サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ

ロードバイクとミニベロ、小径車について、徹底的にユーザー視点で初心者向けに解説するブログ。パーツのインプレッションや輪行のコツも取り上げます。

カテゴリ: 自転車テクニック

ロードバイクのメーカーって、サイクリストであっても「どこにどれだけあるか」あまりご存知ないのではないだろうか。 発信力、広告力のある自動車メーカーだと認知度も高いので、エンスーな人でなくても「トヨタ、日産、本田にマツダ、三菱、スバル、ダイハツ、スズキ… ...
ロードバイクのメーカーって、サイクリストであっても「どこにどれだけあるか」あまりご存知ないのではないだろうか。

発信力、広告力のある自動車メーカーだと認知度も高いので、エンスーな人でなくても「トヨタ、日産、本田にマツダ、三菱、スバル、ダイハツ、スズキ…」って空で言えると思う。
※町中に溢れてますしね、クルマは

34

ところがロードバイクは真逆でして、沼にはまったサイクリスト以外だと、びっくりするほど知られていない。メカやいじることに興味がなく、走るだけのサイクリスト(たとえばオクサマ)ですと、

「パナソニックが自転車作ってんの!?」
「ブリジストンってタイヤメーカーでしょ?え、アンカー?なにそれ」
「台湾で自転車って作られているんだ!?」
「私が乗ってるダホンってどこの国がメーカーなの?」

ってな感じでして、彼女はそもそもどの国にどんなメーカーがあるかすら関心がない。


2013年に、独断と偏見で自転車メーカーのブランドイメージを書いたことがあるが、かなり主観入りまくりで今読むと「我ながら、なんだこれ…」ってなってしまう。

そこで、新規記事として現在存在するであろうロードバイクメーカーをアルファベット順に並べ、紹介文とリンクをつけてまとめてみました。

ソースは「ロードバイクカタログ2016」なので1年前の情報なんですが、ほぼほぼあっていると思います。
GRAPHITE DESIGN|グラファイトデザインは2016年1月に自転車事業を休止したので非掲載

57-1


Alan 【アラン:イタリア】
1972年生まれのイタリアンブランド。世界で初のアルミニウムフレームを作った会社である。

All-City 【オールシティ:アメリカ】
2009年生まれの比較的新しいブランド。ピスト中心だったが、ロードバイクやシクロクロスも展開中。

Anchor 【アンカー:日本】
ご存知、ブリジストン。ブリジストンという社名は知られているけど、アンカーに知名度はサイクリスト以外は低いような気がする。

Araya 【アラヤ:日本】
1903年創業。100年以上の歴史を持つ老舗。トラディショナルなバイクを作っている。

Argon 18 【アルゴンエイティーン:カナダ】
1989年創業の比較的新しいメーカー。カナダの元選手のジャーベス・リューが興した。BOMAを買う前、ちょっとだけ検討したことがある。TTバイクも作っている。

Author Bicycles【アーサー:チェコ共和国】
チェコ共和国にメーカーがあったとは。1993年創業。オフロード系に強い。

Avedio 【エヴァディオ:日本】
カーボン、チタン、アルミで展開。2004年創業。

Basso 【バッソ:イタリア】
1979年誕生の中堅ブランド。イタリアブランドながら、ドイツマーケットを意識して作られているそうな。

BH Bikes 【ビーエイチバイクス:スペイン】
1909年にスペインで創業。元は拳銃などの小火器メーカー。1920年代に自転車の製造を開始。

49

Bianchi 【ビアンキ:イタリア】
1885年にエドアルド・ビアンキが始めた自転車店が起源。最古参自転車メーカー。天空を意味するチェレステカラーがあまりにも有名。非サイクリスト間のビアンキの認知度は特出しているような気がする。

BMC 【ビーエムシー:スイス】
1994年に開始の比較的新しいメーカー。BMCは「バイク・マニュファクチュアリング・カンパニー」の略。100%スイスメイド。

Bob Jackson 【ボブジャクソン:イギリス】
1935年創設のハンドメイド工房。

Boma 【ボーマ:日本】
カーボン繊維商社ASKトレーディングが2006年に開始したブランド。BOMAは人馬一体の乗り心地を目指し、「望馬」と名付けられた。

IMGP2077

Bootleg 【ブートレッグ:イタリア】
チネリがプロデュースするブランド。カラーはすべてマットブラックという特徴がある。

Bottecchia 【ボッテキア:イタリア】
ツール・ド・フランスで勝利した最初のイタリア人、オッタビオ・ボッテキアの名前を冠したブランド。100年以上の歴史がある老舗。

Bread Winner Cycles 【ブレッドウィナーサイクルズ:アメリカ】
オレゴン州ポートランドが拠点のブランド。

Bruno 【ブルーノ:スイス】
2004年にスイスの元選手、ブルーノ・ダルシーとダイアテック社が開発したブランド。ミニベロが中心のラインナップ。

Calamita 【カラミータ:日本】
アクションスポーツが立ち上げたブランド。カラミータとは「磁石」の意味。

Cannondale 【キャノンデール:アメリカ】
1971年にコネチカット州で創設された。アルミフレームで有名。BB30という規格も作っている。

Canyon 【キャニオン:ドイツ】
直接販売専門のブランド。アッセンブルはドイツで行われる。

IMGP2094

Carrera 【カレラ:イタリア】
イタリアのポディウム社傘下のブランド。レース中心のラインナップである。 娘がベタ惚れしているメーカー。PHIBRA EVOというモデルが欲しくてたまらないそうな。

Casati 【カザーティ:イタリア】
イタリアの家族経営でのブランド。日本ではクロモリが人気だが、カーボンやアルミフレームも生産している。

Ceepo 【シーポ:日本】
日本人トライアスリートの田中信之氏がプロデュースするブランド。てっきりイタリアかと想像してたら日本でした。

Centurion 【センチュリオン:ドイツ】
1976年誕生の中堅ブランド。2000年にメリダと提携している。

Cervelo 【サーベロ:カナダ】
1995年にカナダのトロントで生まれた。エアロダイナミクスを追求したフレームが特徴。軽さを追求した「R」、スピード重視の「S」、TTシリーズの「P」の3ラインナップを用意する。

Charge Bikes 【チャージバイクス:イギリス】
2005年誕生のブランド。「シンプル、モダン」がコンセプト。クロモリ中心のラインナップだが、MTBではチタンも取り扱う。

Charibu 【チャリブ:日本】
ウェブサイトが見つかりませんでした…。 大阪市にあるツーペダルがプロデュースするブランド。ハンドメイドクロモリを生産している。

Cherubim 【ケルビム:日本】
東京都町田市の工房のハンドメイドブランド。競輪選手の評価も高い。

Cielo 【シエロ:アメリカ】
ハブ&ヘッドパーツメーカーで知られるクリス・キングが手がけるハンドメイドブランド。

Cinelli 【チネリ:イタリア】
1948年にチーノ・チネリが立ち上げたブランド。

Ciocc 【チョッチ:イタリア】
1967年生まれのブランド。イタリアの職人が今も製作している。響きが可愛らしい。

Cipollini 【チポッリーニ:イタリア】
スプリンターのマリオ・チッポリーニがプロデュースするブランド。

Colnago 【コルナゴ:イタリア】
エルネスト・コルナゴのブランド。

52

Corratec 【コラテック:ドイツ】
ドイツ中堅ブランド。

Cyfac 【シファック:フランス】
サイファックではなく、シファックと読む。1983年生まれのフランスのハンドメイドブランド。

Daccordi 【ダッコルディ:イタリア】
イタリアはトスカーナ地方が拠点。1937年創業の老舗ハンドメイドブランド。すべての工程をイタリアで行う。

Dare 【ディアー:台湾】
元々は有名ブランドのOEMを手がけていたが、2011年に立ち上げたブランド。

Dedacciai Strada 【デダチャイストラーダ:イタリア】
世界有数のチューブメーカー。

De Rosa 【デローザ:イタリア】
1953年にウーゴ・デローザ氏が始めたブランド。スチールフレームの「ネオ・プリマート」は根強い人気がある。

IMGP2041

Dobbat's 【ドバッツ:日本】
1987年創業の愛知県のブランド。

Eddy Merckx 【エディ・メルクス:ベルギー】
エディ・メルクスが立ち上げたブランド。

Emperor 【エンペラー:日本】
丸石サイクルが展開するブランド。

Fairdale 【フェアデール:アメリカ】
BMX界レジェンドのタジ・ミヘリックによるブランド。

Felt 【フェルト:ドイツ】
ジム・フェルトが立ち上げたブランド。

Ferro 【フェロ:イタリア】
イタリアのオーダーメイドブランド。

Focus 【フォーカス:ドイツ】
元シクロクロス世界チャンピオンのマイク・クルーゲによって1992年に生まれたブランド。

Fondriest 【フォンドリエスト:イタリア】
ウリツィ・オフォンドリエスト氏が1991年に始めたブランド。

Fuji 【フジ:アメリカ】
1899年創業時は日本ブランドだったが、今は米国資本。

Gan Well 【ガンウェル:日本】
岩井紹介のオリジナルブランド。

Garneau 【ガノー:カナダ】
元選手のルイ・ガノによるブランド。

Ghisallo 【ギザロ:日本】
深谷産業のオリジナルブランド。イタリアにあるサイクリストを加護するギザッロ教会が由来。

Giant 【ジャイアント:台湾】
1972年に台湾に創設された。ジャイアントブランドは1989年生まれ。それまではOEMが中心だった。

Gios 【ジオス:イタリア】
ブルーがトレードマークのブランド。トルミーソ・ジオスが1948年にトリノで創業。

GT 【ジーティー:アメリカ】
ゲーリー・ターナーが1973年に息子のBMXを作ったのが始まり。BMX、MTB、今はロードバイクも生産する。

Guerciotti 【グエルチョッティ:イタリア】
パオロ・グエルチョッティの名前を冠したブランド。

55

GURU 【グル:カナダ】
ウェブサイト見つからず カナダのモントリオール拠点ブランド。

Gusto 【グスト:台湾】
2006年の台湾生まれ。元々は携帯電話やパソコンの部品を作っていた。ファミレスのガストと同じスペル。

H
なし

Ibis 【アイビス:アメリカ】
MTBのイメージが強いが、シクロクロスも作るサンフランシスコのブランド。

Jamis 【ジェイミス:アメリカ】
1937年の老舗アメリカンブランド。

Kemo 【ケモ:イタリア】
2001年に創業のイタリアンブランド。開発はスイス、アッセンブルはイタリアで行う。

35

Khodaa Bloom 【コーダーブルーム:日本】
2008年誕生の日本ブランド。カジュアルバイクから始まったが、ロードフレームも作っている。

KHS 【ケイ・エイチ・エス:アメリカ】
カリフォルニア生まれのブランド。MTB、ロードバイクだけでなく、ミニベロも有名。

07

Koga 【コガ:オランダ】
1974年誕生のオランダのブランド。社名は創業者と彼の妻から2文字づつとったもの。

Kona 【コナ:カナダ】
1988年にカナダで誕生。MTB、シクロクロスに強い。

Kuota 【クォータ:イタリア】
2001年にイタリアで生まれたブランド。

Lapierre 【ラピエール:フランス】
フランスの老舗ブランド。

Light Cycle 【サイトサイクル:日本】
東京都江戸川区小松川にあるライトサイクルというショップのオリジナルブランド。

Litespeed 【ライトスピード:アメリカ】
ロードバイクやマウンテンバイクの製造を行っている。チタンフレームの制作を得意としているが、ラインナップにはカーボンモデルも存在する。

LIV 【リブ:台湾】
女性サイクリストのためのサイクリングブランド。母体はジャイアント。

LOOK 【ルック:フランス】
フランス・ヌヴェールに本社を置く。カーボンを独自の製法でカーボンチューブに仕上げる行程まで自社工場でハンドメイドできる、数少ないメーカーの一つ。世界で初めてビンディングペダルを実用化した。

Louis Garneau 【ルイガノ:カナダ】
カナダに拠点を置くスポーツ用品メーカー。特に自転車用品の品揃えが充実していることで知られる。また、自社ブランドのスポーツ自転車も販売している。創業者であるルイ・ガノーは、カナダ勲章やケベック勲章などを授与されている著名人でもある。

Luft Flotte 【ルフト フロッテ:日本】
石虎堂のオリジナルブランド。ドイツ語で「航空艦隊」を意味する。

Manhattan Bike 【マンハッタンバイク:アメリカ】
カリフォルニアのマンハッタンビーチで生まれたビーチクルーザーブランド。マークにはニューヨークの摩天楼が描かれている。

Marin Bikes 【マリンバイクス:アメリカ】
アメリカ合衆国の自転車メーカー。1986年サンフランシスコ郊外マリン郡で設立された。 究極のマウンテンバイクを追求し、1987年にはチタンフレームで “Bike of Year”に輝いている。

MASI 【マジィ:イタリア】
ファリエーロ・マジィ氏が1949年に立ち上げたブランド。イタリア屈指の工房。

MBK 【エムビーケー:フランス】
1923年創業。1984年にヤマハモーターグループの仲間になる。

Merida 【メリダ:台湾】
1972年創業。2012年現在台湾第二の自転車メーカーで、ジャイアント・マニュファクチャリングに次ぐ。製造工場のある台湾本社の他、1998年にドイツのシュトゥットガルト近郊のマグシュタッドにある。

22 HDR

Miyata Sports 【ミヤタスポーツ:日本】
2013年に始まったミヤタの新ブランド。

Momentum 【モーメンタム:日本】
ホダカが2013年に立ち上げたライフサイクル系ブランド。

Mongoose 【マングース:アメリカ】
BMXの元祖ブランド。

Mont-Bell 【モンベル:日本】
1975年創業の日本のアウトドア総合メーカー。 じつはロードバイクも作っている。本社所在地は、大阪府大阪市西区。

Moots 【ムーツ:アメリカ】
1981年コロラドで生まれたチタン専門フレームメーカー。

Muller 【ミュラー:日本】
2011年にスタートした日本ブランド。クロモリ、チタン、ステンレスといった金属フレームを専門とする。

Neillpryde 【ニールプライド:ニュージーランド】
1970年創業。BMWグループや有名デザイナーと共同開発もする。

Nest 【ネスト:日本】
マルキン自転車のブランド。

Officina Battaglin 【オフィチーナバッタリン:イタリア】
イタリア北西部、マロースティカの街で、職人の手により時間をかけて手作りされる、非常に生産効率の悪い(←自称)ロードフレーム。

Ogre 【オーガ:日本】
ウェブサイト見つからず 京都のチタンフレームブランド。

One By Esu 【ワンバイエス:日本】
東京サンエスのブランド。

Orbea 【オルベア:スペイン】
スペインのバスク地方が拠点。フレームは生涯保証アリ。

Panasonic 【パナソニック:日本】
日本の老舗バイクブランド。POSシステムが有名。80年台にはオランダのチームをサポートし、ステージ優勝にも貢献。

56

Parlee 【パーリー:アメリカ】
ハイエンドカーボンを手がけるアメリカンブランド。

Pennarola 【ペンナローラ:イタリア】
ROBERTO PENNAROLA氏が1985年、自らの名前を冠した工房をトリノに立ち上げた。

Pinarello 【ピナレロ:イタリア】
イタリアのLVMH傘下の自転車会社。名門ロードバイクメーカーであり、他にもトラックレーサー、クロスバイク、トライアスロン用自転車、シティサイクルやMTB子供用自転車も製造や企画販売する。 1953年、ジョヴァンニ・ピナレロによって興されたブランド。

03

Q
なし

Raleigh 【ラレー:イギリス】
イギリスの伝統的ブランド。

Ravanello 【ラバネロ:日本】
イタリアで大根の意味。高村製作所のある東京都練馬区の名物「練馬大根」が由来。ヘッドマークも大根。

10

Ridley 【リドレー:ベルギー】
1990年誕生の若いブランドだが、いまやベルギーを代表する規模に成長。

06

Ritchey 【リッチー:アメリカ】
MTB選手のトム・リッチーのブランド。

Riteway 【ライトウェイ:日本】
池袋拠点のライトウェイプロダクツのライフスタイル系ブランド。

Rivendell 【リーベンデール:アメリカ】
サンフランシスコのブランド。

Royal Norton 【ロイヤルノートン:日本】
ノートン自転車工業のブランド。

RTS 【アールティーエス:スペイン】
2005年生まれのカーボン専門ブランド。

Salsa 【サルサ:アメリカ】
ファットバイクで有名。

Sarto 【サート:イタリア】
イタリアに工房があるブランド。

Schwinn 【シュウィン:アメリカ】
アメリカの老舗ブランド。1895年生まれ。

Scott 【スコット:スイス】
1958年にエド・スコット氏が始めたブランド。

Seven 【セブン:アメリカ】
アメリカのボストンが拠点のブランド。チタンとカーボンを組み合わせたフレームを作る珍しいメーカー。

Soma Fabrications 【ソーマファブリケーションズ:アメリカ】
サンフランシスコのブランド。

Somec 【ソメック:イタリア】
1973年誕生のイタリアンブランド。

Specialized 【スペシャライズド:アメリカ】
マイク・シンヤード氏による総合ブランド。

Storck 【ストーク:ドイツ】
1995年にマーカス・ストーク氏が作ったブランド。

Surly 【サーリー:アメリカ】
ツーリングやファットバイク系で有名。

Tacurino 【タクリーノ:日本】
ダイニングバー「タクリーノ」のオーナー上坂卓郎氏が手がけるブランド。

Testach 【テスタッチ:日本】
東京サンエスWESTと東洋フレームのコラボレーションブランド。

The Park 【ザパーク:日本】
東洋フレームが展開するコンフォート系ブランド。

Thompson 【トンプソン:ベルギー】
1921年創業のベルギーブランド。

Time 【タイム:フランス】
ビンディングペダルでも知られる高級ブランド。TVT社が2つに別れた片方。(もう片方はLOOK)

TNI 【ティーエヌアイ:アメリカ】
ウェブサイト見つからず。カリフォルニア拠点のブランド。「テクノロジー・ニーズ・アイデア」の略。

Tommasini 【トマジーニ:イタリア】
イタリアンスチールブランド。本社はイタリアのトスカーナ州。トマジーニ一族の畑でとれるオリーブオイルも有名。

30

TOYO 【トーヨー:日本】
リッチーやテスタッチのOEMも手がける。日本を代表するハンドメイドフレームメーカー。

Trek 【トレック:アメリカ】
1976年ウィンスコン州で誕生したブランド。

Trigon 【トライゴン:台湾】
台湾のカーボンパーツメーカーでもある。

Tyrell 【タイレル:日本】
2004年にアイヴエモーション社により設立された日本(香川)ブランド。ミニベロが有名だがRXというクロモリロードバイクも作っている。

13

U
なし

Vigore 【ビゴーレ:日本】
1930年に京都で創業した老舗ブランド。完全受注生産。

Wilier 【ウィリエール:イタリア】
性格には「ウィリエール・トリエスティーナ(Wilier Triestina)」。1906年にイタリアで創業。第二次世界大戦後に自転車に参入。1948年にジロ・デ・イタリア制覇。

WR Compositi 【ダブリューアール・コンポジッティ:イタリア】
イタリアでも屈指のカーボン製造技術を持つ。

X
なし

Yamaha 【ヤマハ:日本】
電気アシストロードバイクを製造。

30

Yonex 【ヨネックス:日本】
東京都文京区に本社を置くスポーツ用品メーカー。カーボン成形において世界トップレベルの技術力を誇り、特にバドミントン用品に関しては、世界的に圧倒的なシェアを持つ。近年ではそのカーボン技術を応用し、スノーボードやゴルフといったスポーツに事業を多角化している。

Zambikes 【ザンバイクス:ザンビア】
バンブー(竹)を素材としたフレームを作る。アフリカ南部のザンビアの首都、ルサカで創業。



抜け漏れありましたら、コメント欄にてお知らせくださいますと幸いです…。
m(__)m



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


社会人を続けていると、2ヶ月に1回くらいの頻度で「心が荒むわー、ストレスマックスだわー」ってなるものだ(ですよね?)。 いや、仕事は好きだし、情熱的に取り組んでおります。ただ、心がマイナスに向かう瞬間もあるにはあるじゃないですか。きっと、どんな仕事をされ ...
社会人を続けていると、2ヶ月に1回くらいの頻度で「心が荒むわー、ストレスマックスだわー」ってなるものだ(ですよね?)。

いや、仕事は好きだし、情熱的に取り組んでおります。ただ、心がマイナスに向かう瞬間もあるにはあるじゃないですか。きっと、どんな仕事をされている方であってもそれは同じなような気がする。楽なお仕事なんてないですもんね。

で、ストレスがマックスになったときに自分が決まってやるのが、「自転車でなるべく遠くに行く」こと。自分にとってのベストのストレス解消法がコレ。

55
/ 川越の小江戸は好きな場所(不思議と飽きない) \

カギは”なるべく遠く”でして、生活圏内ではなくできれば県外に。行き先はどこでもよくて、そこは重要ではない。(埼玉県在住&東京都勤務なので、行き先は自ずと埼玉北部、栃木、群馬、山梨方面になります。神奈川の三浦半島もお気に入りの場所)

そんなある日ツイッターで見た、「120%同意するわ…」ってヒザを叩きまくったツイートがこちら。






生活圏内からなるべく離れ、遠くにいくのが気分転換に効くと思う。家から15分のスーパー銭湯でも悪くはないんだけど、「生活圏外へと脱出する」ことで癒やし効果が倍増する。

日帰り温泉(プチ日帰り旅行)は

  • 非日常を感じられる距離感
  • 身体が喜ぶアクティビティ(風呂)
  • 美味しい食事

がセットになることで、ストレス発散できる。しかも、泊まりよりもはるかにお財布に優しい。

R0000160
/ ヤビツ峠です \

で、ここに「サイクリング」が加わることで最強コンボになると思うの。サイクリングして疲れた&汗まみれの体をお湯にひたすのって、まじで極楽。ただ温泉に入るよりも、有り難みの振り幅が強烈なのです。

サイクリング (`・ω・´)ゞ

ヘトヘトになる /(^o^)\

温泉 ~~~ (-∀- ) ~~~

うたた寝 (˘ω˘)

食事 ヽ(´エ`)ノ

これを週末にやると、翌週丸々「仕事がんばろ!」ってキモチを維持できる。効果が1週間持続するので超オススメ。

ただ、輪行もしくは車でないと温泉とのセットはしにくいかもしれない…。サイクリングして風呂に入り、濡れたサイクルウェアをまた着て走る…ことはできないわけではない。が、実際問題として身体は冷えるし(冬はなおさら)、睡魔に襲われて走るどころではない状態になることも。

あと、夏場は夏場で、「ビブショーツとジャージをもっかい身につけるのか…なんだろう、一度脱いだ汗まみれの服を着るときのなんともいえない不快感は…」 ってなりますからね。

12 HDR


経験上、入浴後はすぐに走りだそうって気分にはならない。身も心もいったん休憩モードにリセットされてしまうと、リブートするのがけっこうハードなのよね…。(休憩コーナーで一度でも横になろうものならまずアウト)

自走だと、どうしても緊張感が終日続くような、気を張り続けていなければならないよーな気がする(自分だけかな…)。走りのみを満喫するには自走が最適なんだけど、ストレス発散して気分転換したいときは、お風呂に寄り道しやすい車の輪行がマッチしているかなと。

「いざとなったら車内で仮眠とればいいや」の安心感はすごく大きい。遠方ならなおさら。

ちなみに自分は「雨続きで身体がなまっているなあ。運動不足でイライラするなあ」ってときは、自走で長距離を走るコースを選び、なるべく走行距離を稼ぐ。

逆に「精神的に来てるわ…心のタイムアウトがほしい…」ってなったら、パンダにバイクを載せ、どこでもいいから高速道路を飛ばして越境する。

越境しないまでも、青梅(東京都西部)か秩父(埼玉県北部)まで行けば風景が一変するので、群馬か山梨に来たような感覚が味わえる。

48

自分にとってのほどよい日帰り旅行の場所は秩父でして、「満願の湯」が大のお気に入り。源泉100パーセント(水風呂まで!)で露天からの川の眺めも良い。内湯も露天も広く、湯加減も熱くなくぬるくない、ちょうどいい湯加減。対岸に道路や民家はなく、安心して柵の前で仁王立ちできる。



ここでひとつ「越境サイクリングを100%楽しむ極意」を披露したい。ズバリ、「人気の観光地はあえて外す」である。

むっちゃ遠くに行く必要はないし、誰もが知る人気有名温泉地である必要もない。たとえば紅葉シーズンに日光や箱根に行くと、どーしたって観光客でごった返すし、車の数も多くて走りにくいじゃないですか。


そこで、

  • ガイドブックで特集されるような人気観光地ではなく
  • これといった名物があるわけでもないが
  • まあまあ風情があるそこそこの地方都市


で良さげな温泉を探す!これである。

要するに、人が積極的には行かない場所をあえて選び、そこでささやかな楽しみを得る…手法ですね。


「え!こんな場所に悪くない温泉があるじゃん…」

「設備は古くて垢抜けないけど、露天からの景色は風情があっていいなあ…」

「聞いたこともない道の駅があるぞ…寄ってみるか…野菜がデカくて安いわぁ…」

「地方の個人店の中華屋さんって、ファミレスでは味わえない家庭感というか、オカンのご飯食べているような安心感があって嫌いじゃないな…」

「夜20時で街の灯がほぼ消えちゃうんだね…」


ってな具合に、予備知識もないまま見知らぬ街を散策したり、一か八かの勝負で飯屋に入るのって、ミステリーツアー的で面白い。

47
/ 自転車が趣味じゃなかったら、生涯「太平山」に来ることはなかったかも \


なんだったら、観光地でもなんでもない駅で出たとこ勝負で降りて、気まぐれに散策するだけでもいい。

社会人なら、「通勤とは逆向きのガラガラの電車に乗って、どっか彷徨いたい…」って一度は考えたことあると思うけど、週末にやればいいのです。

ロードバイクに乗っていなかったら、生涯で一度も訪れることがなかったかもしれない街で、店名すら覚えていないカウンターとテーブル2つだけのラーメン屋で餃子セットを食べ、地元のおじいちゃんしかいない銭湯でボケーーーーーっとする…、こういうのが幸せなんじゃないでしょうか。 

いや、言いすぎた。最高ではない。きっともっと素敵な余暇の過ごし方はある。中央道の談合坂付近とか東名高速の綾瀬バス停付近で、日曜の夕方に22キロ渋滞に巻き込まれ、通過に120分かかることを覚悟の上で有名観光地に行くのもひとつの過ごし方。

ただ、それとは真逆の方向性を求めてみるのも、意外な発見があるものである。

33
/ これぞ、大人の遠足 \

ということで、ちょっと心が疲れたら温泉付きのツーリングにお出かけなされてはいかがでしょうか。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!



プロトンと逃げ集団の間を行き来して時間差をチョークボードで伝えるオートバイは、モトと呼ばれる。プロロードレースではお馴染みの存在だ。 情報伝達以外にも、(ヒルクライムとかの)コース内に押し寄せてくる群衆をかき分けて、選手の安全を確保する役目とか、テレビ ...
プロトンと逃げ集団の間を行き来して時間差をチョークボードで伝えるオートバイは、モトと呼ばれる。プロロードレースではお馴染みの存在だ。

情報伝達以外にも、(ヒルクライムとかの)コース内に押し寄せてくる群衆をかき分けて、選手の安全を確保する役目とか、テレビクルーを乗せて中継撮影する役割もある。

2017-10-31_07h06_43
/ こういうバイクですね \


MAVICニュートラル・モトに関する興味深い記事
55mph - 自転車ロードレースを支える黄色いTMAX(ヤマハモーター)

モトは近代レースでは欠かせない存在なのだが、そのモトを「風除けに利用する」選手も後を絶たないそうで、物議をかもすことがあるらしい。

実際、何人もの選手がそのことに言及している。


アンドレ・グライペル(Andre Greipel)

Fairplay. That is what we want. @UCI_cycling. 「フェアプレイを。それが我々がUCIに求めるものだ」

ダン・マーティン(Dan Martin)

Dear @UCI_cycling Rules are worthless without enforcement. Nothing has changed regards moto. 「UCIへ ルールは施行されなければ意味はない。モトに関しては何も変わっていない」

セップ・ヴァンマーク(Sep Vanmarcke)

I take my hat off for the performance of @ryanmullen9 today! Impressive how he stayed strong against a motorpaced peleton for so long! 「Ryan Mullen(キャノンデールドラパック)の今日のパフォーマンスには敬意を表する。(モトのペースで走っていた)プロトン集団に負けない逃げをしたのだから」
※暗にプロトンがモトを風除けにしたことを批判している

トッシュ・ヴァンデーサンデ(Tosh Van Der Sande)

This has to stop! or you buy a proper telelens or you ride on the other side of the road... 「もうたくさんだ!望遠レンズで撮影するか、道の反対側を走るようにさせないと…」

といった選手側の苦情もあって、そろそろ主催者側も何らかの対策を打たねばならない時期に来ている。

ただ、モトが果たしてどれくらい風除けに役立つのか、誰にもわからないし、データもない……ということで立ち上がったのがGlobal Cycling Network 。

What Difference Do Motorbikes Make In Bike Races?(モトの有無でレースに違いは生まれるのか?)




実験方法はこうだ。

  • 2.2キロのフラットな道路を3本走る
  • スピードは時速43キロをキープ
  • オートバイを前に走らせる(5メートル、10メートル)ことで、ワット数にどれくらい変化があるのかを計測する
2017-10-31_07h07_27


ダンさん
  • 1本目はオートバイ無し
  • 2本めはオートバイの後方5メートルの位置で
  • 3本めはオートバイの後方10メートルの位置で

マットさん
  • 上記の逆の順序で走る


時速43キロはホビーサイクリストから見るとかなり速い。必死にもがけば出せるけど、維持するのは相当ツラいし、鍛えている人でも決して楽ではない。風除けなしで単独で走るとなると、長い時間は続けられない。

ちなみに自分の予想では、「5メートル後ろはちょっとの効果はあるだろうが、10メートルならほぼゼロじゃないの?」だったのだが、観てみたら大はずれ。

s

衝撃の実験結果

ダンさん

  • オートバイ無し:319ワット
  • 後方5メートル:256ワット
  • 後方10メートル:283ワット

マットさん

  • オートバイ無し:312ワット
  • 後方5メートル:258ワット
  • 後方10メートル:279ワット

気のせいだとか、時と場合による…とかって理屈は通用しないくらい、明確な差が出た。10メートルですら、しっかり数字で現れている。

2017-10-31_07h23_06
/ さすがに10メートルも離れていては…\


節約できたワット数をパーセンテージで表すとこうなる。

ダンさん

  • 5メートル:マイナス19.6%
  • 10メートル:マイナス11.5%

マットさん

  • 5メートル:マイナス17.5%
  • 10メートル:マイナス10.6%

2017-10-31_07h09_35

これにはお二人とも、「5メートルだとかなりの空力削減を感じたが、10メートルはバイクから相当離れているし、さほど効果はないと思っていたんだけど…」 と驚いた様子。

2017-10-31_07h09_07

10メートルも離れていても、空力が10%もカットできるとは、自分もビックリ。そして、プロですら自覚がなかったのはダブルで衝撃である。

ただし、実験の条件はプロロードレースとはちょっと違っており、実験時のスピードは「時速43キロ」だった。素人からすれば速いけど、プロの世界だとかなり遅いほう。

似たようなフラットな道路だったら、ワールドツアークラスは時速55キロ(!)で走っているそうな。なので、当然数値も変わってくるだろう。ちなみに時速55キロって、一般人がサーキットコースの下りでぶん回してようやく出る…くらいのスピード。平地で時速55キロ巡航するなぞ、一般サイクリストにはまずムリ。

2017-10-31_07h11_37

さらに、実験ではオートバイは1台だけだった。実際のレースでは複数のバイクがいて、なんならサポートカーやニュートラルカーだって連なって走っていることもある。そう考えると、レース環境のほうが空気抵抗がより少ないスポットが多い…とも考えられる。

ということは、やろうと思えばいくらでもモトや車両を利用できてしまえるし、してない選手からすると、「ずるい」ってことになる。

モトの風よけチートの解決策は?

ない。見つかっていない。誰に責任があるか?選手なのか、クルマやバイクか、それともオーガナイザーか……誰かだけに押し付けられるものではなく、全員で取り組むべき共通課題だろう。ここまでのデータが揃った以上、看過することはできない。

クルマとバイクをなくせばいいのか?というと、そういう単純な問題ではもない。テレビ放送、写真撮影、選手の安全確保のためにもクルマとバイクは欠かせない。台数を減らせばいいのかもしれないが、根本解決になるわけじゃない。

2017-10-31_07h10_11

「車(&モト)は集団から○○メートル離れなければならない」とか、レギュレーションで取り締まることはできる。しかし、ドライバーだって目視で常に距離を測る訳にはいかない。ときには補給のために近づかねばならないこともある。それに、レギュレーションを作ったところで、高速移動するいくつもの集団をコンスタントに監視する……のも現実的ではないだろう。 (監視車両なんて用意したら、本末転倒だし)

選手側に、「バイクの後ろを走るべからず」ってルールを設けることも可能だが、狭い道だと「否が応でもバイクの後ろを走らざるを得ない」ってことも。レース中の選手を取り締まることで、レースの面白さが損なわれては、選手もファンも不幸になる。

2017-10-31_07h10_34


さらにマットさんが興味深い指摘をした。

僕たちはプロとして闘ってきた過去があって、正直に告白するとアタックをかけるとき、バイクを利用することはあった。僕もやったことはあるし、ダンだってきっとそうだと思う。

ダンさんも
そのとおりだ。プロ選手は勝つためならなんだってするようトレーニングされた存在だ。風よけにできるものはなんだって利用するだろう。
と正直に話している。


人生をかけて闘うプロに、「なるべく風よけにしてはダメですよ~」なんて甘っちょろい不文律は通用しない。サイモンさんの言葉は選手の声を代弁してくれたと思う。

2017-10-31_07h12_57

プロはこのような事情があるけど、我々アマチュア&ホビーサイクリストにとっては朗報ではなかろうか。なんせ、10メートル離れていても風よけ効果はあるわけなので、集団走行するときは利用しない手はないだろう。


以上、「What Difference Do Motorbikes Make In Bike Races?(モトの有無でレースに違いは生まれるのか?)」 をお届けしました(^^)


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!



自転車愛好家は1年365日、雨(&雪)さえ降っていなければ走るものだが、いくら好きとはいえ、モチベーションが上がらないときもある。 そんなとき、ぜひ読んでほしい言葉がある。サイクリングのモチベーションが上がる10の名言だ。 日本人が自転車の格言を残すことは ...
自転車愛好家は1年365日、雨(&雪)さえ降っていなければ走るものだが、いくら好きとはいえ、モチベーションが上がらないときもある。

そんなとき、ぜひ読んでほしい言葉がある。サイクリングのモチベーションが上がる10の名言だ。

日本人が自転車の格言を残すことはあまりないと思うが、Global Cycling Network で「サイクリングのモチベーションを上げる10個の名言(Top 10 Motivational Cycling Quotes)」が取り上げられていたので翻訳して紹介しますね。



グレッグ・レモン(Greg LeMond)の言葉

It never gets easier, you just go faster.

『楽になることはけっしてない。ただ速く走れるようになるだけだ』


グレッグ・レモン(Greg LeMond、1961年6月26日 ~)アメリカの元プロロードレース選手。ツール・ド・フランスを3回優勝(1986, 1989, 1990)し、世界選手権で2回金メダル(1983、1989)を獲得している。

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)の言葉

Life is like riding a bicycle. In order to keep your balance, you must keep moving.

『人生とは、自転車のようなものだ。バランスを維持するには、走り続けなければならない』

ふつうの人が言えば当たり前のことも、かのアインシュタインだと「おぉ…御意に…」という気持ちにさせられる。

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein 1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれの理論物理学者。相対性理論で知られる「20世紀最大の物理学者&現代物理学の父」と呼ばれる世界的な偉人。光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。

コナン・ドイル(Arthur Conan Doyle)の言葉

When the spirits are low, when the day appears dark, when work becomes monotonous, when hope hardly seems worth having, just mount a bicycle and go out for a spin down the road, without thought on anything but the ride you are taking.

『気持ちが落ち込み、楽しくない日々が続き、仕事が単調で、希望が持てない状態になったら、自転車に乗って宛もなく走り出そう。何も考えず、ただ走ればよいのだ』

コナン・ドイル((Sir Arthur Ignatius Conan 1859年5月22日 – 1930年7月7日)はサー(ナイト)の称号を与えられているイギリスの推理小説・歴史小説・SF小説家。「コナン・ドイル?だれそれ?」って方でも、『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者といえば、「あぁ!」となるであろう。

クリスティン・アームストロング(Kristin Armstrong)の言葉

Embrace your sweat. It is your essence and your emancipation.

『汗を抱きしめなさい。それこそがあなたの本質であり、解放なのです』

クリスティン・アームストロング(Kristin Armstrong 1973年8月11日- )は、アメリカの女性ロードレース選手。

ウィキペディアによると、出身は沖縄県クバサキ高校だという…。そんな名称の高校があるのか?と思って調べたら北中城村瑞慶覧のキャンプフォスター内にあるそうな。オクサマの実家近くだった…。たぶん、お父さんが軍人さんで沖縄に駐在していたのであろう。

ちなみにかの有名なランス・アームストロングとは親戚関係はない(ランスの元妻と同名であるがまったくの別人)。

言葉の意味そのものは、よくわからない。いろんな解釈ができそうではあるが…。

50セント(50 Cent)の言葉

At that age, it's one of the worst things in the world, to wake and not see your bike where you left it.

『子供の頃に起こり得る最悪の出来事は、朝目覚めて停めておいたはずの自転車が盗まれてしまっていることだ』

50セント(50 Cent 1975年7月6日 - )はアメリカのヒップホップMC。本名はCurtis James Jackson(カーティス・ジェームズ・ジャクソン三世)。

音楽活動以外にも俳優、企業家、エグゼクティブプロデューサー、プロボクシングプロモーターである。

50セントというMCネームは、1980年代にニューヨークのブルックリン界隈で30人あまりを殺害し、たった50セントでさえも奪ったとされる実在のギャング、ケルビン “50セント” マーティン(Kelvin "50 Cent" Martin)に由来する。

初めて知った。

冷静に読むと名言でもなんでもない…のだが、いかにも50セントらしい言葉だと思う。

アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Hemingway)の言葉

It is by riding a bicycle that you learn the contours of a country best, since you have to sweat up the hills and coast down them.Thus you remember them as they actually are, while in a motor car only a high hill impresses you, and you have no such accurate remembrance of country you have driven through as you gain by riding a bicycle.

『自転車に乗ることで、土地の輪郭を知ることができる。汗をかいて坂を登り、そして下る。そうすることで土地そのものを学び、記憶するのだ。車で走れば一瞬だけども、記憶には残らない』

完全に同意。 自転車の本質を突いている。

アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ(Ernest Miller Hemingway、1899年7月21日 - 1961年7月2日)は、アメリカの小説家・詩人。ノーベル文学賞も受賞(1954年)している。

代表作は・・・
  • 『日はまた昇る』(1926年)
  • 『武器よさらば』(1929年)
  • 『誰がために鐘は鳴る』(1940年)
  • 『老人と海』(1952年)
あたりですね。

イリノイ州オークパーク、フロリダ州キーウェスト、キューバのサンチアーゴ・デ・パウラに彼の邸宅が公開されており、そういえば大学時代の旅行でキー・ウェストに行ったときにキー・ウェストの邸宅を見た(観光客に解放されている)のを思い出した。

ヘミングウェイの作品は一冊も読んだことはないが、彼のことがちょっぴり好きになった。

ミゲル・インドゥライン(Miguel Induráin)の言葉

I'm fascinated by the sprinters. They suffer so much during the race just to get to the finish, they hang on for dear life in the climbs, but then in the final kilometers they are transformed and do amazing things. It's not their force per se that impresses me, but rather the renaissance they experience. Seeing them suffer throughout the race only to be reborn in the final is something for fascination.

『私はスプリントというものに魅了される。選手らはフィニッシュラインを超えるだけを目指してレース中にとても苦しむ。死ぬ気で坂を駆け上がり、最後の1キロでマシンへと姿を変える。私が驚かされるのは選手等の力そのものではなく、彼らが見せる人としての復活だ。レース中に苦しみ、最終戦に生まれ変わる姿は魅力的という他ない』

ミゲル・インドゥライン(Miguel Ángel Induráin Larraya、1964年7月16日 - )は、スペインのプロロードレース選手。1991年から1995年にかけてツール・ド・フランス個人総合5連覇を達成した。それ以外にも、1992年、1993年のジロ・デ・イタリア個人総合優勝、1995年の世界選手権など、90年代前半に大活躍した選手。

文学的というか、なかなかカッコいい表現のような気はする。選手の生き様を切り取ったような言葉だ。

ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams)の言葉

My favorite thing to do is ride a bicycle. I ride road bikes. And for me, it's mobile meditation.

『僕の趣味は自転車に乗ることだ。ロードバイクに乗ることは、”動的な瞑想”なのさ』

動的な瞑想(mobile meditation)…!移動しながらの瞑想行為…!ううむ、なるほど…。この言葉は深い。そして「そう!それだよ!自転車って移動しながらの瞑想なんだよ!」って感動した。

ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams, 1951年7月21日 - 2014年8月11日)はアメリカの俳優・コメディアン。アカデミー賞に4回ノミネートされ、1998年には『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー助演男優賞を授与されている。惜しいことに、2014年に63歳の若さで亡くなった。

代表作は、

  • 『グッドモーニング, ベトナム』
  • 『いまを生きる』
  • 『レナードの朝』
  • 『フィッシャー・キング』
  • 『アラジン』
  • 『ミセス・ダウト』
  • 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』
  • 『ナイト ミュージアム』シリーズ
かなと。

個人的に好きなのは、「いまを生きる」なんだけど、原題は『Dead Poets Society』なんだよね…。原題の跡形が影も形もない。原題をそのままタイトルにしてほしかった。いまを生きるって、あまりにも安直なタイトルのような気がしてならない。

ファウスト・コッピ(Fausto Coppi)の言葉

Ride a bike, ride a bike, ride a bike.

『自転車に乗れ。自転車に乗りなさい。自転車に乗るんだ』

アンジェロ・ファウスト・コッピ(Fausto Coppi、1919年9月15日 - 1960年1月2日)はイタリアのプロ自転車選手。

ツール・ド・フランスで2度の総合優勝(1949年、1952年)と5度のジロ・デ・イタリア総合優勝(1940年、1947年、1949年、1952年、1953年)を果たしたほか、ジロ・ディ・ロンバルディア4連覇(1946~1949年)や世界選手権制覇(1953年)など数々の偉業を達成した。イタリアスポーツ界の伝説的英雄だが、1960年に40歳の若さで死去。

シンプルで潔い言葉。乗っても乗っても飽きが来ない。ますますペダルを回したくなる。それが自転車。

エディ・メルクス(Eddy Merckx)の言葉

Ride as much or as little. as long or short as you feel. But ride.

『距離や時間は関係なく、好きなだけ乗ればいい。ただし、乗るのです』

エディ・メルクス(Eddy Merckx, 1945年6月17日 - )は、ベルギー出身のプロロードレースの選手。ちなみに「エディ」はエドワードの愛称ではなく、本名だそうな。

ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアをそれぞれ5回ずつ、ブエルタ・ア・エスパーニャを1回制覇している。ツール通算ステージはなんと34勝、単年ステージ8勝、マイヨ・ジョーヌ保持日数96日はいずれもツールにおける最高記録。

世界選手権でも3回(アマチュア時代も含めれば4回)優勝。さらにミラノ〜サンレモを7回、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを5回制するなどクラシックでも数多くの記録を残し、1シーズン54勝というシーズン最多勝記録も保持している(ちなみにシーズン50勝以上を3回達成している)ほか、パトリック・セルキュとタッグを組んでトラック競技でも勝利を重ね、16年間の競技生活で通算525勝(うちプロ時代に425勝)をあげた。

まさにレジェンドと呼ぶに相応しい。今はおじいちゃんですが。


以上、Global Cycling Network の「サイクリングのモチベーションを上げる10個の名言(Top 10 Motivational Cycling Quotes)」をお届けしました。


他にも、

Cyclists see considerably more of this beautiful world than any other class of citizens. A good bicycle, well applied, will cure most ills this flesh is heir to”

『サイクリストはどんな階層の人間よりも、多くの美しい景色を見ることができる人種ではないだろうか。良い自転車は、それだけで病気を癒してくれる存在だ』

とか

『宇宙戦争』で知られるSFの父、ハーバート・ジョージ・ウェルズ(Herbert George Wells, 1866年 - 1946年)の

When I see an adult on a bicycle, I do not despair for the future of the human race.

『大人が自転車に乗っている姿を見るたびに、人類の未来も捨てたものではないと思う』

とかも検索で見つけた印象深い言葉。


41-1


読んでたら走りたくなってきたので、ちょっくら動的な瞑想をしてきます。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


9月から始めた月刊サイクルガジェット、記事にするまでもないけど日々考えていること、検討中のカスタマイズ、8月上旬から継続中の減量生活について書いております。 ということで、11月号をお届けします。 >> 2017年10月号 >> 2017年9月号 減量生活まもなく丸3ヶ ...
9月から始めた月刊サイクルガジェット、記事にするまでもないけど日々考えていること、検討中のカスタマイズ、8月上旬から継続中の減量生活について書いております。

ということで、11月号をお届けします。

57

>> 2017年10月号
>> 2017年9月号

減量生活まもなく丸3ヶ月

8月頭に開始して以来、まだ体重計には一度も乗っておりません(!)が、明らかに体は軽くなっていまして、シルエットも変化しています。特にそれを実感するのがスーパー銭湯。

お、今までの醜い(脂肪の)はみ出しが消えてきた…

鏡に映った裸体は誤魔化しようがないので、体型チェックにはもってこい。下腹部のドーナツ状の脂肪の塊が消えつつあります。ベルトの穴も一つ半減りました。


食生活は無理なく続けられることが大事。ダイエット成功の鍵は「ダイエットしていると意識しないこと」だと何かの書籍に書いてあって、至言だと思いました。

そうなんです。何かを習慣化し、当たり前の日常にまで持っていくには、いちいち頑張っている意識なんて不要なんですよね。なんとなく生活しているウチにそれがスタイルとなり、気がついたら体重が減っている…これが理想。

34
/ ナッツが最近は大活躍 \

そのために心がけていることは単純で、

  • 夜は腹八分目ならぬ、腹五分で止める(炭水化物は抜く)
  • 野菜はいつ何時どれだけ食べてもOK
  • ランチはわりと自由に食べてOK
  • お菓子は週に2~3回程度はOK(夜間は除く)
  • ジャンクフードは(滅多に)食べない


気をつけるのは夕飯だけで、朝と昼は「あからさまに不健康な食事ではない限り、自由」としてあります。日中に口が寂しくなったら、スナックや揚げたお菓子ではなく、無塩ナッツとかリンゴにします。

夜、どうしても空腹に抗えなかったら、リンゴを2~3切れ剥いて食べるんですが、かなり気が紛れます。

48

外出先で生のリンゴが手に入らないときは、コンビニでヨーグルトとか。オシャレな若者が行き交う渋谷駅近くのファミリーマートの前で、オッサンが立ったままカップヨーグルトをモシモシ食べる姿はあまり格好の良いものではないですが、そんなことも言ってられません。

そうそう、そういえば明らかに外食に費やすお金が減りました。これまでは、夜まで仕事が続いたときは、終わってからどこか店に入っていたのが、今はコンビニで200円くらいで終了。ダイエット生活はお財布に優しいです。

以前よりも階段が楽だし、ロードバイクでの登坂にも余裕が生まれました。感覚的な表現ですが、これまで一番軽いギアを使っていたのが、1枚残してクリアできる……かんじ。

体型がスリム化してきたせいか、ビブショーツも違和感なく着れるようになってきました。あと、新幹線にビブショーツで乗る体験も済ませました。在来線はまだ抵抗がなくはないですが、新幹線の方がむしろ心理的抵抗か少ないかなと思います。

IMG_9044
/ 完全に慣れました(習慣化できない行動はない) \


ただ、可愛い女性とすれ違う瞬間に、お腹をちょっぴり引っ込めてしまう癖は治っておりません(笑)。

ということで、11月末には体重計に乗ろうと思っています。(前月も同じこと言ってたぞ…)

きっかさんの電子書籍マンガがじわじわおもしろい

亀が無理してロードバイク乗ってみた」作者のきっかさんが、昨年書籍を出版をされたのに続き、続編を電子書籍(kindle版)で出されたので、さっそく読んでみました。

女性視点でサイクリストの日常&あるあるネタを面白おかしく切り取っています。旦那さんの夫者(おとじゃ)もいい味を出していて、男性である自分は夫者にいつも共感させられます。

45

(自分もワンシーンで紹介されててうれしい…)


サイクリスト以外は共感ポイントがわからないでしょうが、サイクリストなら漏れなくオススメ。誰が読んでも楽しめるけど、女性サイクリストであれば100パーセント共感できるはず。

ちなみに自分は、いまも(書籍版の)『亀が無理してロードバイク乗ってみた』を枕元に置いて時々めくってはグフっ…とほくそ笑んでいます。

35
/ ブログでもイケメンに描いていただけてありがたき幸せ……\


Amazonのプライムリーディングが最高

Amazonプライム会員ならすでにプライムビデオとプライムミュージックは利用しているはず。なにしろ追加料金ナシですからね。

さらにプライムリーディングも始まり、ますますパワーアップ。冊数はまだ900くらいでたいしたことはないものの、マンガも実用書もあってかなりよい。

iPhoneのKindleアプリで出勤中、ランチタイムに読みまくってます。マンガでは『インベスターZ』、『ナナのリテラシー』が超面白い。これから『蟹工船』を読むつもり。蟹工船は1929年(昭和4年)に発表された小林多喜二の小説で、プロレタリア文学の代表作と呼ばれている作品ですね。

アマゾンの紹介文章を引用すると…

虐げられる労働者たちの闘争を描くプロレタリア文学の代表作。

船でもなく、工場でもない――「蟹工船」。戦前、オホーツク海上で行われた「たらば蟹」の加工設備を備えた漁船。そこは、航海法や工場法に適用されず、さらには労働法規もない。まさに海上に浮かぶ過酷な労働の場だった。

劣悪な環境の中、監督による暴力・虐待、過労や病気で次々と倒れてしまう。労働者はやがて権利意識に目覚めてゆく――。

本作は、小林多喜二によって描かれた小説であり、プロレタリア文学の代表作のひとつ。また、国際的な評価も非常に高く、複数の言語に翻訳されている作品。


「買うほどではないけど、読んでみたいなー」ってのにぴったり。ただ、Kindleアンリミテッドとの差別化はしなければならないので、冊数が激増することはないのかなと。

「Kindleアンリミテッドにしようかな…」と思っておりまして、どう考えてもプライムリーディングは「Kindleアンリミテッドへの呼び水でしかない」と思います。 (30日お試しちゅうだけど、多分そのまま加入すると思う)

プライムビデオも大活躍してまして、こないだ『64(ロクヨン)』を三本ローラーの上で視聴し終えました。前後編で4時間あったので数回に分けて視聴しまして、なかなか良い作品でした。

警察を舞台にした身代誘拐殺人事件で、派手なアクションはなく、淡々と進むドラマ。佐藤浩市、三浦友和、吉岡秀隆、奥田瑛二、綾野剛、瑛太らの迫真に迫る演技がよく、人間も緻密に描けていたかなと。 そして、子を思う親の気持ちにぐっときました。

悲しみの中にも微かな希望が残るエンディングも印象深かったです。警察系ドラマが好きな人にはオススメ。

ただ、この映画は三本ローラーには完全に不向き。登場人物が多く、警察内部の権力争いも絡むので、人物相関図を時々脳内で振り返る必要があります。

疲れて脳内メモリ残量がわずかだと、「あれ?この人はどこの所属だったっけ…」「主人公の佐藤浩市との関係性は…?」とか考え込むこともありました。

最近いいなと思うクルマ

ロードバイク以外の自分の趣味は、「買えもしない車のインプレッション動画を三本ローラー上で観る」でして、プライムビデオ以外だと、海外インプレッション動画を食い入るように観ております。

そもそも経済的にムリなので、愛車(フィアットのパンダ)でまだ行くつもりです。というか、パンダは大のお気に入りで、3年半経った今でも1ミリも飽きておりません。


32


それはそうと、いま気になっている車が3台ありまして……

シトロエンC3

Citroen C3 2017 launch review



パンダとシルエットが似ているし、キャラ的にもかぶるので気になる。なによりデザインが天才的に秀逸。3ナンバー(全幅1,750ミリ)ではあるけど、全長は4,000ミリ以下(3,995ミリ)でサイズ的にも十分にコンパクト。今買うとしたら、間違いなくコレ。

シトロエンC3 Aircross

Citroen C3 Aircross 2018 - can sensible be cool? | Top10s



上記C3のクロスオーバーですね。まだ日本で発売されていない(2017年11月上旬時点)けど、おそらく入ってくるのではないでしょうか。やや大型化してはいるものの、激戦区のBセグメントSUV市場に一石投じるモデルになると確信しております。

ただ、シトロエン&プジョーはディーラー網に難ありなので、販売力&アフターケア的に苦戦するのかも…。価格次第ですが、個人的な本命はコレです。

ボルボXC40

The New Volvo XC40: City Living Made Simple



確実に手が出ないとわかっている車。V40の派生クロスオーバーということで、V40の価格から想像するに……もっとも高いV40 T5 R-Designの車両本体価格(税込み)が4,550,000円。V40 T3 Inscriptionで4,140,000円。V40 D4 Kineticで3,640,000円。最も安いV40 T2 Kineticでようやく300万円を切って2,990,000円。

V40よりは確実に高くなることが予想されます。ただの勘ですが、XC40はベースモデルで360~380万円からスタートし、中間グレードが420~470万円前後、最も上のラグジュアリーモデルで500~550万円…くらいになるのではないかと。 (ぜったい買えん…)

兄貴に当たるXC60の価格レンジが5,990,000~8,840,000円なので、550万円は越えてこない気がします。いずれにせよ、ハッキリわかっているのは、自分には高嶺の花だということ。

10
/ 37,000キロほど走りました…\


ということで、これから寒くなりますので、お体を大事に。体調を崩さないようお気をつけくださいませ……。 m(_ _)m


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


コンビニやレストランでちょっと小休止するとき、皆さんは「どこに&どのようにヘルメットを置いている」だろうか。 カンタンなようで意外に難しい。なにしろヘルメットは落下させると(ヘタすると内部が割れて)使えなくなってしまう。見た目的には問題なくても、肝心の ...
コンビニやレストランでちょっと小休止するとき、皆さんは「どこに&どのようにヘルメットを置いている」だろうか。

カンタンなようで意外に難しい。なにしろヘルメットは落下させると(ヘタすると内部が割れて)使えなくなってしまう。見た目的には問題なくても、肝心の事故時に頭を守ってくれなくなるかもしれないので、取り扱いには注意を要するのだ。

02-1

しかし、とくに「こうすべき」って決められているわけではないので各自我流のはず。

Global Cycling Network で「自転車のヘルメットをウルトラかっこよく置く7つの方法「7 Magnificent Ways To Place Your Bicycle Helmet)」という動画がアップされていた。ほとんど知っている方法ばかりではあったが、中には「ほほう、こんな置き方もあるのか」と感心したので翻訳してご紹介しますね。



1.ステム引っ掛け(Classic Stem Drape)

1 ステムのボルトにストラップを引っ掛ける
2 ヘルメット本体をハンドル内側に、お辞儀するように下げる
3 ヘルメットの自重で固定される

03

メリット&デメリット

  • シンメトリーで見た目が美しい
  • 特別のスキルは不要
  • 安定性もある
  • バイクの内側に固定するので、他の人に引っ掛けられる危険がない
  • 内側に小物を収納できない
  • 中級者以上の人がやってる印象なので、乗りこなしている感を演出できる

バイク本体の横に飛び出さないので、キチキチになったバイクラックでも他の人の邪魔にならないのがグッド。とくにデメリットもなく、個人的にオススメの方法だ。

2.お椀型(Bowl)

1 ヘルメットをひっくり返す
2 テーブルや椅子に置く(以上)

05

メリット&デメリット

  • 小物入れとして使える
  • 店内等に持ち込む必要はある
  • 不安定なので、落下には注意

やり方の解説は不要。たぶん、初心者サイクリストさんはこの方法をまず思い浮かべると思う。(アイウェアやグローブ等)小物入れスペースとしても使えるので、テーブル上の荷物がまとまる効果もある。

あと、バックポケットに荷物が入ったまま椅子に座るとゴツゴツして落ち着かないじゃないですか。丸まったウインドブレーカーとか、脱いだアームウォーマーとかけっこうかさばるでしょう?アレの置き場所に困ったとき、ヘルメットは重宝する。

04

ただし、この方法はあまりオススメしたくない。ヘルメット本体には優しくなく、寿命を縮めるおそれがあるからだ。(栗村修さんも「ひっくり返して置くと、ヘルメットを傷めやすい」とテレビで言ってた)

ヘルメットは買ったら3年は使えるし、1万円以上の買い物になるので、なるべく大事に扱っていただきたい。

3.ブラケット引っ掛け式(Hood Dangle)

1 ストラップを閉じる
2 ブラケットに引っ掛ける(以上)

06

メリット&デメリット

  • シンプルでカンタン
  • 急いでいるとき等、素早く置ける
  • 安定性はよい
  • バイク本体の横に飛び出してしまう

店内に持ち込まずに自転車といっしょに保管して置くとき、本能的に思いつくのがこの方法。コンビニに着いて、グローブを脱いで中に入れ、ブラケットに引っ掛けてトイレ…というのがよくあるパターンではないかなと。

07

注意点として、カベにもたれかかっていない側のブラケットを利用しよう(キズ防止)。あと、混み合ったバイクラックでこれをすると、他のバイクの出し入れ時に引っ掛けられてしまうリスクがある。

4.サドル乗せ(Saddle cover)

1 サドルにヘルメットをかぶせて固定する(以上)

08

メリット&デメリット

  • 見た目的には悪くない
  • バランスを崩すと落ちるのでリスキー
  • 安定性は悪い

これをしている人にお目にかかったことは、サイクリスト歴7年になるが一度もない。サドル形状にもよるし、ぴったりハマったとしても風やバイクが少し揺れただけで落ちる可能性アリ。

09

バイクラックに乗せた状態であれば、後輪が浮き上がるので安定性は改善するが、あえてマネしようとは思わないし、オススメもしない。

まあ、バイクの真横に立って、ちょっと補給食をかじる一瞬だけ…とかであれば悪くはないかもしれない。

5.ドアノブ引っ掛け(Door Knob Suspend)

1 トイレに入る
2 ドアノブに引っ掛ける(以上)

10

メリット&デメリット

  • 内側を小物入れに使える
  • 両手が自由になる

トイレ(男性だと大きい方)に入ったとき、ヘルメットの置き場所に困るだろう。まさか地面に置くわけにもいかないので、ドアノブに引っ掛けてしまう。スマホやアイウェアの置き場所も確保できる。

ちなみにですが、バックポケットにスマホを入れたままの大って、リスク大きすぎますよね…。いや、落ちることはほぼないんでしょうが、何かの弾みでポロッとなってブツの上に突き刺さろうものなら…。(お食事中の方、スミマセン)

11

ただ、自分はドアノブに引っ掛けるのは(不安定な気がして)なんとなく怖い。外からノブを押され、その揺れで落下するのもイヤ。よって、ヘルメットもアイウェアもしたまま用足しをする派です。(皆さんはいかがですか)

6.椅子引っ掛け(Chair Swing)

1 バックルを閉める
2 椅子の突起に引っ掛ける(以上)

12

メリット&デメリット

  • テーブルが広く使える
  • 他のお客さんの通行の邪魔になりえる
  • 安定性は椅子の形状に左右される

突起状の部分に引っ掛けるも良し、穴があいていればループ状に通しても良い。ただ、椅子の後ろのスペースを食ってしまうので、他のお客さんの通行の邪魔にならないのを確認した上で行いましょう。

7.直置き(Face Down)

1 お椀型の逆で、テーブルにそのまま置く(以上)

13

メリット&デメリット

  • テーブルのスペースは食ってしまう
  • 小物入れとしては使えない
  • ヘルメットに優しい

ちょっとしたコツだが、ストラップは内側にしまい、ダランと外側にこぼれないようにしましょう。見た目的にも美しいし、引っ掛けて落下させる心配が減る。

15


以上、Global Cycling Network で「自転車のヘルメットをウルトラかっこよく置く7つの方法「7 Magnificent Ways To Place Your Bicycle Helmet)」のご紹介でした。


動画では紹介されていなかった方法として、「下ハン引っ掛け」ってのもある。やっている人も時々見かける。

その名のとおり、ストラップを閉じて下ハンに引っ掛ける方法なのだが、「落下の可能性がちょいと残る」ので、積極的にはオススメはしないかなと。(短時間であれば問題ないだろうが)

自分はヘルメットは大事に使う派につき、落下の可能性のある置き方は極力避ける。お椀型もなるべくしない。

地面には置かず、なるべく椅子に。椅子よりはテーブルに。テーブルよりはかぶったまま…といった具合。頭に乗せておけば落下の心配はゼロなので。

58

なので、コンビニの買い物くらいならヘルメットはかぶったまま。食事休憩の際は、よほど狭いお店でない限り店内に持ち込むようにして、バイクには引っ掛けておかないタイプでもある。(盗難リスクもあるし)

バイクに置くとしたら、1番目に紹介した「ステム引っ掛け」がもっともオススメ。次に「ブラケット引っ掛け」だろうか。


ヘルメットは大事に使いましょう…。(*^^*)
あと、下記もどうぞ。

>> オクサマが欲しがったヘルメット「KASK Mojito」購入に先立って、海外のレビューをまとめました


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクリストの間に衝撃が走ったバズフィードの記事をご存じだろうか。 自転車ツーリング中にシミー現象が発生して車と衝突し、大けがをする事故に遭ったが、ヘルメットのお陰で命拾いした大阪府の男性への取材記事である。 >> 「そのまま使っていたらと思うとぞっと ...
サイクリストの間に衝撃が走ったバズフィードの記事をご存じだろうか。

自転車ツーリング中にシミー現象が発生して車と衝突し、大けがをする事故に遭ったが、ヘルメットのお陰で命拾いした大阪府の男性への取材記事である。

>> 「そのまま使っていたらと思うとぞっとする」事故で大破したヘルメットが物語る(バズフィード)

衝撃的すぎる動画も公開されていたので、「あれか…」と覚えている方もいると思う。

事故は2017年7月26日に発生。琵琶湖1周ツーリングの途中、ゆるやかなカーブで突然ハンドル操作が効かなくなり、対向車線を走ってきた軽乗用車に衝突。時速約40キロのスピードが出ていたらしい。

時速40キロといったら、相当なスピードである。このスピードで事故ったら無傷ではいられない。いや、まず大ケガは避けられないし、ヘタしたら命を落とす。
※男性は額を10針、唇を4針縫う等の大ケガを負い、事故前日の夜からの記憶を失った。

自転車に取り付けられたカメラの映像で、カーブの途中からハンドル操作ができなくなり、小刻みに震えたまま直進して対向車線から来た車に突っ込む様子が確認できる。(何度見ても足が震える…)



男性サイクリストはさぞかし焦っただろうが、ドライバーもキモを冷やしたことだろう。

この現象、知ってるサイクリストは知ってるか、なぜ起きるのか?どうすれば発生を防げるのか?にはなかなか答えられないかも。

「こうすればカンペキ」という明瞭な回答はないのだが、わかる範囲で書きますと…

事故原因は『シミー現象』か

ハッキリした事故原因は不明だが、『シミー現象』の影響で、ハンドルがぶれたのではないか」と男性は推測している。

ウィキペディアによると、「シミー(shimmy)現象」とは…

走行中にバイクや自動車をはじめとし航空機や自転車などにおける車輪、車軸を含む舵取り装着全体の振動のことを称する。シミー現象が大きくなると舵取り装着が激しく首ふり振動するようになり操縦困難に陥る。

主に速度が80キロメートル毎時以下の低速度走行時において発生しやすく、40キロメートル毎時から50キロメートル毎時で発生したシミー現象を低速シミー、100キロメートル毎時から120キロメートル毎時で発生した場合は高速シミーという。

自転車の場合、低速シミーであることがわかる。 (※ちなみに海外ではshimmy ともwobble とも呼ばれるが、意味は同じ)

カンタンに言うと、それなりのスピード下で走行中にハンドルが上下左右にガタガタ震えて、ハンドル操作ができなくなる…現象のこと。一度起きたら、腕力で抑え込むことはまずムリ。一刻も早く減速して停止するしかない。

R0001585


他にもシミー現象の動画があるか調べたら、海外を中心にいくつか見つかった。


This what happened at around 40mph down hill. Road Bike High Speed Wobble 1st person view ( Shimmy)



40mphは時速64キロに相当する。つまり、むっちゃくちゃぶっ飛ばしている。公道で時速64キロ出している時点で相当にヤバいのだが、それはさておき、動画開始50秒くらいからシミー現象が起きる。

前後から車は来ておらず、歩行者もいない田舎道だったせいもあって、なんとか路肩に安全に停止することができた。

「マジで焦ったわ…」という心の声が聞こえて来そう。

履いているホイールはカンパニョーロのBORA(詳細銘柄までは読み取れなかった)で、リムハイトはわりと高め(50ミリ以上?)のモノであることがわかる。



Rapid Rich Stoodley ..... Evil Cycling Wobble !



こちらは下山中のロードバイクの後ろ姿を、車から撮影した動画。ミスマッチはBGMはさておき、1分20秒からシミー現象が始まる。シミー現象に襲われたロードバイクがどんな挙動をするかが収められた貴重な映像だ。

腕が激しく左右に揺れ、ハンドル操作できなくなったライダーは為す術無くあらぬ方向(対向車線)に向かっていく。もしも対向車線から車が来ていたら、正面衝突していただろう。落車することなく停止できたものの、これも見ていて身の毛がよだつ。


コメント欄を読むと、色んな意見が書き込まれていた。


ブレーキがオフセットになっていると起きる。片方のパッドともう片方に微妙なラグがあることで振動が起きるんだ

なるほど、それも一因になりえるな……


ブレーキボルトをしっかり増し締めして、ブレーキがオフセットになっていないかどうかを確認しよう

ボルトが緩んでいないかどうか、定期的な診断をすることで予防できそう


タイヤの空気圧が高すぎると起きるから、圧に注意すべき

そういうものなんだろうか?


ホイールを脱着した後は、正しい位置にホイールが装着されているか、必ず確認しようぜ

基本中の基本ですね。


タイヤ交換を考えたほうがいいんじゃね?

シミー現象以前の問題として、寿命を迎える前のタイヤ交換は大事


オレもこないだ遭ったわ~、しっかりハンドル握って死んでも離すな。あと、とにかく減速しろ

そう、なにはともあれ減速大事。

などなど…。

シミー現象の発生原因は複雑すぎてよくわからないが、我々サイクリストにできる心がけは、

  • 適正なタイヤの空気圧
  • タイヤの寿命に注意する
  • ブレーキボルトがしっかり締まっているか
  • ブレーキシューがオフセットになっていないか
  • ホイールがフレていないか

辺りだろうか。

日常的なメンテナンスはもちろん、定期的にショップで診てもらうとなお安心。なにしろ、命に直結することですからね…。

R0001597


なお、件(くだん)の大阪の男性は、

事故が起きる数カ月前に、3年以上使っていたヘルメットをちょうど買い替えたところだったんです。なので、前の古いヘルメットをそのまま使っていたらと思うと、ぞっとします。

ヘルメットを被っていたら絶対にけがをしないわけではないですが、確実にけがの程度は軽減してくれます。この写真を通じて、ヘルメットの重要性を改めて知ってもらえたらと感じています。

と語っていた。

本当にそのとおりだと思うし、軽症で済んだのは不幸中の幸いだった。ヘルメット、マジで命綱。

自分もヘルメットは3年以内に交換すると決めている。2015年5月に買って今も愛用中のスペシャライズドの「プリヴェイル」はもうすぐ2年半が経過するところ。遅くとも、来年の冬の間には買い換えるつもり。

48
/ 2015年5月から使ってます \

ちなみにプリヴェイルは新作が登場してますね。ヘルメットは安くない買い物なので、じっくり検討する。


以前、Global Cycling Network のシミー現象に関する記事を翻訳したので、これも参考にどうぞ。

>> ハイスピード下でロードバイクがグラグラ揺れる「Speed Wobble」という現象の対処法


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

9月から開始した、『月刊サイクルガジェット』。 記事にするほどでもないネタとか、やろうかやるまいか悩んでいることとか、現在進行形で取り組んでいる減量生活とか、オクサマの自転車生活のことなどをツラツラと書いてみる試みです。 >> 9月号はこちら ダイエッ ...
9月から開始した、『月刊サイクルガジェット』。

記事にするほどでもないネタとか、やろうかやるまいか悩んでいることとか、現在進行形で取り組んでいる減量生活とか、オクサマの自転車生活のことなどをツラツラと書いてみる試みです。

>> 9月号はこちら

58

ダイエットの進捗&減量の報告

わりと真剣にダイエットに取り組んで、5週間が経過しました」にも書きましたが、順調に進行中。もうすぐ丸2ヶ月になります。

開始前、そして開始後も体重計に一度も乗っていないので、何キロ落ちたかはわかりません。ちょっとやそっとの減量成功に気を良くして、美味しいものを食べてしまわないよう、あえて「3ヶ月は体重計に乗らないでおこう」と決めているからです。

これが吉と出るか凶と出るか……10月末には腹をくくって計量してみるつもりです。


Twitterでもアドバイスを頂戴しています。ありがとうございます。





数キロ落ちたのは間違いなく、鏡に映った下腹部の膨らみは確実に凹んでおり、事実、ベルトの穴がひとつ小さくなりました。ベルト無しでもずり落ちなかった短パンが、ベルトでしっかり締めないとずり落ちそう。

10-1
/ 確実に凹んでいます…! \

とくにウレシイのがサイクルジャージを着たときです。普段はルーズなTシャツでごまかしている腹の出っ張りが、ピタッとしたサイクルジャージだとモロバレするんですが、「あれ?あんまり出っ張っていない…これってもしかして…」って心ときめくようになってきました。

感覚では、3キロ落ちたかな…くらいかなと。いちおう年内に10キロ減を目指しているんですが、達成できるかな…。(開始前の体重を測っていない時点で10キロもヘッタクレもないんですが…) (^_^;)

ということで、10月もがんばります。

娘がロードバイクに興味を持ち始める

高校生の娘がおりまして、これまで自転車には一切興味を持たなかったのが、父親にたまに付き合ってくれるサイクリングのせいで「サイクリングは楽しい」ことに目覚めました。
※書籍とか連載でネタになっている娘です

で、ついに「ロードバイクがほしい」と自発的に言い始めました。

何の知識もないのでいくつかメーカー名を教えたら、勝手に検索をしまくって、「これがカッコいい」と見せてきたのがカレラ(CARRERA)。

玄人っぽいメーカーを選んできたな…。つか、てっきりビアンキ(Bianchi)かデローザ(DE ROSA)あたりをチョイスしてくるかと思ったらまさかのカレラ。

娘は『弱虫ペダル』とか『ろんぐらいだぁす!』あたりの自転車マンガには興味がなく、まったくの素の状態でサーチしたらしいです。メーカーのイメージとかどこかメジャー(or マイナー)かは関係ないようです。

カレラに関する知識は私もほぼないので、代理店のサイトを見てみました。

1989年に元プロ選手のダビデ・ボイファヴァとルチアーノ・バラキによって設立。設立趣旨は明快。自転車愛好家たちの夢をかなえることである。

フィットネスを手に入れることができる喜びに加え、ワクワクできる最高品質の製品を提供する。その品質は500勝を超えるプロレースでの優勝に裏付けられている。

一言でいえば、他には真似のできない、真のイタリアン・テイストを運んでくれるバイクである。

抽象的な説明ですが、イタリアブランドであることはわかります。

で、彼女が欲しがっているのが「PHIBRA EVO(フィブラエボ)」というフレーム。聞いたこともない製品名だな…と思って製品ページを見てみたら…

ユニークな形状、カレラのアイコン・モデル。近未来的な形状を特徴とするフィブラは、2本のアーチを縦のシートチューブでつないだ構造にすることで前三角がユニークなシェイプを持ちながら高い剛性を確保することに成功しました。

後三角は一体化していて、コンパクトで剛性があり、反応性が高い設計になっています。 グランフォンドのための理想的バイクです。

トップチューブからシートステーにかけて、1本の曲線がつながるデザインで、かなり珍しい造形。「この形がたまらなくカッコいい」らしく、「水平なのは(ホリゾンタルのこと)ピンとこない」とのこと。

無題2
公式サイトより画像引用

フィブラエボは個人的に好きなデザインではないですが、人の好みはそれぞれなので、娘の気持ちを優先するつもり。で、参考までに価格を見てみたら、なんとフレーム単体で28万円(税抜き)!めちゃんこ高級フレームでした…。

こんな高級フレーム、高校生が手を出して許されるものではないです。というか、父親より高価なフレームに乗るのは100年早い。

まあ、夢を持つのはよいことですので、買う買わないは別にして、心にしまっておきなさいとたしなめました。代わりに、同じカレラの「ER-01」というコスパの高いカーボンフレームを勧めておきました。

無題
公式サイトより画像引用 ディスクロード、カッコいい…!ホイール形状も好み

フレーム単体で98,000円(ディスクブレーキ用は128,000円)とけっこうリーズナブル。105で組めば…いや、それでもホイールだ何だで確実に20万は越えてしまう…。しかし、アリかも。 

まあ、今すぐどうこうするつもりはなく、当面はオクサマのボードウォークに乗せておくことにします。(本人もミニベロで充分に満足しているので)

IRCのアスピーテプロ、シュワルベのシュワルベワンはそれぞれ快調(2017年、パンク回数ゼロ)

ココ数年、ずっと無パンク生活です。記憶にある直近のパンクが、2014年の年末に会社からの帰りに赤羽の手前で起きたモノ。寒空の中で凍えながら交換作業した日以来、ノーパンク。

やっている心掛けは、「毎回乗る前に空気圧をチェックする」ことと、「ロードバイクは4,500キロ前後、ミニベロは3,000キロ前後でタイヤ交換」するくらい。

ロードバイクにはIRC社の Aspite Pro(アスピーテプロ)。ミニベロにはシュワルベ社のシュワルベワン(451)をそれぞれ使っているのですが、どちらも極めて快適。転がり、グリップ共に素晴らしく、まったく不満がありません。

46

Aspite Pro(アスピーテプロ)では1,000キロ走りました。


シュワルベワン(451)は2016年8月から使い始めてすでに3,300キロ走りました。あれ?気がついたらすでに3,000キロ越えていたのか…。

47
/ 1年以上使えれば御の字 \

シュワルベワンは、他のタイヤよりは少々劣化が早い」と知人等からは聞かされていたのですが、目立った劣化はなく、パンクもゼロ。次もシュワルベワン(451)にしようと決めています。4,000キロ以内に交換しておくのが賢明かな…。

バイクの洗浄を、ちまちま屋内でやるのではなく、屋外でタイヤを外して、ひっくり返して水をぶっかけて洗う方法に切り替えました

バイクの洗浄方法をガラッと変えてみました。これまでは部屋のリビングに新聞を敷き、ちょっとづつ洗剤をフレームやシートポストとかに吹きかけつつ拭く…のを繰り返していました。

18
※屋内で掃除すると畳が砂だらけになる…

がっつり汚れたバイクを屋内洗浄するのは限界があり、ちまちま掃除することになるので時間もかかります。それに、畳を汚すとオクサマに叱られるので、思い切って両ホイールを外し、フレームをひっくり返して丸洗いすることに。

Global Cycling Network の動画を部分的に参考にしています



中性洗剤をバケツの水に混ぜて、ジャブジャブと洗うとあっという間に気持ちのよいほどきれいになります。水をしっかり落としてやらないと錆の原因になるので、エアスプレーでブレーキやフロントとリアのディレイラー周囲を入念に吹いて水気を飛ばしてやります。

BB周りとか、リアディレイラーの裏側とか、サドルの裏側とか、ブレーキシュー周辺とか、洗いにくい場所の汚れが水でボタボタと落ちていくのが愉快。

34

洗い終わったらしっかり乾拭きして、チェーンにルブを刺し、フレームは『ガラスの盾』でコーティング。これでカンペキ。惚れ惚れするほど美しく蘇ります。これから寒くなりますが、水をお湯にすることで、冬場もこの方法で洗車するつもりです。


>> スマホ画面がツルツルでバツグンの操作性!35個もの用途を持つ『ガラスの盾』は魔法のコーティング剤なのかっ?【PR】


以上、取り留めなくあれこれ書きました。次月も続けてまいります…。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


愛車が盗まれてしまう…もっとも起きて欲しくない悪夢である。 賢明なサイクリストの皆様は、駐輪の際には厳重かつ何重にもロックをかけて愛車を守っていると思うが、物事に絶対は無い。万全を尽くしても被害に遭う可能性は残る。 / ABUSを愛用 \ 自分は幸いにして ...
愛車が盗まれてしまう…もっとも起きて欲しくない悪夢である。

賢明なサイクリストの皆様は、駐輪の際には厳重かつ何重にもロックをかけて愛車を守っていると思うが、物事に絶対は無い。万全を尽くしても被害に遭う可能性は残る。

43
/ ABUSを愛用 \

自分は幸いにして被害経験はないものの、周囲で「やられた…」と耳にすることはあって、その度に心が痛む。

盗まれないためには自衛するしかない。駐輪場所に気をつけるとか、複数ロックを持ち歩くとか、長時間放置しないとか、目の届く範囲に停めるとか、いろんな工夫はしているつもり。

ただ、それだけでは不十分かもしれないので、YouTubeで「リアルな盗難手口」とか「犯行が行われた現場」を撮影した動画を探してみた。

そしたら、わんさか見つかるじゃないですか…。


「こんなふうに盗難するのか…」とか「ほんの数分であっさり盗めるのね…」と実際の手口を目に焼き付けることで、気持ちを引き締め、愛車の保護に役立てていただきたい。

あと、ユニークな社会実験動画もあったので、あわせてご紹介してみます。

ロンドン警察の自転車盗難おとり捜査

Police Sting - London Bicycle Thief 1



イギリスの警察が仕掛けたおとり捜査。おとり捜査とはターゲットに犯罪の実行を働きかけ、犯罪が実行されるのを待って、対象者を検挙する捜査手法。地下鉄駅の前にエサとなる自転車をしかけ、窃盗犯が食いつくのを待って逮捕する、という寸法だ。

ちなみに日本は海外ほどおとり捜査には積極的ではない。犯罪意思のない者に対して、働きかけによって犯意を生じさせ、犯行に及んだところを検挙するのを「犯意を誘発している(犯意誘発型)」という考え方もある。

国家(捜査機関)の干渉がなければ、犯罪を行わなかったであろう者が犯罪を行うのだから、「国家が犯罪を創り出した」という理屈。実体的訴訟要件が欠け、免訴すべきということらしい。

それにしても、海外のおとり捜査は仕込みの度合いがハンパない。

バイクはロックで施錠され、あいくの至近距離の部屋に置かれた複数台のモニターで監視される。さらに、バイク周辺には私服警察官、自転車に乗った捜査官も待機し、いつでも現行犯逮捕できるようスタンバっている状態。(完全に本気だ)

怪しげな人物が近寄ってくるまでさほど時間はかからなかった。まず現れたのは自転車を押して歩く黒人男性。エサの自転車の近くで挙動不審な様子を見せる。捜査官らにも緊張感が走る。

果たしてその黒人男性は窃盗犯であった。周辺を見まわし、ショルダーバッグから取り出したワイヤーカッターを手にしてかがみこむ。ワイヤーを切ろうとした瞬間、一人目の捜査官がダイブアタックよろしく飛び掛かる。

窃盗犯はギリでタックルをかわすも、その後3人の捜査官にあっけなく取り押さえられる。

窃盗犯は自転車ばかりを狙っていた常習犯。前科持ち。犯行に使ったのは、そのへんのホームセンターで売られているごくふつうのワイヤーカッターだった。自転車のワイヤーロックは、そのていどの道具でカンタンに切れてしまえるということ。

なお、彼は逮捕され、6か月禁固刑に処された。

自転車盗難を目撃しても、通行人はほぼ通報しないことが証明された社会実験動画

Police investigate how easy it is to steal a bike



Avon and Somerset という街(イギリス)で行われた社会実験動画。

白昼のショッピングセンターで、歩行者も多数いる場所で堂々と自転車盗難をしたら、果たして警察に通報するか、行為を止めようとする人が現われるかどうかを実験したもの。

もちろん、犯行者を演じているのは警察関係者。枝の剪定に使うようなバカでかいカッターを肩に担ぎ、口笛を吹きながら獲物を物色する。もちろん、誰も気にもしない。

ガチャガチャとわざと目立つようにワイヤーロックを切り、自転車を持って立ち去ろうとする。驚いたのは、近くの通行人に「あ、ちょっとこのカッター持ってもらってもいいですか?」と手を借りようとしても、それでもなお誰も通報しなかったこと。

さらに、いかにも犯罪者っぽい怪しい服装で自転車に近づき、「ふんっ!」とバイクを引っ張ってワイヤーを引っこ抜いてバイクを盗んでも、何も起きなかった。つまり、自転車盗難は成功してしまったことになる。
※切れかかったボロボロのカギを意図的に使っていた


この件に対して「ここまであからさまに盗んでも、誰も通報しないなんて…」と、イギリスの警察も驚いていた。

街角でインタビューに答えた男性は、

「同じ場所で自転車を盗まれたことはあるよ。ちょうど犯行現場に出くわしたから追いかけて取り戻そうとしたんだけど、間に合わなかった」


別の女性は

「こんなにたくさんの人が行き来している場所で、堂々と盗めてしまうことが恐ろしいわ。ただ傍観するだけで何も行動をおこそうとはしないものなのね」

とも。


警察は「犯行や不審な行動を目撃したら、999(日本でいう110番)にコールしてください。通報は早いほうがいい。逮捕の可能性が高まりますので」と呼びかけてはいたが、それがをしたくてもできないのが現実なのだと思う。


「え、え??嘘?何が起きた?」、「怖い人かも」、「巻き添えを食いたくない」、「自分のバイクじゃないし…」、「もしかしたら所有者本人が、鍵を紛失して仕方なくそうしているのかもしれない」

…とか色々なことを考えて天秤にかけ、とっさの行動ができないのだろう。


その後、実験動画の撮影は続いたが、結局1件の通報もされなかった。



最後はこの動画。過去に何度も自転車盗難の被害にあったオーストリア人青年が試みた実験動画。

stealing bikes in salzburg



母親のママチャリを拝借し、ザルツブルクの街中でわざと人目に付くようにワイヤーロックを切って盗もうとする実験。で、いったい何人が通報するか、声をかけてくるかを調べたわけ。
※英語のサブタイトルが添えられていたので、内容がよく分かった。(あと、複数のカメラを使い分けていて、撮影技術も何気にうまい。きっと慣れているのだろう)

声をかけられたら、「あぁ、これは母親の自転車なんです。カギを紛失してしまったので、しかたなくワイヤーを切っているんですよ」と言い訳ができる状況で実験開始。


ほとんどの人は無視して通り過ぎるが、何人かは「ねぇ、何をしているの?まさかとは思うけど、人のバイクを盗もうとはしていないよね?」とか「本当に君のバイクなの?え、カーチャンの借りてきたの。ふーん…」と疑惑の目を向けるも、証拠がないので立ち去っていく。

あまりにも堂々かつのんびり切っている(30分もかけて)ものだから、犯行行為には見えないかもしれない。本気の窃盗であれば、どうしたって周囲を気にするし、焦りがあるはずなので。


あまりにも拍子抜けした青年は、調子に乗って「派出書の前」での実験に踏み切る。果たして、ソッコーでお巡りさんに声をかけられた彼は、取り調べのために所内に連行されてしまった。(まあ、事情を話して許してもらえたのだろうが、軽いお説教は食らったかもしれないw)

さすがに警察官は、彼の不振行動を看過しなかったようだ。(当然か)


結論だが、4か所で合計2時間「犯行」してみた結果、80%は無視し、18%がジロジロ見てきて、6人に「何をしている?」と声をかけられ、1人からは「こうすればもっと速く切れるよ」とアドバイスをもらう始末。警察に通報したのは一人だった。

これらの映像を見てわかることは、「人目に付く場所に駐輪したから安心」は、サイクリストの勝手な幻想でしかないということ。実際に犯行が行われる可能性はどこだってあるし、赤の他人がそれを阻止してくれるわけでもない。

所詮、他人の自転車を本気で守ってくれるはずはないのだ。


22
/ ABUSのBordo lite(むっちゃ頑丈) \


ということで、改めて「愛車を守るのは自分だけ!心を引き締めて自衛するしかない」という結論に至った。

重さとのトレードオフになってはしまうが、なるべく頑丈なロックを複数使うことをオススメする。自分は(堅牢で有名な)ABUSとふつうのワイヤーロック併用なんだけど、そろそろABUSの2本体制にしようかと本気で考えている。


どうか、皆様が盗難とは無縁のサイクルライフを送れますように…。
( ◠‿◠ )


>> あなた自身とあなたのロードバイクを安全に保つ5つのコツ



★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!



ロードバイクのカスタマイズは、遅かれ早かれすべてのサイクリストが直面する課題である。 「いや、今のままの状態で気に入っているので、とくに交換するパーツはないよ」 って人でも、消耗品はいずれ取り替えなくてはいけない。たとえば、タイヤ、チェーン、チューブ ...
ロードバイクのカスタマイズは、遅かれ早かれすべてのサイクリストが直面する課題である。

「いや、今のままの状態で気に入っているので、とくに交換するパーツはないよ」

って人でも、消耗品はいずれ取り替えなくてはいけない。たとえば、タイヤ、チェーン、チューブ、バーテープ、カセットスプロケット、ブレーキシュー等ですね。

09
/ 3本ケージ体制に変更 \

「カスタマイズ」という表現はちょっと違うかもしれない。強いて言うなら、愛車を常にベストコンディションに整えておくための「整備の延長線上のお手入れ」だろうか。
※それも「カスタマイズ」の範疇に入れて書くことにします。

で、カスタマイズの際に悩むのが、「どこにどう予算配分」するか。限られたお金でパーツを買うわけなので、どれもこれも高価なパーツを…とはなかなかいかない。

どうせイジるのなら、意味のある場所に効果的に予算投下し、そうでもない部分は安めのモノで間に合わせる…そのさじ加減を知っておきたいのは人の性(さが)。

Global Cycling Network で見つけた、「Save or Spend? Cycling Upgrade Hacks(ロードバイクをカスタムするとき、お金をかけるべき場所、節約すべき場所はどこ?)」という動画がとても勉強になったので、翻訳してお届けしたい。



節約すべき場所:「カセットスプロケット&チェーン」

驚いたのは、プレゼンターのサイモンさんが言うには、「ワールドツアーの選手でも、パーツを自腹で買うことがある」とのこと。

え、メーカーから無償でじゃんじゃん与えられるんじゃないの?高級パーツを無尽蔵に使い放題でしょ?プロが自腹で買うわけないじゃんって思い込んでいたんだが、「そういうこともある」のだそうな。
※プロが自腹で買うってどんなシチュエーションだろう…個人事業主として経費扱いにしてるとか…?

24
/ R9100デュラエースです \

で、そんなときにプロがやる技がありまして、「カセットスプロケットとチェーンはわざとワンランク落とす」んですって。シマノならデュラエースではなく、アルテグラ。スラムならREDではなく、FORCE…といった具合。

なるほど、ほんの少々重量増になるが、僅かなものなので無視できるレベルということか。

デュラエースのチェーンは、『シルテックコーティング』というテフロン加工が施されているが、そのメリットも一般サイクリストが体感できるかどうかでいうと・・・おまじないレベルかと。

どのみち消耗品なので、そこに使うパーツは安めのモノを使うというハックですね。あと、チェーンとカセットスプロケットは、パット見では「デュラエースかアルテグラか見分けがつかない」のもポイント(笑)。

01

自分はミニベロ(タイレルのCSI)にはデュラエース、ロード(BOMAのRefale)にはアルテグラで組んでいるんだけど、チェーンとカセットスプロケットは全部アルテグラにして、コストカットするのもアリだな…とは思い始めている。

投資すべき場所:「タイヤ」

100%同意。タイヤほどわかりやすい効果の出るパーツはない。良い(=高価)なタイヤは軽く、転がりがよく、摩擦抵抗も少ないので快適。

サイモンさん 「1本のタイヤで10ワットもの差が生まれることもある。2本で20ワットだ

だそうで、エネルギー効率も高いわけで、より省エネで走ることができるというわけ。最近はワイド化がトレンドなので、ホイールリムもそれにあわせて太くなる傾向にある。

03

経験値で言うと、自分はロードバイクのタイヤを4,000~6,000キロで、ミニベロのタイヤ(20インチ)を3,000~4,000キロで交換する。ちょうど1年に1回の交換サイクルだ。

つまり、1度交換すると、1年はそれを使い続ける。1年ってけっこう長いじゃないですか。であれば、数千円余計に払っても、充分に元は取れると思って、自分は「なるべくハイグレードなタイヤ」を選ぶようにしている。


ちなみに自分が愛用しているタイヤは…

  • ミニベロのCSI(451):シュワルベの「シュワルベワン」
  • ロードバイクのRefale(700c):IRCの「Aspite Pro(アスピーテプロ)」

である。

>>シュワルベ ワン SCHWALBE ONE(451)を7か月使い、2,000キロ走ってみてのインプレッション

>>パナレーサー(Race L Evo 3)からIRC の Aspite Pro(アスピーテプロ)にクリンチャータイヤを交換し、あるトラブルに気づく

06

かつてRefale ではパナレーサーの「Race L Evo3」(Evo3の前はEvo2を)も2年使い続けていて、それもお気に入りのタイヤ。すごく軽く、転がりが抜群にいい。

>>パナレーサー Race L Evo2 で4,800キロ走った劣化具合とインプレッション

>>ロードバイクでパンクしないために心がけていること(パナレーサーのRace L Evo2のインプレを添えて)

節約すべき場所:「リアディレイラー」

メーカー側のやり方として、完成車でよくあるのが「リアディレイラーだけワングレード高いパーツを付け、それ以外は低めのパーツで構成する」というワザ。


このバイクはリアディレイラーがアルテグラなんですよ(他は105だけど…)

とか

105のパーツをあしらった完成車ですよ(リアディレイラー以外はティアグラだけど…)


という見せ方ですね。

これが悪い方法って言うつもりはない。そうやってコストダウンして買いやすい価格設定にしてくれているって側面もある。

00
/ 現行のティアグラは質感が高い! \

ただ、リアディレイラーって目立つ部分なので、どうしてもそこに目が行きやすく、「おおっ!」ってぬか喜びしてしまう…ってこともあるのだ。

フル105のバイクとリアディレイラーだけアルテグラの→105バイクを比較した場合、パフォーマンスでは「ほぼ変わりなし」なので、であればフル105を選んでOK。リアディレイラーだけアップグレードすることで、見た目以外の能力アップは見込めない。

投資すべき場所:「シフトワイヤー、ブレーキワイヤー」

イギリスに住むサイモンさんは、「この国は1年のうち359日は雨か曇りで天候が悪いから、そういうコンディションで走らなければならないんだよね(笑)」と冗談を言っていた。

04

ウェット(湿度の高い)状態でロードバイクを走らせると、どうしても金属部分の劣化は早まる。よって「高価なインナーワイヤー類は使わない」のだそうな。

代わりにサイモンさんが実践しているのが、「(ブレーキワイヤー&シフトワイヤーを)スタックで買い置きして、ちょっと劣化したら躊躇せずにどんどん交換してしまう」という方法。

05
/ サイモンさん、業者かよ… \

自分で交換&調整できるスキルがあるなら、これもアリかもしれない。

節約すべき場所:「ハンドルバー」

ハンドルバーはそこそこ目立つため、ふとした瞬間に「交換したい誘惑」が心の隙間に入り込んでくることがある。

サイモンさんも現役時代はさんざんハンドルは交換したそうだが、アルミをカーボンにする・・・のではなく、純粋に形状を最適化するための交換だったとのこと。

06

で、彼が選んできたのはずっとアルミ製。カーボンよりは少々重くなるのは事実。しかし、「使い心地には大きな差はないよ」とのことだ。

節約すべき場所:「チューブ」

サイモンさんは、「スタンダードなふつうのブチルチューブを使っている。気にするのは厚さかな。そのほうがパンクに強い印象がある。安めのチューブにしていることで、パンクしても精神的ダメージが少ないからね(笑)」と語る。

07

ただし、あえて軽量&薄手のチューブに投資するのも一つの判断で、そのメリットは「軽量化に直結する」から。削減できるグラムあたりにかかるコストが圧倒的に低い。軽量化を目指すなら、ホイールに投資するのもいいけど、まずは真っ先に軽量チューブに交換すべき。

空気が抜けやすいデメリットに目をつむるなら、ラテックスチューブも選択肢のひとつ。走り心地が良いし、路面抵抗も低減できる。ただ、自分は実用性を犠牲にしたデメリットが受け入れられないので、ブチルしか使わないって決めている。

節約すべき場所:「ペダル」

ビンディングペダルもグレードが上がるに連れて軽くなるパーツ。ただ、節約したいならここのグレードは落としてOK。ちょっとの重量アップにはなるものの、機能性になんら変わりはない。

10

実際、2017年のツール・ド・フランスで、チーム・カチューシャはLOOK Keo Max を使っていた。LOOK Keo Blades のほうが軽い(&高い)にもかかわらず、である。 (そういうこともあるんだ…)

09
/ カチューシャはキャニオンのディスクロードを使用 \

投資すべき場所:「パワーメーター」

パフォーマンス重視でトレーニングもがっつりやりたいサイクリストなら、パワーメーターは投資価値のあるパーツ。それなりの価格になってはしまうが、近年は値段は下がっており、手を出しやすくはなりつつある。

サイモンさんは「パワーメーターはたしかに高い。でも、これでトレーニングすれば、確実に結果を得られるよ」と断言していた。これはプロ選手も言い切っていることなので、間違いない事実なのだろう。

現役トレーナーさんから、「結果は出る代わりに、パワーメーターで真面目にトレーニングするのは死ぬほどキツいよ」と話していたのも聞いたことがある。購入される方は覚悟の上でどうぞ(笑)。



ちなみに自分の場合、「趣味にはケチらない」という個人的ポリシーがありまして、(分不相応と理解しつつも)ハイグレードのモノをチョイスしてる。あと、読みたい本は躊躇なく買う。 お金を惜しまないのはそのふたつ。

代わりに、洋服、靴、装飾品、腕時計、日々の食事や飲み会、家電製品、家財道具は徹底的に節約して帳尻を合わせる。サイクリング以外にこだわりがないので、お金を使いたい欲求が薄い。

月額料金の発生するモノ(フィットネスジムとか)も固定費になるので、何も加入していない。月額料金がかかるモノはスマホだけ。お酒、ギャンブルも一切やらないので、このへんの遊興コストはゼロ。 (自分は、オンオフをハッキリ区別するタイプなのだと思う。)

14
/ 古くなったシューズや服はなかなか捨てられないタイプです(笑) \


以上、Global Cycling Network の「Save or Spend? Cycling Upgrade Hacks(ロードバイクをカスタムするとき、お金をかけるべき場所、節約すべき場所はどこ?)」をお届けしました。  


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

新幹線を使って宿泊込みの輪行をするには、ちょっとしたコツが必要。荷物が多すぎると運べないし、少な過ぎても現地で困る。必要なものを必要なだけ持参すべきなのだが、その加減が難しい。 ということで、長野県栄村の信州秋山郷で開催された「グルッとまるごと栄村100キロ ...
新幹線を使って宿泊込みの輪行をするには、ちょっとしたコツが必要。荷物が多すぎると運べないし、少な過ぎても現地で困る。必要なものを必要なだけ持参すべきなのだが、その加減が難しい。

ということで、長野県栄村の信州秋山郷で開催された「グルッとまるごと栄村100キロサイクリング」を例にとり、こんな感じで荷物を用意し、運びましたよ…という経験談をお伝えしたい。 

50

メッセンジャーバッグか、バックパックか

ぶっちゃけ、どっちでも良い。周囲を見ていると、圧倒的にバックパック派が多い。9:1でバックパック。背中に均等に重量がかかるので、40キロとか50キロ走るにはバックパックのほうが適していると思う。  

個人的にメッセンジャーバッグが好きなので、自分はミッションワークショップのrummyを使った。容量的には申し分ないビッグサイズ。 詳しいレビューは下記をどうぞ。

>> ミッションワークショップ(missionworkshop)のメッセンジャーバッグ、『Rummy』のロングターム・インプレッション(4年10ヶ月)

>> ミッションワークショップのメッセンジャーバッグ、「Rummy(ラミー)」を3年ちょい酷使しての正直な感想

04

新幹線輪行を踏まえて持参した荷物

Rummyに詰め込んだのは以下の通り。
  • 2日目(イベント用)のジャージ上下
  • サイクリング用ソックス(1足)
  • Tシャツ、短パン、下着(各1枚)
  • 小さめのタオル
  • メガネ
  • コンタクトレンズケア用品
  • 歯ブラシ&糸ようじ
  • 日焼け止め
  • ワイヤーロック(2本)
  • 財布
  • iPhone用外付けバッテリー&ケーブル
  • 自宅の鍵
  • 輪行バッグや紐等一式
  • TIMBUK2の小型メッセンジャーバッグ
※ヘルメット、グローブ、アイウェア、サイクルキャップ、シューズ、腕時計は着用していくのでここには記載していない

10 HDR

土曜に移動&宿泊、日曜にイベント&宿泊、月曜に戻る…という2泊3日の行程なのだが、宿用で着るシャツ、短パン、下着は1セットのみ。つまり、2日間同じ服を着る。荷物はなるべく減らしたいので、多少のことは我慢する。

なーに、荷物が増えることを考えたら、連続着用などたいしたことではない。 初日に着ていくサイクルジャージ上下とは別に、もう1セットを持っていった。上級者は初日の晩に洗濯して部屋干しし、翌日に同じのを着ることで荷物を減らすこともある。

ただ、自分はビブショーツで新幹線に乗る度胸はまだなく、おとなしくサイクルパンツを着用するしかなかったためである。

電源の確保は外付けバッテリーで充分

うれしい発見だったのが、アンカーのモバイルバッテリー(Anker PowerCore 10000)が2泊3日の旅程を余裕でカバーしてくれたこと。途中で切れるどころか、半分くらしか使わなかった。今回の旅で300枚ほど写真を撮りまくったのでそこそこ電池は使ったけど、Anker PowerCore 10000ひとつあれば、ぜんぜん余裕である。実に頼もしい。

コンセントと充電ケーブルだけでもよいのだが、外付けバッテリーのほうが「移動中に充電できる」点においてベター。旅の際は移動しながら充電できるとなにかと助かる。外付けバッテリーは輪行に必須のアイテムである。

53
/ 移動中も充電可能 \

財布もスリムにしよう

財布も断捨離してあげるのがよろしい。ふだんの長財布をそのまま持っていくとかさばってしまう。現金以外は「クレジットカード、健康保険証、キャッシュカード、イマージェンシーカード(血液型とか緊急連絡先を書いたモノ)」のみにした。

診察券とかポイントカードとかJAF会員カードとか、不要なものは極力持参せず、小ぶりな財布にまとめる。  CHUMS Eco Small Wallet (エコスモールウォレット)がとても気に入っていて、輪行の際は必ずお世話になっている。

サイクルジャージのバックポケットにきれいにおさまるサイズ。防水性もなかなか高く、汗を滝のようにかいても中のお札が濡れることはない。

>> 【サイクリング用にぴったりの財布】 CHUMS Eco Small Wallet (エコスモールウォレット)のインプレッション

52

TIMBUK2のカタパルトもRummyに突っ込んでおいた

メッセンジャーバッグの中に、小さいメッセンジャーバッグを入れるというハック。ぺったんこにすればさして容量を食わないし、たいして重くもない。 大きいメッセンジャーバッグで現地を走るには邪魔なので、宿に荷物を置いておいて走りたいこともある。そんなときに小型メッセンジャーが重宝するわけ。

後述するが、帰宅前夜にRummyに不要な荷物をつめこみ、宿から宅急便で自宅に送ってしまえばかなりの軽量化になる。その際の最低限用のバッグとして、カタパルトがあるとちょうどいいのだ。

P1020321

長丁場イベントに腕時計は必須

「スマホがあれば時間わかるし、わざわざ腕時計はめるなんてナンセンスっしょ」という意見がある。一理あるのだが、長丁場のサイクリングイベントには腕時計があるほうがゼッタイによい。

イベント中って時刻を知りたい瞬間がわりと多いの。「さっきのエイドからなん分走ったかなー、次のエイドまでは20分くらいかー」って予測するのもできるし、「足切りタイムがあと30分に迫っているから、休憩は短時間にしておこう」って目安にも使える。

サイコンで確認してもいいのだけど、使っているうちに時間が狂ってくるし、いちいちボタン操作するために片手運転になるのも危険。あと、ヒルクライムで疲労の極限状態にあるときは、「サイコンを触るのすら面倒クセェ」ってなる。やはり、腕をチラッと見て時間が確認できるほうが便利。

58

なにしろ、山の中とか自然の中では時間を把握するヒントが圧倒的に少ない。いや、ほぼ無いといってよい。時刻がさっぱりわからないと、「オレはいったい何分走り続けているのだ…」となり、無間地獄をさまよっている気分に陥る。そんな精神状態で漕ぎ続けるのは想像以上にツラい。腕時計はしていきましょう。(もちろん、防水性があるもので)

あと、ちょっとしたことだけど、バンドは運動に適したものがベターかなと。汗や水分に弱い皮革製は禁物。ナイロンのようなそのまま丸洗いできるタイプが劣化を気にせず使える。

もうひとつ、デジタル表示よりもサイクリングにはアナログ(針の表示)が適していると思うのは自分だけだろうか?デジタルだといちいち脳内で経過時間を計算させられる気がして、直感的では無い。疲労MAXのヒルクライムでは、とにかく肉体&精神のストレスを最小限におさえよう。

帰宅前のちょっとしたハック

声を大にして言っておくが、100キロを越えるヒルクライムイベント後は、「何もしたくない。スマホを持ち上げることすら面倒。誰か俺を風呂場に運んで体を清め、口元に食事を持ってきてほしい。オレはただ上を向いて横になっていたい」状態になる。体力の有り余った上級者ヒルクライマーならともかく、ふつうのおっさんなら確実にそうなる。

要するに、むちゃくちゃ疲れてダルいんですね。翌日もやはり疲労は残っており、その状態で輪行帰宅しなければならない。前述した荷物をすべて背負って運ぶのは、テンションの高い行きならまだしも、帰りはひたすらに邪魔でしかない。

32
/ 行きはともかく、帰りもこの荷物を背負って移動はけっこうシンドい \

そこで、余ったダンボール箱を宿でいただく。輪行バッグや貴重品類以外をRummyにぶち込み、バッグごとダンボールに詰め込んで着払いで自宅へ送ってしまう。これ、帰りの移動が超絶ラクチンになるのでマジでオススメ。

くれぐれも、家の鍵、輪行バッグを詰め込まないよう、ガムテープを貼る際にはダブルチェックをお願いします。疲れ切っているときに作業すると、信じられないイージーミスを犯す可能性がある(笑)。


以上、新幹線等を使って長距離移動し、宿泊込みの輪行をするときの荷物の運び方コツでした。


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

折りたためないミニベロの最大のデメリットは、折りたためないことである。(当然ですね) 折りたためないゆえ、輪行の際は前後ホイールを外さなければならず、扱いと生じる手間はロードバイクと同じ。 「これじゃ、ミニベロを買った意味がないじゃん…」という気がしな ...
折りたためないミニベロの最大のデメリットは、折りたためないことである。(当然ですね)

折りたためないゆえ、輪行の際は前後ホイールを外さなければならず、扱いと生じる手間はロードバイクと同じ。

34

「これじゃ、ミニベロを買った意味がないじゃん…」という気がしないでもないが、折りたためないことで軽量化になるし、ヒンジがないぶん剛性も上がる。自分がミニベロに求めるのは走行性能であり、コンパクトな収納性ではない。よって、これで良いというわけ。

もちろん、折りたためることのメリットも充分に承知してまして、オクサマのボードウォークは20秒で折りたたんで5秒で積める。パンダのトランクにもすっぽり収まり、便利なことこのうえない。

折りたためないほうのタイレル(Tyrell)のCSI を車載輪行するには、リアシートに載せるしか方法が無い。今回はそのときのコツをばいくつか解説しますね。

ボトルを抜いておく

兎にも角にもボトルを抜くこと!これ、むっちゃ忘れやすい。中に水が残っているとポタポタと垂れてしまい、リアシートがビショビショになってしまう。水であればまだマシで、これがスポーツドリンクだと悲劇。お漏らししたかのようなシミが残る。

14

自分は飲み口がルーズになったポカリスエット入のボトルでこれをやらかしてしまい、みっともないシミを作ってしまったことがある。垂れてても音はしないし、運転中は気づけないのよね…帰宅して「やってもうたー」となるパターン。

ホイールを外す前にボトルを抜く習慣をつけましょう。残っていたら車内で飲むように、運転席回りのドリンクホルダーにサッサと突っ込むこと。

蛇足だが、電車輪行の場合、ボトルを抜くと持ち運びの邪魔になるので、せめて空っぽにしておくように。電車内やプラットフォーム上を濡らしながら歩くのは大迷惑である。

ミニベロはフォークが意外に長く、スペースを食う

折りたためないミニベロの場合、手順はロードバイクと同じ。ホイールを外してフレームだけになれば、大きさはロードバイクとなんら変わらない。じつはミニベロ(TyrellのCSI)のほうがロードバイク(BOMAのRefale)よりもフォークが長い。ホイール径が小さいぶん、フォークがより地面に向かって伸びているのがその理由。

55
/ 毛布でフォークを養生します \

よって、後席スペースをより取ってしまうのはミニベロのほう…という逆転現象が生まれる。積載するときも、ミニベロのほうが気を遣う。「ミニベロだから、ホイールを外してもミニだろう」とは限らないのでご注意あれ。

リアディレイラーから車内に入れる

単純に、載せやすいから。やってみればわかるが、ハンドルから入れようとするとリアディレイラーがちょうど顔に当たってすこぶる都合が悪い。フレームの左側(ディレイラーが無い側)から持ち上げると、左側にリアディレイラー、右側にハンドルがくる。

36
/ 車の右側から出し入れします \

リアディレイラーをガツン!とぶつけてしまうのはマズイので、なるべくリアディレイラーを下げて慎重に車内に挿入。真ん中まで入ったらサドルをシートに乗せるようにして滑らせる。このとき、クランクが垂直になっているとつっかえてしまうので、平行にしておきましょう。

あと、チェーンリングが屋根に当たってしまいやすいので、これも注意。ちょっとでも触れると、黒い線が残る。高級車でこれをやるとかなり凹むはず。あと、レンタカーだといろいろ問題になりかねないので慎重に。ちなみに、4年目に入ったパンダのような大衆車であれば、もはや気にならない。

ただし、フレームをこのように立てた状態で積むにはそこそこの車高が必要。セダンとかセダンベースのワゴンでは厳しいかも。

パンダは車体そのものはコンパクトだが、SUVちっく&垂直に立ったボクシーな形状ゆえ、じつはロードバイク、ミニベロを積みやすい。リアドアも真四角に近いので荷物の出し入れがしやすいのだ。

ハスラーとかウェイクのようなスペース効率の良いハイト軽ワゴンであれば、問題なくロードバイクが積める。

15

>> 【ハスラーにロードバイクは積めるのか?】 実際にディーラーで取材させてもらったよ

>> ダイハツのWAKE(ウェイク)にロードバイクが積めるのか、実際にディーラーで試させてもらったよ

リアディレイラーとフォークが窓や車体に触れないよう養生する

リアディレイラーとフォークの先端が両サイドの窓ガラスに当たらない位置でフレームを固定する。

リアディレイラーはデリケートなパーツなのでなるべく何にも触れさせたくない。フォークが窓ガラスに当たってしまって車内に収まらない場合、ハンドルを90度曲げてみよう。数センチだがスペースが広がる。

車幅1,645ミリのパンダで問題なく入るのだから、ほとんどの車で問題ないはず。 タイレル(Tyrell)のCSI の場合、それでもフォークの先っちょが窓ガラスに当たって精神衛生上よろしくない。そこで、汚れてもかまわない小型ブランケットを丸めて間に噛ませる。こうすれば、カチカチと触れ合って異音が鳴ることもない。

38

チェーンリングが後方視界を遮るのに慣れる

これは積み方のコツではなく、運転の仕方の問題なのだが、フレームを真横にして後席に載せると、チェーンリングが真ん中にきてしまう。後方視界がじゃっかん奪われるので、慣れが必要だ。

せめてクランクとペダルは視界の妨げにならないよう、適当な位置を見つけて動かしておけばカンペキ。

積み終わったらゴム紐で固定する。両サイドにプラスチックのフックがついたものにしましょう。ヘッドレストの棒に引っ掛けることができます。年1回くらい、ゴム紐をやり忘れ、そのまま走り出し、信号待ちで停車したときにバイクが前席めがけて倒れてきて、「あわわわわ…!」ってなるミスを犯してしまうが…。

33


以上、皆様の車載輪行のお役に立てば幸いです(*^^*)


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクリストは大きく、「ヒルクライム好き派」と「ヒルクライム好きじゃない派」の2種類に分かれるもの。 もともと坂が好きな人はそうはおらず、たいていは後天的に好きになる。自分がヒルクライムに初めて挑戦したのは、最初のバイクを買ったちょうど3年後だった。それも ...
サイクリストは大きく、「ヒルクライム好き派」と「ヒルクライム好きじゃない派」の2種類に分かれるもの。

もともと坂が好きな人はそうはおらず、たいていは後天的に好きになる。自分がヒルクライムに初めて挑戦したのは、最初のバイクを買ったちょうど3年後だった。それも、人に誘われてしぶしぶ…だったことを告白しておく。こんなキッカケがない限り、自発的に峠に行くことはなかなかない。

R0000131
※笑顔ではなく、苦悶の表情です

それまでは、「坂をわざわざ登るなんて、なんとまあ物好きというか、体力が有り余ったお方たちなのだろう…」と思い、ひたすら平地専門だった。自分が峠を好きになるなんて、1ミリも想像できなかった。ところが今ではある程度の勾配がないと楽しめなくなってしまっていて、人間って変わるもんですね…。

GCNで、「体力を一切アップしなくても、ヒルクライムが速くなる5つの方法(5 Tips To Climb Faster Without Being Fitter | GCN 's Pro Tips)」が紹介されていたので、翻訳してご紹介しよう。



ヒルクライムは心の持ちよう

いきなり身もふたもない精神論だけど、メンタルの充実は大事。心身共に整っていないのであれば、峠は登らない方がいいと思う。とくに寝不足で山に行くのは自殺行為でしかない。

まあ、充実していても坂は苦しくて辛い。引き返したくなることはしょっちゅう(引き返したことはないけど)で、「ちきしょうめ…」と斜度を呪いながら無心で漕ぐ。どのみち坂はしんどいし、その事実は変わらないので、ならばいっそ受け止めてしまおう。苦しいかな、つらいかな…と心配するのはムダ。だってどうせ苦しくて辛いのだから。

ちなみに、「体力が付けば苦しさが紛れるのではないか。楽に走れるのではないか」と考えるかもしれないが、甘い。そうはならない、ただ「速く登れるようになる」だけだ。何をどうあがいても、体力がいくらつこうとも、ヒルクライムは苦しいものなんだと受け止めてしまえば、辛さも薄まる。心拍、乳酸、痛み、すべてを当然のものとしてしまおう。

ギアの選択を侮らない

精神力がある程度大事とは言え、ギアの選択も大事。根性だけで峠は越せない。プロは最近では軽めのスプロケットを使うことも多く、だったらアマチュアやホリデーライダーが使わない理由はない。

39
アルテグラの11-28Tを使ってます

ゴリッ…ゴリ…としかペダリングできてないとしたら、それはギアが重すぎ。体力に自信がないならチェーンリングはコンパクト(50T)にして、スプロケットには最大32Tがあるものを選べば、ゆっくりではあるが激坂を足をつかずに登り切ることができるだろう。

自分は1年ほど前には25Tだったスプロケットをアルテグラの11-28Tに交換したことで、脚力をセーブしながら登ることができるようになった。

>> シチュエーションに合わせてスプロケットを交換するという楽しみ方(ロードバイク編)

>> シチュエーションに合わせてスプロケットを交換するという楽しみ方(ミニベロ編)


25Tしかなかったころは、「こ、このギアでクリアするしかないのか…軽いギアはもう残されていないのか…」と絶望し、激坂が怖かった。

シッティングか?ダンシングか?

どちらが良いかの絶対的な回答はない。なぜなら、その人の体力、コースレイアウト(斜度&距離)、走り方の好みに左右されるからだ。

一般論として言えば、「95%はシッティングで、残りの5%を意識してダンシングするとよい」とのこと。自分の感覚でも同意できる。お尻周りの血流がよくなるし、シッティング時には使えていなかった、違う筋肉を利用できるのでリフレッシュ効果も得られる。


でも、ダンシングって余計にパワーを消費して、結果的に疲労を早めるのでは?


自分もそう考えていた時期があって、その頃はなるべくダンシングしないよう心がけていた。が、「休むダンシング」もある。シッティングしっぱなしで疲労したハムストリングを休ませたいので、わざと立ち上がって回すこともする。


その方法は、ウォークライドの須田さんに実走セミナーで学ばせていただいた。

>> 実走セミナーでプロに指導を受けたら、ダンシングと体重移動が劇的に変化した

57
※実演して講義してくださる須田さん


ギアを2段ほど重くして、体重を利用して漕ぐ。足の筋力で踏み降ろすのではなく、ペダルに自重を乗っけるイメージ。10秒ダンシングしてはシッティングに戻り、ちょっと疲れがたまってきたなと感じたらまた立ち上がる・・・を繰り返す。

身体でコレを知れたのは大きかった。 今も登りで必ず意識している。

ヒルクライム上達の近道は「痩せる」こと

ぐうの音も出ない正論だが、ほんとこれ。「軽さは正義」はロードバイク本体だけでなく、体重にも当てはまる。山でもがいているときほど、己の腹の脂肪を呪うことはない。

Global Cycling Network でも過去に実験してたんだけど、荷物なしで登るのと、5キロのバックパックを背負って登ってかかったタイムを比較したら大きな差があった。

ハードなトレーニングですでに低い体脂肪率を実現できている方でない限り、大抵の現代人は痩せる余地があるはず。数キロ落とすことができれば、パワーは同じであれば、確実に速く登れる。 もしくは同じスピードでラクに走れるようになる。高価な軽量パーツを買う必要もなく、コスパは非常に高い。

仮に2キロ体重を落とすだけでもぜんぜん違う。「たかが2キロか」と思うかもしれないが、牛乳パック2本ぶんだ。ジャージのバックポケットに2本牛乳パックを突っ込んで2キロ増し登るの、ぜったい嫌でしょう?体の脂肪がそれだけ減ったら、走りやすくないわけがないのである。

20 HDR

ペーシング

ヒルクライムレースに初参加した人あるあるは、序盤に張り切り過ぎて、後半にヘタること。アドレナリンが出まくって、ついつい調子に乗ってしまいやすい。

他の速い人に惑わされず、マイペースで回す。人にバンバン抜かれても気にしない。マイペースがどれくらいかわからなければ、「ちょっと楽すぎるかな?」と感じる程度と覚えておくといい。体力は後半半分に温存させておこう。

あと、スタートラインに立つ前まではなるべく体力を温存しておきたいので、スタート会場まで自走で行くのであれば、あまり追い込まないように。時間に余裕を持ってのんびり行けるスケジュールを組みましょう。

視聴者からのアイデア

以上が「体力を一切アップしなくても、ヒルクライムが速くなる5つの方法(5 Tips To Climb Faster Without Being Fitter | GCN 's Pro Tips)」の翻訳紹介でした。

上記以外にも、動画のコメント欄で視聴者が各々のアイデアをシェアしていたので、それも添えておきますね。

軽いバイク(A lighter bike)


定番の対策。高いバイクを買えなくても、ライトを外す、軽量タイヤを使う、ボトルは1本、アウターのチェーンリングを外してインナーだで走る…のも可能。

適切な空気圧(good tire pressure)


何が適切なのか断定は難しいところなんだけど、やや高めにした方がトラクションはかかりやすい。が!山頂は気圧が上がってタイヤがバーストしてしまうこともある。上級者は山頂に到着するやいなや、バルブをチョンチョンと触って少し空気を抜くのだそうな。(自分はやったことない)

自分は山に行くときもそうでないときも空気圧は一定に保っていて、フロント7.0BAR、リア7.3BARにしております。これで問題が起きたことは一度もない。

よく寝る(sleep well)


言わずもがなですね。最低でも6時間を切ってはダメだと思う。できれば7時間。理想は8時間の睡眠。

バイクの整備(maintain bike)


これも当然。山でのトラブルは季節によっては命に関わるし、仲間にも迷惑がかかる。パンク修理キット、予備チューブ、小型ポンプ等は万全に整えておきましょう。

適切な食事(eat with care)


疎かにしやすいですが、当然ですね。

ドラフティング(draft)


斜度が緩い場所では、ヒルクライムであってもドラフティング効果が得られます。

トイレをレース前に済ませる(go to the toilet before you start)


何気に大事。膀胱を軽くするという意味もあるし、尿意を抱えたまま走るのは大きなストレスだから。大きいほうは、なるべく前日にひねり出しておきましょう。


あとは、財力に物を言わせて、電動アシスト付きのロードバイクを投入するのもアリかも(笑)。 

>> ヤマハの電動ロードバイク、「YPJ-R」に試乗してみた(機材紹介編)

>> ヤマハの電動ロードバイク、「YPJ-R」に試乗してみた(ヒルクライム@檜原村)

41
※激坂を実業団選手のスピードで登れます(^o^)


自分は目下、アンジェラ・ダックワース氏著の「やり抜く力 GRIT(グリット)」を読みつつ、減量に励んでおります。


以上、皆様の楽しいヒルクライムのお役に立てば幸いです(^o^)


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!


ロードバイクはカスタマイズしてナンボ。自分好みにパーツを交換したり、カラーコーディネートを試行錯誤して「オレ(アタシ)だけの1台」に仕上げていくプロセスは言葉では言い表せないほど楽しいものだ。 カスタマイズというと、どうしても「大金がかかるイメージ」があ ...
ロードバイクはカスタマイズしてナンボ。自分好みにパーツを交換したり、カラーコーディネートを試行錯誤して「オレ(アタシ)だけの1台」に仕上げていくプロセスは言葉では言い表せないほど楽しいものだ。

カスタマイズというと、どうしても「大金がかかるイメージ」がある。それは事実で、こだわり始めればオーディオやカメラレンズと同じでエンドレスな世界。

12

しかし、コンポーネントをごっそり載せ替えるとか、ホイールを新調するだけがカスタマイズではない。お金をかけずにできるカスタマイズもあるのだ。それは「色のコーディネート」。しかも、満足度がそこそこ高いのでコスパも良い。

色の組み合わせなんて自由だし、本人が満足していればそれでいいんだけど、セオリー的なモノを知っておいて損はない。 だって、できれば他のサイクリストから、「お、あのバイク、カッコいいな」って思ってもらいたいじゃないですか(笑)。

カラーコーディネートに絶対の正解はないと断った上で、あくまで個人的意見(と聞きかじった知識)を羅列してみますね。

バーテープとサドルの色を合わせる

そういう決まりがあるわけじゃないが、なんとなくそうしている人が多い気がする。たぶん基本中の基本なのではないだろうか。バイク本体の上部のほうに突き出したパーツなので、ここの色がちぐはぐだと違和感を感じるのであろう。

自分はサドルとバーテープを、タイレル(Tyrell)のCSI はブラックで統一し、BOMAはホワイトで合わせている。

32


17
※白のバーテープは汚れが目立ちます…

バーテープだけとんでもない色にして変化球

ただ、上記セオリーを崩してくるいわゆる型破り系のサイクリストもいらっしゃって、バーテープだけ奇抜なカラーで攻める場合がある。カモ系パターンとか、ブラックで統一しているのにバーテープだけビビッドなイエローで目を惹かせるとか。

根拠はないが、そんなバイクを目撃すると、「あえてそう攻めてくるとわ…お主、なかなかやるな…」という気持ちになる。

27
※レース会場で人様のバイクコーディネートを観察するのもいと楽し

バーテープは自転車パーツの中でもかなり安い部類なので、気軽に挑戦できる。失敗してもまた交換すればよいだけ。サドルの色からわざと外して、派手目のカラーで変化をつけるのも面白い。

ステム、ハンドル、シートポストで色を揃える

バーテープとサドルを同色でまとめるのがセオリーだとして、次に気になるのが「ステム」だと思う。ステムって小さいパーツだし、カラーコーディネートにおいては重要度は低めじゃないかってずっと思っていて、無頓着だったの。

ところが、先輩ローディによると、「サドル、ステム、バーテープで揃えるとさらに統一感が増す」と教わった。

この3つを揃えると、水平方向にピンと一本のラインが生まれ、遠目から見てかっこよくなるらしい。「カラーコーディネートは縦のライン、横のラインで分けて考えるといいよ」とのことだ。なるほど。

19
※黒のサドル、ステム、バーテープで統一された図

そのセオリーでいくと、タイレルのCSIはブラックで固めてあるので合格。

51
※期せずして、2台とも黒でコーディネート

BOMA の Refale はサドルとバーテープはホワイトなのに、ステムがブラック。ステムまで白いとベターということになる。

22
※画竜点睛を欠いた図

ステムの色はどこに合わせるべきなのか問題

ただ、ステムだけ白くすると、ハンドル本体、ハンドルポスト、スペーサー、ヘッドキャップのブラックから浮いてしまう。それはそれでステムだけが悪い意味で強調されてしまうようで、シックリこない。

思案した結果、サドルとバーテープをブラックにしてしまうことを検討中。実は以前はそうしていたのだが、オーバーホールを機にホワイト化に踏み切ったのだ。バーテープも汚れてきたし、再度ブラック化に戻すつもり。

08-1
※というか、戻しました(笑)

余談だが、白いバーテープは汚れがむっさ目立つ!バーテープが汚いロードバイクは、他がピカピカでもなんとなくみすぼらしい。しかも、タチの悪いことにバーテープの汚れって、何をどうしようが落ちないのだ。つまり、汚れてもそのまま使い続けるしかない。その点、黒いバーテープは汚れがまったく見えないので、ズボラさんにはオススメである。

アウターケーブルも地味に効果の高いカラーコーディネートパーツ

実はアウターケーブルの色って、コーディネートにおいてかなり重要。

たかがケーブルじゃん。細いし目立たないし、そこの色をいじっても、変化は感じられなくね?

と思うかもしれない。自分もずっとそう信じていた。だが違うのだ。ケーブルのカラーだけでも印象はグッと変わる。

43
※黒は地味ですね

05
※オーバーホールとか、アウター交換するタイミングで気分転換

ケーブルカラーは、バーテープとサドルをに合わせた方がいいかもしれない。以前(ブラック時代)はアウターケーブルもブラックに、今(ホワイト時代)はホワイトで合わせている。

バーテープとサドルをブラック化し、アウターケーブルはそのままホワイト…だと、それはそれでアンバランスなような気もするが、そこまで手を回すとコスト的にかさむので、アウターケーブルはホワイトのままにしておこうかと思う。

「でもなー、白いアウターケーブルは気にっているんだよなー。そこまでブラックにすると雰囲気が重くなっちゃうんだよなー。やっぱ白のバーテープのままでいこうかなー」

悩みは尽きない。

2色もしくは3色がグッドバランス

以下、完全な好みの問題にはなるが、ロードバイクのカラーコーディネートは2色か3色までが良い。4色を組み合わせるのはかなり難度が高く、下手をするとゴチャゴチャしてしまう。

自分が好きなのは2色コーディネート。シンプルでスッキリしているのが理由。タイレルCSIはシルバーとブラックのくっきりツートーンなフレームなので、他もその2色だけで合わせることにした。最大の難関であるコンポーネントにはデュラエース(9000系)を採用。結果、「これでもか!」ってほど似合ってしまった。

59

我ながら、「(シルバーの)CSI×9000系デュラエース」は「それぞれが出会うために生まれてきたのではないか…これは運命なのでは」と思えるほどにパーフェクト(だと信じてる)。

ただし、厳密にいうと、サドルに赤いラインがちょっぴり入っている。そこで、スペーサーを赤にして、水平方向の統一感を無理やり演出してみてはいる。カラーに関しては、もはやいじるとこ無しだと思う。

とはいえ、モノによってはフレームが3色で構成されていることもあるので、3色でコーディネートせざるを得ないケースもある。その場合、「絶対に3色で統一してやるぞ!」と気負いすぎるよりは、メインの2色を基本にコーディネートして、最も面積の少ないカラーはあえて無視することで、ワンポイント的な演出にするのもアリだ。

26
※シートチューブに青い線が

たとえばBOMAのリファールは、ブラックとホワイト基調のフレームだが、シートチューブにブルーの線が入っている。自分はあえてこのブルーを無視し、ブラックホワイトなバイクを目指した。結果的にブルーの線が残ってしまったのだが、ワンポイントカラーだと思えば違和感はない。

どこかにブルーを使う(バーテープをブルーにするとか)という方法もないではないし、そういうコーディネートをされている方もいるので、そこは好みなのだが、自分はあえてサードカラーを無視する道を選んだのである。


以上、ロードバイクのカラーコーディネートはこうするとよいのではないでしょうかという、個人的思い入れ入りまくりな意見のご紹介でした。

なんやかんや書きましたが、詰まるところ「自分がかっこいいと思えばそれが正義!」です。なので、本能の赴くままにいじればよいでしょう。

みなさまのコーディネートの際の参考になれば幸いです。ヽ(^o^)丿


★ツイッターアカウントはこちらヽ(^o^)丿<最近記事を常にお届け!


ロードバイクでのツーリングは楽しいので、暇さえあれば走ることにしている。1日休めるときは100キロ超のコースをたっぷり時間をかけて走るし、「午前中しかない」って場合は早朝の車の少ない時間帯に都内をサクッと周り、途中でスタバに立ち寄ってスコーンとコーヒーを食べ ...
ロードバイクでのツーリングは楽しいので、暇さえあれば走ることにしている。1日休めるときは100キロ超のコースをたっぷり時間をかけて走るし、「午前中しかない」って場合は早朝の車の少ない時間帯に都内をサクッと周り、途中でスタバに立ち寄ってスコーンとコーヒーを食べて帰る…ということをする。

20-1

個人的に好きなルートは、皇居→赤坂→青山一丁目→表参道→原宿のあたり。道路幅が広く、路面がキレイで都内の割に景色がいい。あと、恵比寿とか代官山のオシャレゾーンを走ると、自分がハイソサエティ側の人間になったような錯覚が味わえる(笑)。

>> ロードバイクで地元界隈を走るのに飽きてしまったときの対処法


ただ、である。

ソロで走ると退屈というか、時間を持て余すときもあるのよね…。とくに向かい風だとショートカットして早めに家に帰ろうかなとか、河川敷を走っていたら、「目的地を180度変えて、逆向きに走ったろうかな」とか考えてしまうことも。

いくら自転車が好きでも、この「ぼっちライドの退屈さ」とは無縁でいられない。ということで、totalwomencyclingで紹介されていた、「ロングライドに付き物の「長い→退屈だ→帰ろう」を撃退する方法(How to Avoid Boredom On The Bike and Cutting Your Long Rides Short)」という記事を翻訳してお届けしたい。

1.ルートを決める

退屈を乗り越えるのに必要なのはモチベーション。なんの動機もなく、いつでも辞められる状況は心が折れやすい。厳密でなくても構わないので、ざっくりしたルートは頭の中に描いておこう。あるいは、スマホやガーミンにルートを設定できるならそうしても良い。

自分がやりがちなミスは、「何の目的も持たず、適当に走り出し、走りながらどこに行こうかな…と思案するパターン」。これ、想定していた走行距離を大幅に短縮すること請け合いだ。100キロ走るか…と思って家を出たのに、帰宅したらサイコンは60キロを示していた的な。

ヤビツ
※google map を眺めているだけでも楽しかったりする

定めたルート(スケジュールと呼んでもいいかも)があれば律儀に守ろうとする思考が働くけども、完全なノープランは人間を怠惰にする。少なくとも、自分はそのタイプ。

2.目的地(ゴール)を定める

上記に関連する話で、ルートを描いただけでは不十分。せっかくなら目的地がほしい。円を描くだけのルートではいくらでもショートカットできてしまうが、明確なゴールがあるとそこを外すわけにはいかなくなる。よって、想定距離をキッチリ走れるというわけ。

目的地は何でもよくって、美味しいパン屋さん、話題のカフェ、キレイな景色(湖、峠の頂上)、観光名所とか、何かしらのランドマーク(スカイツリー、川の源流)が一般的。
※そういえば、ゼブラカフェに行くと宣言したけど、まだ行ってなかった…行こう。

>> 相模原市にあるカフェ、「ゼブラコーヒー」に行ってみようと思う

なんなら、「しばらく会っていない友人」に挨拶に行くでもよい。遠い親戚縁者に「こんにちは」して帰ってくるのもナイス。長距離走れて、人間関係まで良好になる。なんなら、食事をおごってもらえるかもしれない(笑)。

個人的に試そうと考えているのはスポーツ観戦で、地方開催のサッカーを観に行こうかなと。観戦といっても、J1とか2のプロリーグではない。セキュリティが無いも同然のスタジアム駐輪場には何時間も停めておけない。

行くのはハイレベルなアマチュアリーグだ。関東サッカーリーグは市民公園とか大学のピッチを利用することがほとんどで、スタンドがない場所も多い。その代わりピッチ横のかなり至近距離で観れるし、元Jとかユースだった選手がゴロゴロ。しかも観戦無料。バイクは傍に置いたまま観戦できるので、安心である。

関東リーグは都内でも多摩とか町田のような僻地開催が多く、神奈川県、千葉県、茨城県でも中心街から離れた場所で行われることがほとんど。幸か不幸か、埼玉県からは自ずと長距離コースになってしまうのだ。

32
※目的があれば意外に走れてしまうもの

60キロ走り、サッカーを観戦しながら補給し、飽きたら60キロ走って帰る、あるいは群馬とか山梨開催の遠方試合に行き、輪行で帰る方法もある。

いずれにせよ、慣れない道を走る場合は時間が読めなくなることもあるし、つい観戦時間が伸びてしまうこともあるので、電車で帰りたくなるかもしれない。不慣れな土地に行く際は、輪行袋とライトは持参することをオススメする。

3.赤い車を目撃したらもがくルール

こんな方法があるのかと驚いたのだが、「赤い車(色は何でもいい)を目撃したら、20秒フルパワーでもがく」というやりかた。

やってみるとわかるが、「赤い車の多さに辟易する」らしい(笑)。ロングライドにつきものの退屈感をこれで撃退できるかというと、ちょっと違う気もするが…。まあ、変化を加える、刺激と負荷を与えられるので、意味はあるのかなと。

ただし、これを本当にやろうとするのは難しいと思う。道路状況にもよるし、一時停止の交差点や信号もあるので、律儀に実践すると逆に危険だ。個人的にはオススメはしない。

4.短時間の登りを意図的に混ぜる

変化を加えるという意味で、ルートのどこかに坂を織りまぜるのは賢い方法だ。平坦路は楽ちんだけど、変化のない道を20キロ、30キロ淡々と走るのは足は疲れなくても心が辛い。

高い峠でなくてもよい。ちょっとしたうねりとアップダウンがある場所をルートに組みこもう。日本は山の国なので、田舎に行けば自然にそういう地形が増える。

01

個人的によくやるのは川口市の自宅から物見山を目指すパターン。ちょうど50キロなので、行って帰れば100キロ。物見山を数周走れば120キロほどになってちょうどいいツーリングになる。物見山山頂の駐車場をゴール設定しているので、途中で逃げ出すことはしない。

>> 物見山でプチ・ヒルクライムをし、パン工房シロクマ&豆腐レアチーズケーキの旨さに涙する

>> 沖縄出身のオクサマ、人生初の気温5度でのライドで85キロ走る
※物見山は周回なのでちょっとしたトレーニングにもなります(自分は3周で「もういいや…」となりますがw)


「山はちょっと苦手なんだよなあ…」という方は、尾根幹(おねかん)はいかがだろうか。

南多摩尾根幹線(みなみたまおねかんせん)とは、多摩ニュータウンの南縁を東西に横断する形で東京都調布市の多摩川原橋から、東京都町田市小山町の町田街道までを結んでいる道路の通称。東京都道路通称名公告では「南多摩尾根幹線道路」(整理番号151)であり、起点が町田市小山町(町田街道交点)、終点が稲城市百村(鶴川街道交点)とされている。略称は「尾根幹線」「尾根幹」。


こないだ初めて仲間と走ったんだけど、ほどよいアップダウンがじつに気持ちよい。高負荷かけてガシガシ突っ走る人も多い、トレーニングコースのメッカでもあるそうだ。が、べつに殺伐とした空気はないので、ツーリングの一部に取り入れるのはぜんぜんアリ。高台に有る公園から見下ろす景色はキレイで、休憩場所としてはもってこいである。

IMG_8865

ただ、良くも悪くもすごくスピードに乗りやすい場所なのと、交通量はそれなりにあるので、左折車に巻き込まれないようスピードは出しすぎないように。対向車線の右折車に注意するのも言うまでもない。

5.ケイデンスに集中する

ケイデンスに集中して、ペダリング向上と割り切って走るという手法もある。それが楽しいかどうかは別にして、トレーニングだと考えれば多少の苦しみも受け入れられる。

一般論では、ケイデンスは「90rpm(1分間に90回転)」が望ましい。意識せずに漕ぐと、70とかせいぜい80rpmになる。90rpmで回すには、それなりに意識しないと実践できない。(上級者は無意識にできる)

傾向としては、体重が軽く痩せ気味のライダーは高めのケイデンスで主に遅筋で走るのが得意。マッチョ系ライダーは逆に低めのケイデンスで速筋で走ることが多いそうな。

どっちが上とか優れているとは断定できないが、ロングライドに適しているのは「高いケイデンス × 遅筋」の組み合わせ。より脂肪燃焼効果が高く、長時間安定してパワーを発揮できる。

速筋を駆使しすぎると、エネルギー源であるグリコーゲンを多く消費し、疲労も早くやってくる。効率はよろしくない。

ただ、ハイケイデンスで回すのに慣れていないと、それはそれで「やけに疲れるな…」と感じるだろう。足が疲れるというよりは、心肺がしんどい」と表現したほうがいいかもしれない。そんなときは、「5分間ふつうにペダリング→5分間ハイケイデンス」を繰り返し、徐々に体に覚えさせていこう。

18
※自然にペダリングが上手になる三本ローラートレーニング

6.ソロではなく、仲間と走る

むちゃくちゃ効果的で手っ取り早いのがこれ。もしもソロライドしかしたことがなければ、ぜひ試してほしい。効果てきめんである。

楽な道ならおしゃべりしながら、ハードな登りでは励ましあいながら、雨でずぶ濡れになったら「こんな日もあるさ」と笑い飛ばしあいながら走ると、本当に不思議なんだけど頑張れてしまうものなのだ。

1人ではぜったいにくじけていたに違いない激坂を仲間と登りきったとき、「人間のフィジカルコンディションは、メンタルと密接に関係しているんだな」とつくづく思う。フィジカルが万全でも、モチベーションが低ければ達成できないし、その逆もしかり。

08-1
※スブ濡れで走るエンデューロも楽しい(半ばヤケクソだが)

仲間の数は何人でもいい。二人でも三人でも楽しいし、十人以上も賑やかでよろしい。楽しくない人数なんてない。ただ、人数が増えるにつれてグループで安全に走るのは難しくなるし、信号で引っかかってしまうので、六人以上になるなら3&3とか3&4とか、2個の小グループで移動するのが走りやすく、先頭を牽く人も後方確認しやすい。

あと、ハンドサインは全員使うように出発前に周知徹底しましょう。

7.たくさん飲み食いする

腹が減ってはライドは出来ぬ。目的地があり、ルートもバッチリでも、エネルギー源がなければ身体は動かない。

目的地の途中に自分なりの補給ポイントを設けておくも良し、お気に入りの補給食をバックポケットに忍ばせておくも良し。食べるためにはそれなりの距離を走ってカロリーを燃やさねばならないので、自然とペダリングにも力が入るはずだ。

04
※エンデューロ会場で食べる鍋は、通常の10倍ウマイ

以上がtotalwomencycling で紹介されていた内容。以下はオマケ。

8.おまけ:ちょっとキツめのサイクリングイベントにエントリーしてしまう

数ヶ月先のイベントにエントリーしてしまうのは個人的なハック。ハードなヒルクライムとかチームエンデューロへの参加を決めてしまったら、「少しでも速く走れるようになりたい」と思うのが人情じゃないですか。

まあ、おっさんが週末にちょっとがんばったところでほぼ変化なんてないんですが、「努力しよう」って感情が大事でして、そのおかげでいつもより少し長めの距離を走ろうとか、巡行速度を数キロ上げてローラーを回そうとか、夜食は控えて体重が増えないようにしようって気持ちになれる。メンタルを整えるのに、数ヶ月先に控えたイベントほど役に立つものはない。

56
※ツール・ド・妻有2016の様子

ということで、8月上旬に北信州秋山郷で開催される、『グルッとまること栄村100キロサイクリング』に参加してきます。走行距離100キロに対して、獲得標高は2,500メートル。昨年、一昨年と参加してきたツールド妻有かそれ以上にキツいそうで、ほぼアップとダウンしかないんですって…。今から武者震いしております。


★ツイッターアカウントはこちらヽ(^o^)丿<最近記事を常にお届け!


夏場の猛暑のなかでサイクリングすると、ボトルの飲み物がソッコーで生ぬるくなる問題、みなさまはどのように解消しているだろうか。 自分はCAMELBAK のポディウムチルを5年ほど愛用している。一見ただのボトルだが、保冷機能が備わっているので、飲み物をそれなりの時間 ...
夏場の猛暑のなかでサイクリングすると、ボトルの飲み物がソッコーで生ぬるくなる問題、みなさまはどのように解消しているだろうか。

自分はCAMELBAK のポディウムチルを5年ほど愛用している。一見ただのボトルだが、保冷機能が備わっているので、飲み物をそれなりの時間なら(真夏でも小一時間くらい)冷たくキープしてくれる。

10

春先や秋くらいの季節であれば、その機能を感じられて助かるのだが、真夏となるとさすがのポディウムチルでも歯が立たない。せっかくの冷水がみるみるぬるま湯に変わっていくのは悲しい。

水ならまだしも、ぬるいスポーツドリンクって「ウエッ」てなりませんか。喉越しがなんとなく気持ち悪くないですか。せっかくコンビニで調達した冷え冷えドリンク、なるべく冷たいまま飲み干したいですよね。

ということで、夏場のサイクリングでも冷たいドリンクが飲める方法を4つ紹介してみます。

氷をパンパンに詰めておく

家を出る前に氷をしこたまボトルに入れるのは、まず思いつく方法。氷を増やすほど長時間の保冷効果を得られるが、反比例して水の量が減ってしまうのがトレードオフ。ちょうど空っぽになる直前まで冷たさをキープできるのがベストだが、そのバランスが難しい。

個人的な最適解は、氷の量はボトルの3分の1埋まる程度。猛暑であれば、半分埋めてもよい。

ボトルごと凍らせて走る」というツワモノもいて、2本のボトルの1本はふつうの水で、もう1本を冷凍庫でカチコチに凍らせておく。走りながら徐々に溶けるので、冷たい飲み物にありつけるというわけ。ボトルからポタポタ水滴が落ちるだろうが、それくらいは許容範囲内でしょう。

コンビニでロックアイスを調達する

家で入れた氷もやがて溶ける。だんだん生ぬるくなっていくドリンクを飲むのは軽いストレスになる。

そこで、氷を出先で調達して随時投入するのも賢い方法。コンビニなら間違いなくロックアイスが置いてある。ただ量が多すぎて、1人では使いきれないのが難点。2〜3人でシェアするのがちょうどよいだろう。

08
※このサイズの氷はさすがに一人では多すぎた…

ロックアイスが余ったら、オリカ・スコットチームの小技を使うのはいかがか。薄手のストッキングに氷を詰め込み、サイクルジャージの首筋から背中に向けて入れる。背中でゆっくり溶けて、気持ち良いのだそうな。
※チームカーから受け取るんですって

「一人分ジャストサイズの氷がほしい」のであれば、コンビニで煎れるアイスコーヒーの氷入りカップを使う手もある。理屈はこうだ。


氷入りアイスコーヒーのカップ(と水)を買う

氷はボトルに丸ごと投下し、冷たいドリンクを作る

空のコップにコーヒーを入れる(当然ホットですが) 

美味しくいただく(^_^;)


要するに、氷をどっちに使うかだけの話ですね。やったことはないけど、脳内シミュレーションはしてみた。気が向いたらやってみようかな。 

アイスボックスを丸ごとぶち込む(と味が薄まらない)

いろんなところで見聞きするのが、森永製菓の「アイスボックス」を氷がわりにボトルにぶち込む方法。「アイスボックス × スポーツドリンクの組み合わせがうまい」のだそうな。

55

アイスボックスは1989年に登場したわりと歴史ある氷菓で、オッサン(とオバサマ)サイクリストなら、「あったわー、最近食ってないけど学生時代お世話になったわー」って懐かしむと思う。

自分はほぼアイスボックスを買った記憶がなくて、たぶん最後に食べたのは1995年とかだと思う。22年前か。存在自体は認識していたが、「たぶん残りの人生で食うことはないな」って決めつけていた。

それが、こんな形で再会することになろうとは…。氷をただの冷却物としてとらえるのではなく、一歩進んで飲み物を氷にすれば良いという発想。コペルニクス的転回ともいうべき発見ではないだろうか。発案者に深く感謝したい。

05

さっそく、22年ぶりに購入して実験してみた。猛暑だったので、1日で2回やった。

ひとつは「アイスボックス(グレープフルーツ味) × DAKARA」、もうひとつは「アイスボックス(グレープフルーツ味) × ソルティライチ(キリン)」。どっちもうまいが、個人的には後者の組み合わせを推したい。甘さとほのかなしょっぱさがサイクリングで疲れた身体に染み込んだ。甘すぎないのもよろしい。氷そのものに味があるので、溶けても味が薄まらないのがありがたい。

33

ちなみにアイスボックスを丸ごと投下するこの方法、冷却効果はまずまず。炎天下で頻繁に水分補給するペースで飲むと、1時間ほどは冷たさを維持してくれる。 つまり、冷たいまま飲みきることが可能。

ただ、この季節に欠かせないアイスボックス、不思議なことにセブンイレブンでは見当たらない。森永製菓製品は仕入れないという全国的な取り決めにでもなっているのだろうか。いや、それは考えにくい。アイスは店ごとの仕入れ担当者の好みで左右されると聞くので、偶然だとは思う。

「ファミリーマートならだいたいあるな~」って思っていたのだが、その後の調査で「そんなこともないな…」ということがわかった。個人的なリサーチの範囲では、アイスボックスを置いてあるコンビニは3~4割くらいだろうか。

最近はコンビニに立ち寄るたびにアイスコーナーをチェックしていて、セブンイレブンで目撃したことはまだ一度もない。

保冷機能付きのボトルを使う

いっそ、保冷効果のあるサーモボトル(金属製のやつ)にしてしまうのも一案。初期投資は大きくなるが、都度氷を購入する必要がなくなるので、長期的にはコスパが高い気がする。夏はもちろん、冬はちょっと暖かいお湯にすることで暖をとることも可能。

デメリットはやや重たくなってしまうこと。毎年、「どうしようかな、どうしようかな」と悩みつつ、まだ導入していない。してみようかなと検討中である。


今のところ、個人的にリピートしているのはアイスボックス、もしくはロックアイス。「道中で氷を調達する × CAMELBAK のポディウムチル」のパターンがいいかんじである。



★ツイッターアカウントはこちらヽ(^o^)丿<最近記事を常にお届け!

ロードバイクで輪行するとき、何が最も不安に感じるだろう?「フレームに傷がつくんじゃないか」という心配だろうか?それとも、「ホイールのスポークに横方向から変なテンションがかかるのでは」という恐怖だろうか? 自分は、「リアディレイラーが地面に触れたり、階段 ...
ロードバイクで輪行するとき、何が最も不安に感じるだろう?「フレームに傷がつくんじゃないか」という心配だろうか?それとも、「ホイールのスポークに横方向から変なテンションがかかるのでは」という恐怖だろうか?

自分は、「リアディレイラーが地面に触れたり、階段にぶつけてしまって、変速できなくなってしまうのではないか」というドキドキがある。自分にとっての恐怖はそれがほとんどで、その他にはとくに感じない。 (ガンガンに輪行してるけど、カーボンフレームは不思議なほどに無傷)

53 HDR

両輪を外すタイプの輪行バッグ(オーストリッチのL-100)を使っていて、当然リアディレイラーは剥き出しになる。エンドカバー金具で保護してはいるものの、「他の乗客に蹴られてしまうのではないか。階段や柱にぶつけてしまうのではないか」と常に緊張していた。

駅構内で運ぶとき、車両内の角に設置するとき、リアディレイラーが保護されるように考えている自分がいる。たぶん、自分と同じような人って少なくないような気がしている。

そこで、以下に自分なりのコツとか注意点を紹介しますね。

リアディレイラーは内側にシフトダウンしておこう

ホイールを外すときはギアをトップ(重いほう)にするので、自ずと「リアディレイラーが外側に張り出して」くる。そのままでは接触のリスクが高いので、エンドカバー金具を装着後に「シフターをカチカチ押してシフトダウン(軽いほう)」しておきましょう。

リアディレイラーがフレーム内側に引っ込んで行くので、多少ではあるけど守られる。急いでいるとつい忘れてしまうので、習慣にしておきましょう。

28
※カチカチとシフトダウン(軽くするほう)

ワールドサイクルブログ&けんたさんが紹介してた輪行解説動画がわかりやすすぎる

輪行を解説する動画ってユーチューブ検索すればわんさか見つかるけど、個人的には「この動画がベスト!」って断言したくなるくらい良い解説。

効果的なTIPSが次々に紹介されて、自分もすごく勉強になった。5回くらい膝を叩いて、「なるほど…!」って唸った。輪行方法を知りたいなら、これをぜひ観ましょう。

輪行マイスターに聞く、完璧な輪行のやり方


※細かなプロの技が満載…


S字フックを自作してみた

動画の終盤で、「S字フックと輪ゴム2本画合体した小物」が紹介される。これがリアディレイラーの保護に役立つのだ。

35
※こんなかんじのヤツです

エンドカバー金具を装着してリアディレイラーを保護しても、後ろに飛び出したシフトケーブルが地面に接触しますよね?Di2 等の電動コンポーネントを使っている人には無関係な話だが、そうではない大多数のサイクリストは、「シフトケーブルが地面に触れるの、なんかイヤだな…。特に問題ないからそのままにしているけど、できれば接触させたくないな…」って感じていると思うのね。

05
※ケーブルが地面に触れてしまう…という地味な悩み


でも、特に対策が思い浮かばず、そのままおっかなびっくりでバイクを運ぶサイクリストは少なくないはず。

そんなときに便利なのがコレ。原理はカンタンで、S字フックをチェーンに引っ掛け、2本の輪ゴムをリアブレーキに引っ掛けるだけ。

55
※自作しました

チェーンが伸ばされることでテンション増し、リアディレイラーがグイッと前方向に引っ張られる。リアディレイラーの動きに合わせてシフトケーブルも上に持ち上がるので安心というワケ。

ワールドサイクルさんによるS字フックの使い方を解説したこの記事も参考になるのでオススメです。

制作原価は10円

ほんの数センチの差でしかないけど、生まれる安心感はデカイ。S字フックは100円ショップで10個入りだったので、原価10円。(残りの9個は家の物干し用としてオクサマに提供)

12
※よく見るとアウターケーブルはまだ地面に軽く接触しているが、改善はされている


輪行に詳しい人には「あたり前田のクラッカーでしょ」なこのTIPSも、知らない人にはけっこう有益なんじゃないでしょうか。輪行歴3年以上になる自分は、このことを知りませんでした。 (反省…)

こないだやってみたら、たしかにリアディレイラーが持ち上がるのがすごくうれしかった。厳密には、「まだかろうじてシフトケーブルが地面に接触するなぁ…」だったんだけど、以前より格段に改善された。輪ゴムのテンションをもうちょい増やしてみようと思う。

輪行って、こういった「取るに足らないけれど、でも本人には重要なことで、なんとなく怖い要素」がいくつもある。そういったことが積み重ねになって輪行から逃げてしまうのはもったいない。この情報がお役に立てば幸いである。


くわしくは上記動画を観てほしい。マジでわかりやすすぎる、非常に価値ある輪行解説動画だ。


★ツイッターアカウントはこちらヽ(^o^)丿<最近記事を常にお届け!


車の運転が上手い人は、手前の信号とさらにもう一つ先にある信号も視野に入れているものだ。 遠くにある信号の変化に合わせてアクセル(&ブレーキ)操作をするので、スムーズな操縦ができる。それができてない人は、ぐわっとアクセルを踏んで、慌ててブレーキを踏む…と ...
車の運転が上手い人は、手前の信号とさらにもう一つ先にある信号も視野に入れているものだ。

遠くにある信号の変化に合わせてアクセル(&ブレーキ)操作をするので、スムーズな操縦ができる。それができてない人は、ぐわっとアクセルを踏んで、慌ててブレーキを踏む…といったせわしない動作をする。

33

自転車にも運転のウマイ&ヘタはある。たとえば、グループで走っているときがそう。後方のライダーの視野は制限されているので、先頭がスピードコントロールしたり、赤信号では停止信号を出して全体の目の役を務める。 これが上手い人の後ろにつくと、とても安心して走ることができる。

ただですね…遠くに目をやって運転することは良いことではあるんだけど、手前もわりと注意して見ねばならない自転車ならではの事情がありまして。

勘の良い人はお察しかと思うが、トラックや車の右側のドアである。

突然開く車のドアに気をつけよう

路肩に駐車している車、タクシー、トラックなどの右側のドアって、わりと自転車にお構いなしに開く。ドライバーも右側ドアを開けるときは「後方から車かオートバイが接近していないか」はチェックしているのだが、自転車は見落とすことが多い。(対象物が小さいので、サイドミラーの死角に入りやすいって事情もある。あと、音がしないのも曲者) 

この動画は未遂事故。あわやのところで自転車がブレーキをかけて事なきを得る。


※間一髪セーフ

こちらは間に合わずにドアに激突した動画。ちなみにドア接触事故には3パターンあって、下記動画はドアに正面衝突してしまったもの。


※これは痛い…><

あとの2つは、追い越し間際にドアが開いて弾き飛ばされるパターンと、車の内側に吸い込まれるパターン。想像しただけでどっちも怖い。

マージンを確保して事故防止

接触防止のためにできることは、「マージンを取って通過する」に尽きる。もしもドアが開いても、さっとかわせるくらいの距離がよい。目安は1メートル。
30_1

1メートルってけっこうでかくない?っていうか、そんなに膨らんだら走っている車の邪魔になるんじゃ?

これくらいスペースを空けておかないと、とっさのときに逃げられないのだ。たしかに車線の幅によっては、後続車両の邪魔になる瞬間はある。しかし、安全には代えられないので、「右にちょっと寄りますよ…」とハンドサインを出して軽く膨らみ、駐車車両を追い越したら直ちに左車線に戻る。

よって駐車車両を追い越すときは、その車両のドアが開かないかってことと、後続車両の進路を塞いでしまわないか、の2点を意識する必要がある。これ、路上駐車が何台も連なっている場所だと地味にストレスである。

乗用車以上に怖い大型車両

経験則で書くと、商業車は時間に追われているせいか、自転車を見落とす傾向が高い。もしくは、見えてはいるけど、急いでいるので待っていられないのかも。

とくに怖いのがトラックとかダンプカー。なにしろドア1枚の面積がでかい。そんなドアに弾き飛ばされたらイチコロである。

サイドミラーは大きいので、サイクリストを捉えやすいとは思うのだが、運転席近くだと角度の関係で見落とされるような気がする。

45

何年か前、2トントラックを日常的に運転する時期があったのでなんとなくイメージできるんだが、トラックとかSUVなどの背の高い車って、大型ミラーと高い着座位置のおかげで広範囲な視界を確保できる。

ただ、そのメリットと引き換えに、足元(運転席と助手席の真横付近)は死角になってしまいやすい。大型車両を追い越すときは、このことを意識して、スピードをしっかり落とし、十分なマージンを取るようにしている。

さらに、車の角からダンボールを抱えたドライバーさんがヌッと現れることもある。ドアだけでなく、人の飛び出しにも注意を要する。

15_1

…とまあ、とかく車道を走るときはいろんなモノ、コトに注意を払わねばならない。遠くにある信号ばかり注視し、「あの信号が青のうちに渡りきったる!」ってもがくと手痛いしっぺ返しにやられるかもなので、どうかご注意いただきたい。

車の左側を通過するときも注意

ちょっと変則パターンで、乗降客のために中途半端な場所で一時駐車するタクシーは曲者。右側を通過するときは、急に車線に復帰してこないか注視せねばならない。

もっと怖いのは左側のドアが開くパターン。接客に気を取られている運転手は、自転車の存在などの気にせず、豪快にバコーン!とドアを開ける。乗客がわざわざ後方確認することはまずないし、そもそもドアを開けるのは運転手のほう。

自分はタクシーが近くにいるときは通常の3倍の注意力を発揮し、なるべく近寄らない。どうしても通過しなくてはいけないときは、自分の存在をしっかりアピールしつつ、いつ何時でも停止できるスピードでゆっくりアプローチする。

01

タクシーの左側を高速で突っ切るのは極めて危険。右側以上にご注意くださいませ。

後席ドアは運転席以上に危険

さらにもうひとつ。後席ドアにも注意してほしい。

リアシートに座っている人は、バックミラーもないし、サイドミラーも使えないので、ほぼ確実にサイクリストのことなど脳裏にない。「どうやら車は来ていないようだ」と感じたら、迷いなくドアを開けてしまう。運転席だけでなく、後席が開く可能性も覚えておきたい。

サイクリストが忘れてはならないのは、「自転車は音がしない乗り物である」ってこと。とにかく自転車は車道では目立たない存在なので、サイクリストのほうが積極的に「見られる努力」をしよう。

自分は前後にかなり明るめのライトを付け、どの方向からも視認してもらえるよう心がけている。夜に無灯火で走ってて見落とされても、文句は言えないからね。

03
※後席の人はサイドミラーもバックミラーも使えないことを覚えておく

フロントにはオウルアイのライト(かれこれ4年近く)、リアにはknog のBlinder mini Niner を付け、万が一のために百円ショップで買った小型リアフラッシャーも用意。

ライトの明るさは「ちょっと明るすぎるかな」ってくらいでちょうどいい。安すぎるモノは銭失いになるので、そこそこ良いものを選んでほしい。

個人的には300ルーメンあるクラスだと安心して走れるかなと。

48

KnogのBlinder mini はなんと完全防水仕様。水にチャポンと浸しても光り続ける優れもの。ちなみに、百均で売っているライトは雨に降られたら一発で浸水して壊れます。価格の差は、こういう目に見えないところに現れるのであります。

>> 【カワイイだけじゃない自転車ライト】 Knogの新商品発表会で『Blinder Mini』の性能に驚愕した


どうか無事故で楽しいサイクリングを…。 \(^-^)/



★ツイッターアカウントはこちらヽ(^o^)丿<最近記事を常にお届け!


二輪で走る自転車は、バランスがキモ。勢いに乗った走行中は慣性のおかげでスイーっと走ってくれるが、それなりに乗り込み、距離もスピードも上がってくると、バランスの重要性がクローズアップされる。 「自分がバランスがあるかないか」はなかなか自覚できないもので、 ...
二輪で走る自転車は、バランスがキモ。勢いに乗った走行中は慣性のおかげでスイーっと走ってくれるが、それなりに乗り込み、距離もスピードも上がってくると、バランスの重要性がクローズアップされる。

「自分がバランスがあるかないか」はなかなか自覚できないもので、自のバランススキルの乏しさを痛感させられたのが昨年秋に「秩父滝沢サイクルパーク」に訪問し、BMXを体験させてもらったときだった。

[001042]-2
※ここはトップレベルの選手用コース

>> 秩父滝沢サイクルパークBMXコースの見学させてもらったよ(前編)

>> 秩父滝沢サイクルパークBMXコースの見学させてもらったよ(中編)

>> 秩父滝沢サイクルパークBMXコースの見学させてもらったよ(後編)


BMXでダートを走るのが、こんなにも難しいのか…って衝撃受けたもんね。見た目はなんてことない小さなバンクが、BMXで突っ込むととたんに怖くなる。狙い通りのラインで走れずに、オーバーランしてしまう…という、散々な有様だった。

ってなわけで、バイクの種類に関係なく、サイクリストはすべからくバランススキルを持っておくべきだと思う。そこで、Global Cycling Network の「自転車のバランス感覚を鍛える方法(How To Improve Your Balance On A Bike)」という動画を翻訳してみた。



視線は道路に置く

前方視界を確保しながら走るのって、カンタンなようで意外に難しい。バランスを保とうとすればするほど、足元を見たくなる心理が発動してしまうのである。

ロードバイクに不慣れなころは、目線がついフロントタイヤに行ってしまう。集中して走らねばと考えるあまり、視界が狭くなってしまう。

視線は道路、進行方向に置く。いきなりは難しいだろうから、まずは数メートル先に意識して目をやるとか、「タイヤばかり見つめていないか?」とときどき自問自答しながら遠くを見る習慣を身につけていただきたい。

無題3
※進行方向に視線を送る

後ろを振り返る練習

真っ直ぐなラインで走りつつ、後ろを振り返ることはできるだろうか?こいつも何気に難しくって、ハンドルがふらついたり、ラインが乱れてしまうことがあるかもしれない。

たかが後ろを振り返ることが、そんなに重要なの?

むちゃくちゃ重要です。イベントなどで不特定多数のライダーが前後左右にいるときは、これができないと死活問題。


集団で走るレースイベントに出ない人は関係ないでしょ?

いえ、むしろ日常で必須なスキルでして、交通量が多い狭い一車線を走るとき、正しく後方確認ができないと接触事故のリスクが増してしまう。自分を守るために必要な技術なのです。

無題4

ポイントは、「首と目線を利用し、なるべく体の軸を回転させない」こと。胸、腰、腕は前方に向けたまま、首を回して振り返る。それだけでも(車が近づいていないか、後続はちゃんとついてきているか、千切れていないかの)後方確認は充分にできる。

広い視野を確保して振り返りたい場合、前方の安全を確認した上で、片手を離して体の軸を半回転させる。片手でのハンドル操作になるので、ふらつきやすくはなる。

無題5

ブレーキ操作が遅れる姿勢でもあるので、くれぐれも周囲の安全確認を怠らないようにしてほしい。なお、ダウンヒルではくれぐれも行わないように。(ダウンヒル中の振り返りは相当に危険)

余談だが、スムーズな後方確認には首、肩、肩甲骨周りの柔軟性が大事。自分は暇さえあれば、ストレッチポールで肩甲骨周りをほぐすようにしている。

ものすごーくゆっくり走るトレーニング

自転車で綱渡りをする感覚でゆっくり、まっすぐに走ってみるのもよいトレーニングだ。短時間かつ場所を選ばないので、いつでもどこでもできる。ライド前の待ち時間にやるとか、いいかもしれない。

ただ、慣れない間は立ちゴケのリスクがあるので、最初はスニーカーで試すのもよいだろう。もちろん、ノロノロではあっても、まっすぐなラインを保持するように。

無題7

ゆっくり走りながらバランスを保つのって、日常で役立つシーンがすごく多い。

車と路肩の間をゆっくり通過するとき、細い道で対向する自転車とすれ違うとき、歩行者が突然車道に飛び出してきて、急ブレーキをかけた直後などなど、こちらの意思に関係なくスローダウンさせられるシーンってふつうにあるじゃないですか。そんなときにでもバランスを保てると、自信を持って公道を走ることができる。

ポジションを確認してみる

上記以外のそもそも論になってしまうが、「バランスが取りにくい=じつはポジションがズレている」…可能性も。

たとえば、もしもハンドルが遠すぎると、上体が必要以上に前に伸ばされることになり、そんな姿勢ではまともにバイクをコントロールするどころではない。

近すぎるハンドル位置も窮屈なものだが、少々アップライトなポジションにするほうがまだバランスは取りやすい。よって、ハンドル位置で悩んだら、遠くするよりは近づける方がよろしいかと。 ステムを短くするとか、ブラケットの角度をつけるなどして、ラクなポジションから最適な位置を探るのがよい
※ポジションはケースバイケースなので、自己判断できなければプロショップで診断してもらいましょう。遠回りのようで、結局は近道です)

無題8

これまた余談ですが、こないだロードで走ってたら、「なんかサドル位置が後ろにズレてる気がする。サドルの場所をいじった記憶がないのにナゼだ…?」ってなりまして、1時間ほどは、「気のせいだろう」とガマンしてた。

が、やはりどーにもおかしいと思ってバイクを降り、サドル位置を確認したら、なんと2ミリほど後退してた。道理でバイクコントロールしにくいと感じたわけだ。ササっと元の位置に戻し、増し締めをして事なきを得た。こういうこともたまにあります。
※サドルの前後位置、シートポストの高さはEvernoteに写真で保管しており、迷ったらいつでも確認できるようにしてる。メンテの時間が格段に短縮されるのでマジでオススメ。

体幹トレーニング

身体を支える体幹を鍛えるのもグッド。体幹が強ければ、ロングライドの終盤でも疲れを感じにくいし、乗ってて純粋に楽しい。筋肉は裏切らないとはよく言ったものである。

まんべんなく鍛えたい、理論からキチンとおさえたいのなら体幹トレーニング系書籍を利用しよう。「とりあえずできればいいや」なノリなら、ウェブで十分。検索すれば紹介動画はいくらでもヒットする。

無題9


多種多様なメニューを覚える必要はなくって、ベーシックなのをいくつか繰り返すだけでも大丈夫。

個人的にやっている体幹メニューの紹介とか、関連記事も下記に置いておきますね。 ちなみにリッチー・ポートは水泳を積極的にトレーニングとリカバリーに活用しているんですって。

>> 【体幹トレーニングが続かない人に朗報】 スキマ時間を活用すると習慣化できるよ

>> 全サイクリストにオススメしたい、5つの体幹トレーニング・メニュー

>> オクサマが伝授!エクササイズバンドを使った筋トレ&ストレッチ方法(前編:上半身トレーニング)

>> オクサマが伝授!エクササイズバンドを使った筋トレ&ストレッチ方法(後編:下半身トレーニング)

>> BMC・レーシング所属のリッチー・ポートがお勧めする、サイクリスト向けの水泳トレーニング4選

個人的なオススメは三本ローラー

動画内では触れられていなかったが、三本ローラーはバランススキルを鍛えるのにとても有効。ペダリングも上手になるし、高いケイデンスで回す練習にもなる。

やってみるとわかるが、三本ローラー上で後方を振り返るのは何気に難度が高い。大きくふらつくとフロントが泳いで脱輪しそうになり、「うぉぉぉぉぉっ、危ネェェェ!」って冷や汗をかいたことは何度かある。

2年半以上、ミノウラのモッズローラーを愛用していて、ノーメンテナンスでまったく問題なく使えている。雨で走れない日、早く帰宅できた平日の晩など、だいたい週に2~3回のペースで回している。有酸素運動とストレス解消の一石二鳥。

クーラーをかけ、扇風機を当てながら三本ローラーを回していると、「なんか自分、プロっぽい!ストイックなオレ、かっこいい!」という気分にさせてくれる効果もあります(笑)。

58


以上、Global Cycling Network の「自転車のバランス感覚を鍛える方法(How To Improve Your Balance On A Bike)」をお届けしました。


★ツイッターアカウントはこちらヽ(^o^)丿<最近記事を常にお届け!

ツーリングに欠かせないのがパンク修理キットや予備のチューブ。これを持たずに遠出することはまずあり得ないというくらい定番の携行品だ。 たいていの人がサドルバッグを使うと思う。サドルのレールとシートポストにバンドかマジックテープでくくりつけるのが一般的。プ ...
ツーリングに欠かせないのがパンク修理キットや予備のチューブ。これを持たずに遠出することはまずあり得ないというくらい定番の携行品だ。

たいていの人がサドルバッグを使うと思う。サドルのレールとシートポストにバンドかマジックテープでくくりつけるのが一般的。プラスチックのアタッチメントで脱着させるタイプもあるけど、少数派かなと。

で、このサドルバッグ、どうやって取り付けるかは完全にユーザーに任されており、とくに取り扱い説明書はついてはこない。パッケージにも何も書かれていないことはほとんど。なぜなら、どう使うもへったくれもないくらいわかりきったことだから。


ここで、下の写真を見てほしい。

19

同僚と三浦半島にツーリングに出掛けたときの一枚。さあ、出発しようとなってふと彼のバイクに目をやると、どうもおかしい。言いようのない違和感が襲ってきた。


そう、サドルバッグの取り付け位置があべこべなのだ。ひっくり返しになっている。これでよくシートポストとサドルに取り付けられたなと思うのだが、やって見るとわかるとおり、なるほど、取り付けられてしまうのだ。

この状態でチャックを開けると、見事に中身が全部ザザーーーーーっと落ちてくる。本人は「このサドルバッグ、使いにくくてさー。だって、開けるたびに中身がこぼれてくるんだもの」と真剣そのもの。「不良品じゃないのか」とも疑っていたそうだ。

14 HDR
※ブラブラ揺れるが、装着はできている

正しい取り付け方を披露すると、大笑いでナットクしていたが、「自分では気づけなかったと思う」とも話していた。

うーむ、こういうこともあるのだと学んだ出来事であった。ちなみに「どっちが上?下?」かで迷ったら、ロゴが読めるような向きにすればまず間違いない。

10


余談だが、自分も元々サドルバッグ派だったのを、今では辞めて「ツール缶派」に転向した。理由は「サドルバッグが無いほうがシートポストがスッと伸び、かっこよく見える」から。

サドルバッグにも大小様々あって、大きければ大きいほどどうしてもモッサリしたルックスになってしまう。利便性とスタイルはトレードオフの関係にあるので、サドルバッグをマイクロサイズにすればそれなりにシャープにはなるのだが、今度は「予備チューブが一本しか入らん…」となる。予備チューブは2本は持っておきたいところなので、となるとどうしてもミドルサイズのサドルバッグを選ばざるを得ない。ここにジレンマがある。

07

そこで自分は潔くサドルバッグに別れを告げ、ツール缶に移行した。ツール缶のメリットは何と言っても容量がでかいこと&にもかかわらずスタイルをスポイルしないこと。この2点に尽きる。

あと、大きめのサドルバッグだとペダリングの際に太ももの内側が触れて気になってしまう…という方もいる。筋肉のつき方や骨格にもよるので必ず起きるとは断言できないが、ペダリング中ずっと擦れているのはかなりのストレス。

ということで、ロードバイクにはビットリアのボトルケージツールバッグを、ミニベロには安物のプラスチック製ツール缶を使っている。

>> タイレル(Tyrell)のCSI 用に、ミノウラの『SBH-300 ボトルケージホルダ』を買ってみたらいいかんじ


「なぜトライアスロン風に2本のツール缶をサドルにつけているの?」と感じる方がいるかもしれないが、理由は単純で、タイレルのCSIのフレームにはボトルを取り付けるのが物理的に不可能だから。

いちおうボトムチューブに取り付け穴はあるものの、スペース的に使い物にならない。トップチューブには穴がないので無理。消去法でサドルを使うしかなくなったわけ。で、ボトル一本とパンク修理キット一式を備える方法が2本挿しスタイルだけだったのだ。

>> タイレルの美しすぎるスラントデザインには、ひとつだけ弱点があった


31
※ダウンチューブとトップチューブの間にTyrellならではのチューブが通っているのです


やって見た結果だけど、けっこうカッコいいのではないかと悦に入っている。

ロードバイクでツール缶を使う場合、ほとんどの人はシートチューブ側に取り付けると思う。走行中に手を伸ばしやすいボトムチューブ側は、水分ボトルの位置にしたいもんね。

この方法はひとつ弱点があって、暑い夏の季節にボトルを2本持って走れないのだ。真夏にボトル一本しか持たずに、人里離れた田舎でヒルクライムするのはちょっと不安。ペットボトルをサイクルジャージのバックポケットに突っ込んで走ることになる。それ以外はほぼ問題を感じたことはない。

12

なんだか余談の方が長くなってしまったが、パンク修理キットや予備チューブをいかに持ち運ぶかひとつとっても、その人の個性や美学が反映される。

ということで、くれぐれもサドルバッグを上下逆さまで取り付けてしまうことのないよう、ご注意いただきたい。 あと、サドルバッグメーカーさんには、ぜひとも「正しいサドルバッグの装着方法」を啓蒙していただきたいものである…。


★ツイッターアカウントはこちらヽ(^o^)丿<最近記事を常にお届け!