以上に摂取していると思う(笑)。まあ、こんなライドがあってもよい。

    景色&コースが変化し続けるのが三浦半島の魅力

    三浦半島はこれで6回目くらいになるのだが、不思議と飽きない。きっかさんも同じ感想だった。三浦半島に来ると、ただのサイクリングがまるで日帰り旅行に来てる気分!で意見が一致した。 そう、なんだか得した気分になれるのである。

    ONO_0091

    適度なアップダウン、変化し続ける景色、キレイな海と海岸、美味しい海の幸、キャラの異なる観光地、、、何回来ても楽しめる。

    28

    ここに新たに、美味しいパン屋さん巡りも加わった。すでに最強だった観光地がさらに新たな武器を手に入れてしまったかのようで、まさに鬼に金棒。例えるなら、元々強かったラオウがマシンガンで完全武装したかんじ。いや、ちょっと違うか。たぶんラオウはマシンガンを必要としない。

    「スタープラチナ」という屈指の強さを誇るスタンド使いの空条承太郎が、ディオの「ザ・ワールド」との戦いを通して時間を止める能力を覚醒させた状況に似ているかもしれない。

    もちろん、「パン屋さん=時間を止める能力」である。三浦半島、もはや無敵説。

    DSC_2816


    三浦半島を満喫するなら、自転車がベスト

    三浦半島は徒歩で回るには大きすぎるし、車移動だと駐車場所で難儀することも。とくに葉山や鎌倉は交通量が増えて、渋滞も起きやすい。自転車であれば横を通過できるし、迂回ルートも選べるので、渋滞に影響されず移動できる。しかも、駐車代金が不要なのもグッド。

    DSC_2567

    車で観光地にいくのって、現地での渋滞と駐車場探しで神経を使うじゃないですか。それが億劫で、「やめとこか」となることもあるじゃないですか。

    自転車旅の良さがここにあって、渋滞と駐車場の悩みがゼロなんですね。バスって選択肢もあるけど、思い通りの時間に来るとは限らないし、渋滞にハマるのは車と同じ。徒歩だと、回れる場所も限定的になり、せっかくの三浦半島を満喫できずに帰路につくことになってしまう。

    DSC_2978

    ちなみに、三浦半島はぐるっと回ってもせいぜい70キロ前後。クロスバイク、ミニベロでも余裕で完走可能。

    オクサマもボードウォークで走ったとき、「あら、もう終わり?まだまだ脚は残っているんですけど」って言ってたくらいなので。

    DSC_2440

    三浦半島を楽しむなら、自転車がベスト!と自信を持ってオススメしますよ。
    \(^o^)/


    あと、以下はいっしょに走った漫画家「きっかさん」の記事です。

    自分が漫画にされるのって、くすぐったいというか、照れるというか、テンションが上がるというか、ようするに超ウレシイっす(*^^*)

    15

    おいしい!三浦半島パン屋ライド!(1)
    おいしい!三浦半島パン屋ライド!(2)
    おいしい!三浦半島パン屋ライド!(3)
    おいしい!三浦半島パン屋ライド!(4)
    おいしい!三浦半島パン屋ライド!(5)
    おいしい!三浦半島パン屋ライド!完結


    漫画とイラストで表現する能力って、すんごく羨ましい。。。


    素人がプロアスリートと勝負したら、万が一にも勝ち目はない。 しかし、専門領域以外だったら?素人にも勝てる可能性があるのでは? プロサイクリストであり、ディメンションデータ所属のマーク・カベンディッシュに、Global Cycling Network が4本勝負を申し込んだ。 ...
    素人がプロアスリートと勝負したら、万が一にも勝ち目はない。

    しかし、専門領域以外だったら?素人にも勝てる可能性があるのでは?

    プロサイクリストであり、ディメンションデータ所属のマーク・カベンディッシュに、Global Cycling Network が4本勝負を申し込んだ。内容は以下の通り。


    mark1

    1. レゴの組み立て
    2. にらめっこ
    3. じゃんけん
    4. クイズ

    こういうバカバカしい取材をコンテンツ化してしまうのも素晴らしいアイデア。選手もリラックスして取材を受けている様子で、楽しげな雰囲気。ファンも、「あら、マーク・カベンディッシュにこんな一面があったのね」と新鮮な驚きを味わえると思う。

    いつもいつも似たような質問ばかり受けていたら、選手だって「この話、何回目だろう…」ってなってしまうもんね。



    対戦するのはGlobal Cycling Network のプレゼンターでお馴染みのマットさん。ひょうきんでおっちょこちょいだが、こう見えて元プロサイクリストである(←失礼)。Global Cycling Network 内でのムードメーカー的存在。

    4つの戦いをして、どっちがより多く勝つかという勝負。

    1.レゴの組み立て勝負

    スターウォーズの戦闘機をどっちが早く完成させられるか。選択肢はスター・デストロイヤー(シス側)もしくはXウィング(ジェダイ側)で、カベンディッシュが選ぶことができる。

    mark2

    ここでカベンディッシュは「Xウィング」をチョイスする。理由は…

    僕はマットより指が短くて、手も小さい。つまり、細かいパーツの多いXウィングの組み立てのほうが僕に有利に働くはず。だからXウィングにするよ。

    カベンディッシュ、勝つ気満々である…。

    mark3
    ※必死にレゴを組み立てるワールドクラスのツール選手……シュールな図である

    結果はカベンディッシュの圧勝。「早く作らねば…」というプレッシャーがかかる中でも冷静かつ正確にXウィングを完璧に組み上げた。対するマットさんはろくに形も形成できていない。

    mark4
    ※段違いの集中力を見せるカベンディッシュ

    結論:マーク・カベンディッシュはレゴの組み立てが得意

    2.じゃんけん

    2本めはじゃんけん。偶然要素で決まるので、これならチャンスは互角。5回勝負して勝数を競う。結果はマットさんの勝利なのだが、気になったのがじゃんけんの始め方。

    mark5

    日本であれば、「最初はグー」と互いのタイミングを合わせてから本番に移るが、イギリスでは「机を3回叩く」らしい。これが一般的なのだろうか。叩くものがない屋外とか、スタンディングで行うときはどうするのだろうか。疑問は尽きない。

    mark6
    ※机をドンドンと叩いてタイミングを合わせる

    ところで、「日本じゃんけん協会」によると、「勝利の法則10ヶ条」というものがあるそうだ。くわしくはリンク先を見ていただくとして、最初にグーを出すには理由があることがわかった。

    以下、引用する。

    初心者は傾向として、最初にグーを出します。グーが最も作りやすい手だからです。そしてグーには「強い・拳」など勝利に結びつきやすいイメージがあります。

    突然「じゃんけんぽん!」と言って不意にじゃんけんを仕掛けると、とっさに手を形作りやすいという事の理由からグーをだしてしまう人が高確率でいます。

    これは相手が怒っているとき、面倒なとき、力が入っているとき、乗り気ではないときなど感情的で論理的思考にならない時はより高確率でグーがでます。

    なんと、そんな理由で「最初はグー」だったとは…。またひとつ賢くなってしまった。

    10ヶ条を読むと、「なるほど!」と唸った。いつも動画でお世話になっているから、お礼として英語に訳して、Global Cycling Network に送ってあげようかな…。

    結論:じゃんけん勝負は偶然と運に左右される

    3.にらめっこ

    ここでのにらめっこは、「笑ったら負け」ではなく、「笑うか、もしくは瞬(まばた)きしたら負け」というスタイル。笑わなくても、目が閉じたら負けである。

    mark7
    ※やる前から笑いがこみ上げてくるカベンディッシュ

    どうやらカベンディッシュはにらめっこは苦手なようで、開始前からクスクスしている。

    「ダメだ~、笑ってしまうよ~~」

    こりゃマットさんの勝ちだな…と思っていたら、本番では真顔をキープ。先に目を閉じたのはマットさんだった。さすがプロアスリート、本番での集中力はすごい。

    mark9

    それにしてもなんだ、この図は…。

    結論:マーク・カベンディッシュはにらめっこが強い

    4.クイズ

    3回終わってカベンディッシュの2勝、マットさん1勝。

    最後の勝負はカベンディッシュに関するマニアッククイズ。本人が正解できたらカベンディッシュのポイント。外れたらマットさんのポイントというルール。

    第1問:「ツール・ド・フランスで、カベンディッシュが初勝利した街の名前は?」


    カベンディッシュしばし考え、「Chateauroux(シャトールー)」と解答。正解。

    シャトールーはフランス中央部、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏の都市。アンドル県の県庁所在地でもある。市の面積は25.54km²、人口は約4万人。
    ※ウィキペディアより

    第2問:「そのレースで2位だったのは誰?」


    何名かの名前が脳裏をかすめたようだが、「Freire」と回答。またも正解。

    たぶん、オスカル・フレイレ・ゴメス(1976年2月15日 - )のことだろう。スペイン・カンタブリア州のトレラベーガ出身。1998年にプロデビュー。1999年、2001年、2004年と3度にわたって世界選手権を制覇する偉業を成し遂げているスプリンター。

    第3問:「2013年のジロ・デ・イタリアのラストステージにおいて勝ったとき、2位だったのは誰?」


    mark10
    ※記憶を呼び戻そうとするカベンディッシュ

    カベンディッシュは「Nizolo?」と答えるが不正解。正解は「Sacha Modolo(サーシャ・モドロ)」であった。ちなみにサーシャ・モドロ(1987年6月19日 - )は、イタリア、コネリアーノ出身の選手。

    第4問:「Milan San Remo で勝利したときの平均時速は?」(※三択です)


    ・時速44.004キロ
    ・時速43.976キロ
    ・時速44.421キロ

    「んなもん分かるか…><」という表情を浮かべるカベンディッシュ。半ば勘で「44.421キロ?」と答えると、なんと見事正解。

    平均時速44キロで走るって、どんなバケモノなの…。サイクリストなら「まじか…!」と呆れ返る数値である。これがツールで勝つ選手の実力である。

    結論 カベンディッシュは記憶力が優れている


    以上、マーク・カベンディッシュ VS Global Cycling Network のどうでもいい(でも面白い)4本勝負でした。

    こういう企画、日本メディアも大いにマネしていいと思う。日本トッププロの新城とか別府とかと団長が、パン食い競走、百人一首、四字熟語の穴埋め、書き初めの勝負をしたら、けっこうバズるはず。

    産経サイクリストさんあたりをけしかけてみようかしら…(笑) 


    こちらもどうぞ(´・ω・`)

    マーク・カベンディッシュのようにスプリントする5つのヒント



     

    3RUNさんの主催するロードバイク・セミナー『目指せ自己記録更新!座学&実走トレーニング(全8回セミナー)』に参加してきた。前回は神奈川県の宮ヶ瀬湖で開催された実地形式だったが、今回は再び座学。 テーマは、「冬シーズンインに向けて、ヒルクライム&ロードレー ...
    3RUNさんの主催するロードバイク・セミナー『目指せ自己記録更新!座学&実走トレーニング(全8回セミナー)』に参加してきた。前回は神奈川県の宮ヶ瀬湖で開催された実地形式だったが、今回は再び座学。

    テーマは、「冬シーズンインに向けて、ヒルクライム&ロードレース/パフォーマンスを引き出す機材力」である。コンポーネント、ホイール、各種パーツ、カスタマイズ、軽量化…男子であればヨダレがこぼれそうな話題設定。これは楽しみで仕方ない。

    21
    ※和な雰囲気の中でのセミナー

    講師は、フリーランスジャーナリストの橋本謙司さん。 自転車雑誌「funride」、ランニング 雑誌「ランナーズ」の編集者を経て、スポーツジャーナリストとして独立された方。 スポーツバイク歴11年、マラソン歴20年だそうな。キャリアが長い。

    過去のセミナーの様子はこちら
    >> 実走セミナーでプロに指導を受けたら、ダンシングと体重移動が劇的に変化した

    >> 正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングとポジションの基本をロードバイクセミナはでみっちり学んできた(前編)

    >> 正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングとポジションの基本をロードバイクセミナはでみっちり学んできた(後編)


    ロードバイクは「身体:機材=8:2」のスポーツ

    機材の重要性、選択時の注意点やコツ、シーンでの使い分けについて、3つのシーン別にお話しいただいた。その3つとは、「ロングライド」、「エンデューロ」、「ヒルクライム」である。

    「ロードバイクは機材スポーツ」というフレーズ、どっかで聞いたことがあると思うんだけど、その通りで、機材の選択でがらりとパフォーマンスが変わるもの。

    その比率は「身体:機材=8:2」らしく、今回は「2に当たる機材」のお話である。エンジン(己の身体)が大事なのは当然なのだが、テーマから外れるので今回は触れない。

    32-1
    ※機材の話って、ほんと~~~~~っに楽しいですよね(なんでだろ)


    ロングライド、エンデューロ、ヒルクライムそれぞれで重視されるもの

    わかりやすさ重視でざっくり表現するとこんなかんじ。

    ロングライド

    • 快適性
    • 長時間(6~8)
    • ゆっくり目
    • 軽さは捨てる

    エンデューロ

    • そこそこ快適
    • そこそこ長時間(2~4時間)
    • 速い
    • 軽さはそこそこ

    ヒルクライム

    • 快適性は捨てる
    • 短時間(60~90分)
    • ゆっくり目
    • 軽さ大事


    では、それぞれについて詳しく見ていこう

    20
    ※オクサマは、「機材の何がおもろいん?」と真顔で訊いてくる(´・ω・`)


    ロングライド

    乗り心地に貢献するカスタマイズ

    ロングライドで重要なのは「快適性」。そのためには、バイクとの接点の快適性を高めるのがセオリー。具体的には、サドル、ハンドル、タイヤ(とホイール)だそうな。

    とくに、肉体が触れるサドルとハンドル(&バーテープ)をコンフォート仕様にすると、格段に心地よく走れる。それはカンタンに想起できる。しかし、気づきにくいのがタイヤとホイールが持つポテンシャル。このふたつがもたらす効果も計り知れない。

    ロードバイクのタイヤ幅は23cがこれまでの主流だったが、ここ1~2年で25、28cのエアボリュームが多いタイヤの存在感が増してきた。一般サイクリストだけでなく、プロレースの世界でも25cが使われることが増えていると聞く。

    エアボリュームが増えれば、そのぶん空気圧を下げることができ、乗り心地をよくすることが可能。

    ホイールは「オールマイティーなセミディープ(35ミリくらいのハイト)がバランスがいい」そうな。というのも、ディープリム(50ミリ以上)は直線平坦路ではスピード維持がし易いけれど、ロングライドって海沿いを走ることも少なくない。そして海沿いは、高い確率で横風の影響受ける。

    リムハイトが高いと、風の当たる面積が増えて足を引っ張る。バランスをとることに神経を使わされ、疲れてしまっては元も子もない。高速スピードをさほど求めないロングライドでは、(回転するスポークが生む)乱気流の発生を抑えることにそこまで躍起にならなくてOK。

    57


    サドル選択は個人差が大きいので難しい

    サドル選びでひとつ言えるのは、ロングライドでは、「(横から見て)フラット目」のモノのほうがよいらしい。疲労等で姿勢変化させるとき、座る位置を前後にずらすことができるのがその理由。

    慣れていない初心者の場合、サドル痛に悩まされるのが常でして、前後にお尻を動かしてごまかすことがあるのだが、横から見て波を打つようにグネグネしたデザインのサドルは、お尻にカチッとフィットしやすいが、位置を変えられないのがマイナス点。
    ※なお、個人的にもフラットタイプが好みで、かつ尿道を圧迫しないセンターに溝のあるタイプを好んで使っています。

    03


    スプロケットは32Tがあるとよい

    完全にフラットだけのロングライドはなかなかないもので、どこかで必ず坂はある。体力が削られた後半に迎える斜面はキツい。なにもかも投げ出したくなるくらいキツい。

    そのための保険として、軽めのギアを用意しておきたいところだが、何丁のギアであれば大丈夫なのかは本人の体力にもよる。(というか、それがでかい)

    坂の途中で息も絶え絶えになっているときにシフトダウンしようとして、シフターが虚しく空を切り、「すでに一番軽いギアで走っていたのか…」と気づいたときの絶望と諸行無常感は筆舌に尽くしがたい。

    54
    ※橋本さんの私物

    「これを選べば、100%だいじょぶ!」とは一概には言えないんだけど、ごくふつうのサイクリストであれば、32Tがあれば十分。なお、エントリーモデルの完成車であれば、32Tがついていることが多い。

    28Tでもまあ十分ではあるが、初心者であれば安心のためにも32Tがあるスプロケットを選んでおけば間違いない。シマノの105、アルテグラなら32Tが用意されている。ただし、デュラエース(CS-9000)だと最大が28Tまでしかないのでご注意をば。

    余談ですが、25Tでツール・ド妻有2015に参加して死にかけた自分は、2回目からは28Tのスプロケット(アルテグラグレード)で走り、事なきを得ました。

    56-1

    >> 12-25Tのスプロケットを2年半使ったものの、激坂に耐え切れず11-28Tに変更してみる

    >> シチュエーションに合わせてスプロケットを交換するという楽しみ方(ロードバイク編)


    エンデューロ

    ホイール選択は、コースプロファイル次第

    エンデューロは、3つの中ではもっとも速い速度域で行うイベント。速度が速いだけでなく、延々と一定で続くのが特徴。よって、ホイールはディープリム(ハイト40ミリ以上)がビンゴ。スポークによる乱気流が起こりにくいので、高速巡航に適しているのだ。

    でも、エンデューロって言っても、場所によってコースプロファイルはバラバラだけど?

    その通りでして、コースによってホイールチョイスは変化する。

    たとえば、富士スピードウェイのような高低差が激しめのコースだと、ディープリムではその重さが仇となって、登坂で失速してしまうこともあるんですって。

    25-1
    ※富士スピードウェイにて

    自分も、昨年に富士スピードウェイのエンデューロに出場したから分かるんだけど、ホームストレートに戻る前の坂を見て。「ふつうの坂やん!筑波とかもてぎよりぜんぜんキツいやん!」って閉口した。
    筑波サーキットは平坦基調、ツインリンクもてぎはアップダウンはあるものの、斜度はキツくない

    感覚的な目安でしかないが、コース内でもっともキツい坂をエイヤでかけあがれる程度の軽さのホイールを選ぶほうが良いそうな。つまり、起伏が多いコースであれば、軽量&ローハイトのホイールでもぜんぜんOK。
    ※よって、富士スピードウェイでは「ディープさより、重量」重視で行くのが良いかと

    03
    ※こっちは平坦な筑波サーキット

    集団走行できると、とってもお得

    ディープリムを履いていなくても、空気抵抗を減らす方法はあって、それは「集団走行」。集団で走る技術と脚がある前提になるけど、複数人数で走れば空気抵抗を減らせるので、ホイールの重要性はさほどクリティカルではなくなる。

    ちなみに、筑波サーキットは平坦メインなのでディープリムは合っていると思う。エンデューロといってもコースプロファイルはバラバラなので、事前に出場コースを調べておくのが良いでしょう。
    20
    ※集団走行は、慣れていなければやめておこう

    >> 土砂降りの雨の中、筑波サーキットで8時間耐久レースに参加した

    >> 富士スピードウェイチャレンジ100に参加したので、ツインリンクもてぎとのコース比較をしてみる

    前面投影面積をいかに小さくするかがポイント

    スピード域が上がれば上がるほど、空気抵抗対策が課題となる。前面投影面積(正面から見た自分とバイクがつくる面積)を最小化することがポイントとなる。

    まず思いつくのが、ハンドルやヘルメットをエアロタイプにすること。カーボンのエアロハンドルってカッコイイですよね…。ウネウネしてたり、ペッタンコだったり。自分も、人様のバイクを見てて、うっとりする。

    ただ、橋本さんによれば、「そこまで劇的な効果は見込めないので、お金に余裕があれば・・・」とのことだった。まあ、空力効果はそこそこでも、精神的満足度は大きいと思う(笑)。

    57-1
    ※人様のバイクを眺めて、一人でハアハアと興奮する

    前面投影面積をもっとも手っ取り早く下げるには、「痩せる」に尽きる。バイクの小さなパーツをさらに小型化したところで、さほど体感できるわけでもない。それより、胴体回りの贅肉を5キロ落とすこと。空力&軽量化のダブルで効果がある。

    これは自分に言い聞かせています(滝汗)

    エンデューロで大事なのが、タイヤのグリップ

    橋本さんに指摘されるまで、考えたことがなかったのが、「エンデューロにおけるタイヤのグリップ」だった。サーキットコースだと、舗装状況が良いので「放っといてもちゃんとグリップしてくれるっしょ」くらいに軽く考えていたのだが、「エンデューロでこそ、グリップが良いタイヤを選ぼう」と力説されており、思わず姿勢を正してしまった。

    その理由は、高速コーナーが多いこと、が挙げられる。エンデューロでのコーナリング中にグリップを失ったら、とんでもない大規模な落車事故になってしまう。自分と周囲の安全を守るためにも、グリップ性能には妥協しないこと。

    04
    ※私はパナレーサー派

    最近はタイヤとホイールのワイド化が進んでいるけど、「23cよりも、25c以上のワイドタイヤのほうが変形率が小さく、グリップを発揮しやすい」とのこと。 ううむ、そうなのか。

    転がり抵抗も25cのほうが優れているという話はひんぱんに耳にするが、イマイチメカニズムを理解していなかった。このことについても、橋本さんは丁寧に解説してくださった。

    幅があるタイヤだと、バイクを倒したときに接地面が増え、しっかりグリップしてくれる。しかも、直線走行時は接地面積が23cより少ない(ので転がり抵抗が小さい)・・・と良いことづくし。
    ※なお、講師の橋本さんお気に入りのタイヤは、「Vittoria(ビットリア) corsa [コルサ]」ですって

    28

    この話を聞いて、「じゃあ、これからは23cを選ぶ理由がないじゃん。28cはさすがに太すぎる気がするけど、ロングライドでも、エンデューロでも、25c標準で行くほうがいいじゃん」って思ったので、素直に橋本さんに投げかけてみた。

    すると、

    ロングライドとエンデューロでは25cでいいと、個人的には思いますよ。ただし、ヒルクライムを除いては・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

    と不敵な笑みを浮かべるではないか。そう、ヒルクライムだけは23cのほうが向いているそうなのだ。


    ヒルクライム

    坂においては、軽さこそ正義

    ヒルクライムといっても、ロングライド的な1日かけて山登りを楽しむマイペース系のモノもあれば、60分1本勝負!的なガチのレース系もある。ここでのヒルクライムは後者です。

    ヒルクライムのカスタマイズはわかりやすい。レース系ヒルクライムの場合、軽さを取って、快適性は捨てるのがセオリー。タイヤは抵抗が少ないタイプを選択。コーナーに高速で突っ込むシーンもほぼないので、グリップもさほど大事ではない。
    ※帰還の下りもあるので、グリップ完全無視でOKではないんですが、複雑になるのでいったん置いておきますね

    37


    ヒルクライムでは25cよりも23cがベター

    タイヤも軽さが大事なので、より軽量な23cが効果的。ちなみに、ヒルクライムにおける、軽量化しやすいカスタマイズパーツのトップ3は…

    1位:タイヤとホイール
    2位:駆動系(ドライブトレイン)
    3位:重心位置の高いパーツ

    である。1と2位はすぐ理解できるけど、3位の重心ってどういう意味だろ・・・。

    1位:タイヤとホイール

    回転系のパーツは走りに直結するので、効果高し。しかも、タイヤは他のパーツより安いわりに、効果大。それと、目に見えないチューブは忘れやすいけど、軽量のものを選ぶとさらに軽くできる。

    橋下さんが好きなヒルクライム用の決戦タイヤは、「ビットリアのクロノCS」だそうで、なんと、20c! ただし、軽さを追求しすぎると、トレードオフでパンクリスク高まるし、持ちも悪い。そのへんはお財布と相談しながら・・・ですかね。でも、決戦用と割り切ればそうそう距離も伸びないだろうし、1セット持っておくのも悪くないかも。

    39
    ※愛用しているのはカンパニョーロのシャマルミレ(コレしか持ってないけど)

    次にホイール。高い買い物になるけど、タイヤ&チューブ以上に効果は大きい。アルミクリンチャーならトップモデルで1300~1400グラムがまあ限界。それがカーボンチューブラーなら、1,100グラム台まで落とせる。ウン十万円を払えば、1,000グラム台のもあるけど、一般人にはちょっと現実的ではないプライスですな・・・。

    重量で有利なホイールは議論の余地なくハッキリしてて、「クリンチャー < チューブラー」である。ここは財布に相談で選んでください。余裕のある幸福な方はカーボンチューブラーで。

    12
    ※カーボンチューブラーのカッコよさは危険

    なお、チェーンリングは50Tがいいだろう。53Tは強者でない限りそうとうキツいし、下手すると回せないので。いわゆるコンパクトクランクと呼ばれる50-34Tを前にし、スプロケットは28Tか32Tを用意しておく・・・のは、軽量化以前のマスト対策ですね。

    2位:駆動系(ドライブトレイン)

    次に軽量化を図るべきは、チェーン、クランク、ボトムブラケット、スプロケット、プーリー。軽量化だけでなく、抵抗を少なくするという意味合いもある。パワーの伝達効率につながる重要なカスタマイズなんですって。

    なんとなく、浅い知識で「セラミックベアリング系は動きが滑らからしい」って思っていたんだけど、橋本さんは愛車にビッグプーリーをつけていらっしゃった。そのビッグプーリーの効果だが・・・「正直、単体だけで体感するのは難しい(笑)」とのこと。

    13
    ※橋本さんのビッグプーリー

    動画でセラミックベアリングのプーリーが回転する様子を見せてもらったんだけど、デュラエースのプーリーがぜんぜん回転せずにすぐ止まるのに対し、セラミックベアリングのビッグプーリーが延々と回転しててビックリした。

    体感は難しくても、抵抗低減には確実に効いているはずって思った。

    3位:重心位置の高いパーツ

    重心が高い位置のモノを軽くすると良い理由は、「ダンシングの振りのしやすさにつながる」から。具体的には、サドル、ハンドルの軽量化がそれに当たる。

    ステム一体型のハンドルを使うのも手だし、見た目がカッコイイのでそそられるけど、軽量化という意味では劇的な変化は生み出せない。
    ※ステム、ハンドル別々に買ってもほぼ同じ重さになることが多い

    よって、一体型がよほど好きでない限り、ステムとハンドル、別々にわけて考えましょう。ステムはアルミでもカーボンでも重量に大きな違いが出せないので、ステムはアルミのままでもOK(安いですしね)。

    28

    ハンドルは、アルミだと350gくらいなのが、カーボン製にすると200~250gにできるので、一気に100g以上の軽量化が可能。軽量化を考えるなら、ハンドル部分でってことですね。


    以上、フリーランスジャーナリストの橋本謙司さんによるセミナーの様子をお届けしました。いや~、機材の話って、本当に楽しいですね。これで酒とつまみでもあれば最高なんじゃないでしょうか。


    イベント後、主催の3RUNさんに、「そんなイベントしません?」ってノリで提案したら、そっこーで「スポーツジャーナリストの“ハシケン”こと橋本謙司が解説する、最新ロードバイクのギヤをテーマにしたトークイベント。飲んで、食べながら、ロードバイク初心者にもわかりやすい解説で、機材スポーツの世界を紹介します」というイベント(有料)を企画された…(仕事はやい!)。

    開催日は2月24日(金)の19時半から。
    場所は五反田の私の勤務先(freee)の会議室。


    テーマは、

    1.ロードフレーム、コンポーネント、ホイールの最新事情
    2.シーズン直前!ロードバイクのカスタマイズ術
    3.ヒルクライムバイクの作り方


    ロード好きには堪えられない!ヨダレが出る! 
    お申込み制なので、気になる方は上記リンクからどうぞ~。 
    \(^o^)/



    >> 実走セミナーでプロに指導を受けたら、ダンシングと体重移動が劇的に変化した 

    >> 正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングとポジションの基本をロードバイクセミナはでみっちり学んできた(前編) 

    >> 正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングとポジションの基本をロードバイクセミナはでみっちり学んできた(後編)