自分のなかでの「ロードバイク輪行あるある」をひとつご紹介したい。

駅でのパッキングにかかる時間を長めに見積もるためにやたら早く起床&行動してしまい、結果的に集合場所に30分以上も早く到着してしまう…

である。(みなさんはどうですか)

53-1

ロードバイクの分解&輪行袋へのパッキングって、いくら慣れても15分はかかるじゃないですか。初めて行く駅だと、構内をどれくらい歩くかわからないし、多少ウロウロする可能性もあるし、つい余裕を持たせたスケジュールを組んでしまう。遅刻したくない性分なので、輪行歴が浅い頃はこれを繰り返していた。 

遅刻しないことは良いのだが、早すぎる起床は睡眠時間を削ることになり、あまり嬉しくはない。なんとか短縮できないかなと思うものの、省略化できる作業もないので劇的な改善は望めない…そう思い込んでいた。アレに出会うまでは…。

アレに出会ってからは、10分かかっていたのが7分くらいで終わるイメージ。輪行作業の3分の短縮ってでかい。では、いったいどんな技を使えば実現できてしまうのか、アレのご紹介をします。

こんな方に読んでいただきたい( ・∇・)

  • 輪行をよくするサイクリスト
  • パッキング時間を短縮したいサイクリスト
  • とにかく手軽に輪行したいサイクリスト

ゴムバンドでホイールを固定する、以上!

「マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)」という名前の製品。強度高めのゴムにフックがついたモノが3本入って1セット。「え、これだけ?」って思うかもだけど、こいつの能力はむっちゃ高い。紐をループで通す従来型がザクだとすると、マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)はグフ。

36

55

スッと通してフックにかけるだけでオシマイ

使い方は説明するまでもないくらい簡単で、フレームとホイールの間に通して、引っ掛けるだけ。ゴムの強度と伸びがちょうどよく、程よくタイトに固定してくれる。

58

ループの紐って、装着に時間がかかるわりに持って移動していると緩んできて、袋の中でカチャカチャ音を立てるじゃないですか。あれ、けっこうストレスですよね。袋を開けて縛り直しても、っどうせまた緩むし、プラットフォーム上で袋を開けて作業するのも面倒だし…・・・となり、カチャカチャさせてまま目的地に向かう羽目になる。

06

マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)を通して引っ掛けるだけなのに、固定力が高いので、ぜんぜん緩まない。まあゴム製品なのでいつか劣化して切れることはあるだろうけど、数シーズンは問題なく使えそう。

とにかく、あまりの簡単さに衝撃を受けた。これを紹介してくれたのは先輩ローディなのだが、いたく感謝している。予備を1セット買っておけばさらに安心なので、注文しておいた。

もしかして、自作できるかも?

構造はシンプルなので、自作できそうな気もする。ホームセンターなら材料は揃いそう。

さすがに台所用のふつうの輪ゴムでは強度も固定力も低すぎるのでNG。ただ、10本くらい束ねればイケるんちゃうか…という気がしないでもない。

恒常的に使うのには適さないだろうが、緊急的な応急処置としてなら、使える技になるかもしれない。(自宅で実験してみよう)

従来の紐はエマージェンシー用にキープしとく

マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)のおかげで輪行がさらに気楽にできるようになったし、パッキングにかかる時間が短縮されて気持ちにも余裕が生まれた。

ループ紐は使わなくなったのでどうしようかなとは思ったが、荷物になるわけでもないので輪行バッグのセットにそのまま入れてある。(ゴムはいつか劣化で切れるでしょうし)

42

新幹線で移動するとき、スペースの関係で廊下に置かねばならないときとか、手すりにくくりつけて転倒防止するには、ループ紐が都合が良いからだ。

その他の「ロードバイク輪行あるある」

個人体験をもとに思いつくまま、挙げてみますね。

駅前探検クラブとか乗換案内のアプリで指示された乗り換え時間に間に合わず(輪行バッグを持っているので移動がどうしても遅い)、1本見送ることになる。(よって予定通りに移動できない)
※「あぁ~~…」って見送ること、ありますよね…

フレームを2本のホイールで挟むように固定したとき、スプロケットを内側にセットしてしまい、フレームに傷がつく。
※「なんでシートチューブ内側に傷がついているんだろう?こんなとこ、こするわけないし、バイクが倒れてもぜったい傷がつかない場所なのに…おかしいな……あぁぁぁ!あれか!」って頭を抱えている人を見たことある

風の強い日は、輪行バッグがはためいてなかなか落ち着いてくれず、バイクを入れるのに手間取る
※「お願い、一瞬でいいから風止んで…」と念じる

土曜早朝のがら空きの下りの在来線に乗り、「やった~座れる~」と座席で余裕こいてスマホを眺めていたら夢中になりすぎて、目的地到着直前に気づき、大慌てで(固定用の)ループ紐を外そうとするも焦りで手間取り、危うく降車できなくなりかける。
※降車できなかったことは一度もないですが(^_^;)

同じ電車に乗り合わせたサイクリストを見かけると、「自分と同じ目的地なのかな…ウフフ…」というホッコリした気持ちになる。が、だいたいぜんぜん違う駅で降りていく。
※「この駅で降りたことはないけど、どんなコースを走るんだろう…気になる…知りたい…」という気分になる


24
/持ち上げてもガタつかない!\


ということで、電車輪行を素早く&手軽に行いたい方は、「マルト(MARUTO) 車輪固定フック(3本)」を試してみてはいかがでしょうか。自分には手放せないアイテムになってます。 ヽ(´▽`)/


★ツイッターアカウントはこちら\(^o^)/<最近記事を常にお届け!

サイクルガジェットストア