サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ

ロードバイクとミニベロ、小径車について、徹底的にユーザー視点で初心者向けに解説するブログ。パーツのインプレッションや輪行のコツも取り上げます。

カテゴリ: 自転車テクニック

ロードバイクで集団走行するときは、守るべきルールとエチケットがある。高速走行する乗り物ゆえ、事故のダメージは計り知れない。 一人の不注意のために集団全員が事故に巻き込まれる…となっては残念すぎるので、全員知っておきましょうというお話しである。 Totalwo ...
ロードバイクで集団走行するときは、守るべきルールとエチケットがある。高速走行する乗り物ゆえ、事故のダメージは計り知れない。

一人の不注意のために集団全員が事故に巻き込まれる…となっては残念すぎるので、全員知っておきましょうというお話しである。

Totalwomencycling.com の「Road Cycling Etiquette for Riding in a Pack(集団走行する際に守るべきエチケット)」という記事が勉強になったので、翻訳してご紹介しますね。

26

わざわざ集団走行する理由=そのほうが速いから

いわずもがなですが、トレインを組むほうが空気抵抗を分散(ドラフティング効果)できて楽に速く走れるから、ですね。

先頭が風を受ける間、後続は少ないエネルギーで巡航できる。先頭を順番に交代することで、全員がそのメリットを享受できるというわけ。

そういえば、平昌オリンピックでのスピードスケートもまさに同じで、空気抵抗を避けるためにトレインで走る姿はカッコよかった。 自転車並の速度なのでそりゃあトレインも必要になるなと思った。

ただ、ドラフティング効果を発揮するには、集団がなるべくくっつく必要がある。(離れてしまうと隙間に空気が入り込むので)

そのために、全員が共通ルールを守り、意思疎通をはかるわけである。

どのフォーメーションを組むかの合意と共通認識

グループ全体で「どうやって走るのか」、「どんな用語やボディランゲージをどのタイミングで使うのか」は事前に決めておくとよい。一人でも不安を抱えた状態でスタートするのは危険。

レースの仲間であれば、阿吽の呼吸で問題なかろうが、レベルが異なる人が混じった場合とか、初対面同士であれば欠かせない。

レースとかエンデューロで見知らぬもの同士でトレインを組むとか、集団の後ろに着く場合はことさらに注意が必要。


「身勝手な走行をする(ラインを勝手に変える等)」
「前後左右のライダーのことを考えていない」
「ラインがフラフラしてて動きの予想がつかない」


といった、明らかにルールをわかってないライダーには近づかないようにしよう。口頭で注意を促してもいいが、瞬時に学んでくれるかどうかも怪しいし、意図が伝わるかどうかもわからない。

それに、走行中にしゃべることで自分が注意散漫&前方不注意になる可能性もある。危なっかしい人からはさっさと距離を置くほうがよいだろう。

トレイン(Paceline)

もっとも単純でわかりやすいフォーメーションがこれ。グループが一直線になる、お馴染みのトレインですね。

1

先頭は10〜30秒くらいの間隔で交代していく。体力があるライダーがなるべく長く先頭を牽き、そうではないライダーは短めに…がよいだろう。(この辺も意思疎通をしておくのがオススメ。レベルが違いすぎる者同士のトレインならなおさら)

肘を横に突き出すのが後続への「先頭替わるよ」のサイン(わかりやすければなんでもいいが)で、横にズレる前には軽く後方確認もすること。

先頭が横にズレたら気持ちペースを下げ、2番手が先頭に押し上げるのを待とう。

チェーン・ギャング(Chain gang)

トレインよりはやや複雑なフォーメーション。が、覚えてしまえばなんてことはない。上から見るとこんな感じ。あたかもチェーンがグルグル回るかのようにライダーが回りながら風を避ける。

2

チェーン・ギャングのメリットは、二列なので直線状のトレインよりフォーメーションを短くできること。人数が多めのときは都合が良い。

このフォーメーションではライダーがわりとコンスタントに動き続ける。先頭交代のやり方はトレインと基本は同じで、先頭が「替わるよ」のサインを出し、後方確認し、横に移動し、ペダリングを緩め、二番手の上がりを待つ。で、自分は徐々に後ろに下がっていく。

で、このとき気になるのが「自分がいつ殿(しんがり: いちばん後ろ)になるか?」でして、ボケっとしてると、いつのまにか自分の後ろに誰もいない状況になる。

あらヤダ!あたしが最後尾だったわ!前の人に追い付かなくちゃ

と余計なパワーを浪費させられることがあってもったいない。

それを避けるためのコミュニケーションが、殿のライダーが速いほうのラインに移動すると同時に「(私が)ラストです!」と声を出すこと。この一声で、次に殿になるライダーが「あ、私がラストになるのね。では次に速いほうのラインに移動しなくては」とわかる。

先頭に役割があるように、最後尾にも役割があるということ。

この一声がないと、「まだあたしの後ろに誰かいるのかなー。いるかもしれないからもうちょい待つか…」と判断が遅れ、「ゲッ、誰もおらんやん!回さな!追い付かな!」となってしまう。フォーメーションは崩れるし、ムダなペースアップも強いられてしまう。ラストの選手の一声だけで予防できるので、ぜひ覚えておいていただきたい。

エシュロン(Echelon)

斜めからの風をグループ全体でカバーするフォーメーションがエシュロン。対角線のラインを作る。

3


集団走行時の厳禁行為

ホイールをハスらせ(オーバーラップさせ)ない

前後のバイク同士でホイールをかぶらせないのは超大事。 こういう状態がそれで、前のライダーがラインを変えて後のライダーの前輪に触れると、後続のほうがカンタンに吹っ飛び落車する。

4

集団走行だろうが、2人だろうが、鉄則である。 自分がそれをしないのはもちろん、集団のなかでそれをしているライダーがいたら教えてあげよう。集団走行では、一人のミス&不注意が全員に影響する。

ペースを一定に維持する

先頭交代で走るとき、やりがちなミスは「先頭に出たとたん、無意識に頑張ってしまってペースを上げてしまう」こと。集団を引っ張らねばという責任感がそうさせてしまうのだと思うが、張り切りすぎると自分も集団も疲弊させてしまう。

もちろん、先頭は空気圧を一身に受けることになるため、スピードを維持するのにプラスアルファの力を使わねばならない。が、スピードは同じまま・・・が理想である。

仲間とのツーリング等、レースではない状況であれば、


「体力に自信がないので、先頭は早めに交代させてほしい」
「時速⚫⚫キロ以上での巡航は正直キツい」


・・・と、グループ内で体力差が明白なら事前にその事実を伝えておくのが望ましい。

動く前に周囲を見て確認&意思表示はハッキリと

「急」な動きは集団内ではご法度。さきほどの「ホイール同士をハスらせてはダメ」にもつながるが、急な動きをされると周囲は対応できない。仲間との接触にもつながるし、不必要に驚かしてしまう。

動く(ラインを変える、ペースを上げる&下げる、誰かを追い越す)前に周囲を観察し、自分が何をしようとしているのか仲間に伝えること。声でもいいし、ハンドサインでもいい。

37 HDR

ただ、個人的には集団走行中のハンドサインはあまり現実的ではないというか、片手運転になって不安定だし、サインを出しているタイミングでブレーキをかけなければならなくなったら対応できないので、なるべく最低限にし、「声のコミュニケーション」を積極的に使うのはがベターだと思う。

別のライダーを追い越す場合、「右から抜きます」と一声あるだけで前走者は安心できるし、「オッケー、では自分はラインを替えないようにするね」となるので事故予防にもなる。声はどんどん使っていこう。

なお、声は”風にかき消される”ことを計算して、 「ちょっとでかすぎるかな?」くらいシャウト気味の発声でちょうどいい。

ラインをキープする

ラインキープも集団内の鉄則。 こういう走り方ですね。
↓ ↓ ↓

5

コーナーでアウトーインーアウトな走り方をするのは極めて危険。
↓ ↓ ↓
6

だが、これをする人はエンデューロ等で必ず目撃する。で、事故原因を作っている。

これまで10回ほどエンデューロに参加したが、目撃した落車の多くが「ラインを守らなかった一人が接触を起こし、周囲が巻き添えを食らう」パターンだった。 つまり人災。


これなんか、最悪。事故る原因が走っているようなもの。
↓ ↓ ↓
7

対応策としては、


1 君子危うきに近寄らずで、ルールを知らないライダーからは離れる

2 「ラインキープ!」と怒鳴って、変な動きをさせないよう警告する のどちらかだろうか。


エンデューロで集団がコーナーに突っ込むとき、ラインを替えようとする輩に対して、「ラインキープしろや!」と罵声を浴びせる諸先輩方がいらっしゃるが、べつに憎くてそうしているわけではない。むしろ優しさである。

事故予防のためにそうしているだけなので、「何よ、あの人…ちょっとライン替えようとしただけで怒鳴ってきて…失礼しちゃうわ」とは思わず、「警告してくれてありがとう!」と感謝しましょう。(「ちょっとライン替えようと思った・・・」が大事故の引き金になるものなので)



以上、Totalwomencycling.com の「Road Cycling Etiquette for Riding in a Pack(集団走行する際に守るべきエチケット)」 のご紹介&体験談でした。

集団走行で味わう高速巡航は気持ちがいいものだけど、一歩間違うと大惨事になるので、どうか慎重にご走行くださいませ…。



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


サイクルガジェットストア やばい…Tシャツがまったく在庫ない…


自分はヒルクライムは好きだが、好きなのはあくまで「マイペースで仲間たちと楽しく登る」ほう。 順位を競う系とかタイムアタック系のガチヒルクラレースはあまり興味がない。 /観戦は楽しい\ そんな自分には「レース中に敵を千切るテクニック」とか「心理的に追い詰 ...
自分はヒルクライムは好きだが、好きなのはあくまで「マイペースで仲間たちと楽しく登る」ほう。

順位を競う系とかタイムアタック系のガチヒルクラレースはあまり興味がない。

32
/観戦は楽しい\

そんな自分には「レース中に敵を千切るテクニック」とか「心理的に追い詰めて蹴落とすノウハウ」は必要ないんだけど、個人的に興味はある。

Global Cycling Network でエマ・プーリーさんという元プロ女子選手が「ヒルクライムで敵を上手に蹴落とすためのテクニック(How To Climb Like A Pro: Emma Pooley's Guide To 'Climbing Nasty')」を披露していて、とても興味深く視聴させてもらった。

ヒルクライムレースをする人は知っておいて損のない情報なので、翻訳してご紹介しますね。



エマ・プーリー(Emma Pooley、1982年10月3日 - )さんは、イングランド、グレーターロンドンのワンズワース出身の女子自転車競技(ロードレース)選手。

2018-03-23_06h40_51
/中央がエマさん\

ヒルクライムレースは単純なパワーウェイトレシオの勝負ではない

理屈だけで言えば、ヒルクライムの速さは「パワーウェイトレシオ」で決まる。体重が軽い方が有利だが、痩せているだけでパワーがなければ意味はない。

その逆で、筋肉モリモリでも体重が重いとレシオ的に相殺されてしまう。要はバランスである。(が、痩せ型で体重が軽い方が総じて有利なのは事実)

ただ、これがレースになってくると勝敗は単純な「パワーウェイトレシオ」だけでは決まらず、別の要素も入ってくる。

なぜなら、レースは一人ではなく複数で走るわけで、敵がいれば揺さぶり、心理戦、駆け引きが存在するから。これはどんなスポーツでも同じだし、醍醐味でもある。

59

ウェイトリフティングのように完全な個人戦で他人からの邪魔が入らない競技であれば、純粋なフィジカル勝負になりやすいけど、それでもプレッシャーの掛け合いとか心理戦はあると思う。

つまり、競技の世界ではパワーウェイトレシオだけを突き詰めても勝てない。心理戦で揺さぶる、相手を苛立たせたり焦らす、負荷をかけて消耗させるテクニックを織り交ぜることで弱者が強者を打ち負かすこともある。

Full Gas(全力でもがく)

相手より長時間もがき続けることができる確信があればこれで千切れる。

まあ、それはその通りなのだが、汚いテクか?というと別にそうでもない。

あと、己の力量とペース配分を把握していないと墓穴を掘るだけになるので、繰り返しトレーニングして見極める必要がある。

Armpit Stalking(敵の脇腹にくっつく)

敵よりほんの少し後ろを走るテク。前にも出ず、並走もしない。あえて1メートルほど下がった位置をキープする。敵の周辺視界に入ることで目障りになれるし、こっちはペースがつかみやすい。

あと、敵の息遣いも聞きやすく、ボディランゲージも観察しやすいので、消耗度と疲労具合が推し量れる。ひいては、アタックをかけるタイミングも見極めやすい。

2018-03-23_06h42_49
/右側のエマさんが仕掛けている\

2018-03-23_06h43_00
/ライバルにとって目障りで気になる存在に\

なるほど、この付かず離れず感はたしかにうっとうしいかも。

そういえば、山の神の森本誠さんも雑誌がテレビで「敵の呼吸を聴いて観察し、披露具合を把握すると良い」と話していた。なぜなら、「呼吸はごまかしがきかないから」らしい。

後ろを走るだけでは、呼吸音は聞こえないので、斜め後ろってのがポイントである。

Fartlek Approach(一定ペースで走りつつじわじわ引き離すワザ)

Fartlekはスウェーデン語で「地形の変化に関係なく長い距離を一定ペースで走るトレーニング」を指す言葉らしい。

そこからエマさんが偶然発見した戦術なのだが、「いつの間にかじわじわとペースアップし、相手を追い込んで蹴落とす」のが有効らしい。

2018-03-23_06h43_44

たとえば、自分が集団先頭で、後ろに数人が付いてきている状況だとしよう。

このとき、エマさんはしきい値(threshold)よりちょい低めのややきつめのペースをキープして走る。で、徐々にペースを上げていくのだが、ポイントは「ダンシングを使わず、シッティングのまま」でいること。そうすることで、後続には先頭がペースアップしていると悟られないようにするわけ。

仕掛けていることを敵に勘付かれないように、「自分は全然ペースアップしていませんよ?同じペースで走ってますよ?だから苦しくもなんともないですよ?」というフリはしなければならない。

後続の敵は「おかしいな……前の奴は同じペースで走っているはずなのに、こっちは苦しくなってきてる。自分の調子が悪いのだろうか…」という感情を芽生えさせることができる。

現役の頃によく使ってて、かなり有効だった」と振り返るエマさんだが、

ただ、これを使うなら事前のトレーニングが欠かせないわ。かなりの負荷が自分にもかかるわけで、どれくらいのペースで何分続けられるかも見極めておく必要があるからね。さもないと、自分の脚が先に売り切れてしまうハメになるわよ。

と忠告している。

「15秒アタック→2分のペース走」の繰り返し

昔からある伝統的なアタックテクニックがこれ。

「15秒間全力でもがく → 2分ペース走」……一旦仕掛けたら、ゴールするまでひたすら繰り返す。聞いただけで吐きそうな気分になる戦い方だ。

2018-03-23_06h44_02

これも悪くない方法だが、エマ・プーリーさんは

私はシッティングでアタックするトレーニングを積んで、実戦で使えるようにしたわ。シッティングでアタックをかけられるのってとても効果的よ。

と力説されていた。

誰でもすぐマネできる心理攻撃

さきほどのArmpit Stalking(敵の脇腹にくっつく)とか、並走してるときに使う技。

2018-03-23_06h43_09

敵の息遣いを観察し、「疲れてきているな」と思ったらわざと会話を仕掛ける。中身はなんでも良くて、どうでもいい雑談を振るのだ。


「あら、ステキな色のバーテープね」

「今日の天気、ちょっと曇りだけどむしろレース向きでよかったね」

「ほら見て、あの景色いいわねー」

「このレース終わったら、コーヒー飲もうと思ってるの」

「ねえ、今日何時に起きた?」


ヒルクライムをしたことのある人ならわかるだろうが、心拍が上がってキッツイときに喋るのはダブルで苦しいし、消耗が激しい。歯を食いしばっている状況で口を開いて言葉を発するのは、疲労が加速する。

まあ、それを悪用するわけである(笑)。

2018-03-23_06h42_31

仕掛ける側は当然余力がある状態でやる。リラックスしており、会話がぜんぜん苦にならないよ(つまり疲れてませんよ)アピールにもなり、与えるダメージは計り知れない。ただし、多用すると嫌われるのでご注意をば。

プロでもこういう細かいテクニックを使うのかと驚いた。

現役時代にもっとも効果的だったテクはどれ?

ダンさんとサイモンさんが、「現役時代にもっとも多用したテクは?どれがうまくいった?」と質問しており、それに対してエマさんは、

シッティングのままアタック」がいちばん効果的だったわね。アタックしていることが敵に悟られにくいから、意表を突くことができるし、アタックが成功しやすかったわ。

と語っていた。うーむ、勉強になる。


以上、Global Cycling Network でエマ・プーリーさんが紹介されていた「ヒルクライムで敵を上手に蹴落とすためのテクニック(How To Climb Like A Pro: Emma Pooley's Guide To 'Climbing Nasty')」の翻訳でした。


余談だが、実業団選手選手といっしょに山を走ったとき、自分の後ろを走っていたその人が「あ、中山さんはジュニアスプロケットを使っているんですね」とことも無げに言い当てて驚いた。

回転しているスプロケットを一目見て、どのタイプのスプロケットを使っているかはふつうにわかるようだ。

まあ、自分のような素人ですら「ローが28Tだな」とか「32Tか34Tっぽいな」くらいは目視でわかるので、実業団クラスの選手が正確に言い当てられるのは驚きでもなんでもない気はする。

そういう意味でも、敵のちょっと後ろを走っているとき、息遣いだけでなく「どんなスプロケットを使っているか」も観察すると良いかもしれない。


最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア そろそろ品切れに差し掛かってきました…

自転車に2010年にハマるまではずっとサッカー(&フットサル)をしていたのだが、今はプレーは完全に辞めて観戦のみ。 テレビは楽でいいんだけど、やはりスタジアムの臨場感と選手同士がバチバチぶつかり合うリアルさは生観戦に限る。あと、全体の布陣を俯瞰でき、守備ブ ...
自転車に2010年にハマるまではずっとサッカー(&フットサル)をしていたのだが、今はプレーは完全に辞めて観戦のみ。

テレビは楽でいいんだけど、やはりスタジアムの臨場感と選手同士がバチバチぶつかり合うリアルさは生観戦に限る。あと、全体の布陣を俯瞰でき、守備ブロックの作り方とか連動したプレスのかけ方がわかるのもスタジアムの醍醐味。

なので、サイクリングするコンディションが整ってない隙間を見計らって、スタジアム観戦を楽しんでおります。

52
/大宮アルディージャホームのNAC5スタジアム\

ただ、スタジアムまで出かけるとなるとなかなかおっくうでして、電車とバスを乗り継いで、駅からかなり歩かされて…みたいなこともよくある。まあ、器がでかいのでどうしても郊外になるわけ。

「2時間の試合のために往復3時間かけて移動しているって、それだけでがっつり半日消費しているわけで、休日の使い方としてややもったいないなぁ」

と感じていた。

仕上げ中の原稿を書いたり、積ん読で溜まった本を読んだりして時間は有効活用しているけど、移動時間が楽しめないのは致命的。
※移動そのものが娯楽のサイクリングを知ると、ただ移動するだけの行為が猛烈につまらなく感じてしまう(サイクリストあるあるです)


自転車でスタジアムに行ってみるか

とは何度も考えたが、実行したことはない。自転車置き場が用意されているかどうかわからなかったし、あったとしても大切なロードバイクを数時間放置するのが怖すぎる。

いや、まてよ。たくさんのお客が押し寄せるJ1ではなく、J2、J3であれば観客動員数は大したことはない。(せいぜい数千人レベル)

段階的に攻めていくのはありかもしれないので、まずはJ3で確かめてみた。

FC東京U23(J3)の場合

電話したのは 味の素フィールド西が丘 (旧名:西が丘サッカー場)。赤羽駅の西にある古いスタジアムですね。往年のサッカーファンは一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか。

候補にあげたのはFC東京U23対富山の試合。
以下、管理事務所に電話したことをまとめると…

  • 駐輪場の有無はわからない
  • なぜなら、試合日はホームの主催チームに管理運営を任せているから
  • よって、競技場の管理事務所は関知しない
  • 駐輪場が設置されるかどうかは、ホームのFC東京に電話して確認してほしい

とのこと。味の素フィールド西が丘はそういうシステムなんだ…。味の素スタジアムならまだしも、FC東京の本来のホームスタジアムではないわけで、ある意味当然か。

過去の試合運営ではどうだったか、駐輪場が設置されるのはふつうなのか、それとも異例なので期待しないほうがいいのか?とか色々質問したが「わからない。主催者に聞いて」で押し切られた。


(´・ω・`) 「じゃあ、FC東京さんに電話してみます」

とお礼を言って電話を切ろうとすると、

( ´ー`) 「あ、まだ電話しないほうがいいです。FC東京と我々競技場サイドでその試合の打ち合わせをしていないから。その場で駐輪場を設置するかどうか決めるので」

(´・ω・`) 「あ、そうなんですか…。ちなみに駐輪場が設置されるかどうかの情報って、FC東京さんか味の素フィールド西が丘さんのウェブサイトで告知されたりするんですかね」

( ´ー`) 「いえ、しませんね」

(´・ω・`) 「自転車で来る観戦客はどうすれば…」

( ´ー`) 「うーん、試合開催数日前にFC東京に直接電話確認するしかないかと」


ということで、ラチがあかないまま電話終了。代替案とか新しい情報もなく、ややお役所的な対応が残念であった。たぶん、自転車で観戦に来る客は圧倒的少数派で、自分の問い合わせがイレギュラーだったのだろうと言い聞かせてみる。

J3はいったん諦め、J2を確認してみよう。

大宮アルディージャの場合

埼玉県にはJ1(浦和レッズ)とJ2(大宮アルディージャ)の2チームがある。大宮は昨年降格したので2018シーズンはJ2で戦うことになる。

大宮ホームのNAC5スタジアムに電話してみたところ、「ありますよ!」とのこと。なんでも、スタジアムの裏(東側)に専用駐輪場があるそうな。

敷地内にも駐輪場があり、それでも収容しきれない場合は(だいたいキャパを超えるそうだ)大宮公園内の敷地に自由に駐めてOKとのこと。

アルディージャの試合日はそうして良いって公園側と合意が取れているので、問題ないですよー」ですって。これは大変ありがたい。

味の素フィールド西が丘とは打って変わった懇切丁寧な対応に驚いた。ファン対応がしっかりしていて好印象。さすが先シーズンまでJ1で戦ってきたチームだ。

ということで、実際に観戦に行ってきた。カードは「大宮VS徳島」。

44

ただ、駐輪スペースが確保されているとはいえ、いきなりロードバイクで行くのは不安しかないので、今回は偵察を兼ねて電車移動である。

大宮駅からNAC5スタジアムまでのアクセス

大宮駅からの距離は1.7キロ。徒歩で20分くらいなのでサッカー競技場としてはまずます駅近に入る。商店街を抜けて武蔵一宮氷川神社を目指すと建物が見えてくる。

途中にはたくさん飲食店とかコンビニもあるので腹ごしらえは問題ない。飲み屋もいっぱいある。ちょっと時間があったら高島屋やLOFTでお買い物するもよし。

57
/相手チーム&サポを歓迎する姿勢、すごく好印象\


管理事務所に電話して確認した「スタジアム内駐輪場」は、アウェー側のバックスタンド(東側)の真下にあって、前輪を突っ込んで駐めるタイプ。

カウントしたら36台で、観客数に対してまったく不足してる。

16-1
/試合翌日に撮影\

これだけで対処できるはずもないのはスタジアム側も百も承知で、同じくスタジアム東側にある駐輪スペースがある。ドーンとだだっ広い場所があり、まあまあの台数が置けそう。(ただ、その場所はスタジアム側から案内されなかったので、野球場とか用の敷地なのかもしれない)

2018-03-21_06h12_48

それでも足りない場合は大宮公園の敷地に移動しよう。反対側のホーム側(西側)バックスタンド裏にある池の周りと管理事務所の周辺に駐輪すればよい。

実際に見てみたら、大量のママチャリ、クロスバイク、ミニベロが所狭しと並んでいた。

観客と思しき人たちが次々に現れては自転車を置いていく。とくに線が引かれているわけでも、コーンやロープが設置されているわけでもなく、阿吽の呼吸でだいたいこの辺…的な合意形成がされているようだ。

29 HDR

15-1

33-1

公園敷地内はまだ余裕があったので、自転車観客のキャパ的にはこれで十分だと思う。停めるところを探して右往左往している人はいなかった。

ということで、大宮アルディージャの試合を自転車で観戦に行くのはぜんぜんアリ!である。これは大きな発見であった。自宅からバス→電車→徒歩で行くのと、チャリでダイレクトに乗り付けるのでは、時間差はほぼない。ならば運賃のかからないチャリがベター。

NAC5スタジアムの10キロ圏内にお住いの方であれば、ママチャリで試合観戦に行けますよ。

ロードバイクでNAC5スタジアムに行くか?→NO

大宮公園とスタジアム周辺の駐輪場を観察して、BOMAかタイレルのCSIをここに停めておくか?と言われたら「しない」と即答する。

試合時間もろもろ最低でも2時間はスタジアムに滞在するわけで、そんな長時間放置しておくのはすごく心配(盗難はもちろん、他の自転車にぶつけられるリスクもある)。

オートバイ用の極太のロック(直径4センチほど)を持っているので、それをたすき掛けしてスタジアムに行く…こともできるが…。たぶんしないだろうなあ。

ただ、量販店にあるような廉価版ミニベロはたくさん見かけたし、スタンド付きのクロスバイクもチラホラ目撃した。

ママチャリより機動力があって、最悪盗まれてもギリ許せるくらいの自転車が1台あると、サッカー観戦に使えそうだなと思った。

機動力ほどほど&ゲタとして使い倒せる自転車がほしい

具体的にはダホンでいえば最も安いroute。もしくは中古のクロスバイクでもいいかも。新車である必要はない。

ためしにメルカリで検索したら、ミニベロよりもクロスバイクのほうが充実してた。価格も安いものは1万円台、3ー4万円台が中心レンジで、高くても6万円くらい(6万はやや高いな)。

57

中古のクロスバイクを買ってみるか…と思いかけたが、置き場所をどうするか問題がある(家の中にはもうスペースがない)。

最廉価クラスのダホンかTernを買って、車のトランクに常駐させておくか?これなら家族の不満は出ないので、現実味がある。やはり、ミニベロだな…。うむ、そうしよう。

サイクリングとサッカー観戦という夢のコラボ

複数の大好きなものを同時に楽しむことをずっと諦めていたが、ぜんぜんそんなことはないと気づけたのが今回の収穫。

輪行バッグを使えば移動距離も増えるので、地元の駒場スタジアム、NAC5スタジアム、埼玉スタジアム2002以外であっても大丈夫。味の素スタジアム、横浜スタジアム、等々力陸上競技場、ニッパツ三ツ沢球技場だって射程距離内に入る。いや、栃木や群馬、千葉、山梨だって行けるぞ。

行きは自転車で向かい、観戦後は電車で帰る…かなり魅力的な終末の過ごし方のように思えて来た。

ということで、2台目のミニベロ購入を真剣に検討中です(笑)。


ちなみに試合結果ですが、徳島が1-0で勝利。サクッと大宮が勝つと思ってたけど、徳島のほうがぜんぜんいいサッカーやっててビックリ。

岐阜FCから加入した中盤のシシーニョ、上背はないけど上手いなあ。さすが元U21スペイン代表だけはある。鹿島アントラーズから期限付き移籍中の右サイドバック、ブエノも安定してて90分で1回くらいしか突破を許さなかった。

30

大宮は中盤でタメを作れる選手がおらず、攻撃が単発。マテウスのスピードと突破力は目を見張るが、ひとりでこじ開けようとして二人掛かりで潰されるのが多かった。

あと、シモビッチはデカい。とにかくデカい。浮き玉の競り合いはJなら無双できそう。足元のトラップは柔らかく、ポストプレーやワンツーも上手い。

17

ただ、運動量が少なく、守備もほぼしない。そのせいか、前線からのプレスがハマらず、徳島の4バックは常に余裕を持って前線にフィードできてた。(相棒の大前のチェイスがムダ走りに…)

この試合でバックスタンド指定席5,200円はやや高い印象だったが、サッカー観戦は楽しいのでたぶんまた行くと思う。


折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2018


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

サイクリストならみなさんご存知、ハンドサイン。お使いですよね。 そのハンドサインって人によって少しづつやり方が違うので、「なるほど、このタイミングか」とか、「そういう出し方があるんだな」と勉強になる。 と同時に、「ハンドサインって、本来はバラエティが ...
サイクリストならみなさんご存知、ハンドサイン。お使いですよね。

そのハンドサインって人によって少しづつやり方が違うので、「なるほど、このタイミングか」とか、「そういう出し方があるんだな」と勉強になる。

と同時に、「ハンドサインって、本来はバラエティが豊かであってはいけないよな…。だって交通表記の一種なのだから、ちゃんと全国一律で整備&統一されているべきだし」とも思う。

07


使用頻度が高いわりに、バラバラだと感じるのが「止まれ」サイン。自転車雑誌やTV番組、Web記事では、「止まれ」は、

  1. 手のひらを広げて
  2. ひじを曲げて手のひらを背中に持っていき
  3. 背中(or 腰)に当てる
が一般的だと思うし、そうする人がもっとも多い印象だ。

サイクリストの常識、非サイクリストの非常識

ただ、ねとらぼの「自転車の停止サイン「背中でパー」は通じない? 警視庁と自転車競技連盟に聞いてみた」を読むと、ちょっと不安になってくる。



というのも、サイクリストには常識の「背中(腰)でパー=停止」は、日本自転車競技連盟によれば、自転車競技では周りの選手に伝えるハンドサインとして世界中で通じるものだそうなのだが、道路交通法で定められている手信号の停止サイン「右手を斜め下方向に伸ばす」とは異なるため、一般的にはNGなんですって。

2018-02-19_07h43_05
※引用元(神奈川県警察自転車のルールとマナー


つまり、手を腰のハンドサインは禁止行為ではないけれど、通用する相手はサイクリストの仲間内だけですよ…。車や他の人には通じないと思ってね…ということ。

警視庁に確認すると、「集団で自転車を楽しむ際などの仲間内の合図として使用してほしい」とのこと。ううむ、「手のひらを腰に」はユニバーサルなサインではなかってことね…。

この停止サイン、自分はここ数年ずっと「腰に当てるべき」か「腰の右横にするか(腕を斜めに伸ばすか)」で迷っていた。周囲のサイクリストを見ていると、腰に当てるサイクリストが圧倒的に多くて9割くらい。

よって、「やっぱり、腰(背中)にもってくるのがスタンダードなのかなぁ、それに倣おうかなぁ」と思いつつも、同時に「右斜め下に差し出すほうが、後方からの視認性が高く、手もすばやくハンドルに戻せて安全なのでは」と感じていたため、マイノリティだとわかった上であえて斜め下に出ししていた。
(道交法的にはこれで正解なので結果敵に良かったことになる)

元アテネ五輪代表の宮澤さんの指摘で疑念が解消

そんなあるとき、いつも観てるNHKの「チャリダー☆」の南アルプスロングライドの回で、元アテネ五輪代表の宮澤さんが「停止のハンドサインは「背中に当てるのではなく、斜め下に差し出すがベターだ」と話してて、ようやく長年の疑問が解消した。

背中でパーも間違ってはいないんだけど、手をそこに持っていくまでの時間がタイムラグを生み、後方に伝わるのに時間がかかってしまう

とのご指摘。 

だから、腰に当てるのではなく、右下に伸ばすようにして示せばいい。意図がスピーディに後方に伝わるだけでなく、トレインからの視認性もいいからね

なるほど、理にかなっている。道交法的な点については指摘されていなかったが、とにかくそういうことである。これを見て、「そうか、それでいいのか!」とヒザを5回くらい叩いた。

自分の考え方がズレていないこともわかったので、今後は「手のひらは腰ではなく、斜め下に」と積極的に布教していこうと思う。

34


なお、ハンドサインを出すのは余裕があるときだけでOK。片手運転自体が危険運転になるので、小学生や高齢者などは無理しなくても大丈夫。

おバカなオクサマは、さらに細心の注意でもって導かねばならない

ぜんぜん話は変わりますが、ハンドサインネタということで…。

Y字路で右左折する場合、地味に考えません?「T字路と同じく、腕を左右に伸ばす…で問題ないのかなあ?」と。

いや、通常のサイクリスト仲間とのライドであればそれで確実に伝わるんですが、初心者というか・・・アホというか…ノータリンな人(オクサマのことです)はそれだと通じないことがあってですね…。

どういうことかというと、

Y字路の左のほうに行きますよ…というつもりで出したハンドサインを、その手前の小道だと解釈して曲がってしまうから。

いやいやいや、そんな細い路地に入るわけ無いでしょ!道なりに走ろうよ!っていうか、オレについてくればいいでしょう!ってなるんだけど、「だってそっちにサインを出したから」ってだけで何も考えずに出された方角に進路を取ってしまう(スーパーおバカ)なのです。

今は、ウェーブを描くように腕を動かして「ナナメ左行きますよ。直角じゃないですよ」と伝達するようにした。そこまでやってようやくオクサマのミスが減ったので、いまはこれで定着しました。

とにもかくにも、停止サインは「背中で手のひらをパー」よりも「手のひらでパーを右下斜めに突き出す」ほうが良いという話でした。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

プロサイクリストはどうしてカッコよく見えてしまうのであろうか。 単純に身体が出来上がっているというのもあるだろうし、常人では出せないスピードで走れるのも理由だろうが、プロはゆっくり走ってもカッコイイし、なんならサドルにまたがっているだけでも絵になる。 ...
プロサイクリストはどうしてカッコよく見えてしまうのであろうか。

単純に身体が出来上がっているというのもあるだろうし、常人では出せないスピードで走れるのも理由だろうが、プロはゆっくり走ってもカッコイイし、なんならサドルにまたがっているだけでも絵になる。

2018-02-20_12h49_56

われわれ一般サイクリストでも、、彼らのようにカッコよく走れるのだろうか?Global Cycling Network によれば、「よくある4つの悪癖を矯正すればいけるよ」とのことである。

Global Cycling Network で「4 Bad Cycling Habits | How To Look More Pro On A Bike(サイクリストが直すべき走り方の4大悪癖 プロのようにかっこよく走るために知っておくべきこと)」という動画が勉強になったので、翻訳してお届けしよう。



1.BOBBING: 頭が上下にひょこひょこする

決定的に悪いわけではないが、エネルギーの無駄。走っていて苦しくなってくると、頭部が上下する人はそのことを意識しておき、頭が動いてきたなと感じたらそれをすぐに止める・・・それく繰り返して身体に覚え込ませる。

2018-02-20_12h52_19

最近のトレンドは体幹トレーニングでして、体幹を強くすることで首や背筋周りが強化され、ムダに頭部が上下しなくなるんですって。そうすることでパワーが脚と臀部の筋肉にダイレクトに伝達され、エネルギーが無駄にならないわけ。

自転車でもできるトレーニングがあって、それが
  • ケイデンススキル
  • ローラートレーニング

のふたつ

簡単に言うと、高めのケイデンスで走るようにする。トルク重視のゆっくり目のケイデンスだと、力強く踏み込まねばならないぶん、頭も上下移動しやすい。高めのケイデンスであれば、ひとつひとつのペダリングが軽いため、上下しにくいというメカニズムだ。

2018-02-20_12h53_40

具体的な練習法としては、5分間で1分ごとにケイデンスを上げていくのがよい。

80RPM(rotations per minute)で1分

90RPM(rotations per minute)で1分

100RPM(rotations per minute)で1分

110RPM(rotations per minute)で1分

120RPM(rotations per minute)で1分

※RPM=1分あたりのクランクの回転数

ちなみに自分のサイコンはRPMが表示されないベーシックなタイプなので、どこかのタイミングでケイデンスが計測できるタイプに交換しようかと考えている。

自分のRPMがわからなくても、三本ローラーを使えば自然とペダリングスキルが上達し、ひいては頭が上下しにくくなる。ムダな上下運動をすれば一発で気づけるし、それを修正しようと身体が反応する。自分はミノウラのモッズローラーを3年以上愛用しているが、ペダリングはかなーり上達した感覚がある。

>> 【体幹トレーニングが続かない人に朗報】 スキマ時間を活用すると習慣化できるよ

>> 全サイクリストにオススメしたい、5つの体幹トレーニング・メニュー

>> オクサマが伝授!エクササイズバンドを使った筋トレ&ストレッチ方法(前編:上半身トレーニング)

>> オクサマが伝授!エクササイズバンドを使った筋トレ&ストレッチ方法(後編:下半身トレーニング)

2.BOUNCING: お尻が上下にひょこひょこする

頭が上下するのではなく、お尻が上下してしまう癖もポピュラーなミス。こちらは高すぎるケイデンスが原因であることが多い。そこで、まずお尻が上下しないていどのケイデンスまで落とす(70RPMまで落とせば落ち着くはず)。

2018-02-20_12h54_26

まず5分間70RPMという低めのケイデンスで走り、その後2分づつで5RPM増やしてくトレーニングをすると、正しく漕げるようになっていく。

ただ、あまりにも身体を安定させることばかりに意識が向くとそれはそれで逆効果。たとえば上半身がカチンコチンに固まった状態で走ると、ロボットのように見えてしまうというか、不自然でかっこ悪い。

肘と肩は適度にリラックスさせ、お腹のコアの筋肉で上体は固定する…感じといえばいいだろうか。

3.KNEES OUT: ひざが外に突き出している(O脚)

ヒザが外に突き出しているサイクリストを見ると、「大丈夫かな・・・ヒザは痛くないのかな・・・というか、ポジションが合ってない気がする…」と不安な気持ちになる。

2018-02-25_08h16_27
/わざとデモンストレーションしてます\

見た目にかっこ悪いだけでなく、空力的にもよろしくないし、そもそもヒザを傷める可能性もあるので、これはなるべく早めに矯正したほうがいい。

ゼッタイにやってはいけないのが、クリートの角度を変えること。これは根本的な問題の解決にならないどころかヒザをケガをしてしまう。

2018-02-20_12h56_25
/クリートはシューズに対して平行に(角度をつけてはいけません)\

まず疑うべきは、サドルの位置が低すぎる…という可能性。理想はプロショップでポジションを診てもらうことだが、自分でできるチェック法としては、クリートを外し、カカトをペダルに乗せた状態でペダリングできるかどうか。 

このとき、ヒザがぎりぎり伸び切らないくらいだとちょうどよい。

もしも、カカトで漕いでもヒザに余裕があれば、サドルが低すぎる可能性が高い。ライディングポジションの自己診断は極めて難しく、(一般サイクリストでは)誤診断する可能性が高いので、多少のコストはかけてでもプロにチェックしてもらうことをオススメしたい。

4.ELBOWS OUT: 肘が外に突き出している

ダンさんは肘が外側に出てしまう癖があるそうで、矯正しようとはしているがなかなかうまくいかないのだとか。

2018-02-20_12h58_12
/ぜんぜん自然なフォームに見えるけど…\

肘が出てしまうこと自体は悪いことではなく、実際にクリス・フルームは肘が思いっきり外に突き出すことで有名。よって、肘が外に出ても早く走ることは可能っちゃ可能。(まあ、彼の場合は例外なような気はするが)

2018-02-20_12h57_49

この場合のチェック法としては、リーチ(サドルからハンドルまでの距離)が短すぎるかどうか。腕の長さに対してリーチが短ければ、肘を外に出してバランスを取ってしまうのは自然な流れ。

あとはハンドルの幅も影響しやすくって、昨今のレースシーンでは「空気抵抗を減らすために」狭めのハンドルが使われることが多い。ただ、これもやりすぎるとアンバランスになってしまう。一般のサイクリストであれば、肩幅に合わせたハンドルを選ぶのが無難。

具体的には、両腕を肩に並行になるように「前ならえ」して、。それがぴったい収まるようなハンドルを選ぶ。一般的な男性であれば、芯~芯で40センチ。肩幅が広めの方であれば芯~芯で42センチ。小柄なサイクリストだと芯~芯で38センチ・・・くらいになるだろうか。
※あくまで個人的な感覚値なので、ショップで実際のブツを持って確認した方がいいです。

08-1
/管理人は芯~芯で40センチです\

まあ、骨格のサイズや腕の長さは人それぞれなので、あらゆるサイクリストがひとつの模範解答を目指すべき理由はない。よって、人と違うポジションや姿勢で走ることを恐れる必要はないかなと。

最後に、体幹を強化することで悪癖の多くは解決するものだが、もうひとつ重要なのが「柔軟性」。いくら筋力があっても、柔軟性に欠けると本来は正しいとされる姿勢を維持できない。体幹トレーニングでコアマッスルを鍛えると同時に、ストレッチを生活に取り入れることを激しくオススメしたい。

自分はストレッチを毎日するようになって明らかに柔軟性が向上した。ドクターストレッチに通って改善もされたし、自分の身体の硬くなりやすい場所も理解できた。ハムストリングス、大殿筋、肩甲骨、鎖骨周りが自分は硬直しやすいらしいので、そこを重点的に伸ばすように心がけている。

>> 新年早々だけど、サイクリスト向けのハムストリングのストレッチ方法をいくつか紹介するYO

>> 葛西紀明選手に学ぶ!40代で「疲れない体」に変わる5習慣



最強ホビーレーサー6人が教える ロードバイクトレーニング


以上、 Global Cycling Network の 「4 Bad Cycling Habits | How To Look More Pro On A Bike(サイクリストが直すべき走り方の4大悪癖 プロのようにかっこよく走るために知っておくべきこと)」のご紹介でした。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

ロードバイクに乗るまではどうでも良かったのに、ひとたびハマってしまうと気になって仕方のないものに「ペダリング」がある。 大抵の大人は自転車に乗れるので、ペダルをこいで動かすことはできる。なかなか外からは上手い下手が見えにくいが、ペダリング技術はかなり個 ...
ロードバイクに乗るまではどうでも良かったのに、ひとたびハマってしまうと気になって仕方のないものに「ペダリング」がある。

大抵の大人は自転車に乗れるので、ペダルをこいで動かすことはできる。なかなか外からは上手い下手が見えにくいが、ペダリング技術はかなり個人差があって、上手い人ほど効率的でムダのない(=楽に長距離走れる)走りができる。

サイクリング系の書籍や雑誌で散々語られ尽くした感のある「ペダリング」ではあるものの、奥が深い世界だと思う。

05-1
/唐見さんのセミナーにて\

つくばで3RUNさん主催のペダリングセミナーに参加して、チーム弱虫ペダルの唐見さんにペダリングのコツを根掘り葉掘り質問しまくり、自分なりに「なるほど、こういうことか」と腑に落ちた。

それ以来、唐見さんの言いつけを守りながら走っているのだが、以前よりも(速くなったわけではないが)同じスピードで楽に巡航できるようになったと感じる。そして、ムダな出力が減ったぶん、疲れがたまりにくい。やっぱ、ペダリングって大事なんだなーと実感している。

そこで、上記セミナーで学んだこや、過去に読んだ書籍等で得たコツを全部ガッチャンコして、自分なりにたどり着いた(現時点)のペダリングのやり方を記録しておこうと思う。

ペダリングのコツ: 12~15時で踏み込む

クランクを時計の針に見立てるとわかりやすい。力を出すのは「12~15時」だけ。それも、筋肉の力だけで踏み込むのではなく、足の重さ(足だけでもけっこうな重量がある)も利用しよう。そうすることで体力を温存できる。極端なことを言うと、足の重みで生じる重力だけで漕げば、ぜんぜん力を使わずに走ることができる。

無題2


15~18時も踏み込む方がより大きなパワーを発揮できそうな気もするが、じつはそんなことはなく、せっかくの頑張りは推進力には変換されず、力の出し損になってしまう。

あと、15時で止めているつもりでも足が実際に踏み込みを止めるのは一瞬遅れての16時。なので、16時で止めようと考えるのではなく、一瞬早めの15時で止めるのがいい塩梅のようだ。

12時から踏み込むって、真下に踏み込めないじゃん」と思うかもだが、足は上下運動ではなく、円を描くように動いている。なので、12~15時の踏み込みは下に向かって踏みつけるのではなく、ハムストリングス(太ももの裏)を伸ばして、やや前方に足を持っていくイメージで。

あと、大腿四頭筋(いわゆる太ももの前の筋肉)ばかり使うと疲労が溜まるので、太ももの前も後ろも両方動員しよう。

実際、平坦路の巡航時はほぼ力を使わなくても、クルクル回転させているだけでロードバイクは進んでくれる。

ペダリングのコツ: 16~18時は惰性で回すのみ

16時以降は踏み込まず、惰性で回す。ここで踏んでも意味はなく、力の出し損だ。初心者サイクリストに多いのが、12時から18時まで180度グイグイ押し込むように登るスタイル。百害あって一利なしなので、力を発揮するのは15時(実際は16時)までにしておこう。

ただし、ヒルクライムでは15時で止めるだけでは登りきれない斜度もある。ついつい18時まで踏み込む方がよいような気がするかもしれまないけど、せいぜい16時で止めるイメージで。

12

ペダリングのコツ: 18~23時は引き脚を意識しない

ここは諸説あって、人によって意見が食い違うところ。引き足を使ったほうがいいって人もいれば、引き脚はあまり意識しなくていいって人もいる。

自分は後者の考えで、18〜21時は足の重量がペダルに乗らない(逆足の踏み込みの邪魔をしない)程度に軽く意識するのみ。よいしょと引き上げるのではなく、ペダルにドッカと乗らない程度に浮かすだけで充分。

09-1

「足裏に付いた泥をこそげ落とすイメージで引く※」という表現を聞くが、自分はそれすら意識しない。ただし、アンクリング(かかとをつま先より落としてしまう漕ぎ方)にならないようにだけ注意している。
※ちなみにこの言葉はグレッグ・レモンによるものらしい

なお、ほんの少し意識するこの引き脚だが、真上に上げようとすると円運動の妨げになるので、21〜0時はかかとをハンドルに近づける意識で回してみよう。すると、ちょうどいい動きをトレースことができる。

ペダリングのコツ: 23~0時で次のダウンストロークの準備

12時から再び力を加えられるよう、準備するポイント。23時から意識すれば、力は0時から発揮される。ケイデンスを上げていくとわかるが、0時から踏もうと考えても、タイムラグのせいで実際は13時になってしまうものなのです。


要約すると、

  1. 23時から踏み込みを意識し始め
  2. 0〜15時で踏み込み
  3. 16時以降は力を抜き
  4. 18時以降は、逆足のペダリングの邪魔にならないように脚の重量を抜く

となる。

まあ、しょせんホビーサイクリストの独学なんで、本格的にやっている人には遠く及ばないとは思う。それでも、これを意識するだけで何が違うって、とにかく「疲れにくい」に尽きる。自分が一番実感してるのがこれ。

ペダリングが上手くなっているかどうかを自力で判断する手っ取り早くて確実な方法は、「ロングライドに出かけて疲労度を確認する」だ。最初のうちは、「100キロ走るともうヘトヘト…」なのが、「まだ余裕あるな…」にかわり、やがて「100キロではやや物足りない」となる。

もちろん、ペダリング以外にも「単純に体力がついた」とか、「脂肪が落ちて体が軽くなった」ってことも要因にはなりえるので、一概には言えないのだが、ひとつの目安にはなると思う。

逆に、他のスポーツを元々やっててフィットネスレベルが高いにも関わらず、自転車だと疲れやすい(&距離が伸びない)のであれば、それは非効率なペダリングがブレーキとなっている可能性が高い。

おまけ: Rotor社の楕円リングだと、真円とは異なるペダリングを意識しているの?

ダイアテックさんにご提供いただいたRotorの楕円リングを使ってもうすぐ3年になるが、ペダリングは真円と同じように回している。楕円形状がさほど激しくないので、ぜんぜん気にならないし、「楕円リングに乗ってる」ことすら普段は忘れているくらい。 

04-1

なので、「楕円だからことさらこうすべし」ってことはない。あくまで元々のペダリングをしやすくする(&効率化のヘルプとなる)ためのものであり、楕円リングに身体を合わせていくものではない…というのが自分の理解。

>> ROTORの楕円リング、「Q-RINGS」を継続インプレッションさせていただいています


…とまあ、偉そうなことを書いたけど、自分がちゃんとできているかどうかはわからない。一度、パワーメーターで科学的に分析してもらいたいと思っているので、機会があれば有償セミナーとかに参加してみようと思う。講師の方に「あんたのペダリング、ぜんぜんダメだよ」って一刀両断される可能性もなきにしもあらずなので(笑)。


最後に、自転車のテクニックやポジショニングに関して自分が全力でお伝えしたい言葉はひとつで、「プロからのダメ出しは早いうちにされたほうがいい!」である。

5年も10年も乗ってからあれこれ指摘されて、「マジで!?今までの苦労はなんだったのか…」ってなるのは大いなる人生のムダですからね。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

ぼっちライドにはぼっちライドの、グループライドにはグループライドの、それぞれの良さがある。 >> 【サイクリングとは基本的に孤独なスポーツ】 ぼっちライドは超楽しいのでみんなやるべき…というお話し グルーライドには大きく2種類あって、斜度アリ(ヒルクライム ...
ぼっちライドにはぼっちライドの、グループライドにはグループライドの、それぞれの良さがある。

>> 【サイクリングとは基本的に孤独なスポーツ】 ぼっちライドは超楽しいのでみんなやるべき…というお話し

グルーライドには大きく2種類あって、斜度アリ(ヒルクライム)とナシ(平坦基調)である。

12-1

平坦基調のライドであれば、体力差は顕著には現れず、わりと全員が一緒に走りきることが亜できるのだが、ヒルクライムが混じると途端にフィジカルの差がハッキリしてしまう。

つまり、中には遅れてしまう人がいるわけですね。体力差はあって当然で、誰かが誰かを待たせてしまうのは致し方ない。速い人は遅い人を励ましたり、サポートしたりして共同で登ることになるのだが、どうせなら全員が楽しく走れるように工夫したいものだ。

そこで、Global Cycling Network で紹介されていた「グループでヒルクライムするとき、速い人も遅い人もいっしょに仲良く登るコツ(The Best Way To Climb In A Group)」を翻訳して紹介しつつ、自分なりのHackもお伝えしよう。



遅い人は、無理にペースを上げて速い人を追いかけるべからず

(そのグループの中で)体力が劣る人は、「速い人に山頂で待たせてしまっては申し訳ない」と考えてしまいがち。その意識が働くせいで、無理して追い込んで後を追い、序盤で脚が売り切れてしまっては元も子もない。

一所懸命に走るのはいいのだが、他人のことはいったん忘れて、まずは自分のペースを守ること。ヒルクライムで無理すると、後で必ずツケを払わされる。

ちなみにだが、先頭が待っている時間なんてたいしたものではない(せいぜい数分)。ちょっとおしゃべりしていたら経ってしまう程度の時間しか待たないので、待たせている方は心理的負担があるかもだが、あまり気にしなくても大丈夫です。

出発前に合意しておく(待ち方)

出発前に確認しておくべきなのが、集団内のルール。山頂で待つのは当然のこととして、道が分かれる(T字路とかY字路とか)場所では後続を待つべき。

16_1

万が一、後続が道を間違えたら、互いに探し合うために多大な時間とエネルギーを浪費する羽目になる。(あと、後続者の不安を煽ることになるので、無茶な走りと事故を誘発しやすい)

全員が道を知っていれば、「◯◯◯で待ち合わせね」と合意することでかなり先に目標を置けるが、そうではないのなら、道に迷う可能性のある手前で待つことを取り決めておこう。
※あと、パンクによる予想外の足止めリスクもあるし

コースを知ってるのなら、知らない人にドンドン教えてあげよう

坂の情報ってものすごく大切。

そのルートが初めての人は、山頂まで何キロあるのか、最大斜度はどれだけか、斜度の変化は大きいのか、一定の斜度なのか、アップダウンの変化が激しめなのか、ひたすらアップなのか、途中で足を休ませられる区間があるのかないのか…何の情報もないまま走るのは、終わりのない苦行になり、心理的にきついし、ペース配分もわからない。

コースを知っている経験者は、積極的にプロファイル情報を提供してあげよう。

序盤は楽だけど、ラスト300メートルで激坂になるから体力温存させながらね

休む場所はない代わりに、斜度はほとんど変化しないから、一定ペースで行けば大丈夫

って具合に教えてもらえると、心がラクになって、ぐっと走りやすくなる。

IMG_9132

あと、距離情報も大事。ラスト2キロ!とか教えてくれると、歯を食いしばって登れるものだ。


「あのコーナーを過ぎたら、その先がきっとゴールのはず…ハアハア…違った…(涙)…くっそ…あの次のコーナーで最後だといいな…ちくしょう…ぜんぜん最後じゃない…ハアハア…このつづら折り…いつまで続くの…(涙)」

……という不毛な希望→絶望→希望→絶望ループを繰り返さずに済む。
※人はなぜか、「コーナーの先はきっと頂上」という勝手な希望を抱くものなので(笑)。

ゆっくり降りながら、追いつくのを待つ

冬以外の季節であれば、頂上で待つのはさして苦ではない。ところが、冬に標高の高い場所でじっと待つのはかなりきつい。体温が下がって身体が自由に動かなくなるため、ダウンヒルのときのバイク操作が危険でもある。

なので、気温が低ければ、「山頂で待つのではなく、ゆっくり下りながら待つ」という待ち方も可能。あらかじめ、そういう取り決めにしておけば、後続はダウンヒル途中でペースを落としてくれていた先頭に合流できる。

33

ただ、この場合も道が分岐しているポイントではきっちり待つほうがよいのは当然である。

たた、個人的には、冬の間はヒルクライムは積極的には出かけないほうがよいと考えている。理由は、気温差による路面凍結、落ち葉(&落石)による路面コンディションの悪化、登坂時の発汗&そこからのダウンヒル時の身体の冷え…があるから。

頂上まで登ったら来た道を下り、お代わり

先の登頂した人が、元来た道を戻って(降って)後続に合流し、坂道をお代わりするパターン。体力に自信のある人だとか、体力差が激しいグループであれば、この方法は何気に使える。
※ただし、体力に自信のある方限定でどうぞ(^○^)

全員で一緒に登ることができるし、励ますこともできる。後続の人にとっても、「待たせて申し訳ない感」が薄まるし、ひとりぼっち感もないので楽しく登ることができる。

遅い人は、誰かの後ろについて走ろう

不思議なもので、ヒルクライムのように「(かなり低速で)ほぼ空気抵抗なんて関係ない」状況であっても、先頭を牽くのは心理的にきつい。目の前に目標物(前を走る仲間)があるのとないのとでは、「こんなに心理的な差があるの!?」ってくらい違う。

なので、遅い人は仲間の後ろにつかせてもらい、目の前を走る仲間を利用してペダルを漕ぎましょう。それだけで、気持ちがかなり楽になるだけでなく、実際のペダリングもしやすくなる。

15_1

あと、可能であれば、遅い人を速い人2人が前後から挟むようにしてあげると、前の人は目標物になり、後ろに人がいることで「自分は最後尾ではない」という安心感も持てるのでベストではある。

イベントでバラバラになるのは仕方ない

最後に、ロングライド系イベントであるが、体力差が著しければ、バラバラになってしまうのは受け入れるしかない。長距離イベントでの無理はご法度なので、各自が出せるペースを守って走ろう。

いったんはぐれたら、無理に探し合うのはやめておいたほうが良いと思う。注意散漫になってしまうし、それが原因で事故やトラブルになるのも本望ではない。

44 HDR

有料イベントであれば、ルートで間違うこともまずなく、補給食や水分切れで立ち往生する危険もほぼない。

せめてエイドステーションで待つとか、LINEグループで互いの現在地を共有し合うことで、

「事故は起きてない」
「DNF(Did Not Finish;途中棄権)してない」
「わりと近くにいるっぽいので、では待とう」

ってことがわかるので、判断ミスが少なくなる。
※まれにではあるが、ケガやタイムオーバーによって、「回収車にドナドナされてしまった」ってケースもあったりするので、それも可能性の一つとして想定しておく

このへんの「待つか、待たないか」とか「エイドステーションに着いたらLINEで現在地を共有し合おう」ってことも事前にとり決めておくのがオススメである。


最後に、登頂後は「ちょっとオーバーじゃないか?」ってくらい大げさに「思いっきり、互いに労をねぎらう」のがとても気持ちよくてオススメ。体力差はあれど、全員が等しく苦しい坂を登った事実に変わりはないですからね。

大人になると、仕事も何でも「できて当たり前」ってなってしまい、なかなか労いあうってことをしなくなるので、せめてヒルクライムでは思う存分褒め称えあいましょう。日常生活では味わえない、グッとくるものがありますよ。


以上、Global Cycling Network の「グループでヒルクライムするとき、速い人も遅い人もいっしょに仲良く登るコツ(The Best Way To Climb In A Group)」と自分なりのノウハウのご紹介でした。


>> ダウンヒルの恐怖を克服するための7つのコツ 

>> 自転車のバランス感覚を鍛える方法 

 
そろそろ暖かくなってきて、ヒルクライムが楽しめるシーズンになりますが、どうかお気をつけて…。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

2017年の8月から始めた減量生活は、いちおう今も継続中。ただ、年末年始に実家帰省した直後に風邪を引き、三が日を完全に寝正月で過ごしてガクッと体調を崩してしまった。 11月末時点で体重計測したら、「69.5キログラム」でして、1月末時点で「69.2キログラム」でした。 ...
2017年の8月から始めた減量生活は、いちおう今も継続中。ただ、年末年始に実家帰省した直後に風邪を引き、三が日を完全に寝正月で過ごしてガクッと体調を崩してしまった。

11月末時点で体重計測したら、「69.5キログラム」でして、1月末時点で「69.2キログラム」でした。よって、なんだかんだで5キロほど落とせたことになる。


減量を決意した経緯とかキッカケ

>> ムチムチなおっさんサイクリストが本格的にダイエットをすると決意した理由

ダイエット生活については、ここでも触れております。

>> 【減量報告】 わりと真剣にダイエットに取り組んで、5週間が経過しました


目標は、2018年3月末に65キロになっていること。「夕飯は炭水化物を(ほぼ)抜く」、「ジャンクを食べない」、「間食は健康的なモノにする」…生活の維持だけで達成できるかどうか。

新年も明け、「今年こそ痩せるぞ」と決意を新たにしているサイクリストの方々も多いと思うので、Global Cycling Network の「GCN's Top Ten Ways To Lose Weight Through Cycling(サイクリングで痩せる10のコツ)」を翻訳紹介し、プラスアルファで自分なりのTIPSも盛り込んでみよう。



1.朝食前に軽く走る

朝起きたときは胃袋が空っぽなので、軽い飢餓状態にある。その状態で30分か1時間でよいので走ると脂肪燃焼の効率が高い。ハードに走る必要はなく、ペース走行で十分である。

チーム・スカイは「ダブルエスプレッソを飲んでから走る」がチームのルールとなっており、(科学的根拠の説明はなかったが)よりダイエット効果が高いそうな。

まあ、コーヒーを一杯だけ飲んでカフェインを取り、身体を温めてから走るのは悪いことではないとは思う。あと、走った後にはしっかり朝食をとるのを忘れずに。

ただ、よく考えてみると、「朝に軽く走って帰宅」って、ふつうのサイクリストはしないのではないだろうか。朝走れば、そのままもっと走りたいもんね。1時間で終わるのはもったいない。

33


自分がよくやっているのは…

土曜の朝6時に家を出る(もちろん何も食べない状態で)

都内のスターバックスまで20~25キロほど走る

ゆっくり朝食(人が少ないので過ごしやすい)

ブルートゥースキーボードとiPhoneでブログを下書きしたり、ネタ帳整理したり、他の原稿書いたり、積読しておいた仕事関連のネット記事をイッキ読みしたりすて過ごす


遊んでいるのか仕事しているのかよくわからなくなってくるけど、リラックスできるのでよい。ただ、ついついシナモンロールとかハイカロリーなものを食べてしまうので、ダイエット効果と相殺されているような気がしないでもない(笑)。

休日の朝をマイペースで過ごせて、かつちょこっと作業も進むので、じつは気に入っている。

なお、店舗を選ぶ際は、「駅前ではなくオフィス街(週末は空いている)」&「自転車が停めやすい(歩行者や他のお客さんの邪魔にならない)」がポイントである。

■カフェチェーンの店舗一覧をまとめておきました

スターバックス
エクセルシオールカフェ
カフェベローチェ
ドトール
タリーズコーヒー

2.エナジーバーを常食しない

エナジーバーやジェルはカロリーが高く作られている。短時間で効果的にカロリー摂取するのが目的なので当然なのだが、日常的なライドやトレーニングで使うのはややオーバースペック。
※ただし、レース前に一度は味見しておくといい。パッケージからは想像もできない味と食感で驚くのはよくあること。イベント当日に「初めて食べたが、口に合わなさすぎ…ゲロマズ…」となるのは残念なので。

単価も安くはないので、レースやイベントのみにしよう。普段はカロリーメイトやウィダーインゼリーで十分だし、ロールパンにジャムを塗るだけでも立派な補給食になる。

32

一度、試しにクリフバーを食べてみたことがあるが、びっくりするほど甘くてコッテリしててカロリー摂取が不安になったので、「普段食べるのはやめておこう…」と判断した。(美味しいんだけど)

自分は試行錯誤した結果、カロリーメイトのプレーン味かグレープフルーツ味に落ち着いている。

3.エナジードリンクではなく、電解質ドリンクを飲む

発汗で一番失われやすい電解質がナトリウム。そのナトリウムは塩から摂取できるものの、塩水を飲むわけにもいかないし、味の調整も面倒。そこで、いくつもの電解質を補給できるのがスポーツドリンク。ただし、糖分も過多だったりするので、飲み過ぎに注意。

エネルギー補給という意味ではアリだけど、ダイエット目的であればタブレット状の電解質サプリと水を組み合わせる、経口補水液を用いるのもひとつのやり方。経口補水液は体液の電解質バランスによく似ており、かつ糖分の配合が抑えられている。(ただ、けっして美味しくはないです…)

47 HDR

ちなみに自分はただの水がほとんど。4時間を越えるようなロングライドであれば、カロリーを含んだドリンクも有効だけど、100キロ未満のショートライドであれば、飲み物を通じてカロリーまで摂取する必要はない。(塩分やミネラルは必要なので、夏場はスポーツドリンクを水で薄めたりはする)

スポーツドリンクはけっこうな量の糖分があるが、電解質ドリンクはカロリーを含まないため、ダイエットに向いている。

>> 【灼熱のサイクリストに朗報】 夏場のサイクリングでも冷たいドリンクが飲める4つの方法 ※夏にお試しいただきたい…(^^)

4.計画を立て、それに従う

1週間のプランをその前の週に立ててしまう。通勤回数でもいいし、ローラーを回す、ZWIFTをやる、どこかにロングライドに出る、でもよい。計画を立てると、人はそれに無意識に従おうとするものだ。その日の気分で走る、走らないを決めてもいいが、いくらでもサボれてしまうので、ザックリ予定を組んでしまいましょう。

自分は、早く帰宅できそうな平日の晩に、スマホのカレンダーに「21:00 3本ローラー」と入れるようにしている。週末も、前倒しで予定をドンドン書き込むことで、「金曜の夜だけど、夜更かしせず早めに寝よう」という自制効果が生まれ、結果的に規則正しい生活を送れるようになる。

5.コーヒー、紅茶に砂糖を入れない

ダイエットの敵は飲み物の中に姿を消して潜んでいる。いくら食事で注意しても、砂糖入りジュースや缶コーヒーを飲んでいては効果半減。

自分は無類のコーヒー好きで、タバコも酒も嗜好品は何も嗜まないのだが、コーヒーだけは例外。飲むときはブラック。絶対に砂糖は入れないし、ゼロカロリーの甘味料も使わない。(カフェラテは好きなので、ミルクは飲んじゃいますが…)

2012年のツール・ド・フランス総合優勝し、同じ年のロンドン五輪で個人タイムトライアル金メダルを獲得したことで有名なブラッドリー・ウィギンズ(すでに引退)は、2009年に大々的な減量に取り組んだ。

その際に彼がやったのが、紅茶&コーヒーに砂糖を入れないこと。「それまでやってたんだ…」と逆の意味で驚いたけど、イギリス人にとって紅茶はそれだけ大切な文化ってことかもしれない。

55
/野菜ジュースも砂糖不使用のを\

コーヒーや紅茶の砂糖なんて、微々たるもんでしょー」と考えたいところだが、もし1日に4杯砂糖入りのコーヒーを飲むと、、、1年で計算すると、成人の9日分の摂取カロリーに相当するわけで、脂肪3キロ分以上だ。

ちりも積もれば山となる…はダイエットにも当てはまる真理。なんとなく続けていた悪習を潰していくだけでも減量はできるという良い例である。

6.カロリーが高い飲み物を生活から一掃する

飲み物に限らないが、既製品にはどれくらいの脂肪や糖分が含まれているか、わかりにくい。成分表示を目を皿のようにして読めばわかるが、つい無視してしまいがちだ。

とくに飲料は見た目がハイカロリーではなく、摂取している感を忘れさせてくれる。たとえばスターバックスのチョコレートモカ(ベンティサイズ)は580カロリーあり、これはマクドナルドのチーズバーガー2個ぶんに相当する。クリームやチョコソースをかけまくったドリンクは、もはや「デザート」と称したほうがいいような気さえしてくる。
※ちなみに自分はブラックかカフェラテしか注文しない。たまにカフェミストを頼むことはある。

31

あと、お酒もカロリーを多く含むので、ダイエットの敵だ。自分はお酒を一滴も飲まないのでどれが危険が詳しくないのだが、麦や米を使っている時点でそこそこの摂取は免れないのではないかと。焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ジンのような蒸留酒だと、蒸留の過程で糖質がゼロになるそうで、まだマシだとは思うが…。

とはいえ、大好物を一切口にしない生活はそれはそれで張り合いがないので、バランスを見つつたしなめばよろしいのではないでしょうか。

7.走っているときはしっかり補給する

ここまで書いてきたことと矛盾するようだが、走行中は適度に補給しよう。「痩せたい気持ち」が勝ると、つい我慢してしまい、結果ハンガーノックになってしまうことも。ハンガーノックにならずとも、パラペコ状態だと帰宅後にどか食いしてしまう(←非常にまずい)リスクがある。

空腹時はつい食べるスピードが上がり、「脳みそが満腹中枢を刺激するより先に、必要以上のカロリーを摂取してしまう」…となりがち。適度に小刻みに補給したい。ちなみに個人的な目安としては、90分に1回(カロリーメイト2片 or おにぎり1個)100~150キロカロリー程度のモノを口にするようにしている。

8.通勤の距離を長くする

身体は同じ刺激を受け続けていると適応してしまい、いつのまにか慣れてしまう。自転車で通勤しているなら、通勤経路を見直すとか、あえて距離を長くしてみる等して、刺激に変化を与えるのもよい。

ただ、現実的なことをいうと、通勤ルートが変わると会社への申請が必要だったりするし、慣れない夜道を走る=精神的なストレスの増加にもなる。当然、事故のリスクも上がるので、個人的には通勤ルートはしょっちゅう変更しないほうが良いかと思う。

9.アスリートのような極限の食生活をいきなり始めない

新年を迎えると、ついつい気合を入れた抱負をぶち上げたくなる。その一つが「ダイエット」なのだが、無理は禁物。

よくあるのが、「身体に悪い食材を完全に断つ!俺(私)は生まれ変わるのだァァ!」とエクストリームな決心し、減量時のボクサーのように生きようとするパターン。だが、これは長続きしない。で、ほぼ確実にリバウンドする。

ダイエットはマラソンのような長丁場のもので、己の食&運動生活を「これなら無理なくずっと続けられる」という習慣にまで落とし込むプロセスだと思ってまして、スピード勝負ではない。ましてや、他人との勝ち負けも関係ない。

59
/とんこつラーメン食べたっていいじゃない(人間だもの)\

3歩歩んで1歩下がる…ではないが、適度にご褒美を与えるとか、せめてサイクリング時は甘いものを解禁する…といった精神的な”遊び”を残しておこう。それが長続きの秘訣である。

10.夕飯は少なく、朝ごはんを多く

朝>昼>版…の順で食事量(カロリーも)減らしていけとはよく聞くセリフで、これは自分もしっかり守っているのだが、完全に同意である。動画内では、マットさんも「プロロード選手も実践しているテクニックだよ」と語っている。

朝はこれから活動なので多めに食べても問題ないし、昼もまあそこそこ自由。で、肝心なのは夕飯でして、ここは意識して節制する。とはいえ、あれこれルールを設けるとめんどくさくなってしまう。自分はシンプルに「炭水化物だけは食べない」と決めている。

正直、ロードバイクで走るよりも、この習慣がもっとも減量効果に直結している印象がある。


以上がGlobal Cycling Network の「GCN's Top Ten Ways To Lose Weight Through Cycling(サイクリングで痩せる10のコツ)」の翻訳なんですが、以下プラスアルファで自分なりのTIPSです。

マイ・テクニックその1: ビブショーツを着る(ウェアに投資する)

ウェアに投資するのも、間接的だが「減量生活がんばろう」という気持ちにしてくれる。具体的にはビブショーツでして、下腹部のシルエットがわりとくっきり現れるため、ごまかしが効かない。

ビブショーツを着用すれば、お腹の余分な肉を内側に押し込んでくれるだろうから、シュッとした体形に見えるのでは…」という淡い期待はアッサリ砕かれてしまった。世の中、そう都合よくはできていないと思い知った(笑)。

21
/ダイエット開始前(2017年8月6日)のムッチムチな私 ※左端\


「ビブショーツが似合うようになるには、とにもかくにも痩せないとな…」と決心を新たにできたのは大きな収穫。ビブショーツを着ていなければ、きっと(ゆったりめの)パンツとジャケットで腰回りのラインをなんとなく隠し続けていたと思う。

初めのうちは鏡に映った自分を、「だらしない体形してるな…」と自虐していたけど、痩せてお腹が引っ込んでくるにつれて、「お、なんだかいっぱしのサイクリストっぽい」と嬉しい気持ちになっていった。思い切ってビブショーツなどのウェアに投資してみるのも、ダイエットをサボらなくさせる効果があると思う。

04
/2018年2月上旬の私@江ノ島 ※左端\

マイ・テクニックその2: 家族、同僚、サイクリスト仲間らに宣言する

周囲に公言してしまうのは、クラシックな心理面でのテクニック。でも効果はバカにできなくって、ボディブローのようにずっと効果を発揮してくれる。

コツは「家族、職場、サイクリスト仲間の全方位に伝える」こと。家族には公言したけど、職場でナイショにしていると、職場でこっそりお菓子やカップ麺を食べる…なんてことになる。逃げ場をなくすことで、自分を追い込むのだ。

なにげに効果が大きいと感じるのは”職場”での宣言。なにしろ、平日の大半の時間を過ごす場所なわけで、ズルをするとすぐにバレる(笑)。自分はわざわざ同僚らに「◯月末までに◯キロ減量する…!」と大見得を切っており、いまさら引き返す訳にはいかない(みっともないので)。

職場で「あー、小腹空いたなー、カップ麺食べたいなー」って感じても、ぐっと堪えられるのはこの宣言のおかげである(笑)。


この記事が、みなさまのダイエット成功にお役に立てますように…。



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストアにパーカーが新たに入荷しました(*^^*)


輪行は、サイクリストがいつか通る道。自走&輪行を組み合わせることで、自転車ツーリングの楽しさは倍増する。 輪行とは、公共交通機関(鉄道、船、飛行機など)を使用して、自転車を運ぶこと。サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手 ...
輪行は、サイクリストがいつか通る道。自走&輪行を組み合わせることで、自転車ツーリングの楽しさは倍増する。

輪行とは、公共交通機関(鉄道、船、飛行機など)を使用して、自転車を運ぶこと。サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手段。公共交通機関を利用しない自走以外の移動(例えば自家用車積載)は輪行とは呼ばない。
※車載での移動は「輪行」とは呼ばないんですって…(いま知った) ※引用元はウィキペディア

そんなステキな輪行という手段だが、慣れないうちは駅構内を移動するのもひと苦労だし、 分解&組み立て作業でまごつくこともある。

27-1

皆さんそれぞれが輪行では苦労をしていると思うので、「大変な思いをしているのは、あなただけではない」という意味もこめて、輪行あるあるを42連発でお届けしたい。

1.ロードバイクに乗るようになって初めて、「自転車って無料で運べるんだ!?」と知って驚愕する

てっきり1.5人分くらいの運賃がかかるのだと思ってた。

2.初めて利用する駅はドキドキする

なるべく歩く距離を減らしたいので、事前に駅の構造を調べてしまう。

05

3.キャリパーブレーキを解放し忘れてて、タイヤがリムに当たって焦る

べつに壊れたりはしないんですが。 

4.ぶつけてしまわないよう、もっとも気をつかうパーツはむき出しになったリアディレイラー

リアディレイラーとディレイラーハンガーは脆いので死守する。

12

5.輪行バッグを広げ、いざバイクを入れようとするときに限って風が吹いて袋が飛んでいく

誰かおさえてて!って叫びたくなる。 

6.折りたたみミニベロの人はあっという間にパッキングを済ませてしまうので、見ていて惚れ惚れする

ものの1分とかで完成させちゃう。

7.幅が広めの改札があると、ちょっとうれしい

ラクに通過できるので。

8.幅広の改札がないときは、バイクをぶつけないようにしつつカニ歩き

リアディレイラーをぶつけないように…。

9.エレベーターを利用するか、エスカレーターで行くか迷う

どっちも大して変わらないが。

10.階段を降りるとき、ずるっとシューズが滑りそうなので、手すりを持って慎重に歩く

段差にリアディレイラーをぶつけないように…。

11.プラットホームの端っこがはるか彼方だとちょっと凹む

ちょうど真ん中に降り立ったときの軽い絶望感(笑)

24 HDR

12.駅すぱあととかで出た乗り換えに、間に合わない(バイクを抱えながら歩くので遅い)

1本、余裕をみて行動するのが吉。 

13.端っこの車両の角地を取れたときには心の中でガッツポーズ

すべての輪行サイクリストが狙う場所。 

53-1

14.ヘルメットの置き場所に困り、被ったまま車両に乗ると奇異の眼差しを浴びる

面倒だとかぶったまま。 

15.始発の下り電車がガラガラだと、「休日の朝早くから行動している自分がちょっと誇らしい気分」になる

車両を独占している錯覚。

16.他のサイクリストさんと出会うと自然とニッコリ&会釈

仲間だ!という気分になる。 

17.たまたま乗り合わせたサイクリスト同士、スペース節約のために協力しあってバイクを重ねる

どちらが先に降りるかを確認してからバイクを重ねると効率的です。 

18.降りる駅が違うと、「どこに行くんだろう…」と気になって仕方ない

「どのルートを走るんですか」と尋ねたくなる(声をかけることはないが)。 

19.車両内が徐々に込んでくると、身を呈して愛車を守る

自転車の価値を知らない人もいますので…。 

20.朝飯は現地に着いてから食べるかーと余裕こいていると、駅前に自販機1つないことがあって焦る

Google Street View で事前確認しとくと駅周辺のイメージが掴める。 

17

21.乗るまでが面倒くさいが、乗ってしまえばむちゃくちゃ快適

寝るもよし、おしゃべりするもよし。 

22.新幹線を利用すれば時間短縮できるのは分かっているが、乗れるかどうかはそのときのおサイフ事情による

すごく迷う。 

23.人生で初めて降り立つ駅での高揚感

ロードバイクに乗ってなかったら、ここに来ることは生涯なかったかも…とか考えちゃう。 

57-1

24.キャリパーブレーキを裏側から見て、「うわ、すごく汚れているな…掃除しなくちゃ」と思うが、帰宅する頃にはスッカリ忘れている

疲労ですっかり飛んでしまってる。 

25.ディスクブレーキのロードバイクが欲しいのだが、輪行での手間を考えるとちょっと躊躇

下りがラクだし、見た目もカッコイイし、1台あってもいいな~とか妄想するが、むき出しになるローターの保護とか、もしも衝撃を与えててしまったら…と考えるとやはり手が出ない。 

26.はじめのうちは「カーボンフレームだから…傷がつかないように…」と細心の注意で恐る恐る移動するが、そのうち「あらよっ」ってかんじになってしまう

意外にぜんぜんキズはつかないものです(カーボン、丈夫)。

32
 

27.スプロケットカバーを持っているが、そういえば使ったのは最初の2回くらいですぐ「無くても問題ないわ」と知る

ホイールの内側を向かないようにだけ気をつければ、まず問題なし。 

28.フォークのセンサーが必ず内側に向き、ホイールを回転させるとカンカンと当たって焦る

こればかりは仕方ないので、あきらめている。 

29.輪行経験が少ない頃は、マニュアル通り丁寧にパッキングするが、慣れるにつれて雑になっていく

しっかり固定されてりゃまあいいだろ、な感覚になる。 

30.ボトルの中に飲み物がわりと残っているとき、捨てるか飲み干すかで迷う

ポカリ的な飲み物はもったいないので必ず飲むが、水はちゅうちょなく捨ててる。 

31.駅でバイクを分解(&組み立てて)していて、「やけに視線を感じるな」と振り向くと、小さな男の子が目をキラキラ輝かせて凝視している

「フフ…カッコイイだろう、坊や…君の気持ち、わかるよ…」と少し鼻が高くなる。 

57

32.早く出発したいので、バイクを組み立てたら輪行バッグは適当に丸めてバックパックに放り込む

だってめんどうなんだもん…。 

33.車で行くより、はるかに短時間で遠くに、しかも時間通りに到着することに感激する

オンタイムで運行する日本の列車ダイヤに感謝。 

44

34.走り足りないときは、最寄りの駅では無く、ちょっと手前の駅で降りて自走で帰宅

家から20キロ以内くらいの駅で降りること、たまにある。 

35.帰りは眠いので居眠りしたくなる。「公の場でグースカ寝るのはマナー的にどうかな…」とか悩むのだが、睡魔には勝てずに結局寝てしまう

さっきまであんなに気が張って、シャキッとしてたのに…。 

36.夏場は汗だくで電車に乗るのが憚られる

飲み物を飲むなどして、汗が引くのを少し待つ。 

37.帰りの電車で食べる甘いオヤツとコーヒーの旨さは異常

摂取カロリーなんて1ミリも気にしない 。

11

38.いかに乗り換え回数を少なくして目的地に移動するか…いかにムダなく効率よく移動するか…を考えながらルートを組み立てるのが楽しい

Google Map と駅すぱあとを代わりばんこに眺めるだけでムラムラしてくる。 

39.眠りから覚めたあとのスッキリ感!(帰路なのに、もうひとっ走りしたくなる)

疲れているはずなのに、無性に走り出したくなる。 

40.「よっしゃああああああ」と坂でダンシングしてみるが、「あ、やっぱり足にきてるわ…」となり、そうそうカンタンに体力は復活しないと気づかされる

年だな…。 

41.B・B・BASEに乗ってみたくて仕方がない

まじで乗ってみたい。
B・B・BASEは東京と房総半島を結ぶ、自転車&サイクリスト専用のサイクルトレイン。車内にラックが用意されているためバイクを解体・袋詰めをする必要がなく、自転車をそのまま電車に持ち込めてしまう。
※BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)の略称

42.列車という文明の利器に対する圧倒的感謝

日本の交通インフラの完成度の高さは、世界に誇っていいと思う

27



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

パンク交換してチューブが廃品になったときってどうしてます? ふつうはゴミ箱にポイだと思うが、リサイクルして使うハックがある。そんな動画、「7 Ways To Use Your Old Bicycle Inner Tubes (使い古したロードバイクのチューブの有効な再利用方法7選)」がGlobal Cycl ...
パンク交換してチューブが廃品になったときってどうしてます?

31

ふつうはゴミ箱にポイだと思うが、リサイクルして使うハックがある。そんな動画、「7 Ways To Use Your Old Bicycle Inner Tubes (使い古したロードバイクのチューブの有効な再利用方法7選)」がGlobal Cycling Network で紹介されていたので、自分のテクニックも織り交ぜつつご紹介しよう。



1.くさび&詰め木にする

最近のロードバイクは、ガーミン、ライト、サイコン、スマホホルダー、予備のライトなど、たくさんのガジェットをハンドル部分に取り付ける。

2018-02-05_22h23_55
/切り開いて…\

取り付けるとき、走行中にずれないようにグイグイに固定してやりたいが、カーボンハンドルだったりすると傷がつきそうでちょっとちゅうちょしてしまう。

そこで、ゴムを1枚噛ませてあげよう。ハンドル一周分の長さを計り、カットして台座の下に敷けばオーケー。ゴムの伸縮性も相まって、ダイレクトに硬いハンドルに装着するよりも固定力が高いというオマケ付き。

2018-02-05_22h24_14
/下地にするワケ\

ライトなどの購入時に台座は標準で入ってくるが、経年劣化で1年を過ぎるとボロボロになってくるものだ。そんなときでも、廃品チューブがあれば問題ない。

あと、ハンドル以外ではフォークのサイコンセンサーの固定でも活躍する。路面の衝撃を常に受けるサイコンセンサーは、ときどきずれてしまうもの。

「あれ?反応してない。電池切れたか?」と確認すると、センサーがずれてただけ…ってことがよくある。結束バンドだけでギッチギチに締めればほぼ動くことはないが、塗装を痛めそうな気もするので、自分はゴムシートを1枚噛ませている。そのほうが固定力もアップするので都合がよい。

なお、サイコンセンサーの固定は、「結束バンドとゴムシートのコンポ」がオススメである。

2.ヘルメットのストラップ

ヘルメットのストラップが余ってしまい、風でバタついてあごに当たるのは小さなストレス。細めのチューブを5ミリほどの小さな輪にカットし、ストラップに滑り込ませる。それだけで、ちょうどよいストッパーになる

2018-02-05_22h24_29
/輪っか状に切ります\

もともと、たいていのヘルメットには余剰ストラップを固定するバンドが付属するものだが、1個で足りないときは組み合わせてあげてもよい。

2018-02-05_22h24_48
/余ったストラップにかぶせるだけ\

3.チェーンロックのカバーにする

太いチェーンロックを使う場合、金属が剥き出しだとフレームに傷がつく。そこで、太め(マウンテンバイク用)のチューブを使う。

2018-02-05_22h25_02

チェーンロックより数センチ短くカットし、チェーンロックをチューブに滑り込ませれば、完成だ。

2018-02-05_22h26_03
/チェーン本体よリやや短めにカットするのがミソ\

そういえば、自宅にあるオートバイ用の極太ワイヤーロック(自転車用に使ってる)があるのだが、表面が破れて中の金属が剥き出しになってしまった。

「このままでは使えないではないか…でも、ロックとしては全然劣化していないし、どうしよう」と悩んでいたところだったので、廃品チューブで包んでみるつもり。

4.フレームのカバーに使う

グラベルやオフロードを走らないので、「こんな使い方があったのか」と驚いたのだが、なかなか理にかなっている。

タイヤが跳ね上げた小石や、暴れたチェーンがチェーンステーに接触するのを防ぐため、切り開いて1枚のシート状にしたチューブを巻きつける。固定はビニールテープがいいだろう。

2018-02-05_22h26_35
/この発想はなかった…\

シートステーだけでなく、ダウンチューブにぐるぐる巻きにしてもいい。見た目は犠牲になってしまうが、大切なフレームを守るひとつの手段である。

5.吊り下げて保管する

天井にバイクの重さに耐えられる強度があれば、ぶら下げて保管できる。屋内よりは、ガレージのような場所に適した方法のような気がする。

チューブは加工もカットも必要なく、天井からぶら下げて、端っこを丸めてサドルの先が差し込めるスペースを作れば完成。

2018-02-05_22h27_26

2018-02-05_22h27_45
/なるほど\

ただし、バイクをぶら下げてもビクともしない程度の強度(MTB用がいいだろう)が求められることはお忘れなく。

6.ビンディングシューズの裏にある通気用の穴をふさぐ

ビンディングシューズには、熱がこもらず湿気が抜けるよう、裏に穴が開いているモノも少なくない。

01
/穴の位置はシューズタイプで変わる\

この穴、夏は便利なのだが、冬が冷気が侵入して寒いのだ。冬用シューズカバーで覆ってやっても、シューズの裏まではカバーできない(クリートがありますからね)ため、「カバーしてても足裏が冷える…」となる。

そこで、ここにフタをしてやろう。インソールを抜き、インソールの先っちょの形に沿ってカットしたゴムをインソールの下に敷くように置くだけ。穴が塞がって、保温に効果が出るし、ゴムなので靴の中でズレにくい効果も期待できる。

2018-02-05_22h28_35
/インソールに沿ってカット\

ちなみに、自分は足裏の冷えにはなぜか強いようで、ほぼ気になったことがなく、この対策はしていない。手先&足先が寒いと感じるかどうかはかなり個人差があるので、自分の感覚を信じよう。

ちなみに沖縄出身のオクサマは”寒さに激弱”だ。まったく同じメーカーの同じ銘柄で同じ性能の冬用グローブを愛用しているが、オクサマは「これやってても寒い…」のに対し、「自分はホカホカ…このグローブ最高」と感じる。
※まあ、彼女は極度の冷え性ってのもあると思うが…

>> ROECKL(リッケル)の冬用サイクリンググローブが最強に使いやすい

>> 冬用サイクリンググローブの洗い方、乾かし方、メンテ法をリッケル(ROECKL)社の中の人に教えていただいた

※ROECKL(リッケル)は1839年生まれのドイツ(ミュンヘン)のグローブメーカーでして、かなり高性能。次もこれにするって決めてるくらい使いやすくて暖かい。

12
/江ノ島から見た富士山\

さらに余談だが、1月22〜23日にかけて日本全国に寒波が襲来して、都内とその周辺が雪に埋もれた。その週末に江ノ島まで走ったのだが、「かつて経験したことのない寒さ」だった。走っても、もがいても全然汗をかかない。喉がまったく乾かない(30キロ以上走って、一口も給水しなかったほど)。

00

ネオプレーン製のシューズカバーをしてても足が冷え切ってしまい、人生初の足裏用カイロを使ってみた。「うひょー、ホッカホカ!」ってほどではなく、暖かさと寒さが熱を相殺しあって、結果的に寒くない…といったかんじ。でも、あるとないとではかなり違った。

7.エクササイズ用のバンドにしてしまう

突起物などに引っ掛けて、エキスパンダーとして利用する。上半身よりは下半身用ですね。市販のゴムも出回っているが、何気に安くないのと、使っているうちにブチっと切れてしまうことがある。(女性用の薄くて伸びやすいタイプはとくに)

2018-02-05_22h28_52

自転車のチューブは頑丈なかわりに硬くて伸縮性に乏しい。よって、すべてのチューブでエクササイズは難しいかもしれない。23cとか25cのロードバイク用であれば問題なく使えると思う。

>> オクサマが伝授!エクササイズバンドを使った筋トレ&ストレッチ方法(前編:上半身トレーニング)

>> オクサマが伝授!エクササイズバンドを使った筋トレ&ストレッチ方法(後編:下半身トレーニング)


以上がGlobal Cycling Network の動画内の紹介だが、コメント欄も盛況で、いろんなアイデアが共有されていた。いくつかピックアップしてみよう。

  • CO2ボンベがカタカタ鳴らないように、チューブに押し込むようにかぶせる
  • ※なるほど!なナイスアイデア。しかも、注入時に指先が冷える防止にもなる。

  • バーテープとして使う&バーテープの下に巻いて、ショックアブソーバーとして使う
  • ※すごく多かったアイデア。こんな些細な工夫ひとつで、乗り心地が改善されることもある。バーテープを二重に巻く人もいる

  • 『(フォークに取り付ける)サイコンのセンサーの下地として
  • ※自分もやってる。結束バンドのみでもイケるが、輪行を繰り返しているとあちこちブツケて、ゆるゆるになったりするのだ

あと、自分が目撃した用途としては、「車載時の不安定なフレーム&ホイールの固定バンドとして」がある。

なにかを固定したいけど、伸縮性のないヒモではイマイチだし、ただの輪ゴムでは強度が心もとないって場合、廃品チューブは最強の固定ツールになる。

26
/私は百均ゴムバンドを使ってます\


チューブを捨てるその前に、「もしかして再利用できるかも?」と思っていただけたら幸いである。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

自分のなかでの「ロードバイク輪行あるある」をひとつご紹介したい。 「駅でのパッキングにかかる時間を長めに見積もるためにやたら早く起床&行動してしまい、結果的に集合場所に30分以上も早く到着してしまう…」 である。(みなさんはどうですか) ロードバイク ...
自分のなかでの「ロードバイク輪行あるある」をひとつご紹介したい。

駅でのパッキングにかかる時間を長めに見積もるためにやたら早く起床&行動してしまい、結果的に集合場所に30分以上も早く到着してしまう…

である。(みなさんはどうですか)

53-1

ロードバイクの分解&輪行袋へのパッキングって、いくら慣れても15分はかかるじゃないですか。初めて行く駅だと、構内をどれくらい歩くかわからないし、多少ウロウロする可能性もあるし、つい余裕を持たせたスケジュールを組んでしまう。遅刻したくない性分なので、輪行歴が浅い頃はこれを繰り返していた。 

遅刻しないことは良いのだが、早すぎる起床は睡眠時間を削ることになり、あまり嬉しくはない。なんとか短縮できないかなと思うものの、省略化できる作業もないので劇的な改善は望めない…そう思い込んでいた。アレに出会うまでは…。

アレに出会ってからは、10分かかっていたのが7分くらいで終わるイメージ。輪行作業の3分の短縮ってでかい。では、いったいどんな技を使えば実現できてしまうのか、アレのご紹介をします。

こんな方に読んでいただきたい( ・∇・)

  • 輪行をよくするサイクリスト
  • パッキング時間を短縮したいサイクリスト
  • とにかく手軽に輪行したいサイクリスト

ゴムバンドでホイールを固定する、以上!

マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)」という名前の製品。強度高めのゴムにフックがついたモノが3本入って1セット。「え、これだけ?」って思うかもだけど、こいつの能力はむっちゃ高い。紐をループで通す従来型がザクだとすると、マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)はグフ。

36

55

スッと通してフックにかけるだけでオシマイ

使い方は説明するまでもないくらい簡単で、フレームとホイールの間に通して、引っ掛けるだけ。ゴムの強度と伸びがちょうどよく、程よくタイトに固定してくれる。

58

ループの紐って、装着に時間がかかるわりに持って移動していると緩んできて、袋の中でカチャカチャ音を立てるじゃないですか。あれ、けっこうストレスですよね。袋を開けて縛り直しても、っどうせまた緩むし、プラットフォーム上で袋を開けて作業するのも面倒だし…・・・となり、カチャカチャさせてまま目的地に向かう羽目になる。

06

マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)を通して引っ掛けるだけなのに、固定力が高いので、ぜんぜん緩まない。まあゴム製品なのでいつか劣化して切れることはあるだろうけど、数シーズンは問題なく使えそう。

とにかく、あまりの簡単さに衝撃を受けた。これを紹介してくれたのは先輩ローディなのだが、いたく感謝している。予備を1セット買っておけばさらに安心なので、注文しておいた。

もしかして、自作できるかも?

構造はシンプルなので、自作できそうな気もする。ホームセンターなら材料は揃いそう。

さすがに台所用のふつうの輪ゴムでは強度も固定力も低すぎるのでNG。ただ、10本くらい束ねればイケるんちゃうか…という気がしないでもない。

恒常的に使うのには適さないだろうが、緊急的な応急処置としてなら、使える技になるかもしれない。(自宅で実験してみよう)

従来の紐はエマージェンシー用にキープしとく

マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)のおかげで輪行がさらに気楽にできるようになったし、パッキングにかかる時間が短縮されて気持ちにも余裕が生まれた。

ループ紐は使わなくなったのでどうしようかなとは思ったが、荷物になるわけでもないので輪行バッグのセットにそのまま入れてある。(ゴムはいつか劣化で切れるでしょうし)

42

新幹線で移動するとき、スペースの関係で廊下に置かねばならないときとか、手すりにくくりつけて転倒防止するには、ループ紐が都合が良いからだ。

その他の「ロードバイク輪行あるある」

個人体験をもとに思いつくまま、挙げてみますね。

駅前探検クラブとか乗換案内のアプリで指示された乗り換え時間に間に合わず(輪行バッグを持っているので移動がどうしても遅い)、1本見送ることになる。(よって予定通りに移動できない)
※「あぁ~~…」って見送ること、ありますよね…

フレームを2本のホイールで挟むように固定したとき、スプロケットを内側にセットしてしまい、フレームに傷がつく。
※「なんでシートチューブ内側に傷がついているんだろう?こんなとこ、こするわけないし、バイクが倒れてもぜったい傷がつかない場所なのに…おかしいな……あぁぁぁ!あれか!」って頭を抱えている人を見たことある

風の強い日は、輪行バッグがはためいてなかなか落ち着いてくれず、バイクを入れるのに手間取る
※「お願い、一瞬でいいから風止んで…」と念じる

土曜早朝のがら空きの下りの在来線に乗り、「やった~座れる~」と座席で余裕こいてスマホを眺めていたら夢中になりすぎて、目的地到着直前に気づき、大慌てで(固定用の)ループ紐を外そうとするも焦りで手間取り、危うく降車できなくなりかける。
※降車できなかったことは一度もないですが(^_^;)

同じ電車に乗り合わせたサイクリストを見かけると、「自分と同じ目的地なのかな…ウフフ…」というホッコリした気持ちになる。が、だいたいぜんぜん違う駅で降りていく。
※「この駅で降りたことはないけど、どんなコースを走るんだろう…気になる…知りたい…」という気分になる


24
/持ち上げてもガタつかない!\


ということで、電車輪行を素早く&手軽に行いたい方は、「マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)」を試してみてはいかがでしょうか。自分には手放せないアイテムになってます。 ヽ(´▽`)/


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア

YouTubeで自転車事故を検索して、紹介する自転車事故コンピレーションですが、続けているうちに11回目になってしまった。自転車事故は起きてほしくないし、起こしたくないが、どうしても起きてしまう。 以下の動画を他山の石とせず、いつ何時でも自分が当事者になってしま ...
YouTubeで自転車事故を検索して、紹介する自転車事故コンピレーションですが、続けているうちに11回目になってしまった。自転車事故は起きてほしくないし、起こしたくないが、どうしても起きてしまう。

以下の動画を他山の石とせず、いつ何時でも自分が当事者になってしまうかも…という気持ちでご覧いただきたい。

23

Collision Clapham Common - Snapped Bike

事故発生時間: 14秒

対向車線から右折してきた車に衝突。転倒はしなかったが、フレームを折る



信号が赤から青になり、加速し始めたロードバイクが、対向車線から右折してきて衝突。車の真横にロードバイクが突っ込んだ形だ。まっすぐにぶつかったため、サイクリストは転倒しなかったものの、ダウンチューブがバッキリと折れていることから、その衝撃の強さから伺える。おそらく、フロントホイールも破損していると思う。

幸い、サイクリストは頭は打っておらず、倒れてもいない。ただ、腕の痛みがかなりあるようで、倒れ込んでしまった。(その後、立ち上がってふつうに腕は動かせていることから、骨折していないことはわかる)

学び

視線は常に進行方向へ向ける」だろうか。 おそらくだが、このサイクリストは信号が青になり、顔を下に向けた状態で加速してしまったのだと思う。そのせいで右折車の発見が遅れ、ぶつかってしまった。

当たり前のことだが、たとえば発車時にクリートがうまくハマらず、ほんの一瞬だけ下を向いてノロノロ走る…とか、稀にやってしまいませんか。少しの間視線を逸らしただけでもバイクは進むし、そのせいで事故らないとも限らない。

Biker vs Parked Car - My First Driving Lesson

事故発生時間: 4秒

前方不注意のサイクリストが駐車中の車に衝突



サイコンを凝視していたと思われる男性サイクリストが、駐車中の車にもろに追突。車に気づかず走っていたので、ノーブレーキ。衝撃も相当あったようで、男性は口を切って出血してしまった。

ヘルメットとアイウェアをしていたおかげで、それ以外の目立った外傷はない。そのまま走り去ったので、腕や足も問題ないようだ。ただ、ホイールは大丈夫だったのだろうか…。リムが少し変形してしまっていないか心配。

車に乗っていた男性2人のうち、一人が降りて安否確認と車のバンパーのキズを確認をしていたが、とくに連絡先の情報交換することもなく別れた。車に傷がついていないわけがない衝撃なのに、キズだの弁償だの修理費だと一切主張せずサヨウナラ。

車に戻って、「いやー、突然後ろから衝突されたからビビったよな」、「ああ」、「くっくっく・・・いや、笑ってはダメなんだけど・・・笑わずにはいられない・・・」、「フフフ・・・まったくだ」、「で、その男性はケガ大丈夫だった?」、「口を切って出血してたけど、それ以外は問題なさげだよ」、「そりゃよかった」

って会話をしていた。なんか、牧歌的というか、のん気というか、事故動画のわりに後味の悪くない映像であった。

学び

下を向いて進まない、に尽きる。ふと視線を落としてサイコンを見てしまう瞬間あるよね…。「駐車中とはいえ、車だよ?あんなにデカい物体なのに、見落とすってどういうこと?」って思うかもしれないが、それだけ視界が狭まっている証拠でもある。

それと、この動画を観て、アイウェアってこういうときも目を保護してくれているんだなって思った。

Bicycle crash

事故発生時間: 5秒

ダンシング中に、クリートが外れ(?)、転倒し、仲間2人を巻き込んで落車



平地をダンシングでグイグイ進む3人の男性サイクリスト+撮影者1人。車はなく、スピードが出そうな場所だ。(理由は不明だが)ダンシングで漕ぐ一人の左クリートが外れ、バランスを崩し転倒。横にいた別のバイクを巻き込み、もろとも落車。そのすぐ後ろを走っていた3人めも対応できずにいっしょに倒れてしまう。

サイクリングでの事故って、原因はたいてい”正面(前)”にあるものだが、真横から巻き込まれることもあるという事例。ダンシングでトルクがかかった状態とはいえ、クリートが外れるって事象は自分は目撃したこともないし、自分が経験したこともない。なので、「こういう事故ってあるんだ…」と背筋が伸びた。

学び

もしかしたら、ビンディングペダル側の脱着ネジの調整が緩かった(弱設定だった)のかも。一度セッティングしたら、そう頻繁にイジる場所ではないのがクリートなのだが、たまには確認したほうが良い気がする。

あるいは、クリート側に問題があった可能性もある。クリートがボロボロで脱着しやすい状態だったとか、クリート本体がしっかりシューズに固定されていなかった説も否定できない。自分は、ときどき思い出したタイミングでアーレンキーでクリート(SPD)ネジを増し締めしている。(※ほんの4分の1回転でもネジが回ると、「うわ、増し締めしといてよかった…」ってなる)

Bicycle crash into car door

事故発生時間: 14秒



駐車中の車のドアが突然開き、サイクリストがドアに衝突(あるいは弾き飛ばされる)パターンの事故動画は何度も観た。ということは、それだけあるあるパターンなのだろう。ぶつかるタイミングが悪く、肩と腕がクリーンヒットしてしまった。

倒れたサイクリストは立てずにうずくまってしまい、車に乗っていた男性は後続車両に「☓(バツ)サイン」を出している。骨折しているっぽく、すぐに動けない…という意図なのだと思う。この衝撃だと、おそらく骨折は免れないような気がする。

不幸中の幸いは、対向車線まで弾き飛ばされなかったこと。タイミングがもう一瞬遅れ、真横から当たられると(横からの入力に弱い自転車は)ものの見事に吹っ飛ぶ。細い道路だと、反対車線まで届くこともあり、タイミングによっては二次災害が起きる。

学び

駐車車両の横を通過するときは、「もしかしたらドアが開くかも」という意識を持ち、ちょっとマージンを取って走るのがセオリー。ただ、道路事情によってはそれも許されないので、難しいときもあるのが現実。

ドライバー側もバックミラーで確認してドアを開けているのだろうが、自転車は小さくて見落としやすいし、死角に入って「純粋に見えてない」こともある。これが夜間だとなおさら見落とされやすい(夜間で無灯火だと、自転車側も文句は言えないだろうが…)。ライトを点灯させての自衛は必須だ。

さらに怖いのは、子供とか免許を持っていない(運転経験のない)成人は後方チェックが習慣になっていない。わりと豪快にによいしょ~と開けてくる人もいるので、注意が必要。

サイクリスト側がやってはいけないのが、視線をサイコンに落として、開いたドアを見落としてしまうこと。十分に避けられる時間があったにも関わらず、自分の不注意でドアパンチを食らってはたまったものではない。

自分は車の横を通過するときは、

1.なるべくマージンをとる
2.ペダルを止めて(or 緩めて)スピードを落とす
3.視線を落とさない&よそ見しない

…を肝に銘じている。

17-1


以上、11回目となる自転車事故コンピレーションでした。

検索するたびに新しい事故動画を発見してしまうのは悲しいこと。自転車事故はニュースにならないだけで、あらゆる場所で毎日数え切れないほど発生している。
※警視庁の発表によれば、2016年の自転車事故は都内で約1万件、全国で約9万件

事故で痛い想いをするのは、身体を剥き出して走っているサイクリスト側。どうか、最低限の装備(ヘルメット、前後のライト)は怠らず、細心の注意でもってお楽しみいただきたい。


>> 【安全運転マジ大事】 自転車事故動画コンピレーション その10

>> 【注意一秒ケガ一生、ヘタしたら命落とす】 自転車事故コンピレーション その9

>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その8

>> 【事故動画を見て学ぶ】 ロードバイクの事故コンピレーション7

>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その6

>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その5

>> 【事故動画から学ぼう】 自転車事故コンピレーション その4

>> 【対岸の火事ではない】 自転車事故動画コンピレーション その3

>> 【注意一秒、ケガ一生】 海外の自転車の事故動画コンピレーション その2

>> 【明日は我が身かもよ?】 ロードバイクの事故動画コンピレーション


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア はこちらです(^o^)

ロードバイク愛好家は週末が異常に早起き…というのは周知の事実。グループライドに出かける日はとくに朝が早い。 ロードバイクに慣れる >> 走行距離が長くなる >> 走行時間も伸びる >> なるべく朝早く出発して時間を確保する必要がある…という流れである。 ローディ ...
ロードバイク愛好家は週末が異常に早起き…というのは周知の事実。グループライドに出かける日はとくに朝が早い。

ロードバイクに慣れる >> 走行距離が長くなる >> 走行時間も伸びる >> なるべく朝早く出発して時間を確保する必要がある…という流れである。

59

ローディなら「そうそう」と頷いてくれると思うんだけど、土日の5時起床は当たり前だし、エンデューロ等のイベント参加で遠方に赴く場合は4時(下手すると3時半)に目覚ましをかける。これもふつう。

じゃあ、8時に現地集合で!」(←片道2時間かかる越境した駅)ってのも当たり前に交わす言葉。 (始発電車との勝負)

で、何人もの仲間でどこかに集合する場合、やはりそれなりのエチケットとかマナーがありまして、お互いに守り合わないと迷惑がかかったり、貴重な時間を無駄にしてしまうのです。

以下、個人的に行なっている(&仲間と共有している)ルールを紹介しますね。

グループライドの事前に決めること

駅の改札、出口の確認

地方のこじんまりした改札が1つしかない駅であれば、出口が1つしかないので迷いようがないのだが、それなりの規模になると北口と南口があったりして

「もう時間過ぎてるけど、どこ?」
「えーー、もうついて待っているよ。そっちこそどこに?」

と駅前でウロウロする羽目になる。

そんなことで15分くらいあっという間に浪費してしまうのを避けるため、事前に「南口改札を出たタクシープールでね!」と具体的に決めておこう。

r0000019

googleストリートビューを使えば「あー、こんな感じの駅前なのね」と感覚がつかめるし、コンビニやカフェの有無も確認できる。

ただし、ネットの画像だけで安心してはいけない。テナント撤退前の画像だったりもするので(2~3年前の画像であることはザラ)、まだ店舗が存在するかどうかは公式サイトで確認しておこう。

あると思ってたミスタードーナツがない!(暖がとれない…)」となり、寒空の下震えながら待つ…という悲劇はまれに起きるので。

LINEグループを作っておく

グループチャットがあると連絡がもれなく行き渡るので便利。3人以上で走るときは個々に連絡を取り合うのではなく、一箇所で話せる場所を設けて起きたい。

LINEである必要はないけど、普及率からするとLINEに結局落ち着く。他にはチャットワークとかslackも便利ですね。

曜日と日にちの確認をする

「は?何を当たり前のことを…」と思うかもしれないが、曜日を間違えるメンバーがいることは(まれだが)ある。


「待ち合わせ時間を過ぎてるけど、いまどこ?」

「あれ?行くのって9日の日曜だよね」←布団の中

「いや、8日の土曜だよ、今日だよ」←80キロ離れた駅

「うそーーーーん」


というイージーミスもあれば、


「メールには9日(土)って買いてあるけど、実際は8日が土曜で9日は日曜だからタイポだよね。曜日と日にち、どっちが正しいの?」

「あ、書き間違えた。9日(日)のつもりだったよ。ごめんごめん」

「確認しといてよかった~」

22


心がけ1つで、悲劇を回避することもできる。 日程と時刻はくれぐれも間違いのないよう、くどいくらい確認しておいてちょうど良い。


あと、駅名を間違えて、とんちんかんな場所に向かってしまう人もまれにいる。たとえば…

千駄木と千駄ヶ谷
響きが似ているが、全然違う。都内同士だがかなり距離が開いているので、間違えてしまうと相当の遅刻になる。

東京駅と京葉線東京駅
同じ「東京駅」なのだが、京葉線のほうはJR東京駅から600メートルも離れている。輪行バッグを抱えて歩くのは、、、オススメしない。もしも京葉線のほうの東京駅で待ち合わせるのなら、くどいくらい念押ししておいたほうが良い。

代々木駅と代々木上原駅と代々木八幡駅と代々木公園駅
どれもヨヨギという名称が入っているので、間違いやすい。死ぬほど離れ離れではないが、かといって「間違えちゃった。じゃあ徒歩移動」するにはちと遠い。

海浜幕張駅と幕張駅
千葉マリンスタジアムや幕張メッセの最寄り駅は京葉線の「海浜幕張駅」で、「幕張駅」は総武線の駅。駅の間は2キロ以上あるので、これまた徒歩移動は難しい。(できなくはないが、徒歩で30分かかる)

青海駅と青梅駅
一番悲惨な間違いがコレ。青海(あおみ)と青梅(おうめ)は読みが違うが、字面がむちゃくちゃ似ているので、こんがらがりやすい。ちなみに前者がゆりかもめ、後者が中央線。

「山を登るよ」って話していたのに、ゆりかもめに乗って青海駅(お台場方面ですね)に向かってしまうおっちょこちょいさんはまずいないが、自転車ではなく、ふつうに遊びに行くって場合にこの悲劇は起きるらしいので、くれぐれも駅名確認は怠らないようにしてほしい。

グループライドの前日に行うこと

天候のルール(降水確率)

確実に晴れるのがわかっていれば確認するまでもないが、微妙だな…って曇り空の場合、「こうなったらGO(あるいはNO)」のラインを決めておくのがお勧め。

これこれのアプリで降水確率が40パーセント以上だったら中止ね」と決めておくと間違いがない。
※アプリによって数値に差が出る場合があるので、決め打ちしておくのがベター。

ちなみに自分は40パーセント以下ならGO、40パーセント以上ならNOのルールで運営している。(経験上、それがちょうどいい塩梅)

33

あと、事前に決めたコースが雨予報なら、真逆の方向に越境して晴れている地域に向かう…という手もある。そういう意味では、プランBも用意しておくと、「走れなくてイライラ…」な週末を過ごさずに済む。

グループライドの当日にやると良いこと

起きたよ報告

なんのことがひと目で分かる人はグループライドに慣れている方だと思うが、起床したらグループLINEに「起きた!」とヒトコト書くこと。そういうルールにしとく。

朝がムチャクチャ早いエンデューロやイベントに行くときは、4時起きなんて当たり前。ふだんより早い時間に起き慣れていないと、無意識に目覚ましをオフにしてそのまま二度寝……ということがある。(1年に1度くらい、誰かがやらかす(笑))

それを防止するため、全員が「起きたよ~」「オレも~」「オイラも」と書き込む。たったこれだけで、「あいつ、ちゃんと移動しているよな…まさか寝ているなんてことないよな…?」と気を揉むこともない。

途中経過の報告

これはマストではないが、途中経過を送りあうとなおよろしい。

「いま○○○を通過したよ。オンタイムで移動中」ってわざわざ送る程のことでもないけど、メンバー全員が安心できるという意味で効果がある。

仮に「ごめん、事故渋滞で30分遅れそう」って送っておけば、「そうか、じゃあ飯もまだだったし、お茶でもしていくか」ってこともできる。つまり、誰の時間もムダにならないわけ。

大人にとって最も貴重な資産は「時間」であり、それを他人が奪う権利はない(と自分は思ってる)ので、自分は進んでこういうことをするタイプ。

集合時間は駅到着時間とイコールではない

集合時間とは、「待ち合わせ場所に走り出せる状態」で居ること。たとえば輪行で行くのなら、バイクは組み上がっており、ヘルメットは装着済みで、トイレも済ませてある状態になっていることが望ましい。

「8時に◯◯駅集合」なのに、8時に輪行バッグを抱えてエッチラオッチラとやってくるのでは遅い。集合時刻は駅到着時刻ではない。これ、勘違いのないようにハッキリさせておくのがベター。でないと、オンタイムで行動した仲間の迷惑になるし、遅れた人のせいで15~20分はさくっと浪費してしまう。

35-1

ちなみに自分は輪行移動だろうが、自走移動だろうが、待ち合わせ時間の30分前にスタンバイするよう心がけている。余ったスキマ時間は、イートインのあるコンビニかマクドナルドでFeedly で集めた記事を消化したり、kindle unlimited でためた電子書籍を読み進めている。よって時間はムダにはならない。

下手すると、1時間前に着いてしまって、マクドナルドでブログの下書きをシコシコ書いている日もあるくらい…(さすがに「土曜の朝に何やってんだオレ…」という気分になってくるが)

これから本格的に寒くなると、待たされる方は寒くて辛い。屋外ならなおさらだ。お互いが気配りして、全員が気持ちよく&楽しく走れるようにしたいものである。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストアもお立ち寄りいただければと…


サイクリング系のウェアは総じて高い。よっておサイフには優しくない。 サイクリングを始めて間もない人は、「えっ!こんなペラペラのジャージが1万円もすんの!?」、「ウィンドブレーカーの原価なんて売価の10分の1もしないんじゃないの!?」と感じると思う。 ※オク ...
サイクリング系のウェアは総じて高い。よっておサイフには優しくない。

サイクリングを始めて間もない人は、「えっ!こんなペラペラのジャージが1万円もすんの!?」、「ウィンドブレーカーの原価なんて売価の10分の1もしないんじゃないの!?」と感じると思う。
※オクサマをサイクルウェアのショップに初めて連れていったとき、あまりの高さに泡吹いてひっくり返ってたもんね…(ユニクロ並の価格感をイメージしてたらしい)

35
/初めて買ったジャージは穴が開いた後も2年使い続けた\

まあ、サイクリングに特化した専用構造だったり、(競技人口が他のスポーツほど高くないため)ロット数の関係でどうしてもコストがかさんでしまう…のだろう。今はこの事実を受け入れてはいるが、それでも高いものは高い。なので、最近は圧倒的にコスパの高い海外通販(wiggle)しか使っていない。
※娘も本格的にサイクリングにハマりつつあり、冬用アウター、インナー、ショーツ一式をwiggleで揃えました

で、ですね。ウェアが高いということはそうそう何着も買えず、よって1~2着を大切に着回すことになり、使用サイクルが速くなる。週末の土日どっちも走る場合、「洗濯しても翌朝までに乾かない…」ってことも。

薄手の夏用ジャージ&インナーは速乾タイプなので、わりと雑に干しても翌日はカラッと乾くんですが、厚手の冬用になるとどうしても時間がかかる。

ストーブやガスファンヒーターの近くの干すのもアリなんだけど、ダイレクトに熱に晒すのは素材によくない…ってジレンマもあってなかなか思うようにいかない。

40

というわけで、「翌日も走りたい!厚手の冬用アウター(インナー)を素早く乾かしたい!」ってときに便利な技をご紹介します。(しかもコストゼロ)

用意するのはタオルのみ

翌日も走るとき、自分はジャージやビブショーツをシャワーに持ち込んで洗ってしまう。手順はこんなかんじ。


石鹸まみれにして2回ほど洗う

浴槽でしっかり絞って水気を取る

50

ハンドタオルでジャージをぐるぐるに巻き、タオルに水気をとらせるようにギュッギュッっと絞る(冬用ビブショーツのようにやや厚手だと2回繰り返す)

25

38

46

12

57


これでほとんどの水気は飛ぶ(タオルが吸い取る)

ふつうに干す(自然乾燥)


以上である。じつにカンタン。

タオル数本しか使わないのでコストもかからない。包むときのコツだが、単純に外からかぶせるのではなく、タオルの上に敷いてタオルとウェアで手巻き寿司を作るかんじで丸めていく。そうすると、全体からまんべんなく水気を吸い取ってくれる。

夏用ジャージやインナーはハンドタオル1~2枚でモミモミすればOK。

水気の多い冬用アウターとか冬用インナーなら、大きめのバスタオルで包み込んでモミましょう。なければハンドタオル数枚でやってOK。これをせずに干すと、まず確実に翌朝までに乾かないのと、水滴が床に落ちて同居人に叱られます(笑)。

このひと手間をかけるだけで、翌日も快適に走れます。

ついでにインソールの速乾法も

サイクリングシューズがベッタベタに濡れるってことは、雨天走行でもしない限りまずないのだが、そうなってしまった場合のちょっとしたコツをば。

もともと長年サッカー(&フットサル)をしてまして、サッカーシューズは日常的にメンテしてました。サッカーはサイクリングシューズとは比べ物にならないほどハードな使い方をするし、雨でプレーすると泥・砂・芝だらけになる。長持ちさせるにはその日のうちのケアが欠かせない。

以下、その方法。


まずインソールを抜く

シューズ表面の土、砂を水で洗い落とす。細かな溝やステッチの間は使い古した歯ブラシを利用(あと、インソールの下にも砂は溜まっているもので中もキレイにする)

シューズが水浸しになる

新聞紙を丸めて中に詰める(ぎゅうぎゅうにはしない。ほどほどに)

風通しの日陰に干す

数時間後、湿った新聞紙を抜く

新しい新聞紙を詰め、リピート

寝る前に新聞紙を抜いておく(あらかた水気が飛んだら、空気が通る状態にして一晩おきたいため)

01

これでOK。カンガルー皮とか牛皮のような天然皮革だと、これだけやっても翌朝「まだ若干湿ってる…?」って感じることはあるが、履いてしまえば気にならないレベルだし、走っているうちに乾く。靴の湿気ってウェアほど気にならないのでわりと大丈夫です。

ジャージとインナーは最低でも2セット(できれば3セット)あると、洗濯であくせくせずに回転させられますが、ウェアが少ない場合はまずはこんな感じでサイクルさせてはいかがでしょうか?(・∀・)

ここだけの話、気心の知れた男同士で泊まりで出かけたときは、「洗濯すんの、めんどクセェ…」ってなり、洗わずにそのまま翌日着たりすることもあるのですが…。
※不潔なのでオススメしませんよ…(^_^;)


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストアに新作パーカー追加しました(*^^*)

冬のサイクリングは寒い。何年走っても、三度の食事よりロードバイクが好きでも、寒いものは寒い。 自分は「自転車は通年スポーツ」だと考えているので、季節を問わず走りまくるが、やはり12月〜2月の3ヶ月間はほんの少し億劫な気分になる。(走り出せば大丈夫だけど、玄 ...
冬のサイクリングは寒い。何年走っても、三度の食事よりロードバイクが好きでも、寒いものは寒い。

自分は「自転車は通年スポーツ」だと考えているので、季節を問わず走りまくるが、やはり12月〜2月の3ヶ月間はほんの少し億劫な気分になる。(走り出せば大丈夫だけど、玄関の外に出るまでが精神的に一苦労w)

これまで、何度も冬ライドのコツとか工夫について書いてきたが、Global Cycling Network の「7 Hacks For Winter Cycling(冬サイクリングを快適に楽しむ7つのコツ)」という動画が役立つ内容だったので、自分の経験&考えも添えつつお届けしよう。



冬のサイクリング・ノウハウその1.タイヤの空気圧を下げる

(英国はそうらしいのだが)冬はウェットコンディションであることが多く、さらには落ち葉や砂等が路面に増える季節でもある。グリップを確保するにはタイヤをウェットタイプにするのもアリだが、抜本的に改善したいなら太めに交換するのが近道。

動画に登場するダンさんとマットさんは、1年間を28cで走ってみて「何の問題もないどころか、快適だった」という結論に達したそうだ。28cだと(ロードでは一般的な23cや25cよりも)空気ボリュームが増えるので、そのぶん空気圧を低く設定できる。よってグリップ力が増え、乗り心地も良くなるわけだ。

2017-12-29_09h45_04
/ ダンさん(左)とマットさん \

ちなみに、ダンさん(体重72キログラム)は60PSI、マットさん(ダンさんよりも重い)は「パンクリスクが怖い」という理由で、70PSIに設定してある。ちなみに60PSIは「約4.13 Bar」、70PSIは「約4.82Bar」である。ロードバイクの空気圧の世界には、大きくBar(バール)とPSIがあるが、「1 Bar = 14.5 PSI」、もしくは「1 PSI= 0.07 Bar」で覚えておけばOK。


余談だが、自分はこれまでずっと23cしか履いていなかったのを、2017年8月からIRCのAspite(アスピーテ)の24cに交換した。(インプレは下記記事をどうぞ)

>> パナレーサー(Race L Evo 3)からIRC の Aspite Pro(アスピーテプロ)にクリンチャータイヤを交換し、あるトラブルに気づく

>> 月間サイクルガジェット 2017年10月号


56-1

すでに2,000キロ以上走らせてみたが、24cで何の問題も違和感もない。まあ、正直23cと24cだとさほど劇的な変化を感じ取れないものだが、それでも「直進安定性とコーナーでのグリップ」はちょっと良くなった印象がある。

いますぐ28cに交換するつもりはないけど、Aspite(アスピーテ)の次のタイヤを24cのままでいくか、25cにするか、それとも慣れ親しんだパナレーサー(23c)に戻すかは決めかねている。
※キャリパーブレーキだと、28cは輪行時の脱着で干渉してしまう…というデメリットがある。なので、たぶん28cは選ばない予感。ディスクブレーキであればクリアランスの心配が無くなるのだが…。

冬のサイクリング・ノウハウその2.保温ボトルを活用

保温ボトル(CAMELBAKのポディウムチルとか)は夏用のイメージが強いが、ぬるま湯を保温することもできる。長時間はもたないのでロングライドでの効果は薄いものの、通勤のような1時間前後のライドであれば、十分に効果を発揮する。

2017-12-29_09h45_56
/ 自分も愛用してる \

ただ、ここ数年はただの水しか自分は飲んでいない。当然ながら真冬なのでキンキンに冷えているわけだが、あまり気にならなくなった。

>> 冬のライドは寒いので、防寒対策として白湯を飲んでおります

冬のサイクリング・ノウハウその3.冬用シューズの活用

冬のライドで困るのは、身体の末端(指先&つま先)の冷え。体幹がいくらホカホカでも、末端が寒いととたんにサイクリングが辛くなる。

48
/ シューズカバーです \

夏用シューズに「シューズカバー」をかぶせるのが一般的な対策。これ1枚で冬シーズンを凌ぐこともできるが、気温3度かそれ以下の時期はこれだけでは不足することも。保温性の高い(厚手の)ソックスを追加してもいいが、足先が窮屈になるのがデメリット。アルミホイルをつま先に巻くのもいいが、真冬だと気休めにしかならない。ではどうするか。


そこで、さらに保温力の高い「冬専用のサイクリングシューズ」の登場だ。

2017-12-29_09h46_44
/ カバーすら不要 \

こういうシューズが存在するってことすら自分は知らなかった。ベンチレーションの穴やメッシュ素材はないので通気性は期待できない。そのかわり、複数の保温素材レイヤーで冷気を完全にシャットアウトしてくれる。

厳寒期の使用に限定されるだろうが、マットさん、ダンさんは「夏用シューズにシューズカバーをかぶせるよりも、段違いに暖かい」と語っている。冬の長い季節のサイクリストの方は、一考の価値があるかもしれない。

冬のサイクリング・ノウハウその4.防水性のあるサドルバッグ

サドルバッグにマルチツールを入れている場合、専用カバーで包んでおこう。裸の状態で入れていると、外からの圧力や湿気のせいで予備チューブを傷つけて穴があき、肝心のときに使い物にならなくさせてしまうリスクがある。冬のライドでパンクして、予備チューブに穴があいてた…なんてことになったら大悲劇である。

2017-12-29_09h47_52

専用カバーに入れるか、なければビニール袋でぐるぐる巻きにして、鋭利な部分をカバーしておこう。防水仕様のサドルバッグを併用するのもよいが、それでもマルチツールは何かしら包んでおきたいところ。

なお、自分が愛用しているのは、トピークの小型マルチツール。それに加え、ホームセンターでアーレンキー(4ミリと5ミリ)を別途携行している。
※シートポスト、サドル、ヘッド、シューズのクリートなど、使うシーンが多いサイズなので。あと、マルチツールだけだと長さがないのでしっかりねじ込めない場合がある。

>> ツール缶には4ミリと5ミリのアーレンキーを持っておくと、マジで捗るYO

冬のサイクリング・ノウハウその5.冬は廉価版バイクでしのぐ

英国のような、冬季も雨が多く、ウェットコンディションの中を走らなければならない地域でのコツとして、「冬の間は廉価版バイクに切り替える」というのがある。

2017-12-29_09h48_44

大事にしている1軍バイクは冬季は家に保管しておき、2軍バイクを冬に使う。2軍バイクであれば、思い切り汚れてもさほど気にならないし、消耗スピードが早くても許容できる。

たとえば、安めのアルミフレーム、下位グレードのコンポーネントとホイール、耐パンク性高めのタイヤ、さらにはマッドガードをあしらえば、路面の濡れや水たまりを通過するときに、「大切なバイクが汚れちゃう…」といちいち気が滅入ることもない。

重量が増してしまうのは致し方ないが、冬であれば長距離ヒルクライムもしないだろうから選択肢としてアリである。

2軍バイクを用意するのはなんとかなりそうだが、問題は「保管場所をどうするか」だろうか。我が家はすでにロードバイク1台(寝室)、ミニベロ2台(居間)があり、これ以上増やすのはスペース的に難しい…。

冬のサイクリング・ノウハウその6.ウェットティッシュを携行する

動画内では「Baby Wipe」と表現されていたが、ようするにウェットティッシュのこと。レストラン等で提供されるアレをサドルバッグに二つほど忍ばせておこう。たいしてスペースもとらないので気にならない。

2017-12-29_09h49_43

パンク修理やチェーン落ちで作業すると、どんなに気を使っても指が汚れる。汚れた指のままブラケットを握りたくないし、ウェアに黒いシミを付けたくないもんね。

ただ、ウェットティッシュは時間が経つと湿気が蒸発してしまい、ビニール袋の中でカピカピになっていることもあるので、ときどきチェックして入れ替えてあげましょう。

ちなみに自分は以前は律儀にウェットティッシュを持っていたのだが、使った後のゴミが増えるのがイヤなので今は持っていない。指が汚れたらそのへんの雑草で指をこすってごまかしている。

冬のサイクリング・ノウハウその7.なるべく平坦路を走る

冬の山は気温が下がって、路面凍結の危険がある。それにくわえて、登坂で汗をかいてしまうことで、ダウンヒル時に身体が冷え、風邪をひく…ことも。真冬のダウンヒルは寒い。汗をかいた状態だと、ウィンドブレーカーを着ようが何をしようが、絶対に寒い。たとえるなら、巨大冷蔵庫の中で長時間ジッとしているかんじ。

2017-12-29_09h50_21

真冬でも、坂を登るととたんに汗をかく。一度濡れたインナーはなかなか乾かず、汗冷えで苦しむ。替えのインナーをバックパックに詰めておく…という対処法もあるにはあるが、そこまでするよりは、なるべく緩やかなアップダウンで留めておき、本格的な峠越えは春までとっておく…のがよいかと思う。

自分のコツ:カイロを背中に貼る

サイクリング仲間がやっているのを見て知った方法なのだが、インスタントカイロを背中(具体的には首から背中にかけた「肩甲骨の間のやや上」)に貼るという暖のとり方。

体の一部分を局地的に温めるだけで効果あるの?背中だけ暖かくても意味なくない?」と尋ねたら、「と思うでしょ?それがやってるとやってないとではぜんぜん違うんだな~」と得意気に語っていたので、効果があるのは間違いなさそう。

どーにもこーにも寒さに耐えられん!となったらコンビニに駆け込んで1枚買って試してみるつもり。

あと、冬に限った話ではないが、ワイヤーロックは常に2個持参する。冬はトイレが近くなるし、1回あたりの休憩時間が長くなりがち。なので、なるべく強度高めのロックを持っておきたい。自分はABUSのロックをずっと使い続けている。


最後に自分の心がけをひとつ紹介しますと、冬ってそもそも”布団から出る”ことで苦労しませんか?逆にいったん起きあがってしまえば、慣性の法則で身体が勝手に動き、ウェアを着たり、ヘルメットやグローブを装着できるもの。そう、冬サイクリングの最大の敵は「布団から出られるかどうか」にある。

枕元にモッフモフに暖かいフリースと、室内用の厚手のソックスを置くのが自分のコツ。目覚ましを止め、布団の中でモソモソとフリースとソックスを着ると、わりと元気よく掛け布団を「ふんっ」と弾き飛ばすことができる(つまり、気持ちよく立ち上がれる)ものです。


以上、Global Cycling Network の「7 Hacks For Winter Cycling(冬サイクリングを快適に楽しむ7つのコツ)」に自分の経験を添えてお届けしました。


>> 冬の自転車通勤をより快適にするコツ8つ+アルファ


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア


長年サイクリストをしていると、自分の住む地域とその周辺地理にはそこそこ精通してしまい、徐々に飽きてしまう…ということがある。そんなとき考えるのは、他の都道府県に住むサイクリストの方々。 北海道や東北はさぞかし自然が豊かだろうなとか、九州の広々した道を走 ...
長年サイクリストをしていると、自分の住む地域とその周辺地理にはそこそこ精通してしまい、徐々に飽きてしまう…ということがある。そんなとき考えるのは、他の都道府県に住むサイクリストの方々。

IMG_6667_xlarge

北海道や東北はさぞかし自然が豊かだろうなとか、九州の広々した道を走ってみたいとか、中国、四国地方に住んでいたら気軽にしまなみに行けるのだろうなとか、妄想が止まらない。

それは、どの地域に住んでいる人も同じだと思う。(隣の芝は青く見える現象ですね)

先日、とあるキュレーションメディアでこんなツイートが紹介されており、すごくユニークな視点だと感心した次第。



このツイートに触発され、「埼玉県(南関東)に住む自分が他府県在住サイクリストに感じる目線分布図」を独断と偏見入れまくりで作ってみた。

2017-12-27_06h06_59

北海道(大自然の恵みと厳しさ)

  • おいしい食べ物、有り余る大自然と温泉
  • 春~秋は羨ましい
  • 長い冬、お疲れ様です…
  • でもウィンタースポーツが身近でいいな(冬はスキー、スノボに切り替えるってのもアリ)
  • 広すぎて、自転車で制覇できる気がしない
  • 北海道民のサイクリストさんらは、どうやって制覇しているんだろう(車で遠征?)

東北(豊かな自然と寒さ)

  • 大自然、豊かな山の幸と海の幸、温泉
  • 近くて遠い存在(新幹線を使えばわりと近いのだが)
  • 冬が長い(でもスキー、スノボができる場所が多い)
  • ヒルクライムやり放題、海が見放題

北関東(自然と街のバランス)

  • 観光地と温泉地が集約されている
  • 東京方面からもアクセスしやすい
  • 野菜と果物が美味、豊かな山の幸
  • ヒルクライム場所に事欠かない

東京(大都会)

  • 奥多摩、大島だって東京都
  • サイクリングと同時に街を観光できる(お台場、スカイツリーなど)
  • インフラ設備、公共交通網は超充実
  • オシャンティなスポットには事欠かない

神奈川(都会と自然の融合)

  • 箱根、三浦半島という名所
  • 何気に峠多いし、街中もアップダウン多し

千葉(つかみどころのないエリア)

  • 房総半島は近くて遠い存在(アクアラインの週末渋滞がヤバい)
  • なぜか足が向かない(埼玉県民はあまり行かないイメージが)
  • なぜか道が覚えにくい&わかりにくい

北陸(何を食べても美味しい)

  • 海の幸と旨い米、きれいな空気
  • 大自然、日本海、寒い冬
  • 近いようで近くはないと思っていたが、新幹線でさくっと金沢には行ける(来年、行く)

長野・山梨(東のサイクリストパラダイス)

  • 関東からのアクセスの良さ、最高
  • アルプスいいなー、山いっぱいいいなー、移住したいなー
  • 温泉入りまくり、ヒルクライムしまくり
  • 果物、野菜、山菜、お肉、乳製品なんでも美味しい
  • 水がキレイ

東海(サイクリングのイメージが意外に薄い?)

  • 温暖な気候で通年走りやすい
  • 海産物、みかん、お茶、うなぎ
  • 他府県民が知るコースとか名所ってあまり聞かない気が(私の勉強不足もある)
  • 伊豆一周してみたい
  • 世界遺産の富士山(山梨でもありますが)

近畿(都市、山、海がぎゅっと詰まっている)

  • ビワイチいいなー、アワイチいいなー
  • 奈良や和歌山ってほぼ行ったことないけど、名所コースいっぱいありそう
  • ミニベロサイクリングで京都観光は夢
  • 粉もんいっぱいで美味しい補給食たくさん
  • 人なつこいサイクリストが多そう
  • お笑い偏差値高め

中国(西のサイクリストパラダイス)

  • 尾道いいなー(しまなみも)
  • 瀬戸内海、温暖で過ごしやすいだろうなー
  • 海のものも美味しいだろうなー
  • 島根、鳥取、山口、岡山はまだ人生で降り立ったことがないので、ぜひ行きたい

四国(聖地巡礼)

  • しまなみいいなー(強烈なあこがれ)
  • うどん、カツオ料理、みかん
  • 温暖なので年中サイクリング楽しめそう
  • でも台風シーズンは厳しそう
  • MTBできる場所も多そう

九州(暮らしやすそう)

  • 温泉天国(別府、黒川、湯布院、指宿、雲仙、嬉野、長湯etc)
  • 温暖な気候と美味しい食べ物
  • 台風の時期は大変そう
  • 火山灰の影響ってサイクリスト的にどれくらい影響あるんだろうか

沖縄(サイクルウェアにお金かからない)

  • オクサマの出身地
  • 真冬でも暖かい(クリスマスなのにTシャツ姿)
  • ツールド沖縄開催地(自分はほぼ縁のないイベント)
  • 車で沖縄本島を一周してみて、都心部はやや走りにくそうな印象(車がむちゃくちゃ多い)
  • 自転車ショップが極端に少ない
  • ママチャリ文化がない(車がメインの移動手段)
  • 輪行ができない(電車がそもそもない)
  • 沖縄そばはいくら食べても食べ飽きない
  • 石垣島等の離島を走ってみたい


なんか、後半になるにつれ「ただの自分の願望」濃度が高めになってしまった…(笑)。 


ヲイヲイ!オレ(あたし)の住んでいる県にはこういう魅力もあるぞ

そりゃ、偏見が入りまくりだ。こういう一面だってあるよ

等、コメントやフィードバックいただけると幸いです…。
m(__)m

IMG_6672_xlarge

来年の目標は、「まだ訪れたことのない都道府県&市町村にたくさん行く」&「年間走行距離1万キロオーバー」の2つ。たぶん達成できそうな気がする。(2017年は約8,000キロ)


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


サイクルガジェットストア (*^^*)


サイクリングを始めてから、自分は「一人で週末を過ごすのがデフォ」で、それを他人がどう思うかはまったく気にしたことがない。 大半のサイクリストの方なら、「うん、ソロライドふつうにするし、全然楽しいよね」、「むしろぼっちライドこそ、サイクリングの原点でしょ ...
サイクリングを始めてから、自分は「一人で週末を過ごすのがデフォ」で、それを他人がどう思うかはまったく気にしたことがない。

大半のサイクリストの方なら、「うん、ソロライドふつうにするし、全然楽しいよね」、「むしろぼっちライドこそ、サイクリングの原点でしょ」って同意してくださると思うのだが、なんとなくの世間の風潮として、「一人ぼっちで余暇を過ごす」ことに対する揶揄と同情が入り混じったようなネガティブなイメージってあるじゃないですか。

と言いますのも、こないだこんなツイートを見まして…






完全に同意である。

サイクリングは他のスポーツと違って、1人でも複数人でも楽しめる。ほとんどのサイクリストは最初はソロ(仲間がまだいないので)から始め、徐々に交流の輪が広がり、グループライドの面白さに気づき、やがてイベントライドに参加して不特定多数と走る…という順番をたどる。

グループで走る楽しさはソロでは味わえないものでして、同じ趣味を分かち合う人たちと延々とおしゃべりしたり、ワイワイ食事をしたり、苦しい坂では励ましあったり、「しんどかったー!」って笑い合えるのは仲間がいるからこそ。

不思議なもので、伴走者がいると1人では越えられない坂を越えられる。絶対ムリと尻込みした距離が完走できてしまう。物理的に体力がアップしたわけでもなんでもないのに、誰かがそばにいるだけで人はがんばれる。「メンタルってこんなにも人のパフォーマンスに影響を与えるんだ」って、自転車を始めてからわかった。(初心者の頃は、脳では理解できても、内心「…本当かなあ?」って腹落ちしてなかった)

じゃあ、「いつもグループライドしかしないの?」って言われるとそんなことはなく、自分の場合はむしろぼっちライドのほうが圧倒的に多い。10回で7~8回は1人。理由は「ぼっちライドには、ぼっちならではの楽しさがある」からだ。


ということで、1人でサイクリングする楽しさ&醍醐味をまとめてみた。

37-1

ぼっちライドの魅力その1: 誰にも気を使わなくていい

集団だと、どうしても色々配慮せねばならない。ペース、体力の差、ルート選び、メンツの親密度、休憩頻度、食事場所、集合と解散場所、時間配分…。ソロならそれらすべてから解放される。何も考えず、誰とも話さず、頭を空っぽにして無心でペダルを回せる。

なんなら行き先も決めず、どこで何を食べるかとか、どの道を走るかも計画しないまま、サドルにまたがってから、「さて、どっちの方向に走ろうかな…とりあえず荒川CRを北上して、川越にむかうか」くらいのノリで出発する。体力とその瞬間の気分で距離を延長したり、公園に寄って長めに休憩したり。

食事場所も計画せず、腹が減ったらその周辺にある店に入る。たいてい、自転車を駐輪しても目の届くすき家か松屋になってしまうのだが…。人里離れてしまい、お店が見つからなければ、コンビニで買って外で地面に座って食べる。

34

孤独のグルメの主人公、井之頭五郎のセリフで、

モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず、自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで……

というのがある。サイクリングも同じだ。

ただ、一人で走るのはムッチャ楽なぶん、疲れたら終了。「がんばろう」「限界を越えよう」って気にはなれないので、グループで走るときよりも走行距離は短めになってしまう傾向がある。

ぼっちライドの魅力その2: あえてノープランを楽しむ

自分にとって重要なのは、「あえてノープランで出発する」ってこと。フィーリングと瞬間のノリで判断することを楽しむ姿勢で臨む。

旅行に行くときもそうなんですが、自分はあえて観光ガイドブックで情報収集せず、ざっくりな時間配分だけ考えておき、どこに行くかは現地で決める派。ガチガチにスケジュールを組んだって、どうせ思い通りにはいかないんだし、時間が余ったら早めに宿に着いてのんびり風呂に入ればいい…って考えるタイプです。

行き先で迷ったら、飲食店のおじさんとか宿の人に「ここは見とけって場所あります?」「地元の方がオススメする温泉ってどちらですか?」って尋ねて行動する。それで期待はずれだったことはほぼない。下手な観光ガイドブックより、現地の情報の方がよほど信用できるって思う。

いまなら、フェースブックやツイッター経由で信頼性の高い情報を得ることもできる。 

DSC_0369

余談ですが、こういうことないですか?自分がよく知る地元のガイドブックを読み、「おいおい、地元民に深く愛されるアノ名店を取り上げずに、こんなどーでもいいチェーンを載せるのかよ」的なモヤモヤ感。


「無計画すぎる旅行スタイルだな…」と我ながら呆れることもあるけど、仕事じゃないし、誰にも迷惑かけてないし、まあいいかなと。

計画とか目標とか数値分析とか達成度とかPDCAとか振り返りとか評価とかって……有無を言わさず仕事に付随するじゃないですか。どーせ逃げられないじゃないですか。だから、せめて余暇くらいそーゆーものからは解放されたいって心理が作用しているような気がする。

ぼっちライドの魅力その3: 日常ではできない考えごとして、思考を整理できる

映画俳優、ロビン・ウィリアムズは「サイクリングとは動的な瞑想である」という名言を残している。サイクリングの素晴らしさをここまで端的かつ的確に表した言葉はないと思ってて、今後積極的に伝えていくつもり。

>> サイクリングのモチベーションを上げてくれる10個の名言

サイクリング中って無心でありつつも、脳はフル回転してまして、同時進行で色んなことを考えているもの。

IMG_6751_xlarge

瞑想の内容は人それぞれだと思うのだが、自分が考えてしまうのはこんなかんじ

「5年後の仕事人生(やりたいことができてるか?やれてないことはなんだ?どうしたらできるんだ?)」

「子供たちの成長&進路の応援(どんな大人になるんだろう、どんなサポートができるんだろう、どう準備しておこう?)」

「健康と病気予防(事故や病気と無縁でいるためには?死ぬ間際までサイクリングし続けたい、健康寿命を最大化するためにどんな習慣をする&やめるべきだろう、健康診断の結果を見て振り返らなくちゃ)」

「もう何年も会っていない知人、友人、大学時代の同級生、恩師や上司などお世話になった方々の近況(今どうしているんだろう、元気だろうか、連絡を取ってみようか)」

「自分と家族の幸せ(お金とか名誉とか物質的満足とか即物的ではない、もっと根源的なものってなんだろう、日々の忙しさにかまけて大事なことを見失ってないか)の再定義」

あたりですね。


あと、情けないハナシですが、ずっと心にしまってた古い記憶(元カノとか学生時代にフラれた女の子)をほじくり返して、「いま◯◯歳か…結婚しているだろうなぁ…どんな奥さんになって、どこに住んでいるんだろう、子供はいるのかな、幸せになっているのかな、いま道ですれ違ったら互いに気づけるのかな」とかネチネチ考えてしまう。ペダルを回しながら。(自分だけかな…わりと男性ってやると思うんだが…)


出発から帰宅直前まで長時間を考えごとに使えるので、かなり思考の整理ははかどる。サイクリングを終えて帰宅する頃には「日常モード」に切り替わり、スッキリした状態で生活に戻れる。

誰にも何にも邪魔させず、あれやこれや想いを馳せるにはソロライドがベストではなかろーか。悩み事があったら、部屋に閉じこもるのではなく、ぼっちライドがオススメ。ココロもカラダもリフレッシュできます。


以上、ぼっちライドの魅力が伝わるとうれしいです。( ◠‿◠ )


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


サイクルガジェットストア


冬の自転車通勤は辛い。5キロ未満なら汗を(ほぼ)かかずに移動できるが、それ以上になると冬装備が必要になってくる。 ふつうに走るだけでは快適ではない冬の自転車通勤を、ちょっぴり楽しく、有益にするための8つのコツをGlobal Cycling Network が「8 Hacks For Winter ...
冬の自転車通勤は辛い。5キロ未満なら汗を(ほぼ)かかずに移動できるが、それ以上になると冬装備が必要になってくる。

ふつうに走るだけでは快適ではない冬の自転車通勤を、ちょっぴり楽しく、有益にするための8つのコツをGlobal Cycling Network が「8 Hacks For Winter Cycle Commuting」で紹介していたので、自分の経験談も交えてぜんぶで9個紹介しよう。



冬の自転車通勤コツその1:トレーニングとして活用

べつに冬に限った話ではないのだが、通勤そのものをトレーニングと見立てれば、少々の寒さも耐えられるのでは。

まあ、出勤前にどこまでハードに追い込むかって問題はあるので、職場環境に合わせて取り組んでいただきたい。シャワーが完備されている職場はほぼないだろうから、着替えとタオルは必須である。

2017-12-18_07h42_30
/ マットさんの週のプラン \

冬の自転車通勤コツその2:マッドガード(or Ass Saver)を装着

冬の雨天でも自転車通勤する人は(かなり少数派だろうが)、マッドガード(泥除け)を装着すべき。雨天はもちろん、雨天後の濡れた道を走るとおびただしい水しぶきがあがり、背中とお尻とサドルの裏、サドルバッグがびしゃびしゃに濡れる。

そこで便利なのがマッドガード(泥除け)。シートポストに装着するだけで、見た目以上に良い仕事をしてくれる。脱着もラクだし、べつに冬の間は付けっ放しにしておいてもOK。安いのでお財布にもやさしい

2017-12-18_07h43_31

それにしても、Ass Saver ってすごい名称だな…。意味はよくわかるけど…

「Ass Saver 探しているんだけど、どこにあるかしら」
「Ass Saver でしたら各種取り揃えておりますよ。こちらがAss Saver のコーナーです」
「あらステキ、じゃあ可愛らしいこのAss Saver にしようっと」

ってお店でやりとりするのかな…。(恥ずい) 

「back saver」とかではダメなのか。なんか、口にするのも憚られる気がする(^_^;)。

冬の自転車通勤コツその3:信号を逆に利用する(リバースサイコロジー)

街中って信号で頻繁に足止めを食らう。都内なんか、しょっちゅう。冬は停止している間が寒いので、「早く行きたい」って心理になるんだけど、その不都合なシチュエーションを逆利用して、スプリントの練習にする。

2017-12-18_07h44_22

もちろん、安全が確保されている&他の車や通行者の迷惑にならないことが条件だが、それさえ満たせば「より多くカロリー消費できる」&「筋肉に負荷をかけられる」し、ちょっとしたトレーニングになるわけ。物は考えようである。

冬の自転車通勤コツその4:前の日の晩に準備を済ませておく

これ大事。就寝前に荷物や着替えを用意しておくのだ。なんの変哲もないように聞こえるが、朝の5分と就寝前の5分では価値の重みが違う。

ボトルにも水を入れ、バイクにセットしておこう。1年に1回くらいの頻度でやらかすのだが、慌てて家を飛び出し、10分ほど走ったあところで、「ボトル忘れタァーーーーー」ってなることがある(←引き返す時間はない)。結果、自販機で余計な出費をさせられてしまうので、自分は必ずやるようにしている。

2017-12-18_07h44_45

タイヤの空気も前の日の晩に済ませてもかまわないが、自分は当日の朝に入れると決めている。

12

出発直前に入れることを個人的なルーティンにしているためである。この習慣で3年以上パンクしてないので、ゲン担ぎのようなものだ。

冬の自転車通勤コツその5:洋服にシワがつかないように収納するコツ

私服勤務が可能な職場に限った方法だが、Tシャツやカッターシャツを持ち運ぶ場合、そのままバックパックに突っ込むとシワがついてしまう。マットさん直伝の方法は、雑誌を用意し、それを台座にしてシャツを載せ、(汗で染みないよう)ビニール袋で二重に包む。

2017-12-18_07h45_48


2017-12-18_07h46_06

こうするだけで、カンペキではないにせよ、シワがよるのを防げるというわけ。雑誌のぶん、荷物の重量が増すが、まあ許容範囲でしょう。

2017-12-18_07h46_33

持ち運びが面倒なら、職場にパーカーとかシューズを置いておくのもアリ。荷物を極限まで少なくしたい自分はそうしている。

冬の自転車通勤コツその6:バルブキャップは付けっぱなしにする

たいていのローディは、バルブキャップを付けていない。付けておくべき理由がないのがその理由なんだけど、冬に限っては装着しておくのがオススメ。

2017-12-18_07h47_12

イギリスのように雨が多く、濡れた道を走ることが多いと、タイヤが巻き上げた砂ホコリがバルブ先端に固着(or 侵入)して、いざパンク修理するときに「空気が入れられない!」って事態になることも。

自分はいまだかつで、バルブに物が詰まって修理で難儀したことは一度もないけど、湿った地域で走ることが多い方は、覚えておいて損はないと思う。とくに、冬のパンク修理は寒さとの戦いになるし、一刻もはやく終わらせたい修理で立ち往生するのはゼッタイに避けたい。

>> 雨天でもなるべく快適にロードバイクで走るための8つのコツ

冬の自転車通勤コツその7:予備のライトを携行

充電をしっかりしておくのが基本だが、どうしても忘れてしまうこともある。そんなときのために、スペアがあると心強い。USB充電タイプだと職場のPCで仕事中に満充電できるので便利だが、途中で切れたときに困る。

2017-12-18_07h48_30

その逆で、乾電池タイプのライトであれば、コンビニにかけこめばナントカなる。どちらがベターかは一概に決められないので、好みで使い分けてほしい。ちなみに自分はもともと乾電池タイプを使っていたが、今はフロントライトもリアフラッシャーもUSBタイプで統一している。 

あと、ライドに出かけるときは外付けバッテリーを保険として携行し、PCがなくてもいつでも充電できる状態をつくっている。この方法で電池切れで困ったことは一回もない。

あと、冬に限らない話だが、フロントライトだけでなく、リアフラッシャー(つまり前後)もぜったいに装着してほしい。後方から走り抜けていく車、バスに対して自分の存在を知ってもらうためである。
※なお、自分は、フロントよりリアのライトにクオリティの高いモノを買うようにしている。

39
/ Knog のBlinder Mini を愛用(明るさは申し分なし&しかも完全防水) \

冬の自転車通勤コツその8:シングルスピードのバイクという選択肢

地形と走行距離によるが、短距離で平坦な場所に住んでいるなら、シングルスピードのシティバイクを「通勤専用マシン」と決めてしまうのも一つの方法。シンプルな構造ゆえ、故障の心配がぐっと減るし、パーツ交換とか劣化に悩まされることもない。

2017-12-18_07h47_40

冬の自転車通勤コツその9:厳寒期は温めの白湯をボトルに入れることも

真冬の5度以下で通勤するときに自分がやっているのが、水ではなくお湯をボトルに入れるパターン。寒空の下で冷水が胃袋に入るとヒヤッとするけど、お湯ならば多少なりとも暖がとれてグッド。(まあ、40分ほど過ぎるとただの水に変わってしまうのだが…)

25


以上、Global Cycling Network の「冬の自転車通勤をより快適にするコツ8つ(8 Hacks For Winter Cycle Commuting)」の翻訳と、個人的に実践しているコツのご紹介でした。


>> 自転車通勤を快適にする10個のテクニック


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア はこちた(*^^*)

自転車をかっこよく撮影する角度とか、向きってすでに手法が確立されているような気がしてまして、色んな人やメディアがハウツーを書いていたりしますね。 こんな記事とか ↓ 【写真】自転車を綺麗にカメラ撮影するためのコツ教えます〜初級編〜(FRAME) 自分が気に ...
自転車をかっこよく撮影する角度とか、向きってすでに手法が確立されているような気がしてまして、色んな人やメディアがハウツーを書いていたりしますね。

こんな記事とか

【写真】自転車を綺麗にカメラ撮影するためのコツ教えます〜初級編〜(FRAME)

自分が気にしているのは、角度よりも「光の当たり方」。フレームとコンポーネントがキラッと輝きつつも、ギラギラ反射しないくらいの光量と角度を探して撮影する。

25

個人的には真横からよりも多少角度をつけたほうがカッコ良いと思うので、斜め前(&後ろ)から撮る。


09

あと、地面に近い場所までカメラを落とすのもちょっぴり迫力が出るのでオススメ。

ただですね、バイク全体の撮影はこのようにセオリーがあるものの、”ホイール単体”での撮影って難しくないですか?フレームに装着された状態ではなく、ホイールのみでの撮影は意外に方法もなければ、これといったコツもないのだが、CyclingTips.comの「Campagnolo Bora Ultra 50 carbon clincher wheelset review」を読んでいて、「この撮影方法があったか!」と目からウロコが落ちた。

ということで、ホイールを単体でステキに撮影できる方法をご紹介しよう。

ひらけた場所に行く

家の前ではなく、ちょっと足を伸ばして水辺を目指す。川でもいいし、湖でもよい。近くに水辺がないのなら、山でもOK。背景がゴチャゴチャしておらず、抜けた空間を選ぶ。自分は荒川まで行ってみた。

49

上記記事では水辺ギリギリまで迫っているが、さすがにここまでのロケーションは難しいかもしれない。

人の字を描くように、ホイールを互いに立てかける

両輪を外し、人の字を描くようにもたれかけさせ合い、バランスをとる。

17

「そっか、この方法は思いつかなかったな~、ホイールは壁か何かに立てかけるものだと決めつけていたもんな~」って思った方、少なくないのでは。自分もそうだった。

答えを知るとなんだそんなことかってレベルの話なんですが、何気に「なるほど!」じゃないでしょうか。

アスファルトの上だとちょっとでも斜度があると倒れやすいので注意。草の上だと塩梅が良い。20インチのミニベロホイールでも同じことはできるが、700cのロードホイールよりもさらにバランスがシビアではある。

23
/ スコーンと抜けた背景をバックに \

バランスがとれたら、お好きな角度から撮影するだけ。背景を意識しつつ撮りましょう。


56
/ そそり立つシャマルミレ \

低めの位置から空を入れるように撮るのが個人的なお気に入り。


40
/ 寄ってみるのも良い \


余談だが、自分がいまもっとも「いいな…」と思っているのは、BORA ONEのカーボンクリンチャーホイール(リムハイト35ミリ)。

1年前までは、「カーボンクリンチャーって、構造上どうしてもチューブラーより重くなるし、アルミクリンチャーと結局大差ない重量になってしまうから、やや中途半端な存在に思えてしまって大金払ってまで買う必要性を感じないかな…。チューブラーが良いのはわかるんだけど、メンテナンス性とコスト面でちょっと…」と思ってて、「つまるところ、アルミクリンチャーしかないのか」って考えていたのだが、ちょっと考えが変わってきた。

理由は、タイレルのCSIでバトンホイールを使い始めた(2017年3月から)から。10ヶ月ほど使ってみて、なんのデメリットも感じない。

26 HDR

カーボンリムをダウンヒルでずっとブレーキングしていると熱を帯びてしまうって声は聞いていたけど、富士山五合目から河口湖駅までの30キロを一気に下ってもなんともなかった(気にしながら走りはしたが)し、これまで何回もヒルクライム&ダウンヒルを繰り返しているけど、やはり問題は起きていない。ブレーキの効きもべつに悪くないので、怖い思いをしたこともない。

今持っているシャマルミレが100点満点のホイールなので、いますぐどうこうする計画はない。ただ、「BORA ONEのカーボンクリンチャーホイール……リムハイト高め(35ミリ)でかっこいいなぁ…」と夢を見ている。

リムハイトが50ミリのタイプもあるけど、重量増になってヒルクライム向きではないのと、横風の影響を受けやすい。個人的な(性能とルックスの)ベストバランスは35ミリ。


33

ということで、ホイールを新調されたら、この方法で写真撮影を堪能されてはいかがでしょうか?

撮影中、「この人、パンク修理するでもなしに何してんの・・・?」という視線が痛かったです…。 (*´-`)


>> カーボンホイールにはどんな価値があるのか?本当に買いなのか?(Cycling Tips.com記事の翻訳紹介)

>> 妻にロードバイクのホイール購入を理解させ、さらには許可までスムーズにもらう方法

>> カンパニョーロ(シャマルミレ)のブレーキシューを交換&19か月めのインプレ



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


サイクルガジェットストア はこちらであります(`・ω・´)ゞ


自転車での事故、起こしたくないし、巻き込まれたくないですよね。 皆様は常々安全運転されていらっしゃるとは思うのだが、いくら注意しても注意し過ぎってことはないです。世界各地で起きた自転車事故の瞬間をまとめてみました。 左折しようとした車が自転車を見落と ...
自転車での事故、起こしたくないし、巻き込まれたくないですよね。

皆様は常々安全運転されていらっしゃるとは思うのだが、いくら注意しても注意し過ぎってことはないです。世界各地で起きた自転車事故の瞬間をまとめてみました。

左折しようとした車が自転車を見落として巻き込む



事故発生時間: すぐ

場所:アイルランド

事故状況:
路肩に寄せて駐車しようとした車と並走していた自転車が接触した。互いに低スピードだったのでケガもなく、自転車も(おそらく)ノートラブルで済んだ事故。

学びのポイント:
車の左斜め後ろ(つまりドライバーの対角線上)を走っていた自転車は、Cピラーが死角となって見落とされた可能性が高い。サイクリストは車の左後ろを走るとき、「ドライバーから見えていない」ことを意識した方が良いという事例。

>> ロードバイク乗りは、クルマの死角に気をつけろ!(後方視界編)

車が突然後方から現れ、サイクリストをなぎ倒して逃走



事故発生時間: 2分40秒

場所:不明

事故状況:
右側レーンを走っていたサイクリストが、後方から突然現れた車に弾き飛ばされ、落車。すぐ後ろを走っていた(撮影していた)ほうも落車。サイクリストはきちんと側道を走っていたので非はない。

ドライバーは脇見運転をしていた可能性もあるが、動画とコメント欄を見る限り、ドライバーはそのまま逃走したようだ。海外では「サイクリストを目の敵にして暴言を吐いたり、わざと幅寄せして怖い目に合わせたり、最悪今回の事故のように接触してくることもある。

落車したサイクリストらは大きなケガはなかったようで、まずはなにより。それにしてもヘルメットの有用さがよく分かる動画であった。(着用してなかったらかなりヤバかった)

学びのポイント:
ドライバー側の悪意のある接触(だったとしたら)、避けようがない…。自己防衛にも限度がある。そういう意味では、ヘルメットは大事だということ。そしてドライバーレコーダー(の自転車版)を付けていると、裁判の証拠として提出できるであろう。

ダウンヒルのコーナーでブレーキングしてスリップ転倒



事故発生時間: 6分15秒

場所:スイス

事故状況:
かなりのハイスピードでダウンヒルする数名のサイクリスト。正直、再生した瞬間から「速い…速いよ…この状況で落車したらタダでは済まない速度域だよ…」とビクビクしながら観ていた。

車が少ないとはいえ、車線をまんべんなく使い切り、ときには反対側車線まで飛び出してS字コーナーをクリアしていくのは、「スピード出しすぎちゃうか…。つか、ダメだよ、危ないよ…」としか言いようがない。

右コーナーにつっこみ、コーナリング中にブレーキングしたようで、タイヤがグリップを失って右側に激しく落車。両ブラケットが激しく曲がり、バイクも損傷した可能性が高い。仲間に介抱されていたサイクリストは右肩と右足を傷めたようで、かなり痛そうな表情を浮かべていらっしゃった。 落車したバイクのすぐ後ろを別の仲間が走っていたようだが、車間距離が十分にあったようで巻き込まれはしなかったのが不幸中の幸い。

学びのポイント:
  • スピードは出し過ぎない!
  • コーナー進入前に十分に減速しておく(コーナリング中はブレーキせずに済むよう)
  • ヘルメットは何が何でも着用する
  • (グループ走行の場合)車間距離は広くとる

車と車の間をすり抜けようとしたとき、ドアが開いて接触転倒



事故発生時間: 10秒

場所:不明

事故状況:
赤信号で停止していた車の横を通過しようとしたサイクリストが、前触れ無く開いたリアドアに弾かれて転倒。ドアの開く瞬間と、サイクリストが運悪く鉢合わせしてしまった不幸なパターン。

コメント欄を読むと、車側(ドアを開けた女の子)を避難する声と、「赤信号なんだから、自転車もおとなしく停止しておくべきだった」と、サイクリストを避難する声が半々……といったところか。

この状況はタクシーでよくあるが、乗用車でもふつうに起こり得る。ドライバーはドアを開ける前に後方を確認する習慣があるものだが、免許を持っていない人はバックミラーで後方確認するクセが身についておらず、ガバッと大胆にドアを開くことがある。

学びのポイント:
  • 車のドアが開くかもしれない…と考えながら通過したい(常には難しいが)
  • 狭い場所ではムリに車の前に出ようとしない


安全運転で事故のないサイクリングをお楽しみくださいませ…。
m(__)m


>> 【注意一秒ケガ一生、ヘタしたら命落とす】 自転車事故コンピレーション その9
>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その8
>> 【事故動画を見て学ぶ】 ロードバイクの事故コンピレーション7
>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その6
>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その5
>> 【事故動画から学ぼう】 自転車事故コンピレーション その4
>> 【対岸の火事ではない】 自転車事故動画コンピレーション その3
>> 【注意一秒、ケガ一生】 海外の自転車の事故動画コンピレーション その2
>> 【明日は我が身かもよ?】 ロードバイクの事故動画コンピレーション


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


サイクルガジェットストア もひっそりやってます(^^)