サイクルガジェット ロードバイクが100倍楽しくなるブログ

ロードバイクとミニベロ、小径車について、徹底的にユーザー視点で初心者向けに解説するブログ。パーツのインプレッションや輪行のコツも取り上げます。

2016年1月にタイレル(Tyrell)のCSIを購入して、1年が過ぎた。ちょうどよいタイミングなので、CSIのインプレッションと各パーツのヘタリ具合いをレポートしてみようと思う。 フレームが素晴らしすぎる ヒトコトで総括しておくと、CSIは「完全無欠のミニベロロード」だった ...
2016年1月にタイレル(Tyrell)のCSIを購入して、1年が過ぎた。ちょうどよいタイミングなので、CSIのインプレッションと各パーツのヘタリ具合いをレポートしてみようと思う。

02-1

フレームが素晴らしすぎる

ヒトコトで総括しておくと、CSIは「完全無欠のミニベロロード」だった。デュラエースというコンポーネントのおかげもあるが、不満が一切見つからない、喜びしか無い究極のミニベロだ。

とにかくフレームが美しすぎて、なんと1回も電車輪行しなかった。カーボンのBOMAは平気でバラして、輪行袋に突っ込んで、「あらよっ」てかんじでどこにでも持って行ける。途中で多少ぶつけても、あまり気にならない。
※カーボンって、思っていた以上にはるかに丈夫

24

なのに、アルミフレームのCSIは、傷がつくのが心配すぎて電車に載せるのが怖い。「この美しいボディに傷がついたら、ショックで立ち直れなくなりそう・・・」ってドキドキするほどCSIは塗装がキレイでピッカピカ。まるで芸術作品。これでカドワキコーティングでないのだからビビる。
※カーボンバックなので、純粋なアルミフレームではないですが

しかも、パイプの継ぎ目の加工が舌なめずりしたくなるほど滑らか。そんじょそこらのミニベロとは、手間暇のかけ方のレベルが根本から違う。以前所有していたMu、オクサマのボードウォークと比較するとその差は歴然。

22
※継ぎ目の処理もカンペキ

とにかく、傷をつけずに、大事に大事に乗りたいフレームである。乗り心地に関しては、下記記事をどうぞ。

>> タイレル(Tyrell)のCSI で3,200キロ走ったインプレッション

>> デュラエースを買って思う、人はどのコンポーネントを買うべきなのか?

デュラエースの使い心地に酔う

一つ一つの操作は軽い。なのにクリック感の手応えはしっかりと指先に伝わってくる。アルテグラと比較しても、違いはしっかりとわかる。アルテグラでも必要にして十分、もしくはそれ以上の性能を持っていると思うんだけど、デュラエースはゆうにそのレベルを越えていく。

コンポーネントって、ライド中は常に動かしているじゃないですか。シフトアップ、シフトダウンするたびに、「気持ちいいな~~」と感じることができ、幸せな気分に浸れる。

13
※年末年始は実家にも持っていきました

ブレーキの良さも秀逸で、やはりアルテグラの一枚上手。ストッピングパワーの良さもさることながら、それ以上に舌を巻くのがスピードコントロールのしやすさ。

うれしいことに、シマノはブレーキシューが共通なので、「デュラエースだからブレーキシューが高くつく」ってことがない。105、アルテグラ、デュラエースで共通のブレーキシューなのだ。よって、交換するときもお財布に優しい。
※余談だが、カンパニョーロのシャマルミレは専用シューしか使えない。しかも一般的なシューの1.5倍もする…

00

1年経ってもブレーキシューの溝は健在。交換時期はまだまだ先になりそうだ。

デュラエースのチェーン、ワイヤー類の劣化はほぼ見られない

走行距離が3,000キロ未満ということもあるのか、目立った劣化は見られない。チェーンもワイヤーもそのまま使えている。リアディレイラーの調整は、1回したかどうか…。つまり、ほぼノーメンテナンス。それでいて、快適性はまったく失われていない。

アルテグラにくらべて、前後ディレイラーの動きの安定性も優れている。アルテグラだと、フロントディレイラーが半年に1回くらいのペースで、「あれ?調子悪いな?」ってなり、ワイヤーテンションをいじるんだけど、デュラエースでは一度も違和感がない。

機械としての精度の高さはさすが。こういう目に見えない部分にも、価格差が現れているのだろう。

37

2017年に新型デュラエースが登場して、気にならないわけではないんだけど、正直な気持ちを言うと、9000系の前モデルのほうがデザイン的に気に入っている。シルバーのCSIのフレームカラーにもマッチしているしね。

よって、9100デュラエースがほしいとは、現時点ではまったく思わない。(その予算もないし…w)

CSIに行なったカスタマイズは3点

この1年間、交換したパーツはシートポストとタイヤの2点。

シートポストは、ストレートタイプをセットバックタイプに替えた。デザイン上のためではなく、「ハンドルが近すぎた」ため。セットバックシートポストにしたことで、ポジションがしっくりした。

>> タイレル(Tyrell)CSIのポジションを『セットバックシートポスト』を導入していじってみた結果

23


タイヤはデュラノ(28c)をシュワルベワン(23c)に取り替えた。デュラノだと、空気を抜かないと開放したキャリパーブレーキから取り外せない問題があったから。

シュワルベワンは、「耐久性が低い」というウワサを聞いていたので、ヒヤヒヤしながら使い始めたのだが、1,300キロ走った現時点でパンクはゼロ、目立った摩耗もなく、まだまだ使えそうだ。3,000キロまで保ってくれれば…と願っているが、どうなるだろうか。

32

>> タイレル(Tyrell)のCSI のタイヤをシュワルベワンに交換します

>> 451サイズのシュワルベワン(SCHWALBE ONE)のロングターム・インプレッション


あと、交換ではないけど、アップライト過ぎたポジションを少し下げたかったので、ハンドルポストを3センチほどカットもした。

つまり、CSIのカスタマイズはほとんどしていない。最高のフレーム、最高のコンポーネントを奢ってしまったことで、いじる喜びを失ってしまったのが、CSIに関する数少ない悩みであると言える。(贅沢な話だ…)

47-1

カーボンクリンチャーを考えていないわけではない

具体的な時期は決まっていないし、決心もしていないのだが、ホイールをカーボンクリンチャーにしたいという欲望はある。

いま使っているのはタイレル純正のホイール、「AM-9」で、すでにタイレルのラインナップからは消滅している。  
※今あるのはAM-7(451)である。AM-10というホイールもあるが、サイズは406

47

フリー音は控えめで、よく回るホイールで性能面に関してはなんの不満もない。が、(完全に見た目だけの理由で)BOMAの「TH-20CS」というカーボンクリンチャーホイールが気になっている。前後合わせて1255グラム。

リムハイト38mm、リム幅22mm の軽量かつスポーティーな「451」ホイールで、シマノの10、11速、スラムの10、11速、カンパの10、11速のすべてに対応している。  

ただ、168,000円(税抜)という価格はいくらなんでも高すぎるので、実現することはまずない(ような気がする)。

冷静に考えれば、ミニベロにカーボンホイールを履かせるなんて、あまり意味のある行為ではない。少なくとも、10万円以上ものコストをかけるのはちょっと異常だと思う。(←と、必死に自分に言い聞かせています)

不満がないのが不満

CSI については、不満がないのが不満…かもしれない。何の文句もない。100%満足しまくれたミニベロライフを送れている。

乗り始めの頃は、「ダウンチューブにボトルケージを付けられない」のが不満だったけど、ミノウラのケージをサドルに取り付けられたので問題なし。折りたためないことがデメリットなのかもしれないけど、自分はあえて折りたためないフレームが欲しかったので、不満にはなりえない。

07

正直、「ロードバイクよりもミニベロロードのCSIのほうが楽しい…」とすら思っているレベル。絶対的スピードではロードバイクにはかなわないけど、走らせていて気持ち良いのはCSIのほうなのだ。

ということで、2017年はBOMA の Refale よりもタイレル(Tyrell)のCSI と付き合う時間が長くなりそうな予感がしている。 ということで、ミニベロでロード風に乗りたい方に、タイレルはマジでオススメしたいです。



自転車にまっったく興味のなかった女性が、自転車大好き人間に変身するのにかかる時間は、たぶん男性のそれよりはるかに長い。 男性はわりと単細胞で、基本的にメカメカしいガジェットに目がない生き物であるのに対し、女性はもっと複雑。 2010年にオクサマ用にミニベロ( ...
自転車にまっったく興味のなかった女性が、自転車大好き人間に変身するのにかかる時間は、たぶん男性のそれよりはるかに長い。

男性はわりと単細胞で、基本的にメカメカしいガジェットに目がない生き物であるのに対し、女性はもっと複雑。

2010年にオクサマ用にミニベロ(ボードウォーク)を購入して早6年が過ぎたが、自転車が大好きになるまでには、かなりの時間がかかった。

55


彼女の熱量の変化を時系列で書くとこんな感じ。

2010年:旦那がうるさいから付き合ってやるか…あんまし興味ないけど

2011年:暖かい季節限定(秋と春)で、気が向いたらたまに乗るか 

2012年:同上

2013年:同上

2014年:同上

2015年:同上

2016年夏:カスタマイズしたら俄然やる気が増し、「もっと走りたい。色んな場所に出かけたい」とわめき出す

2016年秋:オクサマ用に冬用サイクリングウェアを購入する

2017年:今ココ

17


2015年まではミニベロへの愛着も薄く、付き合いで乗る程度だった。それが、ブルホーンハンドルにしたり、軽量ホイールを導入したり、フィッティングを最適化したら自転車の喜びに目覚めた。(乗りやすいバイクは、それだけでモチベーションを上げてくれる)

そんなわけで、2017年からは冬も走る決意を固め、そのためのウェアも買い込んだ。沖縄出身のオクサマは、冬のアクティビティが大嫌いなのだが、果たして冬サイクリングを挫折せずに楽しめるのだろうか・・・。
※新婚時代に岐阜の御嶽山にスキーにつれていったら、「雪の中で転げ回って何が楽しいの!?寒いし!二度と行かん!!!」って泣きわめいた過去がある。その後、二度とスキーに行ったことはない。

というわけで、ウェアのインプレッションも兼ねて、物見山&シロクマパンライド(往復85キロ)に行ってきました。オクサマのコメント付きでレビューいたします。

30


当日のコンディション&ルート

・快晴(風は冬にしては弱め)
・気温は5度~8度間
・秋ヶ瀬公園~物見山~シロクマパン(越生)~川越~秋ヶ瀬公園

アウタージャケットとインナーの性能にビビる

実際に走り出すまでは、オクサマは薄手の冬用ジャケットを信用できなかったようで、「こんな薄いので大丈夫なの!?本当に寒くない?凍え死んだりしない?」と何度も確認してきた。

大丈夫だから!ウェアメーカーさんを信用しなさい!」と説き伏せて、秋ヶ瀬公園から出発。身体があたたまるまでの最初の15分は「ちょっとひんやりする」と言っていたが、じきに「あら、意外に寒さが気にならないね」と安心したようだった。

「こんな薄手なのに…なんでや…なんで暖かいんや…」と、気温5度でも走れることを驚いていたオクサマは、ジャケットだけでなく、インナーの性能にも感心していた。30分も走り続けていると、冬とはいえ汗をかき始める。

16

冬のライドで気をつけなければならないのが、汗をかきすぎないこと。汗は一度かいてしまうと、なかなか乾かない。サイクリングに特化していないインナーだと、塗れたまま乾かず、逆に冷えてしまうことになる。

まったく汗をかかずに走るのは不可能なので、多少は塗れてしまうんだけど、サイクリング用のインナーは乾きやすい。(ジッパーをおろすなど)適度にベンチレーションさせて通気性を確保すれば、走っている間に乾いていってくれる。これにもオクサマは驚いて、「外も中も快適だ!」と喜んでいた。

しかし…予想外の現象が起きる。


下着の濡れまでは予想できなかった

アウタージャケットはしっかり冷気をシャットアウトし、インナーも汗の乾きが早いからベタつかない。いたって快適な冬ツーリングを楽しめていたのだが、1時間を過ぎた頃から、「なんか、身体が冷たい…」と顔をしかめ始めた。なんだ、何が起きた?

オクサマによれば、下着(※ブラ)が塗れて、それがインナーを濡らし、結果的に身体が冷える…ということだ。男の自分にはよくわからないのだが、そういうものらしい。

01


「スポーツブラを使えばいいのでは?よく知らんけど」

スポーツ用のってべつに速乾性はない。塗れたら塗れたまま。だからサイクリングには向いていない。そのことに今気づいた

「そうなんだ…」

他の女性ってどうしているんだろう

「さあ…?」

59

ということで、オクサマは下着の濡れにだけ我慢して走らねばならなかった。とはいえ、凍えるほどではなかったそうで、サイクリングを楽しむことはできたそうだ。

個人的な意見だけど、埼玉とか南関東の真冬であれば、「5度対応のウェア」で充分。「零度対応」は使う機会が少ないし、気温を読み間違えると汗をかきまくるので、扱いにくい。(アウターは脱いだら荷物になるだけ)

5度対応のアウターを自分は4シーズンほど使っているけど、不満を感じたことはほぼない。気温が0度に近い、厳冬期の夜ライドは5度対応では「歯が立たない…」けれど、その場合はウインドブレーカーを重ね着することで紛らわせることが可能。

17

ということで、もしかするとオクサマ用にウィンドブレーカーを買ってあげなければならなくなるかもしれない。

余談だが、Raphaのクラシックソフトシェルジャケットは両脇にベンチレーション用ジッパーが設けられており、開け閉めすることで脇の熱気を放出できる。以前、Raphaさんに試用させてもらったとき、その快適性に驚愕した。脇の熱って、胸のジッパーを開けるだけではぜんぜん逃げてくれないのよね。

22 HDR
※ここが開くと、温度調節がすごくやりやすい!

この機能、他のウェアメーカーもマネてくれればいいのに・・・。 個人的に、もっともほしい冬用アウターはRaphaである。(お高いので手が出ないですが)

>> Raphaのクラシックソフトシェルジャケットを内房ツーリングで試してきたよ【前編】

>> Raphaのクラシックソフトシェルジャケットを内房ツーリングで試してきたよ【後編】

冬用タイツ&足首&つま先の寒さ

アウター同様、下半身の冬用タイツもまったく問題なし。ホカホカとは言えないが、凍えることはなく、快適に走れる。この事実にも、オクサマは「なんで1枚の布で、こうも冷気をシャットアウトできるのかしら…」と、ナットクできていないようだった(笑)。

しかし、彼女は足首とつま先の防寒までは気が回らなかったようで、ライドの後半は「露出した足首が寒い。つま先の感覚がない。やばい」と文句を言い始める。

オクサマはシューズカバーの存在も知らないし、そもそもふつうのスニーカー使用なのでカバーを使うのはちょっと違う。フラペで乗る方は、冬はどうされているのだろうか。

51
※物見山を登りきったオクサマ

ちなみに、自分はシューズカバーを1年半前に紛失してしまい、昨シーズンは「夏用シューズ×アルミホイル」で乗り切った。アルミホイルをハンカチサイズに切り、つま先に巻きつけてからシューズを履くと、多少ではあるが寒さをしのげる。 「あ、これ使える」と思い、今シーズンもそれで乗り切るつもり。

※紛失したシューズカバー、どっかからひょっこり現れてくれないかしら…さすがに真冬の夜中はアルミホイルだけでは歯がたたないので。

オクサマはアルミホイルだけでは満足してくれないだろうから、何かしら抜本的な対策が必要になりそう。当座は厚手のハイソックスでも履かせるか…。

グローブの感想

オクサマが使っているグローブは、自分と同じROECKL(リッケル)。
※レッケルとも読むらしい。ドイツ製品だからか、発音がわかりにくい(笑)

22
※Rosello(ロゼッロ)です

自分のはRosello(ロゼッロ)というモデル。公式サイトを見たら、もう廃版になったらしい。オクサマ用に購入したのは「Rebelva」。ラインナップの中では最強の防寒機能を持つ。

WINDSTOPPERソフトシェルを採用し、グリップ時のゴワつきを感じさせないしなやかな造りである。機能的にはRosello(ロゼッロ)とほぼ同じ。

>> 公式サイトはこちら


44
※オクサマのはRebelvaです

下記インプレ記事にも書いたが、ROECKL(リッケル)は素晴らしくって、厳寒の真冬でも暖かい。なのに薄手でごわつかないのでシフト操作も妨げない。サイクリングだけでなく、日常的にも使いたくなる快適さ。
※もったいないので、サイクリングでしか使っていないけど

>> ROECKL(リッケル)の冬用サイクリンググローブが最強に使いやすい


なにしろ、身体や足先は寒くても、ROECKL(リッケル)で守られた指と手のひらだけは寒いって感じたことがない。それくらい優秀。

しかし、重度の冷え性のオクサマは、同じリッケルのグローブなのに、「指が少し冷えるかも」と言う。自分は指先は暖かいのに不思議。RoselloとRebelvaで防寒機能が異なるのかな?と思い、自分のRoselloを試させたが、感想は同じ。

オクサマも、「素材は同じだし、違いは感じられない」と証言していた。

34

自分はROECKL(リッケル)で完全に満足してて、これ以上の防寒機能は不要と思っているのだが、オクサマには薄手のインナーグローブを用意してあげてもいいかと思った。

それにしても、同じ環境で同じ性能のグローブを使っても、体感気温はこうも差があるモノなのか・・・ということが最大の発見であった。

サイクリングでの防寒は「末端対策」がキモ

初心者サイクリストは、服には気が回っても、「末端がおろそか…」というケースが多い。中心に近い体幹とか、肩&背中は負荷をかければ体温が上がるし、汗をかく。

でも、体の末端(手足の先、足首、耳、首)はいくら走っても温まらない。つまり、徹頭徹尾、延々と寒く、その状態で数時間走るのはつらい。

27

オクサマはつま先がかじかんでしまい、そのせいでペースが落ちた。16時には秋ヶ瀬公園に戻る予定だったのが、荒川走行中に日が暮れてしまい、気温が3度になる。

コワイコワイコワイ!道が見えない!ぜんぜん見えない!」 とビビり始める。ライトはつけていても、そもそも夜間走行をほぼしたことがないせいで、時速10キロくらいでノロノロとしか走れない。そのスピードに付き合って、秋ヶ瀬公園の駐車場に戻ってきたのは17時半。とっくに日は暮れ、あたりは真っ暗。

時間配分を間違えた・・・。が、85キロの無事にサイクリングは終了。

結論、まとめ

  • 末端対策は重要と思い知る
  • 冬用サイクリングウェアの性能に、オクサマ感嘆する
  • 冷え性の人は、そうでない人より寒さを感じやすい
  • 85キロの走行距離は、もはや妻には大したことなかった(ほぼ疲れない)
  • 冬の出発は早めに、16時には帰着しよう
  • シロクマパンはうまい

自転車で走るときは、断然メッセンジャーバッグ派なんですが、(通勤とか休日の)普段使い用のノートパソコンを運べるバックパックを探す旅が続いていまして、今回はその続編です。 6つの候補の中から最終的に選んだのは、incase(インケース)の City Compact Backpack。( ...
自転車で走るときは、断然メッセンジャーバッグ派なんですが、(通勤とか休日の)普段使い用のノートパソコンを運べるバックパックを探す旅が続いていまして、今回はその続編です。

6つの候補の中から最終的に選んだのは、incase(インケース)の City Compact Backpack。(すでに購入しました)

09

どのような観点から6種に絞り込んだのか、どうしてIncase City Compact Backpack に落ち着いたのかは、前回の記事をどうぞ。

>> メッセンジャーバッグ派の私が、ノートPCを運べる最強なバックパックを見つけるまでの過程(6つの候補から1個に絞り込んだ)

結論から言いますと、むっさ時間かけて選定したおかげで、大成功でした。「見てよし、使ってよし、背負ってよし」。人生ベストのバックパックに入るかもしれない。それくらい気に入ってます。

1ヶ月ほど使ったので、ファースト・インプレッションをお届けします。 海外のインプレ動画(英語)も貼っておきますね。



目次


【GOOD】 厚すぎず、薄すぎない、日常使いにジャストなサイズ

パンパンに荷物を詰め込んで出かけることない自分は、容量は妥協して、薄さを前提にした。「大は小を兼ねるし、厚いほど容量があるのはわかるのだが、詰め込めば重さも増すしね…」と考えたのだ。

バックパックの重さで、下に引っ張られる感覚が苦手なんですよね。その点、Incase City Compact Backpack は絶妙に使いやすいサイズ。バスや電車の席で膝の上に自然に置けるので、地面に置く必要がない。(バッグを地面に直に置くのが生理的にあまり好きではない)

37

容量は大したことはないが、それでよくって、ノートパソコン、その周辺機器、外付けバッテリー、タブレット、スマホ…といったガジェット類を収納しつつ、財布、鍵、定期、メモ帳、ペン、文庫本、名刺入れが入る。重さ的にもちょうどそれくらいまでが日常用には向いている。

いくら荷物が収納できても、背負うのに嫌気がさすような重さになっては意味がないじゃないですか。Incase City Compact Backpack は大きすぎず、小さすぎないベストバランスだと思う。

ただ、一泊の出張には向いてないかな…。ノートパソコンを入れず、夏場の服装(下着とTシャツ、靴下ワンセット)だけ、くらいの軽装旅行であればイケるだろう。

50
※手前から、PC、資料ケース、ノート、文庫本、財布、です

【GOOD】 オーガナイザーも豊富で、すべての荷物がピッタリ収まる

バッグを使ってて、もっともイライラする瞬間、それは「荷物が中でとっ散らかる」ことである。とくにパソコンやスマホ、タブレット等の電子精密機器の場合、収納した場所から動かないでほしい。互いにぶつかって傷がつくのはイヤだし、故障の可能性も増すので。

マウンテンマウンテンした登山用バックパックは、カッコよさでは群を抜くのだが、どうしても登山に特化した構造になっており、メインコンパートメントが「ただの大きな袋やん…」であることが多い。

04

ルックスを優先させてまで、登山系バックパックを使う勇気はなかったのだが、Incase City Compact Backpack はこの点においても文句なし。欲しいポケットやスリーブが、欲しい位置に、欲しいサイズで用意されていて、「おいおい、オーダーメイドかよ!」って唸ったほど。

メインコンパートメントはノートや本を入れるスペースもあるし、財布を入れるのにちょうどよいメッシュポケットも2つある。長財布がぴったり収納できるサイズ。バックパックって、財布の収納位置がなかなかうまく決まらないことが多かったんだけど、Incase City Compact Backpack は完璧。支払いの際もスッと取り出せる。

39

フロントには収納が2つあって、それぞれジッパーで開閉するのだが、下のほうの収納はオーガナイザーが充実してる。ペンを入れる穴が3つ、メモ帳やタブレットを入れるスリーブ、名刺、カギ、カードキーを入れるスペースが用意されている。どこも無駄にならず、きれいに使い切れているのも、「オーダーメイドかよ」と感心している部分。

オーガナイザーについては、100点満点。

【GOOD】 厚くてパッドがしっかりしたストラップ

購入前に地味に注目していたのがショルダーストラップ。いかに本体が素晴らしくとも、それを支え、背中と一体化させるストラップがヘナヘナでは話にならない。剛性感を確かめるべく、画像検索しまくっていろんな角度から穴が開くほど検証した。

27

Incase City Compact Backpack
のストラップは幅、厚さ、テキスチャーのすべてが合格。ストラップ上部の根本には、ストラップが伸びてしまわないようなブラック生地の補強もされていて、安心。

ヘナヘナ感はみじんもなく、「うむ、よいバックパックだなあ」と満足できる。

【GOOD】 PCとガジェットを保護する構造は文句なし

ノートパソコンは、360°のプロテクションで保護されていて、上下左右からの衝撃に耐える。背中のパッドも分厚いため、安心して入れておける。素晴らしい。なお、PCスリーブの内側はフリース状に起毛処理が施されていて、傷もつかない仕様になっている。(よって、保護ケースが不要!)

45

これ、きっとIncase City Compact Backpack を買った人全員が「でかした!」、「さすが!」って思っている機能のはず。自分もそう感じたし、購入を決めた理由の大きな一つ。アップル公認メーカーだけあって、ガジェットを守るためにかけている熱量が、他バックパックメーカーとは比較にならない。

スリーブは15インチのマックブックがピッタリ入るように設計されており、13インチのASUSユーザーの自分には十分すぎるほど広い。それどころが、余裕がありすぎるくらいだ。

フロントの上部にあるポケットは、小物系ガジェットに最適で、ここもモフモフしたフリース生地で覆われており、安心してスマホ等を入れておくことができる。自分は、外付けバッテリー、ケーブル類、マウス用に使っている。

49

ただ、ジッパーは滑らかに動くってかんじではなく、動かすときにちょっと抵抗感というか、ひっかかる手応えがある。別に自分は気にならないが、人によっては、「もっとスムーズに動いてほしい」って感じるかもしれない。

【GOOD】 キャリーハンドルも使いやすい

キャリーハンドルって、バックパック購入前にはあまり気にしないパーツだけど、じつは使う頻度が地味に多い。電車を乗り換えるときとか、バスから降りるときとか、コンビニで支払いを済ませて外に出るときとか、背負わずにちょっとの距離を移動するシーンで活躍する。

43

キャリーハンドルもトレードオフでして、がっしりと重厚なモノを作れば持ちやすいけど、存在感が大きすぎてルックスを損なう。かと言って、あまりに細くて貧弱な造りだと、「使い物にならんし、じきに壊れそう…」ってなってしまう。

Incase City Compact Backpack
のキャリーハンドルはこの点に関しても絶妙なバランスを保っていて、持ちやすさとデザインを両立してくれている。不満はまったくない。

以上がIncase City Compact Backpack で満足していること。ほぼ不満はないんだけど、強いてあら探ししてみると…。


【Not GOOD】 ペットボトルホルダー、傘スペースがない

本体の両隣にペットボトルや傘を入れられる収納がない。自分はペットボトルや傘をバックパック横には装着したくない派なので、備わっていないことが不満ではない。

たいていのバックパックにはメッシュポケットが用意されていて、たしかに便利ではあるのだが、使っているうちにビロビロに伸びてしまい、未使用時にだらしなく見えてしまうのが嫌いなのだ。

02

むしろ、メッシュポケットを取り払ったことで、デザインの完成度は高まっている気がする。 雨天時は折りたたみを手に持って歩かねばならないが、それくらいの不便さは許容の範囲内だ。

【Not GOOD】 用途によっては、チェストストラップがほしいかも

サイドポケットは不要だったが、「これは用意してほしかったかも」と思ったのがチェストストラップ。両肩にかけるストラップ同士をつなげるストラップがあることで、安定して運ぶことができる。

容量の大きいバックパック(&マウンテン系も)にはたいてい用意されている装備だが、容量の少なめなIncase City Compact Backpack には採用されていない。おそらく、不要だと判断されたのだろう。

05

しかし、ノートパソコン、タブレット、周辺機器、書籍数冊…とマックスに荷物を入れて、そこそこの重さになると、背負ったときに両ストラップが外に向かうように引っ張られる感覚がある。

胸のストラップがあれば、しっかり固定できるんだけどな…」と感じないでもないので、別売りのストラップを装着しようか悩み中。ただし、大半のシチュエーションではストラップは不要なので、一長一短ではある。

まあ、歩行のみの利用であれば、いまのままで問題はない。自転車でIncase City Compact Backpack を使うとしたらチェストストラップはマストアイテムかと思うが、自転車で使う予定はないので、現状のままで継続利用しようと思う。

Incase City Compact Backpack のレビューまとめ

【GOOD】 厚すぎず、薄すぎない、日常使いにジャストなサイズ
【GOOD】 オーガナイザーも豊富で、すべての荷物がピッタリ収まる
【GOOD】 厚くてパッドがしっかりしたストラップ
【GOOD】 PCとガジェットを保護する構造は文句なし
【GOOD】 キャリーハンドルも使いやすい

【Not GOOD】 ペットボトルホルダー、傘スペースがない
【Not GOOD】 用途によっては、チェストストラップがほしいかも


上記には書かなかったけど、デザインが(主観に左右されるが)すこぶるカッコイイ。ヘザーブラックというカラーリングもシックで癖がなく、意外に見かけない(ような気がする)。ビジネスシーンにも、プライベートにもしっくりするので、ほぼ毎日使っています。

42

バックパックとしては、ややお高いけれど、価格以上のクオリティと使い勝手の良さに大満足している。時間を費やしてIncase City Compact Backpackを選んで、本当に良かった。

というわけで、引き続きレビューしていきますね!
\(^o^)/


 

ママチャリはとんでもなく安く手に入るが、スポーツバイクの価格にはビックリする。初めてロードバイクを買おうとなって、価格を調べて、目が飛び出した方も多いと思う。 自分も、(自転車にハマる前は)ロードバイクは安くないだろうとはふんわり思っていたが、「100万円を ...
ママチャリはとんでもなく安く手に入るが、スポーツバイクの価格にはビックリする。初めてロードバイクを買おうとなって、価格を調べて、目が飛び出した方も多いと思う。

自分も、(自転車にハマる前は)ロードバイクは安くないだろうとはふんわり思っていたが、「100万円を越えるバイクがあること」、「50万円もするホイールが存在すること」は知らず、「ふざけるのもたいがいにせい!ママチャリ何台買えると思うねん!」と憤慨したことがある。(今では金銭感覚が麻痺しておりますが…)

Global Cycling Network の動画で、「How To Save Money When You Buy A Bike(なるべくお金をかけずにロードバイクを買う7つの方法)」を視聴して、有益だったので翻訳してご紹介したい。



1.中古を手に入れる

eBayやGumtreeのようなサイトを利用するのも良いが、穴場は「地元サイクリングクラブが放出している中古バイク」を狙う。これ、海外では一般的なのかもしれないが、自分の知る限り、日本国内のサイクリングクラブが中古バイクを販売するのって聞いたことがない。(実際、どうなんだろう)

では、このアイデアが完全にムダかというとそんなことはなくて、「知人から買う」ことを想像すればいい。地元のクラブと知人、どっちから買うのであれ、売り手は顔の見えるわけで、ある程度の信用は担保できている。

12

もちろん、バイクの状態はしっかりと見極めなければならないし、事故歴の有無は確認しておくべき。オーナーに質問するのもぜんぜん失礼に当たらない。まったく縁もゆかりもないネット上の相手から買うよりは安心感がある。

自分にピッタリのフレーと出会えるかどうかは時の運だが、周囲に「ロードバイクがほしい」と意思表明するのはひとつの方法だ。手放したい人と巡り合える可能性は意外に多い。

2.フレームからバイクを組む

フレームから組むのって、完成車より高くつくのでは??」って思う人が多いと思うが、組み合わせ次第では「その限りではない」のだ。フレームだけを中古で入手できるなら、浮いた予算をコンポーネントやホイールに費やす事ができる。その逆もまた然り。

つまり、中古パーツと新品パーツを混ぜて組み立てるのだ。

自転車の最大のすばらしさは、「パーツのお引っ越しが自由自在」であること。規格さえマッチしていれば、ホイール、フレーム、サドル、シートポスト、ハンドル、コンポーネントを好き勝手に合体できてしまう。

53
※購入直後のボードウォーク@2010年

自動車を想像してみてほしいんだけど、こんなフリーダムはありえない。エンジン、プラットフォーム、サスペンションなんて、素人ではいじりようがないし、そもそもバラでパーツを入手できないもんね。(厳密にはあるんでしょうが、ハードル高すぎ) 

もちろん、自転車をイチから一人で組むには、それなりのスキルと知識が必要だが、持ち合わせなければショップに相談するなどしよう。(受けてくれるかどうかはお店のポリシー次第だけど)「中古フレームを入手しまして、ホイール、コンポーネント、その他もろもろのパーツでお世話になりたいんですが…」と掛けあってみる価値はある。

48
※2016年時点のボードウォーク(べつのミニベロからパーツをぜんぶ移植した)

3.型落ちモデルを狙う

中古を買うとか、パーツを集めて組むとか、ハードル高すぎるわ…」という方向けには、もっとカンタンかつ確実に安くバイクを手に入れる方法がある。型落りモデルを狙うのだ。

自転車って、別に年度が切り替わっても、中身はまんま同じで、変更点はカラーリングだけ…ってことが多い。家電製品のように、スペックが毎年細かく進化するようなこともない。「どーしても最新モデルじゃなくっちゃイヤ!」ってことでもないのなら、「あえて昨年モデルを買う」ことをオススメしたい。

実際、自分がダホンのMuとボードウォークを2010年に買ったときも、2011年モデルも変えたが、変更点は色のみだったので、わざわざ前年モデルを選んだ。

カラーにこだわりのなかった自分とオクサマは、昨年モデルを選ぶことと引き換えに、30%オフで手に入れることができたのだ。これはデカかった。 

3984

ロードバイク(BOMA の Refale )のときもそうで、意図的に型落ちを買うようにして割引をゲットした。そこで浮かせた予算をホイールに配分することができたので、たいへん満足している。
※当時はカンパニョーロのゾンダを選んだ

ただ、型落ちモデルは当前ながら数に限りがある。「ちょっと検討しよう」と購入を先延ばしにして、しばし考えて購入の意思決定をしてから翌週にお店に訪れたときには、「もう売れてしまっていた…」ってことは典型的なサイクリストあるある。
※前年モデルは、売り切れたらオシマイ。追加生産はされないので、自動的に最新のイヤーモデルから選ぶしか方法はない。当然、大幅値引きは期待できない。

29

型落ちバイクは一期一会なところがあるので、サイズがぴったりでカラーが気に入ったら、思い切ってその場で契約して、手付を払ってもいいと思う。

4.プロチームの放出バイクを狙う

「こんな方法があったとわ…」と目を丸くしたのがこの方法。なんと、プロチームのお下がりを買う手段が(海外では)わりと浸透しているらしい。

シーズンオフを迎えたプロチームが、移籍や引退で持ち主のいなくなったバイクを、チームがセールにかけることがあるらしい。キャニオンのサイトでは、スポンサードしているチームのバイクを代行販売していることもあるし、なんならチームのウェブサイトで直に販売していることもあるそうな。

日本のチームがバイクを販売することなんてあるのかしら…?もしかしたら、自分が知らないだけで、実は競売にかけられていたりして・・・?

47
※2014年のジャパンカップ@宇都宮

プロ選手が乗っていたバイクに乗れるのは魅力だけど、プロレースで使われていたバイクでしょう?ハードに使われていただろうし、寿命が心配だなあ」という不安はごもっとも。

しかし、プロのバイクはプロのメカニックに日々ケアされてきたのも事実。状態はけっして悪くないはずだ。

さらに狙い目は、「使われることのなかったプロ選手用のバイク」の存在。チームカーのキャリアの上に置かれただけの、ほぼ未使用のバイクも売りに出されることがあるんですって。まさに新古車ですな。この方法なら、超ハイスペックモデルをびっくりするほどお値打ちにゲットできる可能性がある。(ただ、狙っている人もさぞかし多そう…)

41
※こういうやつですね

5.英国政府の補助制度を利用する

「これはステキな制度」と思ったのが、英国が国をあげて取り組んでいる補助制度「Cyclescheme(サイクルスキーム)」である。日本人には無関係なのだが、仕組みはこうだ。  

自転車通勤のために自転車を買う、という条件でなら、最低でも25%の割引が効き、しかも非課税で購入できる。 実にお得ではないか。従業員は安く自転車を手に入れることができるし、企業側にもメリットがあって、税金補助がされるらしい。

金銭的インセンティブを企業と従業員それぞれに用意して、国家レベルで環境保護、国民の健康促進、都市部の渋滞緩和に取り組んでいるのだそうな。

6.警察が行う盗品オークションをチェックする

盗まれた自転車で、なおかつ持ち主が現れなかった場合、英国では「警察がオークションにかける」ことがあるそうな。これも面白い制度。 「そんなん、許されるの?人のバイクを警察とは言え、勝手に売ってしまっていいの?」って気がしないでもないが、持ち主がいないわけだし、きっとそういう法律があるのだろう。

持ち主が現れないままで何年も保管されるコストを考えれば、よほど合理的でしょ、という理屈なのかも知れない。

なお、盗品バイクはたいてい「安物のMTB的な下駄バイクなのがほとんど」。ただし、まれに高価なロードバイクがオークションにかけられることがあるので、「ときどき警察のウェブサイトをチェックしておくと掘り出し物が見つかるかも」とのことだった。

7.地元の自転車屋さんで探す

実際にショップまで足を運ぶよりも、ネットのほうがはるかにカンタンにディスカウントされた自転車は探しやすい。よって、「リアルのショップでは、どうせネットほどは安く買えないに決っている」と思うかもだけど、ちょっと待ってほしい。

というのも、上記で触れたように、「型落ちバイクを放出している」ことがあるから。タイミングがよいと、2~3割り引きはふつうに見かけるし、ちょっとキズがよかったりすると、それだけで追加値引きをしてくれたりする。

こういうお買い得情報を、ショップ側がネットに積極的に発信してくれているとユーザーとしては助かるのだが、実際問題、お店のメカニックさんらはそこまで手が回らない。店頭に出向くと、「まじで!?」ってお買い得バイクに意外にひんぱんに遭遇できるものだ。

これ、不動産探しと似てて、店頭にも出向くほうが、ネット(&雑誌)だけよりも、よい物件が見つかりやすいもんね。

58

あと、バイク本体での値引きが芳しくなくても、チェーンロックやグローブ等のアクセサリーをオマケしてくれたり、メンテナンス費用を割安にしてくれたり、結果的に割引と同じ効果がある。

故障修理、消耗品買い替えタイミングのアドバイス、自分でもできる日常メンテナンスのコツ…ナドナド、購入後にも専門家の助けが欲しくなることは多い。初心者の方とか、「バイクいじりは自信ない(&したくない)」って人は、リアル店舗に足を運ぶことをオススメする。

しかし、である。 「スポーツバイク専門店って、なんか敷居が高いんだよね…」と二の足を踏む人がいるのも事実。

「ちゃんと接客してもらえないのではないか」
「素人はバカにされるのではないか」
「客の知識不足を利用して、売れ残りとか不人気車種を購入させられるのではないか」

といった不安があるのだと思う。自分もそうだった。

44

自分も、人生初のスポーツバイク購入を検討していた時期にいろんなお店を回った。こっちに知識がないのが分かるやいなや、露骨におざなりな態度をする店員とか、こちらの要望を汲まずに、「好きなの買えばいいんじゃないっすか?」と投げやりな接客をされたことも何度かあった。

でも、そんなお店ばかりではない。経験則からいうと、8:2で良い感じのお店がある。(もちろん、8が良いほうね)

なので、面倒臭がらず、怖がらずに地元のお店を探してみましょう。メーカーのウェブサイトには、まず間違いなく「取扱店舗一覧」とか「オーソライズドディーラー」といったページがある。まずはそこを見ることから始めましょう。


以上、Global Cycling Network の「How To Save Money When You Buy A Bike(なるべくお金をかけずにロードバイクを買う7つの方法)」を、コメント入りで翻訳紹介してみました。  

2017年の新シーズン、皆様のステキなサイクルライフの参考になれば幸いです。
(*^^*)

 

「ちょっとだけ…」のつもりが、気づいたら自転車沼にズブズブにハマってしまっているヘヴィー・サイクリストの皆様のために、「自分、完全に自転車にハマったな」と感じる瞬間を40個集めてみました。 ご自身がどれくらい沼に浸かってしまっているか判断する、バロメーター ...
「ちょっとだけ…」のつもりが、気づいたら自転車沼にズブズブにハマってしまっているヘヴィー・サイクリストの皆様のために、「自分、完全に自転車にハマったな」と感じる瞬間を40個集めてみました。

ご自身がどれくらい沼に浸かってしまっているか判断する、バロメーターとしてお使いください。 なお、内容は完全に自分の独断と偏見です(^_^;)。

36
※ふと気づいたら、時を忘れて、好みの角度からずっと愛車を見つめていた…なんてことはありませんか。


<当てはまった数>
  • 1~5個: まだ自力で引き返せます。沼から抜けるなら今のうちです。
  • 6~10個: ヒザまでハマっていますが、まだなんとか抜け出せる最終段階です。
  • 11~20個: 腰まで沼に浸かっています。自力での脱出はまず無理です。
  • 21~30個: 肩までずっぽりとハマっています。腕も動かせません。自力はおろか、他力でも引っ張り出すことは厳しいでしょう。
  • 31~39個: 引き返すことはまず不可能です。引きずり出そうとする者を逆に沼に引きずり込んでしまう、モノノケと化しています。
  • 40個: おめでとうござます。当ブログ管理人と同じ、立派な沼の住人です。

それでは、診断スタートです。

その1:リサイクルショップの看板を見て、「おっ、こんなところに自転車屋が!」と目を輝かせるも、1秒後に「なんだ…」となる

その2:旅行先で、「あ~、ここ自転車で走りたい~」と口走ってしまい、家族(&恋人)のヒンシュクを買う

その3:サイコンを見ずとも、時速何キロで走っているか当てられる

その4:銭湯で、サイクリスト焼けしている人を見ると、「お疲れ様です!と」アイコンタクトを送りたくなる(しないけど)

その5:坂道を車で走っているとき、「ここは斜度9%かな…」とか考えてしまう

その6:高速道路を車で走行中、「ここをチャリで走りたいわ~」と妄想する

その7:放置されてボロボロになったロードバイクを街中で見かけると、悲しい気持ちになる

その8:サイクリングに出かける予定だった日が雨で流れると、三本ローラーが欲望のはけ口になる

その9:サイクリングに出かける前日に、「明日は雨」が確実視されると、近隣県で晴れている場所がないか血眼になって探索してしまう

その10:輪行で、知らない駅に降り立ったときの高揚感

その11:ヘルメット&アイウェアをしたまま電車に乗れてしまう

その12:15万円以下のカーボンフレームを見ると、反射的に「やすっ!」て思ってしまう

その13:10万円以下のホイールを見ると、反射的に「やすっ!」て思ってしまう

その14:20万円以下の完成車を見ると、反射的に「やすっ!」て思ってしまう

その15:他人の自転車購入に付き合って、お店に行くときのワクワク感は異常

その16:補給食は、ぶっちゃけ何を食べてもおいしい

その17:カロリーを気にせずに食事できる幸せ

その18:サイクルウェアに身を包んだ女性はもれなく可愛く見える(その逆は知らない)

その19:落車した直後、フレームの傷の有無、リアディレーラーの破損(右側の場合)がないか確認

その20:愛車が最もかっこよく見える角度を、2つ以上知っている

その21:イベントで、同じフレーム(あるいはホイール)に乗っている人を見つけると、声をかけたくてうずうずする

その22:エンデューロでの待ち時間の間、駐輪してある人様のバイクを眺めるために会場内をぐるっと一周してしまう

その23:なんなら、午後におかわりしちゃう

その24:整備中、リアディレーラーが動く様子を、時間を忘れて見つめてニヤニヤする

その25:バイクの掃除がぜんぜん苦ではない(むしろ楽しい)

その26:チェーンをパーツクリーナーできれいにしてからルブを注すと、清々しい気持ちになり、自分のシャワーなんてどうでもよい気分になる

その27:オッサンだけど、スネ毛を剃ってしまうことに抵抗がない

その28:4時間あれば、「ひとっ走りしてくるか…」と考えてしまう

その29:無目的に走り出し、行き当たりばったりにコンビニかマックで雑な補給をして帰ってくるだけでも幸せ

その30:100キロオーバーのライド後の焼肉のうまさ

その31:下手な一泊旅行より、日帰りサイクリングのほうが有意義な過ごし方だと思う

その32:2つの地名を聞くと、瞬時に距離と所要時間を暗算し、「自走で行ける…ムフフ」とか考えてしまう

その33:土曜の朝はたいてい早いので、金曜日はいつもより早めに就寝する。よって、金曜晩の飲み会は断ることが多い

その34:バイクスタンドが用意されているコンビニを見ると、「やるね、店長…!」と親近感を覚える

その35:バイクを駐輪しにくそうなお店は、いくら美味しそうでも入店しない

その36:バイクが盗まれないか不安すぎて、落ち着いて食事できない

その37:高速道路でロードバイクを屋根に積んだ車を見かけると、テンションが上がる

その38:車で峠を登っているとき、ローディを目撃すると、「がんばれ!」って応援したくなり、同時に「文明の利器で、排気ガスを撒き散らしながら登ってしまってごめん…」と後ろめたい気持ちになる

その39:超ロングライドでへとへとに疲れても、翌日に気づいたら三本ローラーを回している

その40:Google Map をぼけーっと見ながら、妄想でサイクリングコースを組み立てるのが好き

31
※私が自転車パーツの中でもっとも好きなのは、リアディレイラーです(*^^*)


以上、サイクリストが「自分、完全に自転車にハマったな…」と感じる瞬間 40連発をお届けしました。

「オレ、こんな瞬間にそう思うよ~」とか、「私はこうよ!」とかありましたら、ぜひツイッターでつぶやいていただくか、コメント欄にてお知らせくださいませ。
m(__)m

 

オクサマは「一人(ソロ)では絶対にサイクリングにでかけない」というポリシーがある。彼女がサイクリングするのは、自分と一緒であることが条件。ダホンを2010年に買って、今日にいたるまで、ずっとそうである。 一人で走ることが多い自分とは対照的。自分はむしろ一人で ...
オクサマは「一人(ソロ)では絶対にサイクリングにでかけない」というポリシーがある。彼女がサイクリングするのは、自分と一緒であることが条件。ダホンを2010年に買って、今日にいたるまで、ずっとそうである。

一人で走ることが多い自分とは対照的。自分はむしろ一人でマイペースでのライドが好き。好きなタイミングで休んだり、行き当たりばったりにコースが選べて気楽なのだ。

59-1

なぜオクサマは一人で走らないのか、その理由を訊いてみたら、「なるほど」と思った。他の女性も似た理由でソロライドしないのかなーと感じたので、紹介してみますね。

女性サイクリストには、「あるある」かもしれない。

安全面での不安

最大の理由がコレ。 もしも事故ってしまった場合、ソロだと助け(救急車とか110番)が呼べなかったり、自力で移動できなくなる可能性がある。その危険を考えると、「とてもじゃないが、一人で走るなんてムチャなことはできない」ですって。

これまでに、「グループライドで仲間がいて助かった…。一人だったら立ち往生してたね…」ってトラブルに遭遇したことは何度もある。よって、2人以上であれば、助け合うことができるというオクサマの意見はごもっとも。

IMG_4236
※ヤビツの帰りにパンクしたとき

事故のことは自分も常に意識しているので、彼女の不安はよくわかる。(まあ、自分はそのリスクは承知でソロライドするんですが)

ちなみに、オクサマが事故を過度に怖がる理由は、自身のライディングスキルにまったく自信がないから。これは謙遜ではなく事実でして、彼女は手放し運転ができないどころか、片手で給水すらできない。ハンドサインも出せない。
※なお、補足しておくと20インチのミニベロはバランスを失いやすいので、手放し運転はそもそもしてはダメですよ。(自分もしない)

水が飲みたくなると、「止まって!」と私を呼び止め、安全な場所で一時停止して両足を地面につけて飲む。夏場は10分毎に呼び止められるので、ペースが上がらないこと甚だしい(笑)。

14
※立ち止まるオクサマ@霞ヶ浦

下り坂も苦手意識があるようで、むちゃくちゃおっかなびっくり走る癖がある。握力があまりなく、ハイスピードでのブレーキコントロールが不安なのだとも証言していた。

まあ、スキルに過信するよりも、少々ビビっているくらいで自転車はちょうどいいと思っているので、彼女の姿勢は正しいと思う。

修理、交換スキルを持っていない

パンク修理ができないことも、ソロで走れないもう一つの理由。世の中の大半の女性サイクリストは、「メカのことはわからんし、興味ない!」と思うのだが、オクサマも同じ。自分の周囲の女性サイクリストを見渡しても、メンテナンススキルはほぼない…人がほとんど。 自転車で走ることは好きだけど、「メカをいじるのイヤ。クリーナーとか油で手が汚れるのも耐えられない」のだそうな。

オクサマは、パーツ名称をなにひとつ理解してない。覚える気もない。ホイール、フレーム、サドル、シートポストあたりの「サイクリストとか関係なく、常識用語だろ?」って言葉も知らない。

ましてや、クランク、ヘッドチューブ、チェーンステー、チェーンリング、カセットスプロケット、リアディレイラー、などの単語なぞ、チンプンカンプン。 たぶん、知っている言葉はブレーキ、タイヤ、ハンドル、シート、チェーン…くらいかと思われる。

46
※メンテもカスタマイズも100%夫&メカニック任せなオクサマ


夫 「自分でせめてタイヤ交換できるくらいになりたいと思わない?」

妻 「思わない

夫 「出先でパンクしたらどうするの?あなたのボードウォークのタイヤ、デュラノにしたから、パンクリスクはコジャックよりも高いんだよ?」

妻 「あなたがいるからいいの

夫 「オレがいなかったらどうする?」

妻 「一人では走らないから大丈夫

夫 「パンク修理ってカンタンだよ。数回練習すれば誰でもできるよ」

妻 「あなたがやってくれるから、必要性を感じない

夫 「じゃあ、パンク以外のメンテナンスはしようという意思はあるのかしら」

妻 「ない。ぜんぶまとめてよろしくお願いします

夫 「あなたにとって、自転車とは?」

妻 「楽しく走るための道具。以上。そのための準備、整備、修理、部品交換、クリーニングには1ミリも興味ないし、今後もないの

夫 「はい…」


彼女にとって、さしづめ自分は「並走するJAF」といったところのようだ。 ここまで徹底してスキルがない以上、たしかにソロで走ることは控えておいたほうがいいと思った。

54

方向音痴で道がわからない

3つめの理由は、「地図が読めないレベルで方向音痴だから」だった。オクサマは『方向音痴選手権』の日本代表を目指せるのではないかと思うほどの凄腕。

「スマホがあれば問題ないじゃん。知らない土地でも地図アプリがあれば走れるじゃん」というのはぐうの音も出ないほど正論だ。しかし、それはあくまで男性目線での意見。

くわしくは、ちょうど1年前にアイティメディアでの連載に書いたこの記事を読んでいただきたいのだが、最新の地図アプリをもってしても、オクサマはいまだに迷子になる。
※自宅半径2キロ外になると、彼女は東西南北の感覚を失い、世界がワンダーランドに変化するらしい(笑)。

>> 超方向オンチな妻が「iPhoneの地図アプリ」を諦めた理由

45

都内勤務の男性であれば想像してみてほしい。「虎ノ門駅から新橋駅を徒歩で目指せ」とか、「新宿駅から北参道駅に歩け」とか、「日本橋駅から東京駅に行きなさい」言われたら、「あぁ、あっちね」とすぐに歩き出せると思う。

地図を脳内で描き、現在地や見ている風景とシンクロさせて、おおよその位置と距離がイメージできる…のが男性。だが、オクサマにそんな芸当はできない。(べつに芸当ではないのだが…)

そんなオクサマが、一人で片道50キロ走ることなど不可能。闇雲に走ることはできるだろうが、帰宅できない。輪行スキルもないので、完全にゲームオーバーになる。

01

性差による脳みその違いって本当に不思議だな~って思う。こんなオクサマなので、最初から最後まで自分が前を牽いてあげないと彼女は走れない。


余談だが、オクサマは「地震予知」の不可思議な能力があって、揺れる数秒前に、「…来る!揺れるよ…」と、見事に言い当てる。的中率はほぼ100%。ナマズか。

才能は人それぞれ、と思った次第。 


以上、オクサマは 1.事故が怖い 2.修理スキルがない 3.方向音痴 の3つの理由でソロライドができないことがわかった。

「わかるわ~」、「あたしも同じだわ~」って女性もいらっしゃるのではないだろうか?

経験豊かな男性陣におかれましては、このような女性サイクリストの不安を取り除き、華麗にエスコートしていただければ幸いです。

 

2016年はロードバイクで3,500キロ、ミニベロで2,500キロ、合計6,000キロ走った。無事に、事故なく過ごすことができて本当に良かった。 これまで6回にわたって、海外の自転車事故動画を紹介してきましたが、今回はその第7回目です。 ※オクサマも無事故です>> 【明日は我が身 ...
2016年はロードバイクで3,500キロ、ミニベロで2,500キロ、合計6,000キロ走った。無事に、事故なく過ごすことができて本当に良かった。

これまで6回にわたって、海外の自転車事故動画を紹介してきましたが、今回はその第7回目です。

49 HDR-2
※オクサマも無事故です

>> 【明日は我が身かもよ?】 ロードバイクの事故動画コンピレーション
>> 【注意一秒、ケガ一生】 海外の自転車の事故動画コンピレーション その2
>> 【対岸の火事ではない】 自転車事故動画コンピレーション その3
>> 【事故動画から学ぼう】 自転車事故コンピレーション その4
>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その5
>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その6

Cycling accident on dash cam



事故発生時間:1分17秒

クルマのダッシュボードに置かれたレコーダーの映像。事故現場はラウンドアバウト(環状交差点)なので信号はない。なお、ラウンドアバウトとは、海外でよく見られる交差点の一種で、3本以上の道路を円形のスペースを介して接続したもの。(くわしくはウィキペディアをどーぞ)

最初の1分8秒まではなにも起きないのでスキップしてOK。左側通行であることから、英国かと想像できる。

1分10秒、右側からロードバイクの男性が現れる。クルマの右側を走っており、(この国がどこかは不明だが)厳密には道交法違反なのではないだろうか。

急いでいたのであろうか、男性ローディは一時停車した後、ダンシングで一気に加速して右カーブを走ろうとするのだが、シッティングに移った瞬間にタイヤがスリップして横転。 幸いにして、ローディに目立ったケガはなく、すぐに立ち上がって道路脇に避難していた。

まだスピードに乗る前だったので、たいして痛そうな落車ではない。とはいえ、「やっぱ、ヘルメットって重要だよな…。むき出しの頭をコンクリートに打ち付けたら、タダでは済まんぞ。スピード出している、出してないなんて関係ない…」と思わされた。

路面は塗れていないし、バイクもさほど傾いていない。にもかかわらず横転したのでビックリした。この程度でもロードバイクってコケることってあるのか…。強いて言えば、「道路端の砂のせいで」タイヤがグリップを失ったと考えられる。

道路端は砂、砂利、ガラスの破片などが雨水で流されてきて、そのせいでパンクすることがあるので、自分はなるべく走らないようにしているんだけど、このようにスリップ転倒の原因にもなるので、お気をつけいただきたい。

蛇足だが、事故の瞬間、歩道にいた女性が驚いて立ち止まる。落車する姿をサイクリストではない人に見られることはもんのすごく恥ずかしい。妙齢の美しい異性に目撃でもされようものなら、ショックで2日間くらいは凹む(経験済み)。

30
※オシャンティ空間の表参道でこけようものなら、トラウマになる

学び

  • 道路脇はなるべく走らない
  • 道交法は守ろう
  • ヘルメットは絶対に着用する
  • 異性に落車を目撃されると恥ずかしい

Road Cycling Crash Carbon Fiber Top Tube Cracked



事故発生時間:15秒

駐車場内での落車事故。車や歩行者は絡んでおらず、完全な単独事故である。「ほとんどスピードも出ていない状況でコントロールを失ってしまうことってあるんだ…」と、ビックリした。

一体何が起きたのか、1回視聴しただけではわからなかったので、数回繰り返して原因がわかった。どうやら、舗装道を走っていたら、未舗装部分があって、そこに乗り上げてしまったようだ。

で、砂利のせいでタイヤが軽くスリップする。体勢を立て直そうともがくも、バイクは暴れ続け、ブレーキが間に合わずに停車していたトラックに追突したわけだ。 ものすごいスピードを出していたわけではないので、大きなケガはなさそう。骨折もなかったと証言している。しかし、お気の毒なことに、カーボンフレームが破損してしまった…。

なんでスピードを落とさないんだ。止まれるだろ」って思うかもしれない。自分も最初は「なんで止まらんの?」思った。

ここからは想像だけど、きっとこのローディさんは停車することもできた。でも、彼は停車せずとも、左にライン取りして、トラックをよけることが「できる」と予測して走り続けたのだろう。しかし、砂利が予想外に悪さして、時間がかかりすぎた…ような気がする。トラックがなければ、落車は免れたのではないだろうか。

ローディさんは、コメント欄で事故をこう振り返っている。
バカな事故をしちゃった。ライン取りを間違えて、砂利道に乗り上げてしまって、バイクを止められずにトラックに追突したよ。トラックも自分自身も無事ではあったけど、トップチューブに亀裂が入ってしまった・・・。
誰もいない駐車場って、ふと気が緩んでしまうものだけど、こんな事故が起きることもあるので、乗車中は常に緊張感を持って走ろう。

02
※駐車場でも気を抜かない!

学び

  • 駐車場でも気を抜かない
  • 砂利道はロードバイクにとって危険
  • カーボンフレームは取扱い注意


Bicyclist Crashes Into Back of Car | Rear Ended



事故発生時間:24秒

これは怖い。ダウンヒルで前を走っていたクルマに追突してしまう落車事故。ヒルクライムをする方には似たようなヒヤリハットがあるのではないだろうか。

けっこうなスピードをだして山を下るロードバイク。前方にはフォルクスワーゲンゴルフが走る。十分な車間距離をとっているように見えるが、そうではなかった。前方からやってきた観光バスに、道を塞がれるようにしてゴルフが停車すると、気づくのが遅れたローディは必死の急ブレーキも間に合わず、バンパーに追突して落車する。

接触の瞬間までには減速できたようで、激しい転倒にはならなかったのが不幸中の幸い。ローディは着地の瞬間に左手を地面についてしまっていたが、インパクトが軽かったせいか、鎖骨骨折もしていないようだ。バンパーもかすり傷程度で済み、ドライバーさんも「いいよいいよ、大丈夫」と話していた。

ダウンヒルって気持ちよすぎるので、「ヒャッハーーー」って感じにぶっ飛ばしたくなる。ノーブレーキで疾走したい誘惑は常にある。が!ブレーキの制動力と停止までに必要とされる距離は頭に叩き込んでおいたほうがいい。

(人のいない、安全が確保された下りでブレーキをかけて確認チェックをする等) 「あら?思った以上にブレーキって効かないんだな…」って感じるかも。そこから逆算してダウンヒル走行していただきたい。なお、雨天での走行は乾燥路の走行の比ではないくらいブレーキが効きにくい。
※キャリバーブレーキとか、Vブレーキの場合です。ディスクブレーキはさほど差はないかなと。ただし、だからといって油断してはダメっす。

ダウンヒルの事故は、大ケガにつながる可能性が高い。慎重すぎるくらいでちょうどいい。くれぐれもムチャなスピードは出さないようにしましょう。

34
※下るオクサマ@物見山

学び

  • 車間距離は十分に
  • 遠くまで目視し、前方確認を怠らない
  • ダウンヒルは、ちょっとビビるくらいでちょうどいい

以上、新年早々ですが事故動画コンピレーションをお届けしました。 2017年もどうか安全運転&無事故でお過ごしくださいませ。
m(__)m

 

ロードバイクで坂を早く登るには、体力の有無が当然ながらモノを言う。しかし、体力だけがすべてではない。体を正しく動かし、エネルギーをムダにせず、なるべく少ない力で長距離登る方法がないわけではない。 坂を登るのがめっぽう遅い自分だが、旅行気分と非日常感が同時 ...
ロードバイクで坂を早く登るには、体力の有無が当然ながらモノを言う。しかし、体力だけがすべてではない。体を正しく動かし、エネルギーをムダにせず、なるべく少ない力で長距離登る方法がないわけではない。

坂を登るのがめっぽう遅い自分だが、旅行気分と非日常感が同時に味わえるので山は大好き。ちょっとでも速く登れるようにはなりたいので、勉強は続けている。

06

Global Cycling Network で「ロードバイクで激坂を上手に走るノウハウ」という動画があったので、翻訳してお届けしよう。

How To Ride Steep Climbs Faster


シッティングで登るか、ダンシングで駆け上がるか

ライダーの体力、坂の斜度と長さ、好みに左右されるので正解はないのだが、マットさんが言うには、「自分のやりやすい方法でOK」とのこと。

それぞれにメリット・デメリットはあって、シッティングは軽めのギアを長い時間漕げるので、筋肉へのダメージは少ない。それと、シッティングのほうがリアタイヤに体重をかけやすいので、トラクションを生むのもGOOD。
※前のめりなダンシングをしてしまうと、激坂ではリアホイールが空転することもあって危険。

climb

ただ、シッティングをするには(自分にとって)軽いギアが必要で、それがないとダンシングで登るしか無いのが辛いところ。 ダンシングのメリットは、よりパワーをかけることができ、速いスピードで登ることができること。そのかわり、出力が高いぶん、ガス欠になるのも早い。ダンシングだけで何時間もヒルクライムを登りきるのは現実的ではない。

ペース維持はシッティングで、きつい激坂や休みたい場合にダンシング…といった使い分けがよいだろう。 こういったバイクスキルは、実走をともなうセミナーのほうがはるかに身につきやすい。宮ヶ瀬湖で受けたセミナーでは、目からウロコの学びがいくつもあって、じつに有意義だった。

>> 実走セミナーでプロに指導を受けたら、ダンシングと体重移動が劇的に変化した

climb2

正しいギアの選択をする

言うまでもなく、脚力&坂に合わせたギアの選択はむちゃんこ重要。心がけてほしいのが、「ペダリングがキツくなる前に、早め早めの変速をする」こと。

重いギアから軽いギアにするときはなおさら。とくに、フロントギアを、アウター(大きいほう)からインナー(小さいほう)に落とすとき。負荷をかけた状態でのギアチェンジは、パーツに優しくない。

climb3

「脚力に自信ないんだけど、具体的にどれくらいのギアを選ぶべきなの?」という質問に対しては、「フロントはコンパクトクランク(50-34T)、リアは32Tを持つスプロケットがあれば、さほど体力がない人でも快適に坂を登ることができる」とコメントしていた。

ちなみに、自分は以前は25Tまでしかないスプロケットを使っていて、激坂にいくたびに死にそうになったので、28Tまであるスプロケットに2016年の夏に交換した。それからは、ほぼほぼどんな坂でも問題はない。
※フロントはコンパクトクランク(50-34T)です。

climb5

ペース配分を間違えない

街中の短い坂であれば、きつい斜度でも「うらぁぁぁぁぁぁ」ってもがいてクリアできるけど、終わりの見えない、もしくは峠を超えなければならないようなヒルクライムでは、力任せの走りをしていたら、どんな人でも必ずバテる。

しかも、たいていの峠は「序盤は緩やか、後半にかけて斜度が上がる」ものだ。その逆はあまりない。もしくは、美ヶ原高原のように、最初からいきなり激坂で、それが延々と続くこともある(笑)。

climb6

最初に張り切りすぎるとガス欠になってしまう。よって、脚だけではなく、頭も使ったペース配分が大事になるのだ。緩やかな序盤はペースを控えめにして体力をセーブして、後半に備えよう。

ポジティブな精神状態を保つ

「精神力で登れたら、苦労などしないわ!」と思わないでほしい。メンタルコンディションが整っていると、いないのとでは、ヒルクライムではとてつもない差を生む。これ、どんなスポーツでも同じですよね。

坂を登っているときって、それはそれは心が折れそうになる瞬間が何度も訪れるものでして、頂上がどこにあるのか、あと何キロ走ればこの苦しみから開放されるのか、わからないままで走るのはキツい。そういう意味では、コースプロファイルを事前に頭に叩き込んでおくのはすっごくオススメ。

climb7
※苦悶の表情を浮かべるサイモンさん

速さを競うレースではなく、ふつうのサイクリングとしてのヒルクライムでも、心を強く維持するための工夫はしておいたほうがいいです。

ウェイトを軽減する

体重とバイクのどちらか、もしくは両方を軽量化すれば、登りは楽になる。てっとり早いのは、コンポーネントでいうと105ならアルテグラに、アルテグラならデュラエースにアップグレードする。

もっと効果が大きいのがホイールの軽量化。自分はカンパニョーロのゾンダから同じくカンパニョーロのシャマルミレに交換して1年半になるんだけど、シャマルミレのほうが登りやすくなった。シャマルミレはものすごく気に入っているので、他のホイールに浮気しようとは思わない。

10
※悶絶するカッコよさ

>> カンパニョーロのアルミクリンチャー、「シャマルミレ」で2,000キロ走ったインプレッション

>> シャマルミレ(Shamal Mille)で100キロ走ってきたので、インプレッションするよ(シェイクダウン編)

機会があれば、BORAウルトラ的なカーボンチューブラーホイールを試してみたい気もするなぁ」と考えないわけではないけど、予算もないし、そもそもシャマルミレで満足しているので、交換の予定はまったくない。

あとはシンプルに体重を落とすことですね。こっちのほうが、フレームやホイール交換よりも効果はでかい。お金もかからないし、スタイルはかっこよくなる。自分もお腹周りの脂肪の軽量化に取り組んで入るのですが、ぜんぜん落ちてくれないです…。

25
※漕いでも漕いでも痩せんとです…

ロードバイクで激坂を上手に走るノウハウのまとめ

  • シッティングとダンシングの使い分け
  • 正しいギアのチョイス
  • ペース配分
  • バイクの身体の軽量化

以上、ロードバイクで激坂を上手に走るノウハウをお届けしました。

年末年始とクリスマスの暴飲暴食で予定外のウェイトアップをしてしまった皆様、春に向けて己の軽量化に励みましょう。私もがんばります・・・。

 

2016年の夏、ダイアテックさんの商品発表会に出席させていただいた際に、『 BlinderMini 』を見せていただいた。 もともとは、『 Oi 』という新型ベルの発表を目的とした会だったんだけど、自分はむしろ、『 BlinderMini 』のほうに目を奪われた。何しろ、見た目がスタイリ ...
2016年の夏、ダイアテックさんの商品発表会に出席させていただいた際に、『 BlinderMini 』を見せていただいた。

もともとは、『 Oi 』という新型ベルの発表を目的とした会だったんだけど、自分はむしろ、『 BlinderMini 』のほうに目を奪われた。何しろ、見た目がスタイリッシュ。シートポストに装着しても取ってつけた感がなく、まるでバイクの一部のようにしっくりくるのだ。

ひとつ前のモデルである Blinder MOB は、サイズがやや大きくてさほど洗練されてはいない。が、BlinderMini にリニューアルして、印象がグッと変わった。

39

2016年10月に『 BlinderMini 』のリアフラッシャーを購入し、すでに3ヶ月ほど使ってみたので、インプレッションをお届けしますね。 ※BlinderMiniにはフロントライトとリアフラッシャーの両タイプあります。買ったのはリアフラッシャーのほう。

結論から言いますと、100点満点で120点。ネガティブポイントがひとつも見つからないどころか、完全無敵なリアフラッシャーでした。

3タイプから選べます

BlinderMini は3タイプから選択可能。 遠くからの視認性を上げる、スポットライト式の「DOT」、ワイドな照射角(90°)で対向車&歩行者へのアピールが可能な「NINER 」、さらに広角に照射(120°)できる「CHIPPY」の3モデルをラインナップしている。

使用目的から3つの照射角度が選べるのはありがたいけど、「じゃあどれを選べばいいんだ?」って迷うことにもなるかも。自分は、中間を取って「NINER」にしておいた。

blinder

コンパクトサイズに似つかず、むっさ明るい(11ルーメン)

ライトに限らず、ロードバイクやミニベロに装着するガジェット類は小さいほうが良い。軽くて、かさばらず、ルックスをスポイルしないほうがいいに決まってますもんね。

ライトも小型であるに越したことはないんだけど、サイズと明るさ(性能)はトレードオフの関係でして、あまりにも小さいモノを選んでしまうと明るさが足りず、「使えない・・・」ってことになってしまう。

BlinderMini ではその点だけが不安だった。 が!むちゃくちゃ明るい。ルックスに似つかず、いい意味で期待を裏切られた。リアフラッシャーの明るさは11ルーメンもある。「ルーメンってなんぞ?」って方に説明しますと、光束の単位でして、国際単位系(SI)の単位の一つです。詳細はウィキペディアをどうぞ。

47

それまではBikeguy のリアフラッシャーを使っていて、それは66カンデラ。カンデラとルーメンの直接比較は難しい。というのも、ルーメンは全方向(つまり360°)に放射される光全体の量を表す。

それに対して、カンデラは光源から特定の方向に照射される光の強さを表す単位。一方向か、360°か、それによって明るさの感じ方は変わる。

小難しいことはさておき、感覚で言いますと、Bikeguy のリアフラッシャーよりもBlinderMini のほうが、はるかに目立つ。バイクの後方10mに立って確認したが、その差は明らか。「とにかく明るいリアフラッシャーがほしい」という方には、文句なしにBlinderMini をオススメする。

21

点灯パターンは4+1=5

常灯以外に4パターンから選択可能。これだけあれば、十分だ。 文字で表現しづらいけど、こんなかんじ。

1.テッテッテッテ、テテテテ(リズミカルかと思いきや、高速点滅も)
2.テッテッテッテッテッテッテ(一定間隔で素早い)
3.テッ、テッ、テッ、テッ、テッ、テッ、テ(一定間隔でゆっくり)
4.テッテェェェェ、テッテェェェェ、テッテェェェェ、(ほわほわしてる)

お好みでいいと思うが、自分は1を基本に、気分で2にしている。3と4は使わない。
※ゆっくりよりも、早めの点灯のほうがドライバーさんに認識してもらいやすいような気がするので。

57

充電のしやすさに感激

BlinderMini の素晴らしい点。購入の大きな決め手になったのが、「充電用のケーブルが不要で、そのままUSBに挿せる」ことだった。これまで、電池交換式、ボタン電池式、ケーブルを使ってUSB・・・の3タイプを使ってきたが、どれも一長一短ある。共通しているのは充電(電池交換)がメンドウ。

かろうじて、ケーブルを必要とするUSB充電が「マシかな…」と思う程度。でも、いちいち目的地にケーブルを持っていくのは、紛失してしまいそうなのでしない。充電は基本自宅。すると、「職場で充電しておきたい」って場合に困る。

24

BlinderMini は、なんと本体をそのままUSBに挿して充電できるのだ。家のPC、職場のPC、そのへんに転がっているUSBアダプター、どこでだって充電できてしまう。これ、思っていたよりはるかに嬉しかった。 

ただ、ノートパソコンで充電中は、接続部分に負荷がかかってしまわないようにご注意をば。ポキンと折れてしまったら悲劇なので…。

blinder2

脱着がしやすいので、複数バイクでの共有が楽ちん

いくら充電がしやすいと言っても、シートポストからの脱着がやりにくかったら意味がない。しかし、BlinderMini はその点も安心設計で、ワンタッチでストラップを開放できる工夫が施されてある。

小さなレバーを引き上げることでゴムのストラップが持ち上がり、引っ掛けてある場所から外すことができるのだ。しかも、マウントレス・ストラップを採用している。マウント素材をシートポストと本体の間に噛ませる必要がなく、そのまま固定できる。これも隠れたナイスポイント。

07
※ぐいっと押して開放

ライトのマウントって、なにげに紛失しやすい自転車パーツの筆頭なの。輪行とかでライトをつけたり外したりをしていると、ポロッと落ちて気づかないこともあったし、経年劣化で使い物にならなくなったことも何度もある。しかも、地味なパーツなので別売りされてなかったりするのよね。

19
※この状態にして、引っかかっている部分を外す

なお、ベルクロタイプもワンタッチといえばワンタッチなのだが、繰り返しているとボロボロになってくるし、見栄え的にもみずぼらしくなってしまうの…。 ちなみに、エアロハンドルやシートピラーにも対応しています。フロントモデルに2種・リヤモデルには3種の交換用ストラップも付属している。

36
※こんなかんじで外す

気になる防水性能は…?

ココまで読んで、 「USBにそのまま挿して充電できるってことは、(シートポストに密着しているとはいえ)端子がむき出しってことだろ?雨の中を走ったらぶっ壊れるんじゃないのか?」 という不安を感じた方もいるはず。自分もそうだった。

BlinderMini がスタイリッシュで明るくて、脱着しやすくて、充電もラクチンなのはよくわかった。正直、非の打ち所がない。でも、防水性能はどうだろう?

「筑波サーキットでのエンデューロでは100均で買ったリアフラッシャーが一発でぶっ壊れたし、二の舞いはイヤだぞ」 って心配していた。

>> 土砂降りの雨の中、筑波サーキットで8時間耐久レースに参加した

しかし、BlinderMini はその点も抜かりがない。なんと完全防水ですよ。なにしろ、水没させたって平気で動作するんですから。 これを見て心は固まった。「リアフラッシャーはBlinderMini で決まりだ」と。

29
※安心の完全防水

BlinderMini のインプレッションまとめ

  • 用途に合わせて3タイプから選べる幅の広さ
  • 真夜中でも安心の照射力
  • バイクと一体化して、馴染むカッコいいデザイン
  • 脱着しやすく、充電しやすい構造
  • 照射は5パターン
  • 完全防水でオールウェザー対応

BlinderMini は、リアフラッシャーにしては少々お高い部類に入るとは思うけど、お値段以上のバリューがある。正直、なにひとつとしてネガティブポイントが見つからない…。 いろんなリアフラッシャーを試してきた中で、ずば抜けてすばらしいリアフラッシャーですよ。

 

11月に「正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングやポジションの基本」セミナーに参加させていただいたとき、講師の須田さんから「サイクリストは筋肉の柔軟性がキモですよ!とくに臀筋とハムストリングが硬いとデメリットしかないですよ」と教わった。 己のハム ...
11月に「正しいウォーミングアップ、身体のケア、ペダリングやポジションの基本」セミナーに参加させていただいたとき、講師の須田さんから「サイクリストは筋肉の柔軟性がキモですよ!とくに臀筋とハムストリングが硬いとデメリットしかないですよ」と教わった。

己のハムストリングの硬さに驚いて、毎日ヒマを見つけてはストレッチに勤しんでいる。朝晩はもちろん、昼間にも職場でもやっている。少しづつではあるが、前屈が深くできるようになって、筋肉がほぐれてきていると実感できている。これからも継続するつもり。

sudasan
ウォークライドの須田さんに教わった臀筋のストレッチに取り組む図

ハムストリングってなに?なんで重要なの?

ハムストリングス(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の総称)は、カンタンにいうと太ももの裏側。骨盤(お尻)から太ももの裏を通り、両膝で左右に分かれて膝裏付近に付く筋肉のこと。

01

ハムストリングって、本人の目に見えない場所にあって見落とやすい。意識しないと鍛えられないし、ついつい大腿四頭筋(太ももの表)の強化に気を奪われてしまいがち。

膝を曲げる動作のためにはもちろん、走る、跳ぶ、蹴るなど下半身の動作と推進力に使われる筋肉である。つまり、自転車においても大切な部位。ちなみに、トップレベルの陸上選手は大腿四頭筋と同じくらい、ハムストリングがムチャクチャ発達しているそうな。

ハムストリングの具体的なトレーニング法は、多数出回っている書籍やDVDに譲るとして、須田さんに教わったストレッチに加え、ネットで「他にも臀筋とハムストリングを伸ばすストレッチ方法はないかしら」と探してみた。

以下、いい感じのハムストリングのストレッチ方法を写真と動画で紹介しますね。

股関節とハムストリングのストレッチ by Dr.ストレッチ



短い動画に2つのストレッチが紹介されている。難しい動作ではないので、誰でもすぐマネできるはず。ちなみにDr.ストレッチはストレッチ専門のお店。店舗一覧はこちら。(行ったことはないけど、都内でときどきお店を見かける)

プロアスリートのボディメンテナンスもしているそうで、サッカー元日本代表の玉田選手とか、元浦和レッズの鈴木啓太選手をスポンサードしているようだ。  

無料体験
も用意されている…。今度、行ってみようかな。

ハムストリングスのストレッチ法 初級編 筋肉痛・肉離れの方にオススメ!和歌山の整体「廣井整体院」



和歌山県の整体師さんが紹介する動画。足を伸ばして上体を前屈するシンプルな動き。

前屈しようとすると、「遠くに指を伸ばそう」とムキになり、つい背筋が曲がってしまうが、背筋は伸ばしたままおこなう。 動画下に書かれたテキストによるインストラクションもあるので、わかりやすい。

ハムストリングスを緩めて、腰痛を解消するストレッチ



こちらも整体師さんの動画。 ハムストリングが硬いと、巡り巡って腰痛の原因になる。サイクリングのためにハムストリングをやわらかくすることも大事だが、日常生活の延長線上での腰痛予防にも意味がある。ハムストリングが硬くて得することはひとつもない。

テレビで紹介されていたハムストリングのストレッチ

たまたま、「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」の再放送を先日見て、これはいい!と思ったストレッチ方法。番組名は、「10秒ストレッチで劇的解消! 治らなかった腰痛の新原因 徹底解明スペシャル」。

以下、その手順です。

椅子に浅めに腰掛ける

50

かかとを少し手前に寄せて、親指をヒザの真下に来るように置く

54
※かかとがヒザより後ろに来ているのが分かるでしょうか

両手で足首を「後ろから」つかむ

01

胸を太ももにくっつけて、頭を下げる

04
※頭をヒザの間に入れるイメージで

立ち上がってハムストリングを伸ばす

10


なるべくヒザは伸ばした方がいいが、無理はしない。痛気持ちいいあたりで10秒キープ。それを2セット。胸と頭がヒザから離れそうになるので、しっかりくっつけたままハムストリングを伸ばしましょう。

なお、番組内では、身体の硬い一般の方々が朝晩2回繰り返しただけで、1週間後に劇的に改善した(前屈できるようになった)と紹介していた。

ストレッチって、意識して生活に取り込まないと「あ、忘れてた」ってなってしまいやすい。なので、自分は「朝起きてから&夜に寝る前の2回は必ずやる!」って決めている。時間で決めちゃうのってけっこう有効で、すでに3週間ほど継続できている。

教わったストレッチ以外にも学んで、全体的な柔軟性を高めたいので、ストレッチ関連の書籍あたりを読んで、勉強しようかとも計画中。

今では、平日のランチタイムの休憩時間を利用して1日に3度実践中。最後に紹介した足首をつかむストレッチは、自席でやるとマヌケなので、トイレの中にこもってやってます(笑)。



「FRAME」というロードバイクメディアの中の人と以前から交流があって、過去に共同でコンテンツを作ったりしているのだが、互いに記事を寄稿しあうことになった。 >> 【事故らぬ先の杖】 クルマも自転車も、“相手の視点”をイメージすることが事故予防になる(自転車編) > ...
FRAME」というロードバイクメディアの中の人と以前から交流があって、過去に共同でコンテンツを作ったりしているのだが、互いに記事を寄稿しあうことになった。

>> 【事故らぬ先の杖】 クルマも自転車も、“相手の視点”をイメージすることが事故予防になる(自転車編)
>> 【事故らぬ先の杖】 車も自転車も、“相手の視点”をイメージすることが事故予防になる (ドライバー編)

今回は、サイクルパンツ(下着部分に相当するインナーウェア)の快適性について。

サイクリングの快適さがぜんぜん違うよ!
とくにロングライドでは、履いていないと後悔するよ!

ってくらい、サイクルパンツはなくてはならないウェアである。

17

ということで、今回は『 サイクルパンツがあると快適に自転車が楽しめる? 』というFRAMEさんの記事を転載してお届けします。


スポーツ用自転車に乗るようになって、色々なサイクリングスポットに行くようになると、サイクルパンツを履いた方をよく見かけると思います。ただ、初心者の方の場合、どうしても見た目のインパクトが強すぎるようで、サイクルパンツを購入する踏ん切りがつかないという方も多いようです。

サイクルパンツを利用すれば、ロングライドだけではなく、ちょっとしたサイクリングでも快適に自転車に乗れるようになります。見た目が恥ずかしいという方でも使えるインナータイプのものもありますので、まだ持っていないという方はこの機会に一枚購入してみてはいかがでしょうか?

サイクルパンツは自転車、特にロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどに乗る方向けに作られている専用のウェアです。股間部分にパッドが取り付けられたスパッツを想像するとわかりやすいかもしれません。

IMG_2801

サイクルパンツは自転車に乗るならどうしても必要?

実際のところ、慣れてくるとサイクルパンツがなくても30~40km程度なら走ることができるようになるので、無理に購入する必要はありません。ただ、それ以上の距離を乗る場合はサイクルパンツがあった方がより快適に自転車を楽しめるようになります。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、サイクルパンツを履けば自転車をより楽しめるようになりますし、走行速度も速くなることもあるので、スポーツタイプの自転車に乗っているなら一枚は用意しておくことをおすすめします。

サイクルパンツのメリット

長時間走っても痛くならない
スポーツ用の自転車の場合、完成車でもそれなりに堅くて小さいサドルが取り付けられています。このようなサドルの場合、ママチャリと違って衝撃をあまり吸収しないので、どうしても長時間走ると骨盤が当たる部分や股間が圧迫されて痛みが出てきます。

この状態を我慢したまま走ってしまうと、皮膚がすり切れて血が出てしまったり、麻痺してしばらく感覚がなくなってしまうことがあります。サイクルパンツを履くことでこれらの症状が起きにくくなり、快適に走れるようになります。

サイクルパンツを履くと速くなる
20km/h程度の速度ならあまり違いはわからないのですが、大体30km/hを超えてくると空気抵抗が結構な負荷となり、向かい風に向かって進むような状況になります。サイクルパンツは体にフィットする作りとなっているので、この空気抵抗を減らす働きがあり、履くだけで巡航速度がアップします。

また、筋肉は力を加える以外にも振動を受けることで疲労していくので、サイクルパンツで締め付けることでこの振動による疲労を抑える働きも期待でき、長時間の走行でも疲れにくくなるのです。

IMG_7875

サイクルパンツのデメリット

サイクルパンツを履くメリットは多いのですが、少しだけデメリットもあります。どちらも慣れてしまえばそこまで気になることではありませんし、対処法もありますので、合わせてご紹介していきます。

見た目がちょっと恥ずかしい
私は10年以上履いているので個人的には全然気にならないのですが、やはり慣れていないと体のラインが丸わかりなので恥ずかしいと感じるようです。女性の場合は特に恥ずかしいと感じる方が多いようで、サイクルパンツの上からサイクル用のスカートをはいて隠したり、ハーフパンツを履いて隠している方もいらっしゃいます。

恥ずかしいという方向けに通常の下着のようにズボンの下に履くタイプのものも販売されているので、どうしてもあの見た目が嫌な方はそちらを使用しても良いでしょう。ただ、上にもう一枚ズボンなどを履くことになるので、空気抵抗を削減する効果は得られません。

IMG_6662_xlarge
※ちなみにサイクルガジェット管理人(右)は、ビブショーツが履けません…

防寒性能がちょっと弱い
スパッツのような生地でできているので、温度差が激しい季節は体が温まるまで寒さを感じてしまいます。冬場のように最初から寒いのがわかっている時期なら冬用の防寒タイプのものを履けば問題ないのですが、寒暖差が激しいと朝方や夜の走行で体が冷えてしまいます。

このような場合はレッグウォーマーを使うと便利です。レッグウォーマーは脚の部分にだけ履くロングタイツのような製品で、寒い時期でもある程度温かく過ごせます。着脱も簡単ですし、丸めてしまえば手のひらサイズまで小さくなるので、寒い場合には一枚持っていくと便利です。

P1010625

おすすめのサイクルパンツをご紹介

サイクルパンツを初めて購入する場合、2つの考え方があります。1つはある程度良いものを買ってどれぐらい効果があるか確認するという考え方。もう一つは安いものを選んで履かなくなっても損をしないようにするという考え方です。

どちらも特に間違っているというわけではありませんので、自分の考え方に合ったものを選ぶと良いでしょう。というわけで試しに一枚買ってみようと思っている方向けに、それなりにしっかりしたサイクルパンツと、安く買えて試しやすいサイクルパンツを紹介したいと思います。

最初からしっかりした製品が欲しい方向けのサイクルパンツ

こちらは少々高めですが、製品の品質がしっかりしたものになります。実際のところ、熟練者でもこのクラスのサイクルパンツを履いているという方が多いので、一度買えば壊れるまで長く利用することができます。

パッドの形や性能も色々選べる価格帯になりますので、コンプレッション機能が付いていたり、よりフィット感の良い上位モデルを買う前に自分に合う製品を探すのにも役立つでしょう。

日本人の体型に合わせて作られた『PEARL IZUMI サイクル コンフォートパンツ』
長年サイクルウェアを作り続けている老舗メーカー、パールイズミのサイクルパンツです。パッドは独自の「3D-イー」が使われています。このパッドは高い通気性と負荷のかかる場所に合わせて作られた形状が特徴で、初心者から上級者まで気軽に使えるベーシックなサイクルパンツとして人気です。

パッドの快適性はピカイチ『SHIMANO ショーツ』
自転車のパーツで有名なShimanoの中級者モデルです。使用されているパッドはブリーザブル3Dパッドで、これは体の形状にあわせて伸縮する素材を利用することで高い透湿性とフィット感を実現しています。骨盤が当たる部分と股間の柔らかい部分をより保護できるような形状で作られているので、長時間のサイクリングでも痛みやしびれが出にくい構造となっています。

品質の良さが特徴『le coq sportif サイクリング ショートパンツ』
フランスのスポーツウェアメーカー、ルコックスポルティフの製品です。こちらのメーカーはプロレースでもウェアを提供しており、品質の良さに定評があります。パッドは厚めでクッション性の高いものが使われており、振動を防いで長時間の走行でも快適です。

とりあえず一度試してみたい方向けのサイクルパンツ

まずはどんな感じか試してみたい方におすすめのサイクルパンツです。5,000円以下で購入できるので、もし合わないと感じても最低限の出費で抑えられるでしょう。ただ、どうしてもパッドが薄かったり、縫製が甘かったりすることもあります。

この価格帯でも製品を選べば十分長く使えるものもありますので、できるだけ安くて良いものを選んでみました。

国内メーカー製でフィット感がいい『DECOJA パッド付き サイクリングパンツ サイクルパンツ』
安くて使いやすいウェアを多く発売している、DECOJAのサイクルパンツです。こちらのメーカーは和歌山県に本社があり、日本人の体型に合わせた縫製が行われているのが特徴です。初心者に嬉しいゲル入りパットがついているので、慣れていなくても痛みを抑えることができます。 ちょっと分厚すぎるので、サドルが柔らかいと違和感があるかもしれません。

安価なのにゲルパット付き『Santic メンズ サイクリングショーツ』
4,000円と比較的安い価格で購入でき、分厚い3Dゲルパットがついて快適性も高い製品です。ちょっと生地が分厚いので伸縮性がやや悪いのですが、その分頑丈なので長期間使い続けられます。縫製も頑丈なのでほつれにくいのもポイントなのですが、その分ちょっと肌に当たって違和感が出ることもあります。

薄手のパッドを試したい方に『ラミダ サイクルパンツ』
メーカーロゴも入っていないので、どんなジャージにも合わせられるラミダのサイクルパンツです。パッドはやや薄手ですが、ゲルが入っているので十分衝撃を吸収してくれます。パッドの形も脚の動きを邪魔しない形状となっているのもポイントです。

腰ひも付きでずり落ちにくい『Wellcls  レーサーパンツ』
サイクルパンツは腰の部分にゴムを入れてズレを防いでいるものが多いのですが、こちらの製品は腰ひもで締め付けるタイプですので、激しく動いてもズレにくくなっています。初心者の方の場合、自転車に乗っているとどんどん体型が変化していくので、最初に買ったサイクルパンツが緩くなってずれやすくなることがあります。

この製品なら多少のサイズ変化はひもの締め方で調整出来ます。パッドも初心者に嬉しい分厚いタイプなので、長距離からちょっとしたポタリングまで幅広く利用できます。

サイクルパンツを履くのが恥ずかしい方向けインナータイプ

どうしても体のラインが出るのが我慢できないという方は、下着の代わりにはけるインナータイプがおすすめです。普通のズボンなどの下にはけるので、体のラインは出ませんし、パッドがついているので衝撃はしっかり吸収できるので、おすすめです。

メッシュ素材で通気性抜群『PEARL IZUMI サイクリング メッシュインナーパンツ』
通気性の良いパンツに3Dパッドを縫い付けたインナーパンツです。メッシュ生地が使われているので、重ね履きしても蒸れにくいのが特徴。パッドは通常のサイクルパンツと同じものが使われているので、衝撃吸収性も十分あります。

メッシュ素材で通気性を確保しつつ、ゲル入りの3Dパッドが取り付けられているインナーパンツです。パッドの厚さは2.5cmもあるので、初心者の方でも楽に長距離にチャレンジできるでしょう。ゲルなのでスポンジ系素材と違って長持ちするのもポイント。締め付けも少ないので違和感なく着用できます。

30
※パッド付きなので、お尻が痛くなりにくい

どんなときにサイクルパンツを履くと便利?

サイクルパンツは長時間自転車に乗る際に履くと便利です。長時間自転車に乗っていると、どうしても地面からの衝撃によって痛みが出てくるのですが、サイクルパンツを履いていれば衝撃をある程度吸収してくれるので、痛みが出にくくなります。

ただ、ずっと腰を落ち着けて乗っていると痛みが出るのが速くなってしまいますから、ロングライド中は適度に立ち上がったり、サドルに座る位置を変えたりして同じ場所に力がかからないようにしましょう。

どれぐらい長持ちする?

サドルとの相性もありますが、大体購入してから1年以上は問題なく使えることが多いです。後で説明しますが、正しい洗濯の方法を守っていれば生地が伸びるのもある程度防げますし、パッドも意外と頑丈なのでそう簡単に壊れることはありません。

ただ、インナータイプの場合はどうしてもズボンと擦れてしまうので、通常のサイクルパンツより生地が傷みやすい傾向があります。太ももや腰の締め付けが緩くなってきたらそろそろ寿命ですので、新しいものを購入すると良いでしょう。

26
※ヘタってくると、パッドが凹みます

サイクルパンツの洗い方

サイクルパンツは伸縮性の高い生地で作られているので、普通に洗濯機で洗うと伸びてしまいます。生地が分厚いものなら意外とそのまま洗っても平気だったりしますが、念のために洗濯機で洗う場合はネットに入れて洗いましょう。

一番生地を傷めない洗い方は手洗いですので、走行後にシャワーを浴びるついでに手洗いするのもおすすめです。洗濯洗剤は一般的なもので構いませんので、ぬるま湯を使って生地をのばさないように優しくもみ洗いしてください。

脱水は軽く握る程度で十分ですので、水が垂れない程度に絞ったら後は日の当たらない場所に干しておきましょう。乾燥しやすいのもサイクルパンツの特徴ですので、夜に洗えば室内の湿度にもよりますが、翌日の朝か昼には綺麗に乾燥します。

最後に

サイクルパンツを着用すると、股間や臀部の痛みが抑えられ、より長く自転車に乗り続けることができるようになります。ロングライドの場合、多少痛くても自宅までは頑張って自転車に乗らなければいけないので、痛みの発生を抑えられるサイクルパンツがあれば苦しい思いをしなくてすみます。

見た目的にちょっと恥ずかしいという方はインナータイプのものでも十分効果がありますので、まだサイクルパンツを使っていないという方でロングライドや長時間の走行をしたい、痛みが出ないようにしたいという方はこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


以上、FRAMEさんの『 サイクルパンツがあると快適に自転車が楽しめる? 』を転載してご紹介しました!
\(^o^)/

 

自転車で事故は起こしたくない。 痛いし、バイクは壊れるし、人様に迷惑をかけるし、家族を心配させる。肉体的、精神的、金銭的、いろんなダメージしかない。 2010年に自転車を始めてから、2016年12月中旬まで無事故で過ごせてきたのも、安全運転の賜物だと思っている。な ...
自転車で事故は起こしたくない。

痛いし、バイクは壊れるし、人様に迷惑をかけるし、家族を心配させる。肉体的、精神的、金銭的、いろんなダメージしかない。

2010年に自転車を始めてから、2016年12月中旬まで無事故で過ごせてきたのも、安全運転の賜物だと思っている。なにしろ自分は、「超」がつくほどのビビり。 とくに下り坂はかなりスピードをおさえた走り方をする。グループライドで大勢で坂を下ると、もっとも遅いのはだいたい自分。

03
※三本ローラーでコケたことは3回あります(怪我なし)

でも、己の力量を越えた走りをして事故っては元も子もないし、それこそ迷惑をかけてしまう。少々お待ちいただくことは、了承を得ながら走っている。

とはいえ、いくら本人が気をつけていても巻き込まれる可能性があるのも事実。気を緩めず、安全運転を心掛けたいし、みなさまにも心掛けていただきたい。

ということで、自転車事故動画をまとめてみました。

35
※車道での落車はタダでは済まないです

「こういうシチュエーションで事故って起きるんだ」
「こうすれば事故は回避できたのでは」
「被害に合わないために、こんな工夫、あんな心がけをしよう」

等、いろいろ想定しながらご視聴いただきたい。

>> 【明日は我が身かもよ?】 ロードバイクの事故動画コンピレーション
>> 【注意一秒、ケガ一生】 海外の自転車の事故動画コンピレーション その2
>> 【対岸の火事ではない】 自転車事故動画コンピレーション その3
>> 【事故動画から学ぼう】 自転車事故コンピレーション その4
>> 【事故動画を見て学ぶ】 自転車事故コンピレーション その5

Car - Bicycle accident in Richmond Park, London



事故発生時間:37秒

ロンドンのリッチモンド公園付近でのクルマとの接触事故。ロードバイクの行く手を遮るように曲がってきたクルマに引っ掛けられ、落車。

日本と同じ左側通行の英国なので、状況はイメージしやすい。細い一車線道路でクルマが2台徐行になり、それを追い抜きたかったであろうローディが、なぜかクルマの右側(←ここ重要)から追い抜こうとした。

結果、右折しようとしていたMINIに弾かれた格好。どちらにも非があるが、右側から抜こうとしたローディのほうがが悪い。「減速=右左折の可能性がある」わけで、自転車はスピードを落としてクルマを優先させるべき。

MINIのドライバーにも「後方確認が不十分」という非はあるものの、「まさか右側から追い抜きはしてこないだろう」と考えていたと思う。

画面の下にスピード、ケイデンス等の数値を表示させていることから想像するに、トレーニング中だった可能性が高い。よって、「スピードを落としたくない、負荷をかけ続けたい」と考えて、ややムチャな追い抜き方をしたのだろう。

(日光の輝きも邪魔して)MINIがウインカーを出していなかったようにも見える。さらにタイミングが悪いことに、落車したローディの前に別のローディがいて、ちょうどウインカーの位置を消すように走っていた。

いくつかの要因が重なって事故が起きてしまったわけだが、そもそもは落車したご本人がいったんスピードを落とせば回避できたので、殘念である。

学び

  • クルマや他のサイクリストもいる場所で、過度に追い込んだトレーニングは禁物
  • クルマが徐行したら、「なにかある」と思って減速すべき
  • 走行中のクルマの右側を抜くのは危険でしかない

Car hit bike - BP Lane Cove - on cycleway



事故発生時間:19秒

オーストラリアでのクルマとロードバイクの接触事故。オーストラリアも左側通行なので、これも日本人にはイメージしやすいシチュエーションだ。

3人のローディが歩道をゆっくりめに走っている。ガソリンスタンドから出て、本線に合流しようとしていたクルマのドライバーは、本線を流れるクルマの流れに気を取られ、逆方向から来た自転車を見落とした。

ローディらは「ドライバーから自分たちはしっかり見えている(はず)」と思って加速してクルマの鼻先をすり抜けようとするが、自転車が接近していると気づいていないドライバーがアクセルを踏み込み前に出る。

前の2人は間一髪で逃げるも、3人めが間に合わずに弾かれる。なんと、前輪が外れて吹っ飛んでしまった。接触はたいしたことのないように見えるが、衝撃は大きかったようだ。

幸いにして、車体が人間が当たっていないこともあってローディに大きな怪我はない様子。すぐに立ち上がって歩道に避難できた。

ローディ側の言い分としては、「ちゃんと左右見ろよ!」であり、それは正論なのだが、ドライバーはどうしても本線(の自動車)に意識が向いてしまう。このような状況は街乗りでは非常に多く、誰でも巻き込まれる可能性がある。

ドライバーが本線に気を取られていたこと以外にも要因はあって、ローディがドライバーとのアイコンタクトを怠ったことも挙げられる。

事故予防の心がけとして自分が欠かさないのは、「ドライバーとアイコンタクト」を交わすこと。それができなければ、「相手は自分を認識していない」と判断し、減速するなり、停車する。

自分に優先権があったとしても、関係ない。こっちが轢かれたら意味がないからね。

学び

  • ドライバーとはアイコンタクト等でコミュニケーションしよう
  • 自分は相手から認識されているはず、という思い込みは事故の元
  • 歩道ではスピードは出してはダメ、原則徐行

Road bike crash with slo mo



事故発生時間:14秒

細い田舎道を走るローディ集団が、脇道から侵入してきた車に追突し、集団落車した事故。

見晴らしがよく、自分たち以外に誰もいない道路では、ついついスピードを出したくなってしまうもの。動画内のローディらは二列で、しかもけっこうなスピードを出していた。

車はけっしてムチャな運転はしていなかったようで、あくまで普通に徐行で侵入してきたのだが、樹木や塀のために死角があったせいで、互いに発見が遅れてしまった。気づいたときは、ブレーキが間に合わなかった。

ボンネットに乗り上げるように突っ込み、3人が折り重なるように落車。後ろから撮影していた自転車は、とっさに畑に飛び込むことでギリギリ避けることができた。出していたスピードからして、けっこうなケガになってしまった可能性が高い。もちろん、バイクは傷だらけ(もしくは廃車?)であろう。

この事故、仮に一列で走っていたら、全員がギリギリで接触を免れた可能性がある。並列走行であったがために、逃げ場がなかったのが殘念でならない。

サイクリングロードと呼ばれる場所では、つい「車が来ないから安心だ~」って気が緩んでしまうものだ。グループでツーリングともなれば、並列になって仲間とおしゃべりしたくもなる。でも、これは危険信号。

52
※走りやすい場所は、つい気が緩みやすい

歩行者、犬の散歩、ジョガー、野球やサッカーをする人々はいるわけで、サイクリングロードという名称が付けられていたとしても、専用道路であることはまれ。あと、サイクリングロードではあるけど、車の走行もフツーに許されている区間もあったりするので、油断は禁物。

道路は、色んな人&モノが共有していることを忘れたくないものだ。
※なお、事故現場はサイクリングロードっぽいが、あくまで公道である。

学び

  • 脇道から何か(誰か)が侵入してきたときに備え、いつでも止まれるスピードで
  • 細い道では、一列で走ろう(車間距離も配慮しつつ)

以上、ロードバイク事故動画のまとめ&解説でした。年末年始は病院もお休みが多い。病院のお世話にならないよう、安全に楽しく走り納め(&走り始め)してくださいませ…。
(*^^*)

 

3RUNさんの主催するロードバイク・セミナーに参加してきた。今回は座学ではなく、実際にロードバイクを走らせながらの実地形式である。 運動ってなんでもそうだけど、座学とか、雑誌(書籍)、動画視聴だけでは限界がありますよね。床の上で水泳の練習をいくら積んでも泳げ ...
3RUNさんの主催するロードバイク・セミナーに参加してきた。今回は座学ではなく、実際にロードバイクを走らせながらの実地形式である。

運動ってなんでもそうだけど、座学とか、雑誌(書籍)、動画視聴だけでは限界がありますよね。床の上で水泳の練習をいくら積んでも泳げるようにならない理屈で、体を動かして学ばないと身につかない。

58

講師はウォークライドの須田晋太郎さん。テーマは「実装でレベルアップ!宮ヶ瀬湖畔・様々なコースを課題を持って走ろう!」なのだが、字面だけではいったい何が行われるのか、よくわからない。レベルアップと書かれている以上、チンタラ走ることはありえないことだけはわかる。

須田さんにしごかれるのだろうか・・・、激坂で「もっと踏め!踏まんか~~!追い込め追い込め~~!」とか怒鳴られるのだろうか…脱落してしまわないだろうか…そんな一抹の不安を抱えながら、相模原市にある宮ヶ瀬湖に行ってきました。

結論から言うと、むちゃくちゃ勉強になった。走り方が変わった。参加して本当によかった。これまでのペダリング、ダンシング、体重移動の概念が大きく揺さぶられたのだ。あと、須田さんにしごかれるどころか、わかり易く丁寧にご指導いただけた。

16

今回は、宮ヶ瀬湖での実走セミナーの様子をレポートします。

冬は体力が落ちやすいので、意識して鍛えよう

いきなり道に出るのではなく、まずは会議室で「冬のトレーニングの重要性と具体的な方法」を解説いただく。

まずびっくりしたのが、ホリデーライダーこそ冬のトレーニングは頑張るべき、というご指摘。プロにとってはシーズンオフなので休む期間だけど、時間の限られたホリデーライダーは、冬に休むと体力が落ちてしまう。むしろ、しっかり鍛えて春に備えましょうとのこと。

24
※まずは座学で基本情報をレクチャーいただく

プロのコンディショニングの方法とペースの上げ方は、「あくまでプロ向け」のものなので、アマチュアは鵜呑みしないように注意した方がいいそうな。

須田さんからは、「参加者の皆さんの課題やテーマに沿ったレクチャーをしたい」とおっしゃっていただけたので、参加者の要望を汲み取って、「登坂でのダンシング(シッティング)のやり方、体重移動のコツを学びたい」に設定。

自分も登りがヘタなので、このテーマ設定はありがたかった。 余談だが、「ヒルクライム速くなる方法はありますか?」という質問に対し、「極端にシンプルに言うと、20分インターバルで全力でもがく→休む→20分インターバルで全力でもがく…を繰り返す」とのこと。

33

これを三ヶ月続ければ、劇的にフィジカルが向上して登りが速くなるそうだが、「三ヶ月続けられればの話ですが…。ただし、たいてい心が折れます(笑)」とおっしゃっていた。自分もこれを聞いて、「三月どころか、三日と続けられる気がしない…」と絶望した。

休むダンシングのコツ

宮ヶ瀬湖近くの坂道にバイクとともに移動し、実走レクチャーが始まる。

「1.5キロの坂を、ダンシング縛りで登りましょう。まずは思い思いに自分のふだんのダンシングで走ってください」

の指示に従い、登る。序盤は緩やかで、最後の200メートル位がキツい斜度になっている坂を参加者全員でひーこら登る。

ダンシングで1キロ以上も漕ぐなんて、したことない。ペース配分がまったくわからないまま1.5キロ上り切り、そこで初めて言葉でのフォローがある。

20

なるほど、事前にあれこれ説明を受けるより、一度走ってからのほうが、「あ、それは自分はできてなかった」、「重心はそうやって置くのか…考えて漕いでなかったな…」と反省が生まれやすいし、言葉が腹に落ちる。

休むダンシング』って言葉があるのはずっと前から知っていたけど、具体的になにをどうすれば休めるのか、イマイチよくわかっていなかった。

「休むも何も、疲れるじゃん。体重をうまい具合にペダルに乗せて、筋肉を疲労させないって理屈は分かるし、ええ感じのギア比で踏んでいるつもりなのに、なぜか疲れちゃうんだよな~」

という悩みがずっとあった。

13

誰にも相談できなくて、悶々としていたのだが、須田さんの説明とデモンストレーションでスコーン!と理解できた。重心の高さ、腕の使い方、ペダリング時の股関節の動かし方、引き足の意識のかけ具合い、重心の位置…

こうやって書くと、同時にいくつもの要素を与えられ、脳みそが混乱しそうになるけど、一つ一つを噛んで含めるように説明してもらえたので、参加者全員が「なるほど…そーだったのか…」と理解できた。

一番の驚きは「重心の高さ&位置」。ほんの数センチの差だと思うが、ちょっとの意識改革で、劇的な変化があるのだと知った。ペダリングの奥深さを思い知らされた。

講師の方と、会話のキャッチボールをしながら疑問を解消できるのが、リアルでの講習のメリット。

「それってこういう意味ですか?」
「こういうシチュエーションでも気にした方がいいですか?」
「僕はいつもこう体を動かしているんですけど、間違ってますか?」
「指示通りにしようとすると、この辺に違和感があるんですけど、それって正常ですか?」

って具合いに、納得できるまで質問できるのがありがたい。

55
※眼の前で何度もデモンストレーションしてくださる須田さん

須田さんも、

「僕がやっている例で言うと~・・・」
「諸説ありますけど、最近では~・・・」
「ほとんどのシチュエーションで当てはまりますが、ただ例外として~・・・」

といったかんじで、こぼれ話を交えながら、踏み込んだ解説をしてくれる。検索してもHITしない貴重なコンテンツである。

あと、何気に他の参加者の質問も勉強になるのだ。「あ、それ訊きたかった!自分も感じたことあるけど、言葉として意識したことはなかったな」って新たな気づきを与えられる。複数名で学ぶほうが、1対1よりよいのでは…と思ったほどだ。

40

2 回めは8割の力で登れた

指導を受けてから、もと来た坂を下り、もう一度同じコースを登る。やはりダンシング縛りで、だ。 指導されたとおり、「腰の高さ」、「体重をペダルに乗せる角度、体重のかけかた」を意識して漕ぐ。すると、なんと8割の力で登れた。

上りきったときの疲労度が違う。もしかして楽だったかも?ではなく、ハッキリと違う。プラシーボ効果とかでは断じてない、明確な差を感じれた。

57

「自分がこれまで正しいと信じていたダンシングに、致命的なミスがあったんだな…」と痛感した。脳みそでは休むダンシングを理解できていたつもりでも、実践できなかった理由がわかった。

ただし、断っておくと、「速く登れるようになった」わけではない。あくまで、8割の出力で登れるようになっただけ。しかし、ヒルクライムではスピードよりもいかに力を温存できるかがカギなので、自分にとっては好都合。

須田さんによれば、
「休むダンシングができる人は、そのスキルだけで坂をゆっくり登れて、しかも体力を温存できます。

休むダンシングを身につけるには、1キロとか2キロとか、ふつうはやらない長距離をゆっくり続けること。それができれば休むダンシングができるようになった証拠。

途中で疲れてシッティングになってしまうなら、まだ改善余地がある証拠」
とのことだ。
「自分より上りが遅い人のスピードに合わせて、自分は休むダンシングでゆっくり、ゆっくり登ると、よい練習になりますよ」
とも付け加えてくださった。なるほど。

ダウンヒルのコツ

登りのトレーニングをすると、同時にダウンヒルのトレーニングもセットでできるのがうれしいところ。 自分は、下りも苦手。コーナーでもし滑ったらどうしよう、スピード出し過ぎでバランスを崩したら落車だ、ヘアピンカーブを曲がりきれずに対向車線に飛び出したらクルマに轢かれる・・・等、いろんな恐怖心が芽生えて、ゆっくりしか下ることができなかった。

須田さんからは、「重心の置き方、位置、そのための身体のポジショニング」を教わった。参加者を一人一人、実際に(静止状態の)バイクにまたがらせて、須田さんが後ろからバイクを支えながら、身体の位置取りを体感させてくれた。

「想像していたよりもはるかに後ろに体重をもっていくのか…」
「そのときの手のブラケットにかける体重は、これくらいなのね…」

こういった、「体で覚える」のって大事。やってみないとわからないことだらけ。

さらに、コーナリング時のペダルの置き方、ペダルを踏む力、(前後&左右の)体重移動、前荷重にならないための腕と手の使い方…をひとつひとつ丁寧に教えていただく。自分の中の既知の情報と未知の情報がシンクロし、疑問を解いてくれるので、よーく腑に落ちる。

43

コーナーリングのコツとして、コーナー進入前に減速、コーナリング中はブレーキリリース…はわりと良く聞くセオリー。その際のスピードコントロールは、おもにリアのブレーキをチョンチョン触るかんじで行うとよいそうな。

余談だが、須田さんが下る様子を後ろから見ていたら、かなりのスピードを出しながらふつーにハンドサインを出していて、「え、あのスピードで下りながら出せるの?」ってビックリした。

バランス失うのが怖くて、自分はなかなかできないスキルだ。さすがのボディバランスだな~と感心した。

シッティングでの股関節の使い方に衝撃

ダンシング、ダウンヒルとこれだけでもお腹いっぱいの有意義な講習になったんだけど、じつはもうひとつ「まじで!!!」って衝撃を受けたことがある。

それはシッティングのスキル。ダンシングはペダルの上に立ってこぐので、「なんとなく、スキルの上手い下手はあるんだろうな」ってことは想像してもらえると思う。 でも、「シッティングに上手いも下手もないだろ?」って舐めている方もいるのではなだろうか?(←自分がそうだった)

P1010495
※シッティングにコツもへったくれもないと思いこんでいたあの頃…@秩父にて

で、ですね。須田さんの指導通りに登ってみたら……なんと…稲妻が頭を撃ち抜くような驚きがあった。股関節と筋肉の動きをデモンストレーションしてくれたんだが、目からウロコだったの。

急に速くなるわけじゃない(そりゃそうだ)が、より楽に効率よく登れるのだ。これまでのペダリングが、その一言だけで格段にしやすくなった。

心のなかで、

「マジか~~~。体幹ってそうやって意識するのか~~股関節の動かし方って、こういうことやったんか~~。これだけで走りって変わるんだな~~~。オレって6年間も何をやってたんや~~。もっと早くリアル講習会で学ぶべきだったわ~~~。今日教わったペダリングと、昨日までやってたペダリングを比べてみよう…うわっ、以前の方法はむっちゃ疲れやすいやんけ!」

ってブツブツ独り言を言いながら走ってたもんね。

32
※もっと早く知っていたら…悔やまれる

昨日までの自分とは違う!新たな走りをできるようになった!と、自信を深めて講習を終えることができた。じつに有意義な学びであった。

一人で20キロほど宮ヶ瀬湖の回りを走ってきた

せっかく宮ヶ瀬湖まで来て、セミナーだけで帰るのはもったいなかったので、教わったことを復習するため20キロほどをソロで走ってみた。

ダム周辺だけあってひんぱんに起伏が現れるので、復習するにはもってこい。「なるほど、なるほど~~!こういうことか!そうだったのか!よっしゃよっしゃ、以前よりダンシングもシッティングも楽にできるぞ!圧倒的じゃないか、我が体力は!フハハハ」と納得しながら笑顔で走った。

08

それにしても、「知っている」と「知らない」の差の大きさを今日ほど実感したことはない。

『ドラゴン桜』というマンガで、講師役の人物(桜木建二)が東大を目指す生徒に「知っていることの差」を説くシーンがある。
「知るか」「知らないか」、たったこれだけの違いで、有利か不利かの差がでるんだ。
情報を知っている者と知らない者の間には、目には見えないけれど越えられない差が生まれる。知るだけで成長できるし、一歩リードできる。まさにそれを見せつけられた気がした。

ロードバイク系のトレーニングDVD
も入手したので、合わせて勉強してみる予定。

05
※たこ焼きうまし

ということで、宮ヶ瀬湖のセミナーはかつてないほど驚きと発見に満ちた、すばらしい学びの場となった。須田さん、ありがとうございました! m(_ _)m


>> ウォークライドの公式サイトはこちら 

>> 須田さんのプロフィール

>> 目指せ自己記録更新!座学&実走トレーニング(全8回セミナー)

 

自転車用で荷物を運ぶとき、メッセンジャーバッグ派とバックパック派のどちらかにわかれるものだが、自分は断然メッセンジャーバッグ派。皆様はどちらだろうか。 持っているのは「メッセンジャーバッグが大小2個、バックパック1個」だけど、使う割合でいうと「95:5」でメッ ...
自転車用で荷物を運ぶとき、メッセンジャーバッグ派とバックパック派のどちらかにわかれるものだが、自分は断然メッセンジャーバッグ派。皆様はどちらだろうか。

06

持っているのは「メッセンジャーバッグが大小2個、バックパック1個」だけど、使う割合でいうと「95:5」でメッセンジャーバッグ。バックパックを使うのは年に数回ていど。 メッセンジャーバッグを好む理由は、

  • 背中がスッキリして、汗で蒸れないから(なんとなく。根拠なし)
  • 荷物を取り出しやすいから(ストラップを緩めて回転するだけ)
  • 重力で下に引っ張られる感が小さいから(メッセンジャーバッグは背中に乗せるので、重力を感じにくい)
  • なんとなくカッコイイ気がするから(主観です)

の4点。

そんな状況だったんですが、「ノートパソコンが運べる、ちょうどいいバックパックがほしい」となりまして、いろいろ探索しています。

TIMBUK2ばっかり使った2016年

2016年はTIMBUK2の「カタパルト」しか使っていないくらい、ヘビーローテーションしまくり。自転車通勤でも、週末のサイクリングでも使い倒した。

買ったのはたしか2014年のお正月だったので、間もなく3年になるんだけど、まったくもって問題ない。値段はたしか6,000円ちょっとだった。
※もう廃版になってて、今は「TIMBUK2 メッセンジャーバッグ Catapult Cycling Messenger Bag M」というモデルに切り替わってます。

31-1

買って2ヶ月でベルクロがちょっと破れたけど、お構い無しで使い続けている。普段使いにジャストサイズで、大きすぎず、小さすぎない使い勝手が良いのである。

>> 【メッセンジャーバッグ・インプレッション】 Timbuk2 のカタパルト

>> TIMBUK2のカタパルト、買って4ヶ月で壊れだす (´Д⊂ヽ

>> 試行錯誤の末、「ロードバイクのツーリングには小型メッセンジャーバッグが適しているのではないか」という結論に至りました

ノートPCが運べるちょうどいいバッグは無いものか

サイクリングからはちょっと離れてしまうんだけど、「ノートPCが入る、ちょうどいいサイズのバックパックがほしいな」とこの1年くらいずっと思っている。通勤とか、ちょっとPCを持ってでかけるときに使えるバックパック。

通勤など徒歩ででかけるには、じつはバックパックのほうが好ましい。メッセンジャーバッグって起立した姿勢で使うことを想定されていないため、歩くと荷重がもろに肩にかかってしまう。あくまで自転車走行の姿勢に最適化された結果のあの形状なのだ。

ということで、ノートPCが運べる、コンパクトでスリムなバックパックを探す度が続いており、まだ終着点に辿りついていないものの、6個の最終候補にまでは絞りこめた。

50
※Rummyはでかいっす

ちなみにミッションワークショップのメッセンジャーバッグ、『Rummy』には、ノートPCがキレイに収まるスリットがあるにはある。しかし、バッグの容量がなにしろありすぎて、普段使いにはバカでかすぎるのだ。コンビニで買い物するのに、ダンプカーで乗り付けるくらいの違和感がある。

もっとこう、軽トラックくらいの感じで、気軽にちょこまかデイリーで気負わず使えるバッグがほしいのだ。

普段使いのバックパックに求める条件

1.スリムでコンパクトであること

  • スカスカしているのイヤ
  • 背中が分厚くなるのイヤ(電車にも乗るし)
  • 容量は20リットルまででOK。なんなら15リットルでもよい

2.マウンテンマウンテンしていないこと

  • 「登山いくの?」って思われるような大げさなのは不要
  • 登山系はオーガナイザーが充実していない
  • バックルとかが頑丈なのはいいが、頻繁な開閉が想定されていないので使いにくい

3.ビジネスライクすぎない

  • 私服通勤なので、ビジネス鞄にストラップ付けて背負えるようにしました的な真っ黒なリュックは似合わない
  • 黒一色のカバンはもう飽きた

4.フニャフニャの生地ではなく、そこそこしっかりした作りであること

  • ノートPCやスマホ等、精密機械を入れるので、PCスリーブがキャンバス地だけでパッドがない…みたいなものでは不安
  • 地面に置いたときに、くたっとなってしまう柔らかさは不安。そこそこ自立しますよ…くらいの形状記憶加減はほしい

自転車で使えるかどうかは気にしない。よって、チェストストラップはあってもなくてもOK。自転車と歩行で明確に使い方を分けるつもり。
※ただ、あるに越したことはない

さて、独断で絞り込んだ6つのバックパック。それぞれに一長一短あって、ファイナルアンサーが出しづらい。備忘録も兼ねて、各バックパックのメリット・デメリットを書き出し、順位付けしてみました。 6位からカウントダウンしてみます。

第6位: HAGLOFS(ホグロフス)

ホグロフス SARNA(17,280円)


いかにもな、「登山行きます」感がなく、カジュアルに使えそうなので気になっていた。ただ、ウェブ上の画像を見る限りでは、「そこはかとなくペラペラ感がある…」と心配になったので、原宿にある公式ストアにわざわざ足を運んでみた。

現物を見て、手に取った瞬間、、、「あ、これはないな」って即却下。まず生地が柔らかすぎ。ノートPCスリーブはあるものの、「とりあえずつけときました」感満載で、安心して入れることができないと思った。ストラップもあまり頑丈さを感じられなかった。そこそこの重さになるので、ホールド性は大事。

オーガナイザー的にもNGだった。メインコンパートメントがただの袋的なシンプルな構造なので、文具とか、ケーブルとか、マウスのような小物がとっ散らかってしまいそう。フロントにポケットがあるにはあるが、これひとつでは不十分…。

ただ、シルエットはかわいらしい。女の子に似合いそう。※逆に言うと、中年オヤジにはオシャレすぎるような気がした。よって却下。

第5位: MOLESKINE(モレスキン)

モレスキン バーチカル デバイスバッグ(縦型)(14,904円)


まず気に入ったのが薄さ。最低限のモノしか入らないが、割り切って使うって決めれば問題ない。ビジネスバッグと謳うだけあって、ノートPC用のスリーブもしっかり。

15.4インチまでのデジタルデバイスが収納と、サイズ的には十分だ。ノートPCを入れないときは、書類、雑誌、書籍にちょうどよさげ。 オーガナイザーもしっかり用意されている。容量はそこそこだけど、スマホやメモ帳、ペン、ケーブル類がちゃんと収められそうな気がする。

バーチカル(縦)タイプで、付属のバックパックストラップを装着すれば、バックパックとして使える。なんと、ショルダーストラップも付属しており、3Wayでのコーディネートが可能。

ただ、「3Way方式」って一見便利そうなんだけど、帯に短したすきに長しで、どっちつかずな器用貧乏になってしまうって疑惑がある。 悪くはない…悪くはないのだが、メインのバックパックとして使うには、ちと厳しいという不安がぬぐえない。実物を見ずして悩んだ結果、買わないことにした。

第4位: booq(ブーク)

booq Boa squeeze(14,800円)



2002年にカリフォルニアで生まれたアメリカブランドらしい。レビューを検索しまくっていて見つけたブランド。デザインがユニークだ。各種バッグ以外にも、アイフォンのケースとかアクセサリーも作っている。

外装(シェル)がかっちりしていて、ノートPCを安心して運べそう。横から見るとアルファベットの「D」のような形状をしているおかげで、紙とか書籍ではない、質量的にかさばるもの(ヘッドホンとか)もすっぽり収まる。収納力は高いのに、デカさを感じさせないシルエットが好ましい。



しかも、両サイドに大き目のポケットもあって、小物はここにほぼ収まりそうな印象。 よし、Boa squeezeを買おうか…と「購入ボタン」を押し掛けたのだが、第六感が「やめておけ」とささやいてくる。

なぜだ?形状にも収納力も及第点を余裕で越えているのに、何が不満なのだ?とよくよく自問自答して、外国人のレビューまで読み込んだ結果、その正体を突き止めた。

なにげに厚みがある」と「デザインの弊害で、床置きできない」の2つ。厚みは自分にとってネガ要素なのだ。すっきりした薄型であるのは譲れない条件なのだ。あと、家や職場で床置きできないのは困る。横に置いて、踏みつけようものならPCがお陀仏だ。そこも妥協できない。

あと、このサイズだとチェストストラップがほしいところ。

ということで、すごーく気に入ってはいたのだが、booq Boa squeezeもパスすることになった。

第3位: MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)

Fraction(27,000円前後)

次に考えたのが原点回帰。「(すでに愛用する)ミッションワークショップにも、バックパックのラインナップがあったではないか」と思い出して、サイトを見てみたら確かにある。

もともと大容量が自慢のミッションワークショップなので、あえて最小サイズのバックパックを探して見つけたのがFraction(フラクション)。14リットルで薄型なのでちょうどいい。

ただ、難点が価格。26,000~27,000円はいくらなんでも高すぎる…。他社製品なら2個買えてしまうではないか。むちゃくちゃ性能がよければ価格に目をつぶることも考えるけど、なにげに開け閉めが大変そうなのよね…。

コンビニで財布出すたびに、2個のバックルをバチンバチンッとするのも面倒だし、マジックテープをびりびりするのも気が引ける。 ミッションワークショップのメッセンジャーバッグ「Rummy」を愛用しているのでわかるのだが、むちゃくちゃしっかり閉まるのはGOODなのだが、音がハンパない。日常用のバックパックでそれは大げさだし、使い勝手悪そうだなあ…と不安になってきた。

あと、防水性が高いのはけっこうなことなんだけど、ノートPCがあまりにもメインコンパートメントの奥まで突っ込まなくてはいけないので、出し入れがしんどそうにも感じた。

ということで、基本性能の高さは認めつつも、使い勝手の悪さばかりが想像できてしまい、Fraction(フラクション)とはサヨナラすることに決めた。

第2位: MAMMUT(マムート)

MAMMUT バックパック Xeron Commuter(13,000円)



山登りグッズメーカーのマムートはもともと検索対象外だったのだが、電車の中でスリムなバックパックを持っているビジネスマンを見かけた。それがXeron Commuterだった。

「へ~、こんなのも作っているんだ」と思って原宿のオシュマンズに行ってみた。 ところが、あまり人気がないのか、飾ってあるのはマウンテンマウンテンしたごっついバックパックばかりで、XERON COMMUTERの実物を拝めなかった。

なのでウェブを検索しまくってレビューを探したり、画像検索でいろんな角度から検証を試みたのだが、ぜんぜんよさげな情報が見当たらない。 ただ、サイズ的にもジャストサイズで、20リットルにもかかわらずシルエットは薄め。ノートPCスリーブもまずまず頑丈そう。通勤や週末のお出かけには最適な気がした。

しかし、気になるのがベルクロを開けるだけでメインコンパートメントにアクセスできてしまう点。なんとなく防犯的に不安なのが気になった。背負うものって、死角にはいってしまうので、意外に無防備なんですよね。やはり、ジッパー式でないと怖い。

もうひとつ、ショルダーストラップがヘニャヘニャに見えてしまい、「PCを長時間背負っていると、肩が痛くなりそう」という剛性の不安にも襲われた。 2週間ほど悩んだ結果、買わない選択をすることにした。

第1位: incase(インケース)

City Compact Backpack(11,000円前後)

「もう、選択肢ないやん…オレ、文句ばっかりやん…」と自分自身の優柔不断さに呆れかけていたのだが、そんなある日、通勤途中に自社社員がオシャレかつ機能的風なバックパックを背負っているのを目撃した。

どこのブランドかはわからなかったが、遠目からでもミニマム&シンプルなデザインと都会を感じさせる高級感が見て取れた。 背後から近づいて凝視すると、「incase」という文字が。

「インケースってメーカーがあるのか。しらなかった」と思って、検索したら、1997年にカリフォルニア州(サンフランシスコ)で生まれたブランドだとわかった。 Apple社公認のバッグメーカーらしく、Apple製品の収納、持ち運びに特化したバッグ&アクセサリーメーカーなんですって。

海外の直輸入でしか手に入らないのかなあと思ったら、なんと国内正規代理店Incase Japan(インケース ジャパン)が設立されていて、同社が輸入販売と卸を担当しているとのこと。ふむふむ。

しかも、製品開発にはミュージシャン(え?)、アスリート(なぜ?)、インダストリアル・デザイナー(わかる)といった様々な分野のエキスパートの声が反映されているらしい。音楽と運動のプロのこえがどう製品つくりに活かされているかは知る由もないが、とにかく手間ひまかけていることはわかる。

高さ:48cm、幅:35.5cm、奥行き:12cmとサイズは求めていた薄さを実現している。 ということで、俄然気になりだしたincase(インケース)。手ごろなバックパックを探した結果、City Compact Backpackがサイズ的にベストなような気がしてきた。

15インチのマックブックがぴったり入るので、自分のASUS(13インチ)は何の問題もない。

モレスキンのデバイスバッグ バーチカル(縦型)ほどではないが、これなら電車内でもスッキリ使えそう。




エクステリアデザインのクールさにも一目惚れしたのだが、さらに感心したのは内側。Apple製品の収納と保護に特化したバックパックだけあり、ノートPCやガジェット類を守る工夫があちこちに施されている。

なにしろ、世間のマックユーザーさんらがかなり手放しで褒めていらっしゃるのだ。 スリーブやポケットは起毛フリース素材でできていて、裸のままPCやスマホを入れても傷がつかない仕様になっている。これもたいへんありがたい。

さらに!ノートPCスリーブをグルリと囲むように、「360 Protection」というクッションが改造されている。ここまでやるか!という執念が素晴らしい。



外側のポケットも機能的。深さがある二層構造の外側ポケットと、中がフリース生地で作られたガジェットスペースがある。自分がバックパックに求める「スリムでコンパクト(日常使いしやすい)」、「マウンテンマウンテンしてない」、「ビジネスライク(無機質)すぎない」、「しっかりした生地で作られていて、精密機械を安心して収納できる」のすべてを満たしている。

しかし!唯一の不安は「現物を手にとって、確認はしていない」こと。アップルストアに行くとか、取扱店を探して出向いてもいいのだが、ホグロフスとマムートだけを探しに2回も原宿に出かけて疲れてしまった。

まあ、国内外のユーザーさんのレビュー記事を何度も読んでいるうちに、「クオリティ的に間違いない(はず)!」って確信したので、ウェブでポチりました。


※チェストストラップが無いのが唯一の懸念…

もうすぐ届くので、そのレビューは追々書きますね。

ちなみに、City Compact Backpackを自転車で使う予定はないかな…。汗まみれにするのがもったいなさすぎるので(笑)。数キロの街乗り限定ならアリかもしれないので、自転車で走りやすいかどうかもチェックしますね。



快適に三本ローラーを回す&ロードバイクを汗で錆びさせないための方法を紹介したい。 ミノウラの三本ローラー「モッズローラー」を使い始めて丸2年が経過した。 何のトラブルもなく、一度も不調をきたすことなく、ノーメンテナンスで使い続けている。多少汚れがついてはき ...
快適に三本ローラーを回す&ロードバイクを汗で錆びさせないための方法を紹介したい。

ミノウラの三本ローラー「モッズローラー」を使い始めて丸2年が経過した。

何のトラブルもなく、一度も不調をきたすことなく、ノーメンテナンスで使い続けている。多少汚れがついてはきたものの、機能的には問題ない。時間帯も季節も外気温も関係なしで、気の向いたときにペダルを回せる環境があるのはとてもよい。
※2回落車したが、それはただの自己責任(^_^;)

21

>> 【マネるな危険!】 交通事故動画を見ながら三本ローラーを回したら、落車してしまった

>> まさかの原因で三本ローラーから二度目の落車したYO! /(^o^)\

平日はなかなか回す時間がないのだが、土日のどちらかは外を走り、もう片方の日はローラー…といった生活が続いている。

こないだ関東では11月に降雪したけど、一度雪が降ると、溶けて路面が乾くまでになんだかんだで4~5日かかることがあるのよね…。そのせいで、週末のサイクリングをキャンセルしなくてはいけないことも。そんなフラストレーションを解消してくれるのもモッズローラー

汗がロードバイクにダメージを与える

三本ローラーをやってまず驚愕するのが、かく汗の量。たとえるなら、、、ちょっとしたサウナ。首、腕、顔、頭からおびただしい汗が吹き出して床にボタボタと落ちる。比喩ではなく、本当に。

夏場は冷房をかけながらでないと、熱中症で死んでしまうのではないかと思うほど。冬なら暖房は止めて、なんなら体を冷やすために窓を少し開けて換気しながら回す。それくらい熱い。

よって、汗対策をしておかないとヘッドのネジから汗が浸透して、錆びてしまう。

01

これまで、バイクの上にタオルをかぶせて対策していたが、ただ乗せただけでは振動でズレたり、落ちてしまうことがあって気になっていた。「なにかいい方法は無いものか」と思案していたところ、知人からコペルニクス的な方法を伝授された。

洗濯バサミで、タオルを固定すればいいじゃない

そうなのだ。洗濯バサミで固定すれば解決してしまう。なぜこのことに気づけなかったのか・・・。1個はトップチューブに、もう1個はハンドルポスト(or ステム)に。これでおしまい。しかもかかるコストはゼロ。(物干し竿から2個拝借した)

39

ちょうどよい固定力なので激しくぶん回してもタオルは落下しないし、フレームに傷はつかないし、こいつはいい。これからこの方法でいくことにした。

ちなみに、頭にタオルは1枚頭にも巻いておくといいです。汗の8割は顔と頭からくるので、タオルを巻いておくだけで、したたり量が半減される。ときどき足を止めて、腕や首を拭くためにも、あると便利。

もうひとつ、見落としがちだが、夏用のグローブも装着することをオススメしたい。「家の中だし、せいぜい1時間しか走らないんだから、グローブなんて不要じゃん」って思っていたんだけど、手のひらからの汗の量って意外に多くって、ブラケットを持つ手が汗で滑る…なんてことが起きた。

15

無風状態で走ると、身体のいたるところから汗が出るのだなと実感。夏用の指切りタイプが使いやすいです。

2016年初夏にオーバーホールをして、内部の錆に震撼

2014年1月にBOMA の Refale を買い、2年半後の今年の夏にオーバーホールをしたんだけど、内部の錆がすごかった。メカニックさんが、「なんですか、この汚れは!シクロクロスでもやったんですかっ??」って目を丸くしたほど。(もちろんやってない)

原因は、「三本ローラーでのずさんな汗対策」と「雨天でエンデューロを走ってケアを怠った」の2点。それ以外、雨天時に走ることはしないので、それしか原因が考えられない。

40 HDR-2

オーバーホールは2年毎にしていこうとは決めていて、こういった早期発見でトラブルを未然に防いでいこうと思っている。

とはいえ、「だからバイクをおろそかに扱って良い」ことにはならないし、交換パーツ代金だってバカにならない。 お財布のためにも、愛車のためにも、汗対策はしっかりやっておきましょう。

退屈防止法はスマホを使う

YouTubeのながら視聴

公道でのイヤホンは違反だけど、三本ローラーでなら音楽も動画も事故の危険なく好きなだけ楽しめる。もっぱら視聴しているのは、Global Cycling Network、海外の自動車レビューチャンネル。(こことかこことか)

生涯縁のない高価なメルセデスEクラスとか、ポルシェのマカンとか、パナメーラとか、ランドローバーのエヴォークとか、アウディのQ5とか、レクサスのNXとか、「ほほ~、内装はこうなっているのか~むちゃくちゃ豪華だな~、プラスチックだらけのパンダとはえらい違いだな~、こんなので高速道を走ったらさぞかし速いのだろうな~」と感心しながらペダリングしてます。

59

日本では未発売のクルマの動画を見れるのも、海外チャンネルの利点。シトロエンC4カクタスとか、C3 とか。

とくに2017年モデルのC3 のデザインには完全に惚れた。ぶっちぎりで素晴らしいエクステリアだと信じているんですが、いかがでしょうか。(センターコンソールのショボさが殘念だが…)

なお、トピークのアイフォンホルダーで固定しています。安心の固定力。

Amazonプライムに加入した

知人から「Amazonプライムはいいよ。送料が無料になるから、よく買い物をするなら年会費(3,900円)を楽勝でペイできるし、それ以上のメリットがあるよ」と教わったので、加入した。

「プライム・ビデオ」で映画や国内外のドラマ、アニメ、バラエティ等が視聴できるので、ラインナップがぐっと増える。テレビ、パソコン、モバイル端末、ゲームコンソール等のデバイスで楽しめてしまう。Kindle Fireがあれば、ビデオを持ってお出かけも可能。

三本ローラーとは関係ないが、「プライム・フォト」でカメラ・携帯で撮った写真を何枚でも保存できてしまう。何枚でも・・・だ。Amazon Photo無料アプリをダウンロードすると、自動保存したり、撮ったその場でFacebook, Twitter, LINEで共有することも可能。

01
※ここに汗が滴り落ちないように注意しましょう

さらに「Prime Music」では100万曲以上が聴き放題(マジか)。調べれば調べるほど、「年間で3,900円(←月額ではない!)って安すぎだろ…」と開いた口が塞がらない。

Amazonプライムのおかげで、今年の冬は三本ローラーがますます楽しくなりそうだ。これまでは、1時間が限界だった(それ以上だと退屈に耐えられない)のだが、今後は長時間トレーニングが楽しめそうである。


いろいろ脱線したが、三本ローラーの汗対策はタオルと洗濯バサミ2個だけであっという間にできてしまいますよ、というご紹介でした。

冬は三本ローラーが楽しいですよ!(共感してくれるひと、あまりいないけど…)